ポートフォリオ投資:賛否両論| 経済

ポートフォリオ投資とは、外国投資家が所有資本のみを保有する外国資本の流れの形態です。 資本の管理と管理は、開催国の手に委ねられています。 LDCは、外国直接投資に固有の重大な危険性を考慮して、ポートフォリオ投資を強く好みました。 実際、ポートフォリオ投資とは、他の国または国際的な貸付機関からのある国による借入を意味します。

ポートフォリオ投資または外国ローンは、ホスト国が外国資本の使用とそれから生じる収入を管理する自由を認めています。 対外ローンは、特定のプロジェクトまたはプログラムに関連付けられている場合があります。 アンタイドローンは、借入国が国際収支調整またはその他の特定の目的に使用できます。 後者は、融資国と融資国との間の合意で規定されているように、融資とその利子の返済を要求されます。

インドへのポートフォリオ投資は、1991-92年の400万ドルから1994-95年の38億2, 000万ドルのピークレベルまで上昇しました。 2001年から2002年にかけて、インドでのポートフォリオ投資は202億米ドルのレベルに達しました。 2003-04年から2007-08年の間に、ポートフォリオ投資の流入は125億米ドルから274億3, 000万米ドルに急増しました。 2010年から2011年にかけて、ポートフォリオ投資は238億ドルでした。 純ポートフォリオ投資は2013-14年に210億米ドルに減少しました。

ポートフォリオ投資の場合:

ポートフォリオ投資をサポートする主な議論は次のとおりです。

(i)経済的:

外国資本が外国直接投資の形で取得されると、投資家は利益または株式利益を受け取ります。 一般的に、外国直接投資の収益率は非常に高いです。 対照的に、外国または多国間貸付機関からの借入金利は非常に低い。 したがって、ポートフォリオ投資は、借入国の観点からより経済的です。

(ii)資本の適切な方向:

外国直接投資の場合、資本の利用は、利益または利益の最大可能率の考慮によって管理されます。 特定のセクターまたは業界では、リスクの程度が高く、収益率が低い場合があります。 外国の直接投資は、優先度の高いものが必要であっても、これらの産業やセクターでは実現しません。 ローンは、経済的および社会的優先事項に従って利用することができ、ポートフォリオ投資を通じて経済計画の目標を実現することが可能です。

(iii)支払いに関する確実性:

外国からの借入の場合、ローンの返済とその利子は規定の時間に行われなければなりません。 それについて完全な確実性と明確さがあります。 反対に、海外直接投資の場合、資本の本国送還と利益の送金について多くの不確実性があります。

(iv)国内経済の開発なし:

外国の直接投資がある場合、外国の起業家は既得権益のために受入国の労働力、原材料および市場を活用します。 資本の制御はホスト国に帰属するため、外国ローンの場合、国内経済のそのような搾取は不可能です。

(v)公共部門の開発に最適:

LDCでは、公共部門が経済変革のプロセスで重要な役割を果たしています。 リスクの見通しが高く、民間の国内および外国からの投資が来ない重工業および資本財産業のいくつかは、公共部門で開始されなければなりません。 公共部門でプロジェクトを立ち上げるための資本は、公共部門の発展に適した外国のポートフォリオ投資の形で得ることができます。

(vi)先住民族の管理と管理:

外国の直接投資の場合、資本の所有、管理、管理は外国人の手にありますが、国内の投資家と起業家は外国のソースから得たローンの管理と管理を保持します。

(vii)独占の出現に対する恐怖はありません:

外国直接投資は、しばしば外国の起業家の手に産業支配の集中をもたらし、その結果、ホスト国の経済を活用するoligo占または独占の出現をもたらします。 ポートフォリオ投資の場合、独占の出現を恐れることはありません。

(viii)政治的支配の恐怖:

外国からの直接投資は、経済的および政治的意思決定における自治権の喪失につながる場合があります。 反対に、ポートフォリオ投資の場合、借りた資金の使用は、ホスト国が行動の独立性を保持するように、ホスト国自身の優先順位に従って行われます。

融資国が借入国で経済的および政治的支配を引き受ける可能性はほとんどありません。 ただし、融資を確保するための適格性を獲得し、資金を使用するための融資国および多国間機関による条件付の実施は、この資本移転の形で除外することはできません。

ポートフォリオ投資に対するケース:

ポートフォリオ投資に対する主な議論は次のとおりです。

(i)関心のある負担:

外国直接投資の場合、株式保有者は、事業に関する利益が得られる年度に配当金を受け取ります。 損失が発生した場合、配当金は支払われません。 それどころか、ポートフォリオ投資の場合、借入国は継続的に大きな利子負担を抱えています。

(ii)高度な技術のメリットなし:

LDCが海外から直接投資を取得すると、外資だけでなく、最新の機械、設備、技術的ノウハウの恩恵も受けます。 ポートフォリオ投資の場合、ローンのみが利用可能になります。 開催国は先進的な外国技術の恩恵を受けていません。

(iii)経済的でない使用:

直接投資は、最大の利益が期待される活動に常に採用されます。 それどころか、外国ローンは高リスクおよび低利益セクターで使用される可能性が高い。 場合によっては、消費の資金調達や防衛のニーズを満たすために、外国の融資資本が散逸することがあります。 したがって、ポートフォリオ投資は不経済な方法で利用できます。 ただし、ローンが特定のプロジェクトまたはプログラムに関連付けられている場合、この問題は克服できます。

(iv)国内資源の動員に対するプレッシャーの減少:

着実かつ高い成長率は、発展途上国が開発のための国内の資源動員に向けて力強い努力をすることを要求します。 しかし、外部からの融資を簡単な条件で取得できる場合、母国内から開発のためのリソースを動員するプレッシャーは少なくなります。 それは国内の貯蓄と投資を思いとどまらせ、外国資本を部分的に中和するかもしれない。

(v)政府の贅沢:

政府が非常に低い金利で長期資金を調達できる場合、LDCの政府の一部が浪費される恐れがあります。 資金は、顕著な消費、ホテル、レストラン、スポーツスタジオなどの建設に悪用される可能性があります。このような支出は、成長プロセスに悪影響を与える可能性があります。 外国直接投資の場合、そのような資金の誤用はあり得ません。

(vi)うつ病時の困難:

外国のローンは、不況の時代に借入国に問題を引き起こします。 国の為替収益が低いため、債務返済が困難になります。 このような状況は、外国直接投資の場合には発生しません。

(vii)逆資本フロー:

外国および多国間貸付機関からの融資は、資金調達の開発に利用可能な資源を補うことになっています。 しかし、90年代のインドの経験は、インドからの資本の逆流があったことを示しました。 1999年に世界銀行が発行した世界開発報告書によると、1994年から99年の期間中のインドへの開発援助の支出は2636百万ドルでした。

債務返済による貸し手へのインドからの支払額は4億700万ドルでした。 したがって、2億6700万ドルの規模の純流出または逆資本フローがありました。 2008-09年でさえ、同国は113億米ドルの規模のポートフォリオ投資の純流出を経験しました。 このような状況は、BOPの状況と開発プロセスに非常に憂鬱な影響を及ぼす可能性があります。

(viii)政治的理由の影響:

融資国との政治的連携が緊密な国では、外国からの融資がより大きな規模で行われる予定です。 独立した政治的行動方針に従おうとする国々は、外国ローンの資金を手に入れることができません。

(ix)外国からの干渉:

融資国は、ローンの特定の使用を主張します。 彼らはまた、外国ローンの返済のための資源動員のモードを規定しています。 したがって、ポートフォリオ投資は一般に、借入国の経済的および政治的政策に干渉をもたらします。

これらの欠点にも関わらず、LDCは外国直接投資よりもポートフォリオ投資を好む傾向があります。

 

コメントを残します