経済学:定義、批判、範囲、問題

経済学の定義、批判、範囲、問題に関する詳細な研究を行ってみましょう。

経済学の定義

経済学の3つの主な定義を以下に示します。

アダムスミスの富の定義

経済学は、「経済学の父」であるアダム・スミスによって「富の科学 」と定義されました。 アダム・スミスによると、富の獲得は人間の活動の主な目的です。 したがって、富がどのように生み出されるかを研究する必要があります。 これは経済学の主題です。

この定義は非常に唯物論的です。 どうやらそれは富を生み出す人間よりも富をより重要にしているようです。

アルフレッドマーシャルの福祉の定義

1890年、アルフレッドマーシャルは、富から人間に重点を移した新しい定義を提案しました。 「経済学は、人間の通常の生活における行動の研究です。 それは彼がどのように彼の収入を得て、彼がそれを使うかを尋ねます。」

したがって、マーシャルによれば、経済学は人間の行動の一部の研究です。 それは収入の獲得と支出に関連する活動のみに関係しています。 そのような活動により男性は「幸福の物質的必要条件」を獲得します。 したがって、経済学は「一方では富の研究であり、他方ではより重要な側面では、人間の研究の一部」です。

マーシャルの定義は、経済学の範囲をあまりにも弾力的にしました。 しかし、なぜ経済活動が行われているのかは示されていません。 しかし、1920年代から、不足がすべての経済的問題の主な原因であることが発見されました。

ロビンの希少性の定義

1932年、ライオネルロビンスは、経済学のより正確な定義を提案しました。 ロビンズによると、 「経済学は、人間の行動を、目的と代替的な用途を持つ希少な手段との関係として研究する科学です 。 この定義により、経済学は「手段」と「目的」の研究になります。 「人間の生活の目的」を達成するために利用できる「手段」またはリソースはほとんどありません。つまり、需要に対して供給が不足しています。

商品またはサービスの不足は、その需要と比較した供給の不足を意味します。 言い換えれば、物資の供給が需要に足りない場合に不足が発生します。 この定義はかなり不正確です。

したがって、サミュエルソンは次のように定義しています。「経済的希少性」とは、限られた量の人的および非人的資源のみが存在するという生命の基本的な事実を指します。 。 人間が希少性をどのように使用して欲望を満たすかは、経済学の主題です。

ロビンの定義は、次のように分析できます。

1. 「終わり」:

人間の活動は、食料、衣類、避難所などの特定の「目的」(または目的)を確保したいという欲求から生じます。目的は、人間の活動の動機を提供します。 多くの可能性があります。 すべての目的が同じくらい重要ではありません。 他のものよりも大きな強度で望まれるものもあります。

2. 「手段」:

「終わり」を達成するために人間が利用できる「手段」は少ない。 望ましい商品やサービスは、すべての人を満足させるのに十分な量では存在しません。 目的を追求するために利用できる時間も限られています。

3. 代替用途:

「手段」には別の用途があります。つまり、さまざまな目的に使用できます。 男性は、食料を生産したり、絵を描いたりするために自分の労力を使うことができます。 「手段」が不足しているため、利用可能な手段を目的に合わせて調整するために、男性はさまざまな手段を選択せざるを得ません。

ロビンズによると、重要性が変化するという目的を満たす手段の不足は、人間の生活の特徴です。 希少性は特定の問題を引き起こします。 経済学はこれらの問題を扱う科学です。 それは、希少な手段の処分または希少な資源の配分において人間の行動によって想定される形態に関係しています。 したがって、経済学は、富や福祉の観点からではなく、希少性の観点から定義されるべきです。

批判:

批評家は、ロビンスの定義が特定の点で不十分であることを指摘しました。

批判の一部を以下に示します。

1.ソーシャルキャラクター:

ロビンスの定義は、経済学の社会的特徴を無視しています。 エコノミストは、個人の行為が他の人の行動や目的に影響を与えない限り、個人の行動や個人の目的に関心を持ちません。

そして、経済学の社会的性格を強調するために、ロビンスの定義を次のように修正することができます。

2.狭い範囲:

第二に、ロビンズの定義は、経済学の管轄権を狭すぎます。 彼によると、経済学は乏しい手段の研究だけでなく、人間の福祉の研究でもあります。なぜなら、福祉はそれ自体で終わりだからです。

3.精度の欠如:

ロビンスの定義は、同時に「狭すぎ、広すぎ」です。 組織的および管理上の欠陥の研究を経済学から除外するため、それは狭すぎます。 このような欠陥はリソースの過少雇用につながりますが、手段の不足が原因ではありません。

一方、希少な資源の配分の問題は、一般に経済学の範囲に含まれない分野で発生する可能性がある問題です。 経済学が希少性だけで定義されている場合、上記のようなトピックは経済学の管轄内に収まり、その範囲は広がりすぎます。

結論

その不十分さにもかかわらず、ロビンズによって与えられた経済学の定義は非常に人気があります。 それは、人々がいかにして生計を立てるための希少性の問題と闘っているのかを研究しています。

経済学の範囲を決定するには、主題を研究する目的を参照する必要があります。 実際には、経済学は単に経済現象の理論的分析だけでなく、そのような分析の実際の応用にも関係しています。 経済学は「光をもたらす」だけでなく、 「実を結ぶ」ことでもあります。

経済学の範囲

ロビンズによると、経済学は、与えられた目的を達成する手段の不足から生じる人間の行動の側面を研究しています。 このことから、経済学者はそのような目的に関心がないようです。 彼の機能は、利用可能な希少な手段を使用して、特定の目的がどのように達成されるかを分析することだけです。 言い換えれば、経済学は目的の間で中立であるべきです。 ロビンスは、このように経済学の範囲を制限することを強く支持します。

コメント:

ロビンスの見解は、経済学の純粋に分析的な部分に当てはまります。 たとえば、消費者行動の理論を議論するとき、経済学者は消費者の欲望の道徳や合法性に関心を持ちません。 彼は、消費者が彼のさまざまな購入に彼の収入をどのように使うかという質問にのみ関心を持っています。

結論:

しかし、経済科学の境界が純粋な理論に厳密に制限されるべき理由はありません。 経済学は社会科学です。 したがって、経済学者は人間の活動の終わりについて価値判断を下すことが許されるべきです。 特定の問題について議論する場合、目的は与えられたとおりに取られます。 しかし、エコノミストは、与えられた目的の福祉への影響についても議論すべきです。 (個人およびグループの)福祉をどのように高めるかは、経済学の主題でもあります。

経済的問題

経済研究の範囲は、より具体的な用語で述べることができます:

1.商品やサービスの消費、生産、交換、流通に関連する問題は何ですか?

2.生産されている商品およびサービスと数量は?

3.生産の効率をどのように高めることができますか?

4.国の資源は完全にまたは部分的にのみ利用されていますか?

5.生産性の低下、不況、失業、貧困の原因は何ですか? 経済システムからこれらの悪を取り除くためにどのような措置を講じることができますか?

6.国内製品の流通は社会でどのように行われますか?

7.経済発展と経済成長はどのように促進されますか?

8.財やサービスを生産する経済の能力は、時間の経過とともに変化するのか、それとも変化しないのか?

9.商品の価値と雇用量はどのように決定されますか?

10.食料不足(または生態学的災害)を避ける方法は?

 

コメントを残します