自治と公的説明責任| 公営企業| 経済

自治と公的説明責任の問題は、政府が所有し、政府自身または政府がその管理のために任命した他の機関のいずれかによって管理される文脈または公共部門の企業において特別な重要性を想定しています。

自律とは、タイムリーで迅速な行動のために意思決定を行う独立性を意味します。 公的説明責任は、これらの企業が政府の省または国の議会であっても、何らかの公的機関に対して責任を負うべきであることを意味します。 そして、それらを介して一般大衆の精査へ。

自律性の必要性は、公営企業の活動が生産、販売、購入、在庫などであるかどうかに関係なく、本質的に迅速な決定、タイムリーな行動、および計り知れないイニシアチブを必要とするビジネスタイプの活動であるという事実のために発生します管理の。

公営企業の経営者が迅速な決定を下す権限を持っていない場合、つまり、その決定が複雑な官僚機構によって承認される場合、それらは実行される前に、赤テープと遅延によって影響を受けます。より商業的で自律的な民間部門の競争企業に対して苦しむことになります。

したがって、自治は政府部門の成功の本質であり、議会でさえ迅速かつタイムリーな決定を下すことはできません。 したがって、プロセスの意思決定と責任は、公営企業管理委員会に帰属する必要があります。

一方、公営企業の公的説明責任の必要性は、その所有と管理の特異な性質から生じます。 公営企業の利益または損失は、公的資金を投資した政府に生じます。

これらの企業の経営は、彼らにほとんど利害関係を持たない人々の手に委ねられています。なぜなら彼らは、これらの企業の利益または損失とは何の関係もなく、その任命を受けた政府または半政府の使用人または官僚です取締役会と昇進は、その効率性とスキルではなく、主に年功序列または政治的推進力に依存しています。

したがって、企業の事業に個人的な関与がない場合、非効率的な処理、無能な管理、および会計への永久的な損失につながる可能性があります。 したがって、公営企業の経営者は、彼らの仕事と政策を綿密に精査し、これらの企業が効率的に機能するために適切な行動をとることができる公的機関に対して責任を負う必要があります。

さらに、これらの企業が計画された経済開発プログラムに沿って動き、社会的義務を果たすために、公的説明責任も必要です。 説明責任のない自治が多すぎると、公営企業が設立された目標を達成するための目標が危険にさらされる可能性があります。

したがって、効率的であるためには、公営企業に自治権を付与する必要がありますが、公的説明責任のない自治権が多すぎると、多くの歪みや非効率性が生じる可能性があります。 他方、政府による過度の干渉と意思決定の完全な制御に現れる公的説明責任の完全または過剰は、公営企業の成長と効率的な業務にとって不健康です。 したがって、自律性と公的説明責任の間で合理的なバランスをとる必要があります。

これは、公営企業の所有者である政府と、これらの企業の効率的な運営に責任を負う経営委員会との間の機能の明確な分割を通じて最もよく行うことができます。 政府は、主に、政策ガイドラインの策定、主要な投資決定の採択または承認、トップレベルの経営者の任命、企業の就労の評価、および実施しようとする全体的な政策およびプログラムに従って必要な指示の発行に関与する必要があります。

これらのパラメーターの範囲内で、企業の経営陣は、日々の管理を行い、生産、管理、購入および保管のポリシー、マーケティングおよび販売、およびその他の事業に関連する活動に関する事項について、自由に手を貸すべきです。

最近、いくつかの公営企業の民営化に向けた動きがあり、それらの効率を改善し、永続的な損失による行政官の負担を軽減しています。 1991年7月の新産業政策は、これらの企業に、公営企業が開発の代理人と見なされていた以前の政策に対する昇進の役割のみを与えています。

公営企業の民営化への動きは、政府が最善の努力にもかかわらずこれらの企業を効率的かつ実行可能な産業成長の単位にすることができなかったため、支持を集めました。

 

コメントを残します