製品と生産の可能性曲線

この記事では、製品と生産可能性曲線との関係について説明します。

1.割合が固定された共同製品:

同じ生産プロセスから生じる製品は、共同製品と呼ばれます。 つまり、2つの製品は互いに関連しているため、一方の製品が自動的に他方の製品につながります。

生産される1つの製品の数量によって、他の製品の数量が決まります。 つまり、2つの製品は常に一定の割合で生産されます。 このような共同製品の生産可能性曲線を図22に示します。変数入力の各レベルは、単一点のみで表される生産可能性曲線を生じさせます。

生産の決定については、そのような製品を1つとして扱うことができます。 そのような製品の例は、羊毛と羊肉、牛肉と牛の皮、小麦とch殻です。

(ii)競合製品:

特定のレベルの可変リソースがある場合、他の製品の生産量を減らすことによってのみ一方の生産量を増やすことができる場合、製品は競争力があります。 このような製品は、同時に同じ入力を求めて競合します。

2つの製品が競合する場合、一定のレート、増加するレート、または減少するレートで変換(または置換)される可能性があります。 生産可能性曲線は、図23に示すように、右下に移動すると、これらの各状況で異なる曲率を持ちます。

図23.完成品の生産可能性曲線

図23(a)では、製品は一定の割合で代替されます。 Y 2の生産量が増加すると、Y 1の生産量も同じ量だけ減少します。 言い換えれば、製品代替の限界率は一定のままです。

それを代数形式で表現するために、X軸の方向でそれを言うことができます。

この場合の生産可能性曲線は直線になります。

図23(b)では、2つの商品間の代替が増加しています。 追加の単位製品Y 2が生産されるたびに、製品Y 1の単位に関してますます大きな犠牲を払わなければなりません。この場合、生産可能性曲線は原点に対して凹です。 代数形式では、この傾向はX軸の方向で次のように表されます。

両方の製品の場合、変動要因に対する限界収益の減少の法則が機能している場合、または1つの製品の場合、変数入力への限界収益が一定であり、減少している場合、原点に凹の生産可能性曲線が現れます他の場合。 限界変換率はそのような場合が増加していると言われています。

図23(c)では、製品代替の限界率が低下しています。 製品Y 2の生産量が増加すると、製品Y 1の生産量が削減される速度は着実に低下します。 この場合の生産可能性曲線は、原点に向かって凸です。

2つの製品Y 1とY 2の間の置換の減少率は、代数的に次のように表されます:X軸の方向。

次の場合、原点に凸の生産可能性曲線に出くわすことができます。

(a)両方の製品の生産は、変数入力に対する限界収益の増加の法則に従うか、

(b)1つの製品の生産が変数入力に対する限界収益の増加の法則に従う場合、他の製品の生産は変数入力に対する一定の限界収益の法則に従う。

実際には、限界収益の減少の法則の運用により、競合製品に適用される代替率の増加が一般的です。 言い換えれば、生産可能性曲線は、一般に原点に対して凹です。

(iii)補完製品:

2つの製品は、Y 1とY 2が補完的であると言います。たとえば、製品Y 1の出力を増加させるために使用される入力が、製品Y 2の出力の増加につながる場合は、全体で同じ割合ではありません。 この場合の生産可能性曲線を図24に示します。

図24(a)は、一定量の入力に対する生産可能性曲線の極値を1つだけ示しています。 しかし、相補性が存在する場合、図24(b)に示されているように、生産可能性曲線の両極端で経験されます。 図24(b)で、HとTは、それぞれ所定量の入力でのY 1とY 2の最大出力レベルを表します。

セグメントAHとBTでは、製品Y 1とY 2が補完的です。1つの製品の生産量が増えると他の製品の生産量も上がるのに対し、セグメントHTでは、1つの製品の生産量が減るだけで競争力が増します。もう一方の出力。 補完的な効果は、特定の制限までしか機能しません。 図24 '(b)に示すように、2つの製品間の競合が再開されます。

図24(a)では、積Y 1とY 2は、与えられた入力量に対して点bまで相補的です。 2つの製品が生産のすべてのレベルで相互に補完し合うことができないことに注意してください。 ある時点の後、一方の量を増やすと、もう一方の量が減ります。

つまり、最終的には競争力が本質的に高まります。 たとえば、図では、ポイントbを超えると、ポイントcで示されるように、Y 2の出力を増やすことができるのはy 1の出力を減らすだけであるため、2つの製品が競合することがわかります。

(iv)補足製品:

ある製品、たとえばY 2から別の製品への特定の変数入力の転換、たとえばY 2がY 1の生産を減少または増加させることなくY 2の増加をもたらす場合、2つの製品は補足です図25( a)そのような補足製品の生産可能性曲線を示しています。

図25(a)は、最初の補完的な製品の場合のように、このポイントまではY 2の出力をAの後のY 1の出力に影響を与えることなく増加できるため、ポイントAまでの2つの製品を補足します。24)、彼らはお互いに競争力を持ちます。

ここで、2つの製品間の補足関係は、実際、生産可能性曲線の両端に現れることに注意する必要があります。つまり、Y 1が補足Y 2の場合、Y 2はy 1を補足します。

農業の生産における補完性の例を探したいかもしれません。 作物生産では、作業の多くは季節的です。 労働力が完全に占領されている期間があり、それ以外の場合は、雇用が不足しています。

時には、このような労働力は、leanせた季節に卵や豚などの製品を生産するために使用されます。 もちろん、これらの副産物は、一定の限度まで、主要製品の生産に悪影響を与えることなく取得されます。

 

コメントを残します