国際貿易の比較コスト理論

国際貿易の比較コスト理論の変動の重要な評価と要因の詳細な研究を行いましょう。

比較コスト理論の批判的評価:

古典経済学の重要な教義である比較コストの理論は、国際貿易の正しい説明としてまだ有効であり、広く称賛されています。

この教義に対して平等にされてきた批判のほとんどは、価値の労働理論に基づく比較コスト理論のリカード版に関連しています。 ハーバーラーなどは、この人件費バージョンから脱却し、すべての要因を考慮した機会費用の観点から比較費用理論を再定式化しました。

国が商品の生産に特化し、比較コストの低い国に輸出し、他の人が比較コストの低い商品を輸入するという理論の基本的な主張は、健全な論理に基づいています。 。 理論は、参加国が比較コストに従って専門化する場合、参加国に生じる貿易からの利益を正しく説明します。

理論のこれらのメリットにより、サミュエルソン教授は「少女のような理論が美しさのコンテンツを獲得できれば、比較優位性はエレガントな論理構造であるという点で確実に高くなるでしょう」と述べました。その中で最も重要な真実を垣間見ることができます…。 比較優位を無視する国は、生活水準と潜在的な成長率の観点から重い代償を払わなければならないかもしれません。

健全な論理構造と貿易による利益の鮮明な説明にもかかわらず、比較コスト理論、特に労働の価値理論に基づくリカード版は批判されてきました。

次の批判は、この理論に対して平準化されています。

1.そもそも、リカーディアン版の比較コスト理論は、価値の労働理論に基づいており、さまざまな商品の比較コストを測定するために労働コストのみを考慮するという理由で攻撃されてきました。

労働は商品の生産に必要な唯一の要因ではなく、資本、原材料、土地などの他の要因も生産に寄与することが指摘されています。 したがって、さまざまな商品の比較コストを評価するために考慮する必要があるのは、人件費およびその他の要因で発生する総費用です。

タウジッヒはリカードを弁護しようとした技術開発の同じ段階にあります。

これは、同じ技術開発が行われた場合、他の要因を労働と組み合わせることができる割合は同じだろうと主張したからです。 これを考慮して、彼は、他の要因を有効に無視でき、比較コストの目的のために、異なる国の労働だけの相対的な効率を考慮することができると主張した。

しかし、比較コスト理論のリカード版のタウシグの防御は貧弱で無効です。 さまざまな貿易相手国は技術開発の同じ段階にないため、さまざまな国で商品の生産に使用される要因の割合は大きく異なります。 したがって、労働の相対的効率のみを考慮することは非常に非現実的で不適切です。

しかし、前述のように、ハーバーラーは労働の価値理論から比較コスト理論を救い、すべての要因をカバーする機会コストの観点から再定式化した。

2.比較コスト理論は、さまざまな国が比較コストに基づいて商品の生産に特化し、比較優位を有する商品を輸出し、海外からそれらの商品を輸入する場合、貿易から得られると説明した。他の国は比較優位を享受していました。

しかし、さまざまな国で商品を生産するための比較コストが異なる理由について、満足のいく説明を提供することはできませんでした。 リカルドは、労働効率の違いにより、さまざまな国での商品生産の比較コストが異なると考えました。 しかし、これは、労働効率がさまざまな国で異なる理由を疑問視しています。

異なる商品の比較コストの変動要因:

この質問に対する適切かつ有効な回答を提供した功績は、ヘクシャーとオーリンにあります。ヘックシャーとオーリンは、以下の要因により、両国の異なる商品の比較コストは異なると説明しました。

1.さまざまな国は、異なる商品の生産に適した要素の賦与に関して異なります。

2.異なる商品は、その生産のために異なる因子比率を必要とします。

このように、ヘクシャーとオーリンは、さまざまな国での比較費用の違いの正当な理由を提供することにより、比較費用理論を補足しました。

3.リカードの比較コストの教義に反して、両国の生産の一定のコストに基づいているとも言われています。 この一定のコストの仮定は、異なる国が比較コストに基づいて単一の製品の生産に完全に特化すると結論付けることにつながります。

したがって、2つの商品の布と小麦のうち、インドが布の生産に比較優位がある場合、すべての布を生産し、小麦は生産しません。 一方、米国が小麦の生産に比較優位がある場合、すべての小麦を生産し、布は生産しません。 しかし、国際貿易のパターンは、これが現実からほど遠いことを示しています。

実際のところ、インドが米国から小麦を輸入することはもはや有利ではない段階になります(小麦の生産コストが増加するため)。 さらに、現実の世界では、国には完全な専門性がないことがわかっています。 実際、国は特定の商品を生産し、その一部も輸入しています。

ただし、コストが増加する現象を考慮しても、対外貿易は依然として比較コストの違いの観点から説明できることに注意してください。 コストが増加する状況でのみ、各国は完全な専門化を行いません。 比較費用理論の機会費用バージョンでは、費用が増加する場合が考慮されます。

4.リカードの比較コスト理論も、国間の貿易条件を決定するものが問題にならないことで批判されています。 この批判を声に出して、エルス=ワースは「比較コスト定理、リカードが彼の説明を設定する方法は、取引条件の問題を曖昧にする傾向があった」と述べている。

リカードの比較コスト理論は、国がどの商品を輸出し、どの商品を輸入するかを説明しますが、どのレートで輸出を輸入と交換するか(すなわち、取引条件)を調査しません。 しかし、交易条件の固定は重要な問題です。交易から得られる利益に対する国のシェアはそれに依存しているからです。

別の著名な古典経済学者であるJSミルは、貿易条件の決定を説明する相互需要理論で補完することにより、この比較コスト理論の欠点を取り除いたことに注目する価値があります。

5.オーリンは、生産要素は国内では完全に可動であるが、国間では不動であるという仮定のために比較コスト理論を攻撃した。 彼は、要因の不動は国間の関係に特有のものではなく、同じ国の異なる地域の間にも存在するため、国間の要因の不動は国際貿易の基礎として役立たないだろうと指摘した。

彼はさらに、比較コストの原則が国際貿易だけでなく地域間貿易にも適用されるという見解を表明した。 実際、彼によると、国際貿易は地域間貿易の特別な場合に過ぎません。 彼はさらに、国際貿易の説明として供給条件を重視し、国際貿易のパターンを決定する際の需要条件の重要性を無視しているため、比較コストの古典理論を批判した。

彼は次のように書いています。 実際、それは供給状態の省略された説明に過ぎない」。 彼によると、さまざまな商品の価格と生産量と消費量は、需要と供給の両方の条件に依存します。 そのため、彼は価値の一般均衡理論に基づいた国際貿易の新しい理論を提唱しました。

ここで、オーリンの批判は比較コスト理論を無効にしないと言及されるかもしれません。 実際、彼はそれを改良し、修正しただけです。 国際貿易の因子比例理論として広く知られている彼の理論でさえ、比較コストは国際貿易の基礎として機能します。

彼の貢献は、さまざまな国の商品の比較コストがなぜ異なるのかという疑問を問い、さまざまな商品の生産に必要なさまざまな要因の割合の観点から満足のいく説明を提供することにあります。

彼は、国際貿易理論を価値の一般均衡理論に基づいたものとして需要分析を組み込むことにより、比較コスト理論をさらに改善しました。

6.比較原価理論は、生産要素、与えられた技術、貿易国の固定生産機能と同一生産機能の固定供給に基づいているため、性質が静的であると言われています。 したがって、その結論は、特に資源が開発され、技術が改善され、生産機能が変化しつつある現在の発展途上国において、ダイナミックな経済の文脈では適用できません。

実際、これらの経済では構造的な変化がもたらされています。 発展途上国における要素供給と技術の変化を考慮して、異なる商品を生産するための比較コストも変化しています。 この動的な文脈では、発展途上経済は、特定の商品の生産において比較不利な点があるかもしれませんが、その開発の特定の段階の後に比較優位を達成するかもしれません。

比較コスト理論の静的特性に関するこの批判は、それを無効にしないことに注意してください。 それは、発展途上国の動的な状況に適用できるように、それを改革し洗練する必要性を正確に示しているだけです。

結論

まとめると、価値の労働理論を失い、機会費用の観点から表される比較費用理論は、依然として国際貿易の有効な説明です。 貿易の関税やその他の手段の形で人為的制限を撤廃する必要性を強調しているため、各国は比較費用に基づいて専門化し、貿易から相互利益を引き出すことができます。

この理論は、輸送コストの欠如、完全な競争と完全雇用の存在を前提とし、さらに2つの商品、2つの国のモデルを考慮するという過度の批判の犠牲者となっています。 これらは仮定を単純化するだけであり、その結論を実質的に無効にするものではありません。

実際、すべての理論は、調査中の主題に重要な影響を与える経済力を引き出すために、そのような単純化された仮定をいくつか行います。

 

コメントを残します