技術の進歩と経済成長| 経済

技術の変化は、経済成長率を決定する最も重要な要素です。 資本形成よりも重要な役割を果たします。 人口の一人当たりの生産量を継続的に増加させることができるのは、技術の変化です。 したがって、それは経済成長の原動力です。

技術的変化または進歩とは、商品を生産する新しい改良された方法の発見を指します。 技術の進歩により、利用可能な天然資源の供給が増加する場合があります。 しかし、より一般的には、技術の変化により、労働、資本、その他のリソースの生産性が向上します。 すべての因子を組み合わせた入力の生産性は、総因子生産性と呼ばれます。 したがって、技術の進歩は、全要素生産性の向上を意味します。 技術の進歩の結果、同じリソースでより多くの出力を生成するか、より少ないリソースで同じ量の製品を生成することが可能になります。

しかし、技術の進歩がどのように行われるかに関して疑問が生じます。 技術の進歩は、発明と革新を通じて起こります。 発明という言葉は、新しい科学的発見に使用されますが、イノベーションは、新しい科学的発見が商品の実際の生産に商業的に使用される場合にのみ発生すると言われています。 いくつかの発明は、実際の生産に使用するのに経済的に利益がないかもしれません。

上記から、技術の変化により一人当たりの生産量が増加することがわかります。 したがって、技術の変化、より正確には技術の進歩とは、生産プロセスの変化であり、労働単位あたりの生産量が増加します。 技術の変化は、すべての既知の技術を具現化する生産機能のシフトを引き起こします。 技術の変化は、技術の変化と区別する必要があります。 技術の変化とは、生産方法の改善をもたらす知識の進歩を意味しますが、技術の変化とは、異なるが既知の生産方法の使用を指します。

経済成長のプロセスには、商品とサービスの生産の増加が含まれます。 生産量の増加は、より多くのリソースを使用するか、労働、資本、土地のリソースをより効率的に使用することで生産性を高めることで達成できます。 技術の変化は、これらの両方の方法で成長を促進するのに役立ちます。 それは国の新しい天然資源の発見に役立ち、それによって国の生産性を高めます。 技術の変化により、利用可能なリソースの生産性も向上します。

たとえば、これまでは不妊とみなされてきた土地の生産的使用を見つけたり、以前は役に立たないと考えられていた原料の新しい経済的使用を発見したりできます。 しかし、上記で説明したように、技術の変化はより一般的にはリソースの生産性を高めます。 技術の変化は、より良い機械、より良い方法、より優れたスキルの提供により、労働者の生産性を向上させます。

表8.1は、1970年から1989年の期間における多くの国の労働生産性の増加率を示しています。 リソースの生産性の向上をもたらすことにより、テクノロジーの進歩により、同じリソースでより多くの出力を、またはより少ないリソースで同じ量の出力を生成することが可能になります。 技術の進歩は、より良い機械、より良い方法、強化されたスキルの提供を通じて技術の改善をもたらします。

これは、既存のリソースで新しいものを生産するプロセス、または既存のリソースを新しい方法で使用するプロセスの基礎となるテクノロジーです。 これは、シュムペーターが「生産的手段と貯蓄の国家供給のゆっくりと継続的な増加は、何世紀にもわたって経済史の経過を説明する上で明らかに重要な要因であるが、開発は、主に、既存のリソースを別の方法で使用し、それらのリソースが増加するかどうかに関係なく、それらを使用して新しいことを行うことにあります。 新たに発見された技術は、労働者あたりの生産量の増加につながることを強調することが重要です。」

労働者の生産性は、働く資本ツールの量と質に依存します。 生産性を高めるには、生産の道具が技術的に効率的で優れている必要があります。 経済に開かれた技術オプションは、生産の投入構成を決定します。 商品はさまざまな技術によって生産できます。 生産に必要な資本、スキル、その他の要因の量と質は、使用される生産技術の効率に直接依存します。 また、管理および組織の専門知識は、生産の技術的要件と一致している必要があります。 したがって、経済発展の現在の段階における技術は、生産の不可欠な要素です。

これは技術の時代です。 発展途上国は、現代の先進国に追いつくために、技術を急速に進歩させたいという願望に取りつかれています。 農業、産業、健康、衛生、教育に改善された技術を導入するために必死の努力がなされています。 実際、人間の人生のあらゆる場面で。 確かに、新興国は技術を国家自治の要塞として、また国際社会のステータスシンボルとして見なすようになりました。

1970年から89年の間、米国の労働生産性の増加率は、カナダとスウェーデンを除く他の国よりも少ないことに気づくでしょう。 期間(1970〜89年)における米国の生産性の緩やかな成長は大きな懸念であり、経済学者の間で議論の対象となりました。 さらに、この期間中、日本は労働生産性の成長率が6%で最も高く、イタリアとオランダがそれに続きました。

デニソンは、彼の実証研究で、1929年から1982年までの米国の実質GNPの増加の原因を推定しています。 彼は、技術の変化が実質GNPの平均年間成長率の28%に貢献し、この期間で2.9%だったことを発見しました。 労働、教育、資本などのさまざまな要因の寄与の推定値を表8.2に示します。

この表から、労働量の増加が米国の年間成長率の32%から2.9%に寄与していることがわかります。 その他の要因は、労働の生産性を高めることにより、年間成長に貢献します。

技術的な進歩は、生産機能の変化に現れます。 したがって、技術的な進歩の簡単な尺度は、2つの時点での生産機能の位置の比較です。 技術の変化は、優れた機器、改善された材料、優れた組織効率など、さまざまな種類の改善を通じて生産機能に作用します。 また、技術の進歩は、新製品を利用可能にすることに表れます。 多くの場合、新製品の入手可能性は、生産機能の変化と解釈される可能性があります。これは、古い製品をより効率的に満たす方法と同等と見なせるためです。

技術変化と資本形成

技術進歩のプロセスは、資本形成のプロセスと不可分に関連しています。 実際、両方とも手をつないで行きます。 技術の進歩は、事前の資本形成なしには事実上不可能です。 優れたまたはより効率的な技術を導入するには、新しい技術を取り入れた新しい資本設備を構築する必要があるためです。 言い換えれば、新しい優れた技術は、新しい資本設備に最初に組み込まれれば、国内製品とその成長に貢献できます。

したがって、資本蓄積は、経済への新技術の着実な導入の手段と呼ばれてきました。

アダム・スミスは、技術の進歩を、分業と専門化の増加の結果としての労働者の生産性の上昇とみなしたことに留意することができます。 これは国民所得の増加につながります。 しかし、経済成長をもたらす技術革新の役割に大きな重点を置いたのは、JAシュンペーターでした。 彼は、経済の進歩をもたらす技術革新を視覚化しました。 イノベーションを実行し、生産構造をより効率的に組織するのは起業家です。 Schumpterによれば、イノベーションはスムーズな流れではなく急上昇するため、経済の進歩は途切れないプロセスではありません。 経済の進歩のペースは、イノベーションのペースに左右されます。 したがって、イノベーションはさまざまな要因によって支配されるため、技術の変化に起因する経済の進歩について予測することは困難です。

ロストウ教授は、経済発展の4つの段階を提案しています。

これらの段階は次のとおりです。

(i)伝統的な社会。

(ii)離陸の前提条件。

(iii)成熟へのドライブと

(iv)大量消費の段階。

ある段階から別の段階への社会の経済的変化は、他の事柄とともに、技術のレベルと性格の変化を伴うことに注意することができます。 高度な専門化の現代では、意思決定、生産プログラミング、スキル要件市場戦略など、現代の生産的な装置のすべての主要な側面を強調するのは技術的要因です。

経済発展における技術進歩の役割は大きいだけでなく、時間とともに増加しています。 生産技術の発明と変更が18世紀後半とそれより前の時代よりも重要な役割を果たしたことは疑いの余地がありません。 技術革新は、西ヨーロッパの産業革命の原動力となった。 イノベーションは主に投入物不足のために生じたが、それらは大量生産への障害と産業原料と労働の移動における輸送ボトルネックを克服する傾向があった。 生産コストを削減するために、管理組織も改善されました。 製品設計の調整も、人々の要望の変化に対応するために行われました。

技術の進歩は、経済成長の原動力です。 継続的な技術進歩により、継続的な成長が保証されます。 技術的な進歩がない場合、資本の蓄積だけでは成長が一定の水準を超えない場合があります。 技術的進歩のない資本蓄積については、利用可能な労働力が利用可能な最新の技術を完全に備えていない限り、消費者のすべての欲求が供給されていない限り、一人当たりの収入の増加をもたらすことができます完全な範囲。 すべての労働者が最新の技術を備え、消費者のすべての要望が最大限に満たされた時点に達すると、技術的な進歩が起こらない限り成長は終わります。

定常状態を克服するための技術的進歩

技術の変化は生産性を向上させ、技術の変化が継続的に発生することで、経済が定常状態または経済停滞に追いやられることを回避できることが広く認められています。 デイビッド・リカードやJSミルのような古典的な経済学者は、資本ストックの増加が遅かれ早かれ、経済成長を終わらせる定常状態に落ち着くのではないかという懸念を表明した。 古典的な経済学者は、定常状態の発生を延期し、継続的な経済成長を保証する技術的進歩を考慮しなかったため、定常状態の考えに専念し続けました。 確かに、技術の進歩が継続的に行われている場合、定常状態の悪魔を無期限に延期することができます。

技術的な変化が生産性を高め、それによってヒックスの古典的なモデルの表現の助けを借りて定常状態の発生を一時停止する方法を図式的に示すことができます。 まず、定常状態の古典的なモデルを表現しましょう。 X軸に沿って資本ストックが測定され、Y軸の資本収益率が測定される図8.1を考えてみましょう。 この資本利益率は、資本の限界生産性の影響を受けます。 ここで、収益率は、任意の期間に行われる投資を決定するメカニズムとして古典的な経済学者によって見なされた「金利」に非常に類似していることに注意することができます。

さて、図8.1の特定の瞬間に、経済の資本ストックがK 1に等しいと仮定しましょう。 この資本ストックを考えると、ビジネスマンが新しい投資から得ることができる収益率はr 3よりもやや低くなりますが、完全雇用を維持しながら資本蓄積によって経済を成長させ続ける場合、関心のあるものはr 3未満でなければなりません。 レベルr 2にあるとしましょう。 この状況では、特定の期間、たとえば1年間に、ビジネスマンが(借用または自分の資金で)K 1 K 2の正味追加をもたらす範囲で投資を行うことが有益です。資本ストック。 したがって、年の終わりには、経済はK 2の資本ストックを持つようになります。 ここで、図8.1の曲線CCを描くことができます。これは、資本ストックのさまざまなレベルから得られるさまざまな収益率を示しています。

労働力の供給が一定であると仮定すると、技術進歩がなく、結果として収益率曲線CCが変わらない場合、資本ストックをK 1からK 2に拡大すると、資本収益率がrから低下します。 3からr 2 その結果、 1 にK 1 K 2の投資が行われた後、新規投資の収益率はr 2をわずかに下回ります。 さて、資本ストックがまだ十分に増加していない場合のように、コミュニティにまだ正味の正の貯蓄がある場合、金利はr 2のレベルを下回ります。 金利がr 2未満に低下し、新規投資の収益率がr 2にほぼ等しい(つまり、r 2をわずかに下回る)ため、来年以降に新規投資を行う価値があります。これにより、来年も完全雇用を維持できます。

古典的な経済学者によると、金利は純貯蓄と純投資の両方がゼロに低下するレベルに達するまで、時間とともに徐々に低下し続けます。 図8.1では、これは資本ストックがK 3に増加し、金利がr 1に低下したときに起こります。 純貯蓄と投資がなくなるので、資本ストックのさらなる拡大、したがって経済成長のプロセスが停止し、経済は古典的な経済学者が定常状態と呼んだものに到達します。 しかし、古典的な経済学者によれば、定常状態は遠い端であり、まったく到達できない可能性があります。 ヒックスによれば、この「古典」の見方は、曲線CCが非常に弾性的であるという考えに基づいているため、K 1 K 2などの距離は実際には非常に小さい。 したがって、資本の蓄積は非常に小さなステップで行われ、収益率が最終的にr 1に低下するまで非常に長い間続く可能性があります。

静止状態は、技術進歩を通じて延期できます

資本ストックがK 3未満である限り、ビジネスマンは投資を引き受け続けることに注意してください。資本ストックがK 3レベルに達するまで、収益率は、ビジネスマンが純貯蓄を使用するように誘導するのに十分高いです。新しい投資を引き受けるため。 ただし、資本ストックがK 3レベルに達すると、純貯蓄はゼロレベルに低下し、その結果、純投資と資本蓄積の両方が発生しなくなります。 この状況では、純投資は必然的に終わりましたが、総投資は続く可能性があります。 しかし、総投資は資本ストックに追加されません。 使い古された資本の交換のためだけに作られています。 定常状態に達すると、純貯蓄はゼロになるため、純投資はゼロになります。 また、人口、収入、生活水準は一定レベルで安定します。

現在、技術の進歩の重要性は、定常状態の平衡状態の発生を一時停止できることです。 古典派の経済学者は、定常状態の均衡の発生を防ぐ技術進歩の役割を過小評価していた。 技術的な進歩が起こると、資本と労働の生産性が向上します。 生産性の上昇の結果、収益率CC(つまり、資本の限界生産性曲線)が上方にシフトします。

これは、より多くの資本を蓄積し、それによって定常状態の発生を一時停止することが有益であることを意味します。 これを図8.2に示します。ここで、経済から始めると、ポイントS 1で定常状態の平衡状態にあり、資本収益率がrに等しくなります。 労働単位あたりの生産量が以前よりも大きい新しい機械に組み込まれた新しい技術的進歩が起こったと仮定します。 この技術の進歩の結果、限界生産性曲線(つまり、資本利益率の曲線)は上方にシフトします。

図8.2からわかるように、C 1 C 1からC 2 C 2への収益率曲線のシフトにより、資本収益率はr 1に上昇しました。 新しい投資の収益率がr 1にほぼ等しく、利率がrに等しいため、新しい投資を行うことは有益です。 その結果、資本ストックはレベルK 2に増加し、所定の労働力全体に新しい技術に対応する新しい機械が装備されました。

資本ストックがK 2に増加すると、収益率はrに低下します。 したがって、収益率が再びrレベルに低下すると、正味の節約と正味の投資はゼロに減少し、S 2で新しい定常状態の均衡に達します。 資本ストックがK 2に等しい場合、CC曲線がC 3 C 3までさらに上方にシフトする新しい技術的進歩のバーストが発生したと仮定します。 これにより、資本の蓄積がさらにK 3まで行われます。したがって、技術の進歩とより多くの資本の蓄積、生産、収入、および人々の生活水準の結果が上昇します。

上記から、技術の進歩が経済成長の鍵を握っていることになります。 技術の進歩が進むにつれて、資本の蓄積がさらに進み、経済成長が起こります。 技術的な進歩がなければ、資本の蓄積は限られた範囲で生産量と収入を上げる可能性があります。 一定の労働力と所定の技術により、労働力のすべての労働者が最新の技術を具体化した最新の資本設備を備えていない限り、資本の蓄積は生産量の増加につながります。 この後、技術の進歩は生産量と収入の成長につながります。

したがって、ストーニア教授とハーグ教授は次のように正しく述べています。「したがって、技術の進歩は、資本の蓄積よりも経済成長にとってさらに重要であることが判明しました。 技術的な進歩がない場合、労働力が最新の技術に従って十分に装備されていない限り、資本蓄積は一人当たりの収入の増加につながる可能性があります。 それが起こると、成長は終わります。 静止状態が単に遠く離れているだけでなく、技術の進歩が続く限り到達しないことを保証するのは、技術の進歩だけです。」

技術の変化–具現化されたものと具現化されたもの

国民所得と一人当たり所得の持続的な成長を引き起こす要因は、経済学者の関心であった重要な問題です。 資本の蓄積、労働力の増加、および技術の進歩は、経済の成長に貢献します。 アメリカのエコノミストRM Solowは、生産のレベルを、資本の成長、労働、時間の経過に伴う技術の進歩などのさまざまな入力のレベルに関連付ける集約生産関数を使用しました。 Solowは次の生産関数を使用しました。

Y = A(t)F(K、L)……(1)

ここで、Yは生産、Kは資本、Lは労働力を表します。 用語A(t)は、時間だけに依存するようにとられる技術の変化を表します。つまり、時間の経過とともに、A(t)は増加し、時間の経過とともに技術進歩が与えられた量の資本と労働でより多くの生産を可能にすることを示します。 このような生産機能の仕様により、技術の進歩は資本と労働の相対的限界生産性に変化をもたらさない、つまり、そのような技術の進歩は2つの要因の生産性の平等な増加をもたらし、ヒックスの中立であると言われている資本も労働も好まないという感覚。

しかし、上記の生産機能で注意すべき重要なことは、外生的で具体化されていない技術的進歩を表しているということです。 外生的な技術の進歩とは、モデルの外から来ることを意味します。したがって、用語A(t)は生産関数の外に表示されます。 具現化されていない技術の変化は、古いマシンと新しいマシン(つまり資本財)の両方の生産性を高め、新しい投資の割合に依存しません。

具現化されていない技術的変化は、純粋に組織的な性質であり、新しい投資なしで、与えられたインプットからより多くのアウトプットを生み出すことができます。 つまり、具体化されていない技術の変化は、資本と労働の比率を乱すことなく生産機能のシフトを引き起こします。 組織の変更により、具体化されていない技術の変更により、既存の入力をより効果的に使用して、より多くの出力を生成できます。

具現化されていない技術的変化は図8.3に表されており、横軸は資本労働比率(K / L)、つまり、労働者1人当たりの資本が測定され、縦軸に沿って労働者1人当たりの出力(Y / L)が測定されています。最初に、生産関数曲線Y = f 1 (k / L)が与えられ、これによれば、労働者1人あたりの資本がK / Lに等しいため、生産高Y 1のレベルが生産されています。

ここで、技術の進歩が起こり、生産関数曲線がOY '、つまりY' = f 2 (K / L)に上昇すると仮定します。 新しい生産関数曲線Y '= f 2 (K / L)に従って、指定された資本労働比率では、K / Lより多くの生産量Y 2が生産されます。 同様に、新しい生産関数曲線OY 'のその他の資本-労働比率、つまりY' = f 2 (K / L)では、生産関数曲線OYの場合と比較して、より多くの生産量が生産されます。

具現化された技術的変化:

具現化された技術変化では、投資または資本蓄積の増加が技術進歩の媒体と見なされます。 技術の進歩により、前の期間に構築された古いマシンと比較して、任意の期間に構築された新しいマシンの生産性が向上します。 これは、具現化された技術的変化が、既存の機械の生産性の向上を引き起こさないことを意味します。

技術的変化の具体化について、ハーンとマシューズは経済成長の理論のレビューで次のように書いています。 機械は、変更されずにその製造日の技術を具体化します。 したがって、異なる日付に構築されたマシンは質的に異なっており、一般的な場合、単一の資本測定値に集約することはできません。 ヴィンテージごとに個別の生産機能が必要です。 総生産量は、使用中のすべてのヴィンテージの生産量の合計です」。

具現化された技術の生産機能は次のように書くことができます–

Y t = F(K t 、L t 、A t 、)…(2)

ここで、出力Y tは、資本の量(K t )、労働力(L t )、および技術のレベル(A t )に依存します。 生産関数(2)では、技術の用語A tが生産関数内に内生入力の1つとして表示されることに注意してください。

生産機能(2)では、生産と技術の関係が生産と他の投入、資本と労働の関係と異なることに注意することが重要です。 これは、次のように述べることができる個々の企業の場合、この生産機能を考慮することでよりよく理解できます。

Y it = F(K it 、L it 、At)…(3)

個々の企業の生産関数(3)は、個々の企業の生産高は、自身の資本レベル(K it )と労働力(L it )だけでなく、経済全体のレベルの技術にも依存することを示しています。 このように生産機能を表現すると、経済の技術的進歩は、生産機能(3)が上に与えられている企業を含むすべての企業の生産性を高めるでしょう。

この生産機能の定式化では、技術は外生的な変化ではなく内生的に進歩すると想定されています。 したがって、具体化された技術の概念では、生産機能は新しい資本への投資に依存します。 技術の進歩は、機械の発明と改善を促進します。 したがって、新しい改良された技術は、新しい機械への投資に組み込まれています。

ニュートラル、資本節約、労働節約の技術的変化

労働力節約と資本節約の技術的変化の違いを知ることは重要です。 しかし、省力化と資本節約の技術的変化を説明する前に、中立的な技術変化の意味を明確にすることが有用です。 経済学の中立的な技術変化(またはイノベーション)は、JRヒックスによるものとRFハロッドによるものの2つの方法で定義されています。

ニュートラルな技術変化のこれら2つの概念を以下に説明します。

ヒックスの中立的な技術変化

ヒックスは、特に賃金理論に関連して、静的価格理論の文脈で中立的な技術変化を定義しました。 ヒックスによると、中立的な技術変化(または中立的なイノベーション)は、労働力と資本などの2つの要因の特定の比率を使用して特定の出力を生成する場合、中立的な技術変化の効果は、同じ比率の各要因の限界生産性。 ニュートラルな技術変化(ニュートラルイノベーション)のヒックスの概念が図8.4に示されています。X軸に沿って、1人あたりの資本が測定され、1人あたりのX軸の出力が測定されます。

X軸に沿って原点Oの左側に、ORなどの労働と資本の限界生産物の比率を表します。 曲線OQ 1は、既存の技術による生産関数(総製品曲線)を示しています。 技術的な変化が起こり、結果として生産機能がOQ 2にシフトするとします。

生産関数OQ 1では、図8.4の技術的変化の前に、均衡は生産関数OQ 1のポイントTにあり、賃金率は労働の限界生産物に等しいOWに等しい。 図8.4では、X軸に沿った1人あたりの資本が測定されるため、曲線TRの傾きは資本の限界生産物を表していることに注意してください。

ここで、接線の勾配、TR = TK / RK = OW / OR

したがって、資本の限界生産物= OW / OR

νが資本の限界生産物を表す場合、

ν= OW / OR

上記の方程式を操作します–

または= OW /ν

上記のように、OWは労働の限界生産物を表し、νは資本の限界生産物を表します。

したがって、

OR =労働の限界生産物/資本の限界生産物

したがって、距離ORは、均衡の位置における労働の限界生産物と資本の限界生産物の間の比率を測定することは明らかです。

現在、技術の進歩がヒックス中立である場合、OQ 1からOQ 2への生産機能のシフトを引き起こす技術的変化により、労働の限界生産物と資本の限界生産物の比率は、資本の任意の値で不変のままになります。労働比率。 図8.4の均衡位置Tでは、資本労働比率(つまり、1人あたりの資本)はOKであるため、ヒックスの中立技術では、資本労働比率OKで、資本の限界生産物の限界生産物に対する比率技術的変化が生じ、生産機能がOQ 2に移行した場合、労働力は同じ(つまり、ORに等しい)ままです。

これは、新しい生産関数OQ 2および資本労働比率OKに対応するポイント「T」で、接線が引かれた場合、同じポイントRを通過する必要があることを意味します。 。8.4。 接線RT 'とRTの生産関数Q 2とQ 1に対する勾配がORに等しいことは、技術の変化が労働の限界生産物に同じ割合で変化をもたらすことを意味します。 また、図8.4から、技術の進歩と生産機能のシフトの結果として、1人当たりの生産量が増加し、平衡賃金率がOWからOW 'に増加したことも観察されます。 したがって、技術的進歩の結果として、労働生産性と資本生産性の両方が増加しました。

資本の節約と労働の節約の技術的変化

中立的な技術変化のヒックスの定義から、資本節約と労働節約の技術変化の概念は容易に理解できます。 資本を節約する技術的変化(資本を節約する革新)とは、所定の資本労働比率で、資本の限界生産性に比べて労働の限界生産性を高めるものです。 これは、技術の進歩の結果、労働力に比べて少ない資本で所定のレベルの生産物を生産できるようになったことを意味します。

したがって、技術的変化は、ヒックスの意味では資本の節約です。つまり、労働の限界生産物/資本の限界生産物または(ΔQ/ΔL)/(ΔQ/ΔK)の比率が大きくなる場合です。労働投入量の小さな変化(ΔL)と資本投入量の小さな変化(ΔK)。 したがって、ΔQ/ΔLとΔQ/ΔKは、それぞれ労働の限界生産物と資本の限界生産物を測定します。

資本を節約する技術の変化は一般に、労働が資本の代わりになるため、労働を使用した技術の変化を意味することに注意してください。

図8.4に関して、資本節約の技術的変化が発生した場合、生産関数は、ポイントT 'で描かれた接線(特定の資本労働比率OKに対応)が左を通過するようにシフトします労働の限界生産物の資本の限界生産物に対する比率が増加することを示す点Rの。 その結果、労働力に比べて少ない資本で所定の生産物を生産することができます。 したがって、それは資本を節約する革新(すなわち、技術の変化)を示しています。

労働を節約する技術的変化:

ヒックスによると、労働力を節約する技術の変化は、資本のそれと比較して労働の限界生産物を減らすものです。 In other words, labour- saving technological change (ie, labour-saving innovation) occurs when at a given capital-labour ratio,

The ratio, Marginal product of Labour/ Marginal product of Capital or (MP L / MP K ) declines.

This implies that in case of labour-using technological change it would now be possible to produce a given level of output with less labour relative to capital following a change in technology. Note that labour-saving technological change generally implies capital-using technological change. In other words, in this case capital-intensity of production will increase. In terms of Fig. 8.4 the production function curve will shift in such a way that the tangent drawn at the new production function corresponding to the given capital-labour ratio OK will pass through the right of point R.

Harrod's Neutral, Labour-Saving and Capital-Saving Technological Change :

It has been shown by RF Harrod, a prominent British economist, that Hicks' concept of neutral change is heavily dependent on factors such as elasticity of demand for factors and products which are quite unrelated to the real character of technological change. Besides Hicks' concept of neutral, technology has been developed in the framework of static economic theory. Therefore, an alternative concept of neutral technological change which is extensively used in the theory of economic growth has been put forward by RF Harrod in his now well-known work “Towards a Dynamic Economics”.

While Hicks' concept of neutral technological change considers the ratio between the marginal products of the two factors when capital-labour ratio remains constant, Harrod states his concept of neutral technological change in terms of the relationship between rate of profit and capital-output ratio. According to Harrod, neutral technological change is that which leaves the capital-output ratio unchanged when rate of profit (assumed to be equal to marginal product of capital) remains constant. Thus when there is technological progress and rate of profit remains constant, technological change will be Harrod-neutral only if capital-output ratio also remains unchanged.

It follows from the definition of Harrod's neutral technical change that when rate of profit remains constant after the technological change, technological progress would be labour-saving in the Harrodian sense if capital-output ratio rises. This means that now same output can be obtained by using more capital. Given the level of output, the use of more capital implies the substitution of capital for labour.

On the other hand, when there is technological progress and rate of profit remain the same, the technological progress would be capital-saving in the Harrodian sense if capital-output ratio falls. This implies that now the same output can be produced with less capital. Obviously, there is saving in capital as a result of substitution of labour for it. It is worthwhile to note that since in Harrod's concept of neutral technological change, rate of profit and capital-output ratio remain constant, it means that distribution of income between profits and wages will remain unchanged following such a type of technological change. In terms of Harrod's growth model, the implication of capital-output ratio remaining constant when a neutral technological change occurs is that relative shares of wages and profits in national income remains constant as balanced growth of national income takes place.

Harrod's concept of neutral technological change is graphically illustrated in Fig. 8.5. In this figure, capital per man is measured along the X-axis and output per man is measured up the Y-axis. Initially, the production function curve is OP 1 showing the change in total output as capital per man increases. Suppose the economy is in equilibrium at point T 1 on the production function curve OP 1 . At point T 1 on the production function curve OP 1, capital-output ratio is OK 1 /OY 1 .

The straight line OR passes through the origin. Therefore, all points on the straight line OR such as T 1 and T 2 represent the same capital-output ratio. Thus capital-output ratio at T 2 is equal to OK 2 /OY 2 .

したがって、

OK 2 /OY 2 =OK 1 /OY 1

Suppose there is technical progress and as a result production function shifts from OP 1 to OP 2 . The economy will now be in equilibrium at some point, say T 2, on the new production function OP 2 . As the points T 1 and T 2 lie on the same straight line OR passing through the origin, capital-output ratio at the equilibrium position before and after the assumed technical change has remained unchanged.

But for technological change to be neutral in the Harrodian sense, not only capital-output ratio should remain the same but also rate of profit should remain unchanged as production function changes and we move along the ray OR representing a given level of capital-output ratio. Now, the rate of profit which is assumed to be equal to the marginal product of capital will be given by the slopes of the production function at the relevant points.

If the technological change which has raised the production function from OP 1 to OP 2 is to be Harrod-neutral, then slope at point T 1 on production function OP 1 and slope at point T 2 on production function OP 2 must be the same. The slope of functions at T 1 and T 2 would be the same if the tangents drawn at these points are parallel to each other. This is exactly the case in Fig. 8.5 where tangent drawn at point. T 1 on the production function OP 1 before technical change and tangent drawn at point T 2 on production function OP 2 after the technical change are parallel.

Nature of Technological Change and Income Distribution:

In Harrod's growth model, neutrality of technological progress implies that income distribution between wages and profits will remain constant as equilibrium growth of the economy occurs. In Harrod's growth model, there are two factors of production-labour and capital – and growth with neutral technological progress causes increase in incomes of both workers and capitalists. Income of workers increase as rate of wages per man hour rises due to increase in their productivity as a result of technological change.

Profits of capitalists increase because they accumulate more capital assets as growth proceeds, though rate of profit per rupee worth of capital remains the same. Thus, commenting on Harrod's growth model with neutral technological progress Stonier and Hague write, “The workers' standard of living will rise because his wage rate has risen. The capitalist's standard of living will rise too but it will do so because he gets much the same rate of return on each pound's worth of a bigger stock of capital.”

However, if in Harrod's growth theory capital-saving technological progress occurs, the share of profits in national income will fall and that of wages will rise. On the other hand, if labour-saving technological progress occurs the share of profits in national income will rise and share of wages will decline during the process of growth.

 

コメントを残します