等量アプローチの観点から見た収益率の法則

この記事では 、等量アプローチの観点から見たスケールへの収益の法則について説明します。

スケールに対する収益の法則は、等量アプローチの観点から説明することもできます。 スケールへのリターンの法則は、因子の組み合わせがある程度の割合で変化した場合に、長期的にはアウトプットに対するファクター(入力)のスケールの変化の影響を指します。

労働と資本などの2つの要因を同じ割合で増やすことで、生産がまったく同じ割合で増加する場合、一定のスケールリターンがあります。

生産量の平等な増加を確保するために、両方の要因がより大きな比例単位で増加する場合、スケールに対するリターンは減少します。 生産量を均等に増加させるために、両方の要因がより小さい比例単位で増加する場合、スケールに対するリターンが増加します。

スケールへの戻りは、 「連続する「複数レベルの出力」isoquants、つまり、出力のベースレベルの倍数である出力レベルを示すisoquants間の距離によって、拡張パス上に図式的に表示できます。 100、200、300など」

スケールへのリターンの増加:

図11は、生産性の均等な増加を得るためにスケールへのリターンが増加する場合を示しており、労働と資本の両方の要因のより少ない比例的増加が必要です。 それは図に続く

100単位の出力には3C + 3Lが必要です

200単位の出力には5C + 5Lが必要です

300単位の出力には6C + 6Lが必要

拡張パスに沿って、OR、AB、BCの順になります。 この場合、生産関数は1より大きい次数の同次です。

スケールに対するリターンの増加は、次の要因に起因しています。

1.機械、管理、労働、財務などに分割できない場合があります。機器の一部のアイテムまたはアクティビティには最小サイズがあり、小さなユニットに分割できません。 事業単位が拡大すると、不可分な要素が最大限に活用されるため、規模へのリターンが増加します。

2.規模に対するリターンの増加は、専門化と分業からも生じます。 会社の規模が拡大すると、専門化と分業の広い範囲があります。 作業を小さなタスクに分割し、作業者をより狭い範囲のプロセスに集中させることができます。 このために、専用の機器を設置できます。 したがって、専門化により、効率が向上し、スケールへのリターンが増加します。

3.会社が拡大するにつれて、生産の内部経済を享受します。 より良い機械を設置し、製品をより簡単に販売し、お金を安く借り、より効率的な管理者や労働者のサービスを調達することができるかもしれません。これらのすべての経済は、比例してより多くの利益を拡大するのに役立ちます。

4.また、企業は、外部経済のために、規模に対する収益の増加を楽しんでいます。 業界自体が拡大し、その製品に対する長期的な需要の増大に応えると、業界のすべての企業が共有する外部経済が現れます。

多数の企業が1か所に集中している場合、熟練した労働、信用、および輸送施設を簡単に利用できます。 補助産業は、主要産業を支援するために現れます。 企業の生産効率の向上に役立つ業界誌、研究およびトレーニングセンターが表示されます。 したがって、これらの外部経済は、規模に対するリターンの増加の原因でもあります。

スケールへのリターンの減少:

図12は、収益を等しく増加させるために、労働力と資本の両方でより大きな比例した増加が必要な場合に、収益が減少する場合を示しています。 それに続く

100単位の出力には2C + 2Lが必要です

200単位の出力には5C + 5Lが必要300単位の出力には9C + 9Lが必要なので、拡張パスに沿ってOR、OG <GH <HKになります。

この場合、生産関数は次数が1未満の同種です。

次の要因により、スケールへのリターンが減少し始める場合があります。

1.分割できない要因は非効率的で生産性が低下する場合があります。

2.会社は内部不経済を経験します。 ビジネスは扱いにくくなり、監督と調整の問題を引き起こす可能性があります。 大規模な管理では、制御と厳格さが困難になります。

3.これらの内部不経済には、規模の外部不経済が追加されます。 これらは、要素価格の上昇または要素の生産性の低下から生じます。 産業が拡大を続けると、熟練労働者、土地、資本などの需要が増加します。

完璧な競争があるため、集中入札は賃金、家賃、関心を高めます。 原材料の価格も上昇します。 輸送およびマーケティングの問題が発生します。 これらすべての要因はコストを上昇させる傾向があり、企業の拡大は規模へのリターンの減少につながり、規模を倍にしても出力が倍になることはありません。

スケールへの定数戻り値

図13は、一定のスケールでのリターンの場合を示しています。 展開経路ORに沿った等量100、200、300間の距離が同じ場合、つまりOD = DE = EE労働と資本の両方の要因の単位が2倍になると、出力は2倍になります。 出力を3倍にするために、両方の要因の単位が3倍になります。 それに続く

100単位の出力には1(2C + 2L)= 2C + 2Lが必要です

200単位の出力には2(2C + 2L)= 4C + 4Lが必要です

300単位の出力には3(2C + 2L)= 6C + 6Lが必要です

次の要因により、スケールへのリターンは一定です。

1.企業が享受する内部経済が内部不経済によって中和され、生産が同じ割合で増加する場合、規模へのリターンは一定です。

2.別の理由は、外部経済と外部不経済のバランスです。

3.生産要素が完全に割り切れ、代替可能で、均質であり、供給が与えられた価格で完全に弾力的である場合にも、一定の規模へのリターンが生じます。

これが、スケールが一定に戻る場合、生産関数が1次の同次である理由です。

別の方法

上記では、3つのプロセスがあり、各プロセスがすべての出力範囲にわたって同じリターンを示すという仮定に基づいて、個別にスケーリングする3つのリターンの法則について説明しました。

「しかし、生産の技術的条件は、規模へのリターンがアウトプットの異なる範囲で変化するようなものかもしれません。 ある範囲では、一定のスケールリターンがあり、別の範囲では、スケールリターンが増加または減少する場合があります。

それを説明するために、原点から拡張パスを描きます。 これは、出力の等しい増分(100、200、300など)を表す連続する等量でセグメントに分割されます。 拡張パスに沿って移動すると、連続する等量線間の距離が短くなります。 これは、スケールに対するリターンが増加する場合です。 この段階は、図13(A)のKからMに示されています。

KLとLMの間の距離は、LM <KLになります。 したがって、企業は、生産量を均等に増やすために、労働と資本の量を少し増やす必要があります。 2つの等量線の間のセグメントの長さが等しい場合、スケールが一定に戻ります。

労働力と資本が倍になると、生産量も倍になります。 したがって、出力が300から400単位および500単位に増加すると、これらの出力レベルを表す等量線は、スケールラインに沿ってポイントPまでの等しい距離、つまりMN = NPをマークします。

スケールへのリターンが減少している場合、等量線のペア間の距離は拡張パス上で長くなります。 STはPSよりも長いです。 生産量を増やすには、労働と資本の量をさらに増やす必要があることを示しています。 したがって、KからMへの同じ展開パスでは、スケールへのリターンが増加し、MからPへ、スケールへの一定のリターンとPからTへの一定のリターンがあり、スケールへのリターンが減少します。

 

コメントを残します