分布の理論:知っておくべき44のこと

以下のポイントは、分布の理論について知っておくべき44の事柄を強調しています。 1.分配理論の主題2.賃貸料3.土地の賃貸料4.経済的な賃貸料と譲渡収益5.利息6.金利とクレジット7.ローンの長さ8.リスク9.管理費10 。将来および現在の価値およびその他の金利。

分配理論#1.分配理論の主題:

アウトプット市場の需要と供給を形作る同じ要因がファクター市場にも影響するため、私たちの資料の多くはおなじみです。 アウトプット市場のようなファクター市場は、その構造が大きく異なる可能性があります。

3つの異なる要因の市場構造を調べます。

(1)完全に競争力のある要因市場

(2)要因の買い手が独占権を有する市場、および

(3)売り手が独占力を持つ市場。 ファクターマーケットの均衡についても説明します。

これには、所得の機能的分布の研究が含まれます。

生産の要因が受け取る収入の3つの主要な区分があります。

伝統的な分配理論によると、収入の分配は単に価格理論の特別なケースです。

これは、3つの主要なポイントに要約できます。

(1)生産要素の収入(および、したがって、生産可能な国内製品の量)は、その要素に支払われる価格と使用される量に依存します。

(2)因子の価格と数量は、商品の価格と数量が商品市場で決定されるのとまったく同じ方法で、因子市場の需要と供給によって決定されます。

(3)価格理論を通じて収入の分布を説明するには、生産要素の需要と供給の主な決定要因を特定する必要があります。 また、政府、労働組合または他の同様の機関によって引き起こされた自由市場への介入を可能にする必要があります。

図14.1は、競争の激しい労働市場に適用される経済家賃の概念を示しています。 労働の均衡価格はW eであり、供給される労働の量はL eです。 労働供給曲線は上向きに傾斜した平均支出曲線であり、労働需要は下向きに傾斜した限界収益積曲線である。

労働の供給曲線は各賃金率でどれだけの労働が供給されるかを示すため、L e単位の労働力を使用するのに必要な最小支出は面積AL e OB、供給曲線の下の左側の面積によって与えられます平衡労働供給L e

完全に競争の激しい市場では、すべての労働者に賃金W eが支払われます。 この賃金は、限界労働者に労働力を供給するために必要ですが、他のすべての限界労働者は、賃金が彼らを働かせるために必要なものよりも大きいため、賃料を稼ぎます。

総賃金支払額はOW e AL eの面積に等しいため、労働者が稼ぐ経済的賃料はABW eの面積によって与えられます。 労働者の観点から見ると、経済家賃は消費者の余剰に似ています。

分配理論 2.賃料

次に、土地の家賃について説明します。 アウトプット市場における経済的賃料は、アウトプットを生産するための最低コスト以上の企業が受け取る支払いとして定義されます。 ファクターマーケットの場合、家賃とは、生産ファクターに対する支払いと、そのファクターの使用を得るために支払わなければならない最低額との差額です。 供給が完全に弾力的である場合、経済家賃はゼロになることに注意してください。

賃料は、供給が非弾力的な場合にのみ発生します。 供給が完全に弾力的でない場合、生産要素への支払いはすべて、どの価格が支払われても要素が供給されるため、経済的賃貸料です。 図14.2のように、弾性的に供給される要因の最も良い例は土地です。

分配理論 3.土地の賃料

家賃は供給の非弾力性から生じ、供給が完全に弾力的である場合、経済的家賃はゼロになります。 土地の供給は非弾性です。 したがって、土地の供給曲線は図14.2のような垂直線です。 つまり、土地の市場価格がどうであれ、供給される量は同じままです。 「家賃」という用語は、土地の使用に対する支払いに関連付けられています。

土地の供給が完全に非弾力的である場合、土地の価格はDCの交差点で決定され、全​​体の値は経済的賃料です。 需要がDの場合、面積あたりの経済的賃料はS 1で与えられ、需要がD 1に増加すると、賃料はS 2に増加します。

確かに、資源の価格、量、質が現在のレベルにとどまる場合、純粋な経済的賃料があると言います。 完全に非弾力的な供給にある土地に支払われる価格として、純粋な経済家賃を定義します。 また、現在の使用において特定の要素を維持するために必要な額を超える支払いに使用される用語です。

これは、労働の使用に対して賃金を支払う際の土地の使用に対する支払いを含む「家賃」という用語の一般的な使用とは異なります。

リカルドは、土地の用途が1つだけであるという前提で、 土地の元々の破壊不可能な品質」の支払いとして家賃を使用しました。 したがって、彼は土地の供給が固定されていることを指摘した-その供給価格はゼロです。 土地の需要を決定するのは、食料に対するコミュニティの需要です。 つまり、土地の需要は派生需要です。

図14.2は、土地の供給の完全な非弾性SSを示しており、土地に対するコミュニティの需要DDと交差しています。 均衡賃料はORです。 ここで、土地の需要がD 1 D1に増加するとします。 これにより、ORからOR 1に均衡賃料が引き上げられます。 したがって、家賃は需要に応じて決定されます。

分配理論 4.経済家賃と移転収益

リカードの家賃理論は、土地の供給が固定されていることを前提としているため、すべての家賃は、土地を現在の使用に維持するためのコストを上回る余剰となります。 このような余剰は経済的賃料として知られるようになり、他の要因にも拡大できることが指摘されています。

現在、経済的な賃料と振替収益を定義しています。 振替収益は、そのプレゼントの使用の要因を維持するために必要な支払いです。 経済家賃は、譲渡所得を超える支払いです。

分配理論 5.関心

利子は、資本の使用に対して支払われる価格です。 資本は人為的な生産要素です。 過去に個人が消費を控え、節約することをいとわなかったため、資本が存在します。 消費されていないこれらのリソースは、通常、投資目的で企業によって使用され、資本のストックに追加されました。

資本財の生産は、借入と貸付が行われる信用市場の存在のために発生します。

資本の所有者は、利子の形で収入を得ます。 彼らは特定の金利を受け取ります。 したがって、利子率は、投資された資本で得られた利率または借り入れのコストのいずれか、つまり信用市場の両面として見ることができます。 ここでは、借用のコストのみを見ていきます。

分配理論 6.利子と信用

クレジットを取得すると、実際に資金を取得して、今日リソースを指揮することができます。 したがって、金利は、リソースに対する将来のコマンドではなく、現在のコマンドに対する支払いです。 利子はクレジットを取得するための支払いです。

私たちが支払う利息は、通常、年間ベースで計算された総ローンの割合として表されます。 1年の終わりに100ポンドで110ポンドを支払うと、年間利子は10%になります。 請求される金利が大きく異なることを知っています。

金利の変動は、次の要因に依存します。

分配理論 7.ローンの長さ

場合によっては、ローンの期間が長いほど、他の条件が同じであれば、請求される金利は大きくなります。

分配理論 8.リスク

ローンの未払いのリスクが大きいほど、他の条件が同じであれば、請求される金利は大きくなります。 リスクは、借り手の信用力に基づいて評価されます。 また、借り手がローンの担保を提供するかどうかに基づいて評価されます。

担保は、借り手がローン契約を順守しなかった場合に自動的に貸し手の資産になる資産で構成されます。 ローンに提供される担保が多ければ多いほど、請求される金利は低くなり、他の条件は等しくなります。

分配理論 9.管理費用

ローンを設定するにはリソースが必要です。 書類を記入して提出する必要があり、クレジットの参照を確認する必要があります。 ローンの金額が多ければ多いほど、総ローンの割合としての管理費は小さくなることがわかります。 したがって、私たちは、セタリスパリバスは、ローンが大きいほど、金利が低いと予測します。

ローンは、消費者と企業の両方によって取り出されます。 消費ローンと投資ローンを別々に扱います。 それを行う前に、金利と現在価値の関係、または将来のお金の価値を現在に関連付ける方法を調べます。 以下の議論では、インフレがないと仮定します。

分配理論 10.将来の金利と現在の価値

金利は、現在と将来をリンクするために使用されます。 結局、100ポンドを借りる年末に110ポンドを支払わなければならない場合、その10%の金利は、現在の物の価格と比較して、1年後の物の価格の尺度となります。 今日物を持ちたいのであれば、購買力を得るために10%の金利を支払う必要があります。

質問は次のように尋ねられます。1年後に受け取る110ポンドの現在価値はいくらですか。 それは市場の金利、または銀行口座で稼ぐことができる金利に依存します。 利率が10%(割引率と呼ばれる)であると仮定しましょう。 これで、来年受け取る予定の110ポンドの現在価値がわかります。

今から1年後に£110を受け取るには、10%の市場金利で今日どれだけのお金を払わなければならないのかという質問に答えることで知ることができます。

数学的に:

(1+ 0.1)P =£110。ここで、Pは今すぐ確保する金額です。

P =

=£100

つまり、1年の終わりに100ポンドが110ポンドに累積され、市場金利は10%になります。 今から1年後に受け取る合計額の現在価値の公式は次のとおりです。

P =

ここで、P =現在価値、A = 1年後に受け取る将来の合計金額、r =市場金利。

同じ方法を使用して、より遠い将来に予想される収入の現在価値を計算することができます。 この割引は、企業が投資プロジェクトから受け取る可能性が高い収入の現在価値を評価するのに役立ちます。

分配理論 11.金利の決定要因

新古典派の理論は、経済における金利の水準は貸付可能な資金の需要と供給によって決定されることを教えてくれます。 まず供給側を見てみましょう。

分配理論 12.クレジットまたはローン基金の供給:

貸付可能な資金の供給は、金利に依存します。 したがって、図14.3のように、貸付可能な資金の供給曲線は上方に傾斜します。 金利が高くなると、貯蓄者は現在の消費量を減らすことをいとわないでしょう。

分配理論 13.ローン資金の需要

貸付可能資金の需要は、個々の企業の需要、消費者の需要、および政府の需要の合計です。

分配理論 14.融資可能な資金に対する企業の需要

企業は、投資のために貸付可能な資金を要求します。 生産プロセスに投資することにより、資本コスト以上の収益を上げることができると企業が信じる場合、企業は借入と投資を行います。 企業は、貸付可能な資金市場で支払うために必要な金利と、投資によって得られると思われる収益率または利益率を比較します。

収益率が利子率より大きい場合、投資します。

より高いレートでは、経済的に意味のある投資プロジェクトが少なくなります。つまり、資本コストは投資された資本の収益率を上回ります。 逆に、低金利では、資本コストが限界資本効率と呼ばれる投資資本利益率よりも低くなるため、より多くの投資プロジェクトが実施されます。

分配理論 15.ローン基金に対する消費者の需要

消費者による貸付可能資金の需要は、借入コスト、つまり金利に反比例します。 すべての需要曲線がより高い利子率を下るという同じ理由で、借り入れのコストが高くなることを意味し、借り入れのコストは限られた収入の代わりの用途と比較検討する必要があります。 借入コストが高くなると、消費者は現在の消費を控えることになります。

貸付資金の需要は、消費者(家計)、企業、政府からのものであり、貸付資金の供給は、図14.4に示すように、均衡金利を生み出すために相互作用します。

資金は、資本市場または金融市場で取引されます。 これは常にクリアされる市場です。 金利は柔軟であり、金融​​機関は、資金の過剰な供給または需要がある場合、短期的に相互に貸し合わせることができます。

分配理論 16.実質金利と名目金利

これまで、インフレはないと仮定してきました。 インフレの世界では、名目金利はインフレのない世界よりも高くなります。 基本的に、予想されるインフレ率を考慮して、市場金利が上昇します。

インフレがなく、予想されるインフレがない場合、市場金利は5%になる可能性があります。 インフレ率が年に10%に達すると、誰もがインフレ率が高くなると予想します。

予想されるインフレ率を考慮すると、市場または名目金利は15%に上昇します。 したがって、実質金利は、名目インフレ率からインフレ率を引いたものに等しくなります。 インフレ率が高く上昇している期間には、名目金利が高くなることが期待できます。 ただし、実質金利は必ずしも高いとは限りません。

分配理論 17.関心の配分的役割

金利は、消費者と企業に資金を割り当てる価格です。 事業部門内では、利子はさまざまな企業やさまざまな投資プロジェクトに資金を割り当てます。 貸付資金の市場が制限されていないことを考えると、収益率が市場金利よりも高い投資プロジェクトが実施されます。

金利は資本を割り当てる機能を実行することを覚えておくことが重要ですが、最終的には、実際の物理的な資本をさまざまな投資プロジェクトに割り当てます。

分配理論 18.利益

利益は、生産の4番目の要因である起業家の才能に対する報酬です。 起業家精神は、新しいビジネスを始めるリスクへの関与を伴います。 ある意味では、起業家のスキルを投入しなければ何も生み出せません。

分配理論 19.経済的利益は管理スキルの支払いですか?

管理スキルは市場で利用可能なサービスであるため、利益は優れた管理に対する報酬ではありません。 どんな起業家でもマネージャーを雇うことができます。 優れたマネージャーは、貧しいマネージャーよりも高い給料を稼ぎます。 彼の優れた経営のために明らかに高い利益を得る良い起業家は、他の誰かのビジネスを管理することで他の場所で稼いだであろう給与だけを稼いでいます。

厳密に言えば、経済的利益を経営スキルの報酬と呼ぶことはできません。 所有者に雇用される可能性のあるマネージャーとは異なり、企業を所有する人がリスクを負います。 したがって、利益はそのようなリスクを取ることに対する報酬であるとしばしば主張されます。 結局のところ、ビジネスが失敗した場合、それは純資産の減少に苦しむのは所有者です。 ただし、保険契約を購入することで多くのリスクを軽減できます。

分配理論 20。利益とは?

利益は残余です。 しかし、偶然に発生するわけではありません。 それは会社の所有者のユニークな能力の結果です。 保険でカバーできないリスクを負うことの報酬です。 他の方法でも説明できます。

分配理論 21.悪用

古典的な経済学者の利益観は、私たちが今関心と呼ぶものと見分けがつかなかった。 これは、彼らの関心が個々の市場や個々の要因の価格ではなく、さまざまな社会階級が稼いだ国民所得の割合に関心があったためです。

カールマルクスは、利益の源泉は搾取であると主張しました。 マルクスによると、企業は実際に労働者が自分の労働価値よりも低い賃金を支払うことで労働者を搾取しています。

マルクスは、すべての財の価値の根底にある力はそれらを生産する労働の量であると述べた労働価値理論に基づいて彼の議論を基にした。 この量には、「 直接 」労働力-平均スキルの労働力の実際の使用量-および「 間接的 」労働力-商品の生産に使用されるツールの一部の労働力値が含まれます。

マルクスは、次のように尋ねることで、搾取論文を提出しました。

商品の価値が、その生産に必要な直接的および間接的な労働時間によって測定される場合、労働時間自体の価値はどうなりますか? 労働者とその家族が肉体と魂を一緒に保つために必要な財とサービスの量である必要があると彼は答えました。 これは、1人の労働者を生産するための社会へのコストです。 したがって、労働者が自給自足を獲得したとき、彼は「 公正な賃金 」を獲得していた。

マルクスは、すべての古典的な経済学者が信じていたことを再表明していた:

企業の所有者は、すべての生産コストが支払われた後に残ったものを合法的に請求できるため、利益を得ました。 したがって、マルクスによると、利益の源泉は搾取でした。労働者は自給の価格よりもはるかに高い価値の商品を生産しているからです。 資本主義のゲーム自体のルールでは、「 搾取 」は完全に公平な後の利益でした。

分配理論 22.エントリーの制限:

参入障壁が存在する場合、独占利益が可能です。 参入制限による独占利益は、しばしば独占家賃と呼ばれます。 参入制限は、タクシー、処方薬などの多くの業界に存在します。基本的に、独占利益は、独占権を所有する特定の権利を所有するビジネスの価値に資産化されます。

流通理論 23.イノベーション

経済的利益もイノベーションによって生み出されます。イノベーションは、新しい組織戦略、新しいマーケティング戦略、または新しい製品の作成として定義されます。 イノベーターは、イノベーションによって新しい経済的利益の機会を生み出します。 成功したイノベーターは一時的な独占ポジションを獲得し、一時的な経済的利益を得ることができます。

分配理論 24.経済的利益の機能

市場経済では、利益を期待することで企業はイノベーションを起こします。 この意味で、利益は革新と投資を促進します。 利益により、リソースは価値の低い用途から価値の高い用途に移行します。 価格と売り上げは消費者が決めます。 したがって、利益の欠如は、生産の機会費用を賄うのに十分な需要がないことを意味します。

分配理論 25.労働の需要と供給

ここでは、企業が要求する可能性のある労働投入量と、企業が支払う準備ができている価格を見つけようとします。 労働が唯一の変動要因入力であり、他のすべての入力が固定されていると仮定します。 企業の労働需要は、製品の需要を調査したのと同じ方法で調査できます。

企業は、それ以上雇用することが不採算になるまで、つまり、労働者を雇うことの限界利益が限界費用とちょうど等しくなるまで、労働者を雇うと仮定します。 さらに、労働市場は完全に競争的であり、産出市場も完全に競争的であると想定しています。 今後は、これらの仮定を廃止します。

流通理論 26.競合製品および要因市場

企業は、完全に競争の激しい市場で製品を販売し、完全な市場で労働投入量も購入します。 企業は製品の価格にも労働投入の価格にも影響を与えることはできませんが、市場価格で必要なだけ購入することができます。 賃金は、需要と供給の力によって市場で固定されています。 労働に対する市場の総需要は、個々の企業の労働に対する需要の合計です。

分配理論 27.限界物理積

表14.1、列1は、会社が雇用できる労働者週の数を示しています。 列2は、異なる量の労働投入量が1週間で生産できる総物理的製品(TPP)を示しています。

列3は、企業が固定資本に労働者を追加した場合に得られる追加の出力を示しています。 それは、限界物理的製品(MPP)を意味します。これは、採用された追加の労働投入からの余剰生産を表します。 会社が2人目の労働者を追加した場合、MPPは118です。

私たちは、限界因子の減少の法則が、他の因子の固定量とともに、より多くの可変因子が採用されるにつれて機能することを知っています。

分配理論 28。MPPが低下する理由

同じ資本ストックでますます多くの労働者が追加される場合、各労働者は、扱う資本ストックの割合がますます少なくなります。 1人のワーカーが1台のマシンを使用する場合、別のワーカーを追加しても出力は通常2倍になりません。マシンは1日あたり非常に多くの時間しか実行できないためです。

分配理論 29。すべての労働者が同じ賃金を支払った

競争の激しい労働市場を想定しているため、すべての労働者には同じ賃金が支払われなければなりません。 表14.1では、賃金率が週200ポンドであると仮定しました。 さらに、製品の価格を知る必要があります。 完全な競争を想定しているため、表14.1のように、仮想市場均衡価格は2.50ポンドです。

会社は、MR = MC =賃金率まで労働者を雇用します。 労働者のMCは、その生産要素を採用する際に発生する追加費用です。

分配理論 30。限界収益積:

ここで、MPPをMRP(金額)に変換する必要があります。 MRP =製品のMPP xP。 2人目の労働者のMPPが118で、生産物の市場価格が2.5ポンドの場合、MRPは295ポンド(118 x 2.50)です。 私たちは個々の労働者のTRへの貢献をMRPと呼んでいます。 図14.5は、MRP = MC =賃金率の関係を示しています。これは、利益を最大化する企業の雇用創出をもたらします。

完全に競争の激しい労働市場では、週200ポンドの賃金率は実際に労働の供給曲線を表しています。

分配理論 31.従業員は何人ですか?

会社は、MCがその労働者によって生成されたMRと等しくなるまで労働者を雇用します。

完全に競争の激しい市場では、このポイントは賃金率= MRPです。 会社がより多くの労働者を雇用する場合、追加の賃金は総収入の追加の増加によって十分にカバーされないでしょう。 もし会社がより少ない労働者を雇うならば、それらの労働者が総利益になすことができる貢献を失うでしょう。 したがって、利益最大化条件は次のとおりです。MRPL = W

図14.5から、会社が何人の労働者を雇うべきかがわかります。 供給曲線S Lは、週7人の労働者のMRP曲線と交差しています。 Eでは、賃金率= MRP。 MRPは要素需要曲線であり、生産の1つの可変要素のみを想定し、要素市場と製品市場の両方で完全な競争を想定しています。

会社は、1週間以上労働者を雇用することも、7労働日未満を雇用することもありません。

流通理論 32。派生需要:

労働需要は派生需要です。 同社は、利益のために製品を販売できるように、需要のある製品を生産するために労働者を雇用しています。 MRP曲線は、最終製品の需要と価格に変化があるたびにシフトします。

製品の価格が下がった場合、MRP曲線は左にシフトします。 製品の価格が上昇すると、MRP = MPP x製品価格のPであるため、MRP曲線は右にシフトします。 したがって、一般的に賃金は、需要が伸びている産業の方が、衰退している産業よりも高くなります。

需要の増加は、代替品の相対価格の上昇、収入の増加、嗜好やファッションの変化、または補完品の価格の低下に関連している可能性があります。 テクノロジーの変化は、写真の不可欠な部分かもしれません! 同様に、生産性の変化はMRPを変える可能性があります。

効率的な管理または技術のためにMPPが上昇した場合、MPP x P = MRPは所定の労働量に対して高くなります。つまり、MRP曲線は右にシフトします。 独占的なアウトプット市場では、MRP L = MPP MR。

分配理論 33.入力に対する需要弾力性の決定要因

投入(労働)に対する需要の価格弾力性は、需要量の変化率を労働価格(賃金率)の変化率で割ったものです。 需要は、弾力性、単位弾力性および非弾力性である可能性があります。

入力の需要の価格弾力性の4つの主要な決定要因があります。

(a)特定の入力が他の入力に簡単に置き換えられるほど、需要の弾力性が増します。

(b)最終製品に対する需要の価格弾力性が大きいほど、投入に対する需要の価格弾力性は大きくなります。

(c)特定のインプットによって説明される総コストの割合が小さいほど、需要の価格弾力性は低くなります。 そして

(d)需要の価格弾力性は、短期よりも長期の方が大きくなります。 調整に時間がかかるほど、需要と供給の両方の曲線はより弾力的になります。 これは、長期的には、企業が生産プロセスを再編成して、より高価になった生産要素の使用を最小限に抑えることができるためです。

分配理論 34.労働の供給

労働の市場供給曲線は、単純に個々の労働供給曲線の合計です。 労働需要を発展させた今、我々は労働力の供給に目を向けます。 分析に供給を追加することにより、均衡賃金率を見つけることができます。 労働の供給曲線は、他の供給曲線と同様に、特定の産業では上向きになります。

しかし、完全に競争の激しい業界では、個々の企業は賃金をいくらでもいくらでも労働者を雇うことができます。 このように、業界は上向きの供給曲線に直面しているが、個々の企業は図1、図2のように水平供給曲線に直面していると言えます。 14.6および14.7。

分配理論 35.労働余暇の選択と個々の労働供給

すべての作業には機会費用が含まれます。 そのため、作業量に関する個々の決定を分析することは、製品市場で何を購入するかに関する消費者の決定を分析することに似ています。 実際、個人は余暇と商品消費の間で選択しています。 商品の消費を増やすという決定は、必然的に余暇の消費を減らすという決定を意味します。

決定を下すには、個人が余暇の機会費用を知る必要があります。 その機会費用は、稼ぐことができたであろう賃金(£4)によって最もよく表されます。 労働時間を4時間短縮するという決定は、16ポンド相当の商品を消費できないという決定を表します。

賃金の上昇の影響を考慮してください。 余暇はより高価であるため、労働者はより多く働くためのインセンティブを与えられます。 そのため、労働者は仕事に有利になり、余暇に代わります。 これは、賃金上昇の代替効果として知られています。 代替効果のみを見ると、賃金が上昇すると労働者は長時間労働したくなるでしょう。

しかし、収入効果もあり、それは反対方向に働きます。 賃金率が高いということは、一定の労働時間に対して、労働者の収入が多いことを意味します。 収入が増えると、労働者は余暇を含むあらゆる財をより多く購入する傾向があります。 したがって、労働者が労働努力を減らすため、賃金の上昇は労働時間数を減らす傾向があります。

一般に、代用効果は所得効果を上回り、個々の労働供給曲線は上方に傾斜します。 最終的には、十分に高い賃金率では所得の影響が支配的となる可能性があるため、十分に高い賃金率では、実際に労働時間数が減少する可能性があり、その時点でそれは後方拘束となります。

図14.8では、この労働の逆屈曲供給曲線は、賃金率W 1までは所得効果が代替効果を上回っていることを示しています。

この分析は、所得の余暇の選択の観点から行うことができます。

分配理論 36.要因の需要

利益を最大化する企業は、MC = MRになるまで出力を生成します。 これは、企業がMRP(MPP x MR)またはVMP(製品のMPP x P)= MFCになるまで、生産の変動要因の単位を雇うことを意味します。 利益を最大化する競争力のある企業は、MRP(-VMP)= MFCになるまで、変動要素の追加単位を雇うことに注意してください。 これがMPの理論です。

さらに、労働が変動要因であり、企業が完全に競争の激しい労働市場でそれを購入すると仮定すると、MFCは賃金率になります。 MPの理論では、企業はW = MRP = VMPになるまで追加の労働単位を雇用すると述べています。

たとえば、表14.2は、完全に競争力のある要因および製品市場で事業を展開しており、生産の変動要因のみが労働である小麦農家のケースを示しています。 列(1)および(2)は、「 収益の減少の法則 」を示しています 。これは、ますます多くの労働者が雇用されると、MPPが最終的に低下するためです。

今、小麦の価格が1トンあたり2ポンドとして与えられているとします。 これは、列(3)に示されているMRP(= VMP)を計算するのに役立ちます。また、賃金率は一定であるため、採用される労働者が増えるにつれて、最終的には低下する必要があります。

したがって、利益最大化の一般的なレートは、利益最大化企業が、最後に雇用されたユニットが収益とコストを同程度に追加する時点まで、変動要素の追加ユニットを雇用することです。 つまり、因子MRP = MFCになるまでです。 これは、利益最大化企業の均衡条件です。

企業が価格に影響を与えずに任意の数量を購入できるように完全に競争力のある要因市場で変動要因を購入する場合、MFC =要因の価格この場合、均衡条件はMRP-要因の価格になります。

この分析は、企業のMRPCが、他のすべての生産要素が一定に保たれているという仮定の下での変動要素の需要曲線であることを意味します。 今、完全な市場で販売される唯一の変動要因が労働であると仮定します。

利益最大化企業は、賃金率= MRPになるまで追加の労働者を雇用します。 週給W =£24の場合、6番目の男性のMRPは£24であるため、農家は6人の男性を雇用することで利益を最大化します。

農民は、MFC> MRPとしてより多くの労働者の雇用を停止します。 ここで、週給が£6に下がると仮定します。 この場合、農家はMRP =賃金率である8人目の労働者を雇用します。 Fig. 14.10 represents the above argument where it shows the MRP (=VMP) curve of a profit-maximising firm that Sells its product in a perfect market.

Assume that the firm is able to hire any number of workers at the market wage, so that it faces a perfectly elastic supply curve of labour (S 1 S 1 ) at the market wage (OW). A profit-maximising firm will employ OL 1 units of labour, where, MRP = wage-rate.

Now, consider the quantity of labour the firm will employ if the wage-rate falls to OW 1 and the supply curve shifts down to S 2 S 2 . With employment of OL 1 now MRP > the wage-rate, so that firm will hire additional workers. The MRP = wage-rate where again if the firm employs OL 1 units of labour.

Thus, for this firm, its MRP (= VMP) curve represents its demand for labour curve. If, however, the producer is selling the product in an imperfect market, the MR < AR = P. In this case, MRP < VMP.

Theory of Distribution # 37. Equilibrium in a Competitive Factor Market:

A competitive factor market is in equilibrium when the price of the factor input equates the quantity demanded to the quantity supplied.

Fig. 14.11 shows such an equilibrium for a labour market.

The equilibrium wage-rate is. W C, and the equilibrium employment (where demand equals supply) is L C .Since they are well-informed, all workers receive identical wages and generate their identical MRP L, whenever they are employed. If any worker had a wage lower than his MP, a firm would find it profitable to offer that worker a higher wage.

If the output market is also perfectly competitive, the demand curve for the input measures the benefit that consumers of the product place on the additional use of the input in the production process. The wage-rate also reflects the cost to the firm and to society of using an additional unit of the input. Thus, at A in Fig. 14.11(a), the marginal benefit of an hour of labour (MRP L ) is equal to its marginal cost (the wage-rate, W).

When output and input markets are both perfectly competitive, resources are used efficiently because the difference between total benefits and total costs is maximised where MRP L = (P)(MP L ). Efficiency requires that the additional revenue received by the firm from employing an additional unit of labour equal the social benefit of the additional output that labour unit produces.

When the output market is not perfectly competitive, the condition MRP L = (P)(MP L ) no longer holds, which Fig. 14.11(b) shows. The curve representing the product price multiplied by the MP L lies above the MRP L [(MR)(MP L )]. Point B is the equilibrium wage, VK M and the equilibrium labour supply, L M . But P. MP L is the value that consumers place on additional inputs of labour.

Thus, when L M labourers are employed, the MC to the firm, W M, is less than the marginal benefit to society, V M . The firm is maximising its profit, but because its output is less than the efficient level of output, the firm's input use is also less than the efficient level. Net benefits would increase if the firm hired more factor inputs and, thereby, increase output.

Theory of Distribution # 38. Limitations of the MP Theory :

This theory ignores the supply side, it cannot be regarded as a complete theory of factor pricing. It assumes that labour is a homogenous factor because of differing innate characteristics and skills and labour markets are by no means perfectly competitive.

The theory is based on the assumption that firms attempt to maximise profits. But firms may have other objectives. In such cases, the theory is unlikely to be an adequate explanation of the demand for labour.

The theory also assumes that large level of wages and labour productivity are independent. This is not necessarily valid. Increased wages may increase productivity. Finally, in some countries, it is possible that higher wages may result in more productive workers in the long- run. Such changes in productivity increase the MPP, and, thus, shift a firm's MRPC to the right.

Theory of Distribution # 39. Imperfection in Labour Market :

Labour markets are really imperfect. On the demand side, there are product monopolies, monopsonies (monopoly buyers of labour) and collusive oligopolies (CBI). On the supply side, there are trade union monopolies which have developed the well-known institution of collective bargaining.

Now we will examine the case of a product monopolist and that of a monopsonistic buyer of labour on the supply side; we consider the influence of trade union and collective bargaining.

Theory of Distribution # 40. Hiring Policy of a Profit-Maximising Monopolist :

A monopolist faces a downward-sloping demand curve for the good he is producing. This means that if he employs additional workers, he must lower the price of additional output. As shown in Fig. 14.12, the MRPC < the VMPC, because the monopolist's MRC < ARC.

Assume that the monopolist is operating in a perfectly competitive labour market and, so, faces an infinitely elastic supply curve of labour, WW, paying a fixed wage-rate, OW, per hour as in Fig. 14.12. Thus, such a monopolist will employ OL 1 units of labour, as indicated by the intersection of MRP with WW at point E 1 .

Employment of extra units of labour beyond OL 1 would mean that the wage bill would increase in total revenue, thus, reducing profits. OL 1 < OL 2, which would be achieved under conditions of perfect competition in all markets. Thus, monopolist employs less labour than a perfect competitor.

Theory of Distribution # 41. Monopsony Employer of Labour :

Sometimes there could be a monopoly employer of labour, known as monopsony. In these circumstances, the employer may well be able to get the required amount of labour for lower wages, because, employees have no alternative.

This would be most likely if geographical mobility was a serious problem. The monopsonist equilibrium level of employment will be influenced by the MC of labour (called Marginal Expenditure) and the MRP of labour (MRP = VMP). The MC of labour exceeds its AC (=AE).

In Fig. 14.13, the upward-sloping supply curve, SS L, is in fact the AC (=AE) of labour (AFC). It shows the wage-rate that has to be offered to attract a given supply of labour. Given that the monopsonist is a profit-maximiser, then the number of workers he is willing to employ will be determined by the intersection of MC (= ME) with the MRP = VMP.

The monopsonist employs Oh* units of labour (MEP = MRP). The wage- rate, OW* is given by the intersection of the line EL* with SS L at point F. Contrast this outcome with the perfectly competitive case when a higher wage-rate, OW c, and level of employment, OL, would prevail.

Sometimes a monopoly can be created by an employers' association. Bilateral monopoly exists in the labour market when a single employer or employers' association negotiates with a single union which covers all the employees in the industry.

Theory of Distribution # 42. Factor Markets with Monopoly Power :

Just as buyers of inputs can have monopsony power, sellers of inputs can have monopoly power. The most important example of monopoly power in the factor markets involves labour unions and we will concentrate most of our attention there. We will briefly describe how a labour union might increase the well-being of its members and substantially affect non-unionized workers.

Theory of Distribution # 43. Monopoly Power over the Wage-Rate :

Fig. 14.14 shows that when the seller of a Wage labour input (a labour union) is a monopolist, it per Worker chooses among the points on the buyers' demand for labour curve, D L . The seller can maximise the number of workers hired, at L* by agreeing that workers will work at wage, W*.

The quantity of labour, L 1, that maximises the rent, that employees earn, is determined by the intersection of the MR and the supply of labour curves; union members will receive a wage-rate of W 1 . Finally, if the union wishes to maximise total wages paid to workers, it should allow L 2 union members to be employed at a wage-rate of W 2 because the marginal revenue to the union will then be zero.

A Two-sector Model of Labour Employment: Wage Determination in Unionized and Non-unionized Sectors :

Fig. 14.15 shows, when a monopolistic union succeeds in raising the wage in the unionized sector of the economy from W* to W U, employment in that sector falls, as shown by the movement along the demand curve, D U . For the total supply of labour, S L, to remain unchanged, the wage in the non- unionized sector must fall from W* to W NU, as shown by-the movement along the demand curve D NU .

Theory of Distribution # 44. Bilateral Monopoly in the Labour Market :

Bilateral monopoly is a market in which a monopolist union sells to a monopsonist employer. In a labour market, bilateral monopoly arises when representatives from a union and companies that hire a type of labour meet to negotiate wages. Figure 14.16 shows a typical bilateral bargaining situation.

The S L represents the supply curve of labour, and the firm's demand curve, for labour is given by the MRP curve D L . If the union had no monopoly power, the monopsonist would hire 20 workers and pay £10 per hour. When 20 workers are hired, the MRP of labour is equal to the ME of the firm.

The seller of labour faces a demand curve, D L that describes the firm's hiring plans as the wage-rate varies. The union chooses a point on the demand curve that maximises its members' wages, while the supply curve, S L, tells the union the minimum payment necessary to encourage workers to offer their labour.

Suppose the union wishes to maximise the economic rent of its members; so the union considers the supply curve as the MC of labour. To maximise rent, the union chooses a wage of £19 which equates the MR with MC. At £19, the firms will hire 22 workers.

In summary, the union will demand a wage of £19 and wants firms to hire 22 workers, whereas, firms are willing to offer a wage of £19 and hire 20 workers. What eventually happens depends on the bargaining strategies of the two parties.

 

コメントを残します