お金の数量理論| 経済

この記事では、お金の数量理論について説明します。 また、その批判とメリットについても学びます。

マネーサプライと一般的な物価水準との関係は、古典的な経済学者にとっても興味深いものでした。 そして、2つの変数間の関係を示すために、デビッド・ヒュームは最初にお金の量論を発展させようとしました。

理論は、マネーサプライと経済の一般的な価格水準との間に直接的な関係があることを指摘しています。 しかし、量論の根底にある基本的なアイデンティティは、1911年にアメリカの偉大な経済学者アーヴィングフィッシャーによって最初に開発されました。

フィッシャー方程式—交換量方程式として知られている—は、次のように表されます。

MV = PT…(1)

ここで、Mは流通しているお金のストックです。 Vは、お金の流通の速度(つまり、お金の回転率または各ルピーが1年間に資金調達取引で手を変える平均回数); Pは一般的な価格レベルです。 また、Tは、期間中に経済で販売(または購入)された取引数または商品およびサービスの合計量です。

式(1)で与えられた上記の関係は、国民所得会計から、ある期間における財貨とサービスに対する支出(MV)が生産された財貨とサービスの貨幣価値(FT)と等しくなければならないため、定義により当てはまります したがって、4つの用語は、IDが保持されるように定義されています。

ただし、循環の速度(V)とトランザクションの量(T)が短期的には変化しないと仮定することにより、アイデンティティをテスト可能な方程式に変換できます。 この仮定は非常に理にかなっています。 Vは、人々の支出行動に依存します。

短期的には、変更はほとんどありません。 同様に、短期的には国民総生産は一定の数字です。 したがって、定義上GNPに等しいトランザクションの量も一定です。

アルフレッドマーシャルやACピグーのようなケンブリッジの経済学者は、経済におけるお金のストック(M)と国民所得(y)の関係を強調するために、お金の伝統的な量論を再定式化した。

ケンブリッジ方程式の循環の所得速度は次のように表されます。

V = Y / M…(2)

ここで、Vは、商品やサービスの購入資金を調達する際に、経済のお金の在庫が変化する平均回数です。 簡単な例-ポイントを明確にします。 GNPをYで表します。したがって、ある国のGNPが5, 000クローネであり、年間の平均在庫(M)が1, 000クローネである場合、Vは5です。

所得速度は、国民所得統計から直接観測することはできません。 政府機関(インドの中央統計機関やRBIなど)から提供されたYとMの数値を使用して計算する必要があります。

ケンブリッジ方程式の用語Vは、フィッシャーの伝統的な貨幣数量理論のVとは異なります。

フィッシャーの方程式MV = PTは、次のように再配置できます。

V = PT / M…(3)

ここで、Tは期間ごとのトランザクション数であり、実際の商品およびサービスのすべてのトランザクションと金融トランザクションを含みます。 ケンブリッジ方程式では、PT(P =平均価格レベル)はYに置き換えられ、Yには最終収入を生成するトランザクションのみが含まれます。 この定式化により、ケンブリッジのエコノミストは実質所得(つまり、最終的な財とサービス)を強調することができました。

古典的な経済学者は、循環の速度は一定の数値であると主張しました。 それは、消費者が比較的一定の支出習慣を持っているので、安定した速度でお金を回転させるからです。 この議論は、アイデンティティ(すなわち、交換の量の方程式)を、お金の供給と一般的な価格レベルとの関係を表す仮説(すなわち、お金の量の理論)に変換します。 VとTが定数の場合、式(1)の両側をTで除算して、P =(V / T)Mになります。

長期的には、実際のGNP、Y = Tは潜在的なGNPに等しい。 したがって、潜在的なGNPと速度がmayの量の影響を受けない場合、価格レベルの変化(ΔP)と金額の変化(ΔM)の関係は次のようになります。

ΔP =(V / Y)ΔM

この方程式を前の方程式[P =(V / T)M]で割ると、次のようになります。

ΔP / P =ΔM / M

ここで、AP / Pは価格レベルの増加率、AM / Mは金額の増加率です。 したがって、この方程式はお金の量論です。 図1に示すように、長期的には、価格レベルの上昇率は金銭の質の上昇率に等しくなります。 PはMに比例し、αは比例係数であることを示しています。

実際、貨幣の数量理論は、一定の時点でMとPの比例関係を確立しようとします。 したがって、セトリスパリバスは、国内のマネーサプライが3%増加すると、一般的な価格レベルも3%上昇します。 したがって、貨幣の量論によれば、インフレは常に金融現象です。

インフレはマネーサプライの増加によって引き起こされますが、他のすべてのものは変更されません。 したがって、量論は需要サイドからのインフレを説明します。 Mが上昇すると、商品とサービスの総需要も増加します。 そのため、お金が多すぎると商品の数が少なすぎて、一般的な価格レベルが上昇します。

VとTが固定されている場合、価格レベルはお金の在庫(M)によって決定されます。 お金の供給が増えると、すぐに商品とサービスの需要(総需要)が増加します。 したがって、Mの供給、ひいては総需要が経済の供給(保存)能力(T)よりも速く増加すると、結果は一般価格レベルP(インフレ)の上昇になります。

貨幣の数量理論に対する批判

貨幣数量理論は多くの批判を受けてきました。

重要な批判は次のとおりです。

1.真実:

フィッシャーの方程式は真実です。 それが述べるすべては、支払い手段(MV)が実際に行われた支払いの合計(PT)と等しくなければならないということです。

2.非アクティブなバランス:

経済には常に非アクティブなバランスがあります。 フィッシャーの公式では、価格レベルは合計金額に依存します。 しかし、それは価格に影響を与えるお金の総量の一部にすぎません。 商品やサービスの価格にまったく圧力をかけない非アクティブな残高(買いだめ)が常に存在します。 これはうつ病の間にはっきりと見られます。

3.非現実的な仮定:

この理論は、非現実的な仮定に基づいています。 「他の事柄は一定のままである」という仮定を除いて、量の方程式を使用して、価格レベルでのMまたはTの変化の影響を分析することはできません。

しかし、通貨変数の場合、そのような仮定はできません。 Mが変化すると、TとVの両方が変化します。 Tが変わると、MとVも変わります。 数量方程式の変数のいずれかの変更の価格レベルへの正味の影響は、他の変数が同時に変更される方法に依存します。

4.ダイナミズムの欠如:

数量方程式は、金額の変化が価格レベルに影響するプロセスを示していません。 ケインズは量の方程式に対する異議に大きな重点を置いています。 彼は、 「金融理論の基本的な問題は、単にアイデンティティや統計的関係を確立することではなく、価格レベルを決定する因果プロセスを示すような方法に関与するさまざまな要素を分析して、問題を動的に扱うことです」平衡のある位置から別の位置への移行の方法。」

5.完全雇用:

この理論は、完全雇用の仮定に基づいています。 お金の量が増えても、必ずしも価格が上がるとは限りません。 失業したリソースがある場合、マネーサプライの増加は雇用を生み出し、価格を引き上げません。

ケインズが指摘するように、数量理論は完全雇用の仮定に基づいています。 彼は、数量理論は、失業者(資本と労働が使用されていない)を失った国には適用できないと指摘した。

そのような国では、より多くのお金を創出することで、より多くの雇用とより多くの生産(商品のより多くの供給)がもたらされ、価格水準は変化しません。 生産を増やす余地がない場合、つまり経済に失業者がいない場合にのみ、価格はマネーサプライに比例して変化します。

6.変数間の相互関係:

評論家は、交換方程式のすべての要因は変数であり、統計的研究はそれらが相互に関連していることを示したと主張しました。 さらに、因果関係の線は、常にM(お金の供給)からP(価格レベル)までではありません。

VからPの可能性があります。支出率の変化は、他のすべての要因は同じままで、流通量の変化と同じくらい確実に価格の変化をもたらします。 または、Tの変更(他のことは同じまま)は、価格の変更を引き起こします。

したがって、金額の変化は常に価格水準の変化の原因であるという無条件の理論を受け入れることは困難です。 調査によると、商品やサービスの購入に使用できる金額とクレジットを変更しても、価格レベルを簡単かつ迅速に制御することはできません。

お金の価値はお金の量を決定します。 数量理論によると、商品またはTの供給の増加は、価格レベルPの低下を引き起こします。しかし、現在の金融および銀行業務の下では、商品の供給の増加は、ほとんどの場合、供給の増加につながります。お金(クレジットの作成など)。

したがって、MはTに依存します。 それらは独立変数ではありません。 この見方が正しければ、お金の価値はその量によって決定されません。 それどころか、量を決定するのはお金の価値です。

クロウザーがコメントしているように、 「経済的思考における現代の傾向は、実際には、ビジネスの状態の原因となるお金の量とお金の価値の決定要因としての古い概念を捨て、それを結果と見なすことです。 」。

7.インフレの他の原因:

金額とはまったく関係のない理由により、価格が変化し、金額が変動する場合があります。

以下にいくつかの例を示します。

(i)効率賃金のレベルの変化は、生産コストを変化させ、価格に影響を与える可能性があります。

(ii)収益が減少する状況で生産量の増加が発生すると、限界費用が増加し、価格が上昇します。 同様に、収益が増加する状況で生産が継続すると、価格は下落します。

(iii)独占力の増加および減少は、それぞれ価格を増加および減少させる。

(iv)価格は、効果的な需要または支出の変動の影響を受けます。 消費支出と投資支出は両方とも、それらの間の割合としても変化します。

8.誤解を招く強調:

最後に、量論に誤解を招く強調があります。 クロウザーによると、量論は価格変化の原因としてのお金の量の重要性に誤解を招く強調を置き、価格のレベルに大きな注意を払っています。

短期的には、量論のこれらの原則は事実と一致しません。 実際の生活では、価格水準と生産量は循環的に上下します。 生産と価格が低いレベルにあるときと、高いレベルにあるときがあります。 低価格と低生産の期間は「不況」と呼ばれ、高価格と高生産の期間は「繁栄」と呼ばれます。

不況時の低価格はお金の不足によって引き起こされるものではありません。 繁栄期の高値は、お金の過剰によって引き起こされることもありません。なぜなら、私たちは通常、当時の金融市場で緊縮を見つけるからです。 したがって、金額の変動は短期間の価格変動、特に取引サイクルに関連する変動を引き起こしません。 量論はこれらの現象の適切な説明ではありません。

貨幣の数量理論のメリット:

上記の議論から、量論が不十分で欠陥があることは明らかです。 ただし、一定のメリットがあります。 一般に、マネーサプライが増加すると、価格レベルが上昇することがわかります。 たとえば、インドの1939年から1945年の間に、紙幣や銀行の前渡金の量が大幅に増加しました。 その結果、価格レベルは急上昇しました。

したがって、お金の量とお金の価値の間には何らかの関係があります。 サミュエルソンの見解では、数量理論は長期的な価格水準の傾向を説明できます。 短期的な価格変動を説明することはできません。

彼はまた、この理論は戦争や緊急時に発生するハイパーインフレを説明できると指摘した。 通常の平和時インフレを説明することはできません。 数量理論は、絶対的な正確さではなく、おおよその関係を述べています。

結論:

これらすべての批判にもかかわらず、量論は完全に価値がないわけではありません。 経済史は、物価が上昇する時期は、1918年以降および1939〜45年のインフレなど、マネーサプライが大きい時期であることを示しています。 数量理論は、価格の変化を引き起こす1つの重要な要因、つまりお金の量に注意を向けています。

量の式は「因果関係の連鎖の多くのリンクを隠す」ことは認められていますが、式が私たちにお金の量の変化の影響や特定のその他の要因の影響を決定する大まかな準備のできた方法を与えることは明白です価格水準。 したがって、ロバートソンは量論を「実用的なプラティチュード」と呼んでいます。

ミルトン・フリードマン教授は、お金の量論は単純な形で真実であると信じています。 彼は、お金の量と経済の一般的な価格水準との間には比例関係があると考えています。 彼がコメントしているように:「インフレは常にどこでも金融現象です」。

 

コメントを残します