価格設定プロセス:製品の価格設定と価格設定の目的の概念

価格設定は、製品またはサービスと引き換えに組織が受け取る価値を決定するプロセスとして定義できます。

組織の収益を生み出す重要な要素として機能します。

したがって、組織の価格決定は、その成功に直接影響します。

製品の価格は、製造コスト、競争、市場の状況、製品の品質などの多くの要因の影響を受けます。 組織は、製品の価格を設定する一方で、価格が製品の生産にかかるコストと利益率をカバーする必要があることを確認する必要があります。 製品の価格がコストをカバーしない場合、組織の財源が枯渇し、最終的には事業の失敗につながります。

組織は、多くの方法と戦略を使用して製品の価格を決定します。 経済面では、効率的な価格設定戦略は、生産者に消費者の余剰を獲得することを目的としています。 組織の価格戦略は、現実的で柔軟性があり、収益性が高くなければなりません。

さらに、組織の財務目標の達成に焦点を当てる必要があります。 組織で使用される最も一般的な価格設定戦略には、差分価格設定、プロモーション価格設定、製品ライン価格設定、心理的価格設定などがあります。

製品価格のコンセプト

限界収益が限界費用に等しいレベルで価格を設定することは、限界ルールと呼ばれます。 ただし、一部の研究者は、ほとんどの組織が限界ルールを順守せず、異なる市場条件に基づいて異なる価格設定方法と戦略を採用しているという証拠を提示しています。 価格決定は、収益を生み出すのに役立つため、組織において重要な役割を果たします。

価格設定は、組織のマーケティング戦略の成功または失敗に貢献します。 価格は需要規制とも呼ばれます。 価格を設定するには、マーケティング環境に影響を与える要因を深く理解する必要があります。 すべての組織は、さまざまな目的を満たすために製品の価格を設定します。

図-1は、3種類の価格目標を示しています。

3つのタイプの価格目標(図1を参照)について簡単に説明します。

私。 利益重視の目標:

次の目標を含めます。

a。 利益の最大化:

価格が最大の利益を達成するのに役立つような方法で設定されることを意味します。 スタントン、エッツェル、およびウォーカーによると、「可能な限り多くのお金を稼ぐという価格目標は、おそらく他のどの目標よりも守られます」。 たとえば、新製品を販売する組織は、短期的に低価格で製品を販売することで顧客基盤を構築しようとします。 これにより、組織は忠実な顧客を獲得することで、長期的に利益を得ることができます。

b。 目標リターンの達成:

製品の製造において組織が行った投資に対して適切な収益率を獲得することを指します。 マーケティング担当者の主な焦点は、販売または投資の特定の収益を維持することです。 これは、所望の利益を得るために製品に余分なコストを追加することによって行われます。

ii。 販売志向の目標:

次の目標を含めます。

a。 販売量の増加:

顧客に割引を与えることにより、販売拡大を意味します。 短期的には、組織は価格を引き下げて販売量を増やすことで損失を負う用意ができているかもしれません。 たとえば、ホテル業界はオフシーズン中に需要が少なくなります。 したがって、価格を引き下げ、割引を提供して売り上げを増やしたいと考えています。

b。 市場シェアの増加または維持:

組織の成功に重要な役割を果たします。 組織は、競合他社と比較して価格を引き下げることにより、市場シェアを獲得しようとします。

iii。 現状志向の目標:

次の目標が含まれます。

a。 価格の安定化:

競合他社間の価格競争を防ぎます。 製品が本質的に標準化されている業界では、価格が安定しています。 価格の安定化は、需要を維持し、競争上の脅威を減らすのに役立ちます。

b。 大会への参加:

製品の価格の変更は、組織が競争上の優位性を獲得するのに役立つことを意味します。 時々、組織は価格の動きによって競争圧力を中和することを試みる。

c。 消費者の支払能力に応じた価格の決定:

価格を設定する際に、消費者の購買力を考慮する必要があることを意味します。 組織の販売は、消費者の購買力に完全に依存しています。

組織はまた、価格設定目標を採用して、社会での開発活動を促進します。 たとえば、組織は、社会の低所得層向けに製品の価格を引き下げる場合があります。 したがって、価格設定の目標は、組織の全体的な成長に重要な役割を果たします。

 

コメントを残します