独占の差別化における価格と生産の決定

価格差別は、特定の製品を異なる価格で販売する独占者が使用する戦略です。

価格差別戦略を実践する独占者の主な目的は、総収入を増やし、最大の利益を上げることです。

ただし、独占を差別する場合、出力には異なる価格が課金されます。 独占者が差別的な独占の下で均衡価格と産出量をどのように決定するかについて例を挙げて議論しましょう。

独占者であるX氏は、市場をXとYの2つのサブマーケットに分割したと仮定します。需要の弾力性は、市場Xよりも市場Yの方が大きいことがわかりました。

独占者は、図15に示すように、MR = MCおよびMCカーブがMRカーブを下からカットする場合に最大の利益を獲得します。

図15では、総市場の場合、出力OQは、MRがEでMCと等しくなるように分配する必要があります。産出量は、均衡産出量であるQEに等しい。 両方の市場で請求される価格は、ARまたは需要曲線に等しくなります。

したがって、市場Xの価格はOP 1であり、市場Yの価格はOP 2です。 市場Xで請求される価格は、市場Yで請求される価格よりも大きいことに注意する必要があります。これは、需要の弾力性が市場YでXよりも大きいためです。市場YのOO 2よりもOQ 1です。

したがって、差別的な独占者が次のように均衡を達成するには、2つの条件が必要です。

総生産の限界費用=結合された限界収入

市場Aの限界収入=市場Bの限界収入=限界費用

 

コメントを残します