完全な競争:意味、仮定、その他の詳細

完全な競争:意味、仮定、その他の詳細!

完全な競争とは、均質な製品の買い手と売り手が多数存在する市場の状況を指します。

製品の価格は、需要と供給の力で業界によって決定されます。 たとえば、ペンが必要な場合は、ペンを販売するいくつかのショップが必要です。

完璧な競争の条件下では、すべての売り手が市場で均一の実勢価格で同じ品質のペンを販売する必要があります。 ペンはどの店からも価格Rsで購入できます。 10.別の店主がRsを請求した場合。 12同じ品質のペンの場合、誰も彼から購入しません。 しかし、店主がルピーを請求した場合。 9すべてがその特定のショップからペンを購入します。 しかし、これらの状況は両方とも非現実的です。

市場全体で1つの価格が普及している必要があります。 したがって、市場構造における完全な競争は、個々の企業間での競争の完全な欠如によって特徴付けられます。

定義

「完全に競争の激しい市場とは、多数の買い手と売り手が同じような商品の売買に従事する状況であり、彼らは互いに密接に接触し、自分たちの間で自由に売買します。」-Boulding

「完璧な競争は、多くの企業の存在によって特徴付けられます。 それらはすべて同じ製品を同じように販売しています。 売り手は価格を引き受ける人です。」-ビラス

「各プロデューサーのアウトプットに対する需要が完全に弾力的である場合、完璧な競争が勝ちます。」 ジョーン・ロビンソン

「完璧な競争とは、多数の売り手と買い手、均質な製品、既存の市場条件の買い手と売り手の間での企業の完全な知識、代替用途間の生産要素の自由な移動など、多数の売り手と買い手がいる市場の状況です」 -リム・チョンヤ

「完全な競争とは、経済グループ間の直接的な競争が完全に存在しない市場のことです。」 -ファーガソン

仮定

完全に競争の激しい市場には、次の仮定があります。

1.多数の買い手と売り手:

つまり、単一の買い手または売り手が価格に影響を与えることはできません。 企業が市場に参入したり市場から撤退した場合、供給に影響はありません。 同様に、買い手が市場に参入または市場から退出しても、需要は影響を受けません。 したがって、個々の買い手または売り手が価格に影響を与えることはできません。

2.均質製品:

完全競争の2番目の仮定は、すべての売り手が均質な製品を販売するということです。 このような状況では、買い手は、ある売り手の製品を別の売り手の製品よりも優先する理由がありません。 この条件は、商品が明確な化学的および物理的組成の物質、すなわち、塩、スズ、特定の等級の小麦などである場合にのみ存在します。

3.差別なし:

完全に競争の激しい市場では、買い手と売り手は自分たちで自由に売買しなければなりません。 これは、買い手と売り手が市場価格で売買するために、お互いにオープンに取引する意思があることを意味します。 これは、選択した個人に特別な取引、割引、または優遇を提供することなく、そうすることを望むすべての人に当てはまる場合があります。

4.完全な知識:

競争市場とは、(買い手と売り手が互いに密接に接触している私です。これは、買い手と売り手の側で市場の完全な知識があることを意味します。それは、多くの買い手と売り手が市場は、市場のさまざまな部分で商品の価格がいくらであるかを正確に知っています。

言い換えれば、取引が行われている価格、および他の買い手と売り手が喜んで売買する価格について、各買い手と売り手の側で知識がなければなりません。

5.企業の無料入場または退場:

長期的には、完璧な競争の下で、企業は業界に参入したり、業界から撤退したりすることができます。 市場への参入または市場からの撤退に関しては、企業にレットや障害はありません。 言い換えれば、会社には法的または社会的な制限はありません。 企業の無料参入がある場合にのみ、多数の売り手が可能になります。

6.完璧なモビリティ:

国内の生産要素の完全な移動性がなければなりません。それは、経済全体で生産の均一なコストを保証します。 それは、生産のさまざまな要素が、彼らが好むかもしれないあらゆる産業で自由に雇用を探すことを意味します。

7.利益の最大化:

完全な競争の下で、すべての企業は利益最大化という共通の目標を持っています。 したがって、一般大衆の社会福祉の欠如があります。

8.販売費なし:

完全な競争の下では、販売コストは発生しません。

9.輸送費なし:

売り手間の輸送費用は一切ありません。 輸送コストが存在する場合、買い手は価格差を利用するためにある売り手から別の売り手に移動することができません。 これは、輸送コストが製品の価格設定に影響しないことを意味します。 言い換えれば、これらは常に市場で均一な価格です。

純粋で完璧な競争

多くのエコノミストは、「純粋競争」ではなく「完全競争」という用語を使用することを選択します。たとえば、アメリカの経済学者は、完全競争という用語よりも純粋競争という用語を好んで使用します。イギリスの経済学者と。

しかし、チェンバリン教授は完全競争と純粋競争を区別しました。

Chamberlin教授によると、純粋な競争には以下が含まれます。

(i)多数の買い手と売り手、

(ii)均質製品、

(iii)企業の自由な出入り、

(iv)小切手、

(v)販売コストの不足、および

(vi)輸送コストの不足。

RA Bilas教授は、パーフェクトコンペティションとピュアコンペティションも区別しました。 純粋な競争は、ある程度の完全性、つまり独占の完全な欠如を意味します。

同様に、Baumol教授は純粋な競争を産業として定義しました。 多くの企業、製品の均質性、参入と撤退の自由、独立した意思決定が存在する場合、純粋な競争の下で運営されていると言われています。」

これらの定義に基づいて、独占の要素が市場に存在しない場合、純粋な競争が存在すると言われています。 完全競争とは、独占の欠如や、生産要素の完全な移動性や市場の完全な知識など、他の多くの点での完全性を含む純粋な競争よりも広い用語です。 したがって、生産者は、利用可能な生産要素の量と質、およびその製品に請求できる価格について完全な知識を持っています。

したがって、純粋な競争と完全な競争の区別は単なる程度であり、純粋な競争のすべての仮定は完全な競争の仮定でもあります完全に競争的なシステムの概念には、もう1つの仮定、すなわち両方の買い手による完全な知識があるということが含まれますおよび一般的な市場価格の売り手、さまざまな商品、サービス、生産要素の異なる範囲と品質。

 

コメントを残します