価格差別モノポリー| 経済

「差別的独占」または「価格差別」は、実際には同種であるにもかかわらず、独占者が商品の異なる単位に対して同じ買い手に異なる価格を請求する場合に発生します。 このような状況は、 「完全に差別的な独占」と呼ばれます。 しかし、独占者が同一の製品を異なる価格で異​​なるバイヤーに販売することを見つけることは、より一般的です。

均一な商品のユニット間の差別よりも、バイヤー間の差別の方が一般的です。 一般に、価格の差別は、生産者がコストの違いに関係しない理由で2つ以上の異なる価格で異​​なるバイヤーに商品を販売するときに発生すると言うことができます。 体系的(すなわち、体系的かつ持続的な差別)または非体系的(すなわち、頻繁または偶然の差別)のいずれかです。

最も単純なケースでは、2人のバイヤー(またはバイヤーのグループ)に同じ商品が1つあります。

次に:

買い手の価格1 /コスト≠買い手の価格2 /コスト

たとえば、バイヤー1は医薬品の小売購入者(需要の弾力性が低い)であり、バイヤー2は大規模な病院のグループ(弾力性が高い)です。 コストはボトルあたりRe 1になる場合があります。

その場合、比率は次のようになります。

Rs10 / Re1≠Rs 2 / Re 1であるため、P 1 / P 2 = 5

それはかなり急な差別です。 通常、実際の差別は緩和されますが、条件が適切な場合はさらに急になる可能性があります。 同社は市場の両方の部分から利益を得ていますが、一方の部分は他方の部分よりもはるかに魅力的です。 消費者は、費用レベルではなく、支払う能力によって部分的に支払います。

差別の程度:

価格差別にはさまざまな種類があります。ここでは、3種類の価格差別を区別します。

学位:

この制限は、AC Pigouによって導入された概念である第1度の差別の概念で定義されています。 第1学位の差別では、独占者は、各消費者が任意の数量に対して支払う最大金額を知っています。 その後、彼はそれに応じて価格を修正し、各消費者から消費者の余剰の全額を受け取ります。

この種の状況は、独占者が製品の各ユニットを異なる価格で販売するときに発生します。 これは、消費者が各ユニットに対して支払う準備ができている最大価格、つまりトラフィックが負担する金額を変更することを意味します。 このタイプの状況を図1に示します。 ジョアン・ロビンソン夫人はこの現象を完全な差別と呼んでいますが、これは独占者の観点からのみ完全です。

最初の学位の最も単純な種類の差別は、何らかの理由で、彼の顧客のそれぞれが独占者から1ユニットのみを購入するものです。 消費者が独占者の製品の複数のユニットを購入するとき、彼らはより低い価格でより多くのユニットを購入することをいとわない。 独占者は、販売単位を調整する必要があります。

この種の差別は、限定的または極端な場合です。 明らかに、独占者が少数のバイヤーしかいない場合には、まれにしか発生しません。

第二学位:

2度目の差別では、独占者は買い手、消費者、余剰の一部を取得しますが、すべてではありません。 これは公益事業の価格設定でよく見られます。 CESCのような公益事業によって請求される料金の違いは、明白な例です。 図9はこの点を示しています。

顧客の需要曲線がわかっている場合、公益事業者はその需要曲線を小さなセグメントに分割できるため、実際には多くの顧客になります。 各セグメントについて、需要曲線の最高部分から最低部分まで、公益事業者は異なる価格を請求できます。これは、顧客が特定の金額、たとえばその価格で電気を購入する意欲を反映するものです。

二度目の価格差別は、 「多くの買い手、時には数十万人の買い手がいる市場で必ず実施されます。」すべての買い手に1つのレートまたは価格スケジュールを適用する必要があります。 嗜好と収入が異なるため、独占者は、彼のサービスに対する欲求が強く、収入が高いバイヤーの消費者の余剰のごく一部をつかむことができます。 さらに、2度の差別は、簡単に計測、記録、請求できる小さな単位のブロックで販売されるサービス(立方フィートのガス、キロワット時の電気、電話の時間)に限定されます。

第三学位:

所定の金額の割り当て。 3度の価格差別とは、独占者が顧客を2つ以上のクラスまたはグループに分割し、各クラスの顧客に異なる価格を請求するという事実を指します。 各クラスは別々の市場です。たとえば、映画館のDC席、文化プログラムの指定席などです。

これは最も一般的な種類の価格差別です。 ここでは、独占者は同じ商品を2つの異なる市場で同時に2つの異なる価格で販売しています。 したがって、彼は等限界原則を適用します。2つの市場のそれぞれで販売された最後のユニットは、総収益に同じ追加を行います。 第三段階の差別とは、いくつかの市場のそれぞれに個別の需要関数がある状況です。

差別的独占の均衡条件:

差別的な独占者は、普通の独占者のように、最大​​の利益を得ようとします。 彼は最終的な目標を達成するために、製品をさまざまな量で供給します。 実際、ある市場の需要の弾力性が他の市場の需要の弾力性と異なる場合、価格差別の彼の行動は有益です。

独占者の製品に対する需要の弾力性が、市場Bの場合よりも市場Aの方が大きい場合、独占者は、市場Bの供給を減らし、それによって市場Aの供給を増やすことによって利益を得るでしょう。平衡状態にあるためには、2つの別々の条件を満たさなければなりません。

(1)両方の(またはすべての)市場の限界収益は同じでなければなりません:

独占者の製品に対する需要の弾力性が市場ごとに異なる場合、彼は需要が弾力性のない製品に対して少量を供給し、高い価格を請求します。 しかし、需要が弾力的である場合、彼はより多くを供給し、同じ価格で低価格を請求します。 そうすることで、彼は両方またはすべての市場で限界収益を平準化する必要があります。

(2)これらの各市場から得られる限界収益も、独占者の総生産の限界費用と等しくなければなりません。

つまり、独占者は、A市場とB市場の異なる金額を、これらの各市場での販売からの限界収益が独占者の総生産額の限界費用と等しくなければならない量まで供給することを意味します。 (AとBの出力の集合)。

言い換えれば、差別的な独占者の均衡状態は次のようになります。

MR 1 (市場Aの限界収益)= MR 2 (市場Bの限界収益)= MC。

これらの2つの条件は、平衡の一般原則(MR = MC)の適用にすぎません。

差別的独占下の均衡は、次の図に示すことができます。

図10(a)および(b)には、2つの別個の市場(サブマーケットAおよびサブマーケットB)に対する企業の平均および限界収益曲線を示しています。 これらの市場では、価格ごとに需要の弾力性が異なります。 図10(c)では、利益最大化出力(OM)は、独占者の全出力の限界費用曲線(MC)と、2つの市場から得られた結合限界収益(CMR)を示す曲線の交点に示されています。 曲線CMRは、曲線MR 1とMR 2を一緒に横に加算することによって得られます。

この均衡状態では、出力はOMであり、限界収益はOLまたはMRです。 したがって、出力OMは、それぞれの限界収益がOLになるように、2つの別々の市場に分配される必要があります。 これは、OM 'がサブマーケットAで価格OPで販売されることを意味します(限界収益はここでOLです)。

同様に、OM」はサブマーケットBでOPの価格で販売する必要があります(ここでの限界収益もOLです)。 独占者の利益は図10(c)の面積ARBで示されており、ここでは最大です。

価格差別の下での出力:

2つ以上の価格を持つ独占企業の総生産高は、1つの価格で販売する場合、総生産高よりも大きい場合も小さい場合もあります。 おそらく、独占者は、純粋な競争の条件に対応するアウトプットに等しいアウトプットを持つことができます。

実際には、需要とコストの関係は、差別がなければ特定の商品やサービスがまったく生産されないようなものになる可能性があります。 インドの砂糖産業を例にとってみましょう。 砂糖の無料販売が禁止されている場合、砂糖の生産は不採算になります。

一部の商品やサービスは、売り手が価格差別を行うことができないか、許可されていない場合、まったく生産されない可能性があります。 標準的で単純な例は、小さな村の医師です。 同様に、特定のルートでの鉄道サービスは、一部の通勤者グループに他のグループよりも高い料金を請求する鉄道の能力に依存する場合があります。

価格差別の前提条件:

同一の製品を販売する売り手が多数存在するため、完全な競争下では買い手間の差別は不可能であることは明らかです。 独占がある場合にのみ発生します。 しかし、独占下であっても、常に可能であるとは限りません。 ACピグーは、独占者による価格差別の成功した操作のための2つの重要な条件に言及しました。

1.製品の再販売の可能性:

独占者は、製品(主にサービス)を転売できない場合、または製品の再販または低価格から高価格の市場への製品の漏出を防止できる場合、価格差別に成功します。 特定の地域で独占的な地位にある医師は、金持ちの患者には高い費用を請求し、貧しい患者には低い費用を請求することができます。

ここでは、彼のサービスを転売できないため、彼は成功します。 同様に、弁護士やビジネスコンサルタントは、クライアントの収入に応じて異なるサービス料金を請求することがあります。 購入者が転売できない教育、法的助言、散髪、モデリングなどの直接的な個人サービスは、価格差別を助長します。

次の2つの重要な条件を満たしている場合、商品を再販することはできません。

(a)需要の単位を高価格市場から低価格市場に移すことはできません。

(b)供給単位を低価格の市場から高価格の市場に移すことはできません。

言い換えれば、裁定取引(低価格から高価格の市場への商品の移動)は何とか止められます。

2.市場の分離:

価格差別は、市場が互いに分離されている場合にも可能です。 地理的または政治的に市場は、製品の再購入または再販売のために互いに会うことができません。 ダンピングは、この種の差別的独占の顕著な例です。

これらの2つの条件に加えて、価格差別は以下の条件でも可能です。

(a)独占者は、消費者の特性のために価格差別に成功する。 消費者の価格に対する無知、消費者の製品の品質に対する不合理な感覚、消費者の小さな価格差に対する無関心などなど。

(b)再び、独占者は、製品に対する需要が2つのサブマーケットまたは異なるマーケットで異なる弾力性を持つ場合、価格差別に成功します。 彼は、需要が弾力性のないある市場(例:寒い場所でのウールのドレス)で高価格で販売できますが、需要が弾力性がある他のサブマーケット(例:暖かい場所でのウールのドレス)で低価格で販売できます。

2つの市場の弾力性が異なる場合、1つの市場から他の市場に生産単位を転送する独占者に支払います。 実際、価格差別は、一方の市場(またはサブ市場)の需要の弾力性が他方の市場の弾力性と異なる場合にのみ有益です。

(c)州の介入や法的規制がない場合、独占者は価格差別をうまく実行できます。

(d)最後に、買い手と売り手が遠く離れている場合も、価格差別が可能です。

これらの条件は、企業がある市場では独占企業であるが、別の市場では完全な競争の条件の下で営業している場合にも適用できます。 この場合、出力全体を生成するための限界費用は、完全な市場で一般的な価格と等しくなければなりません。

独占市場で販売される生産物の部分は、その市場の限界収益を生産物全体の限界費用に等しくするように制限されなければなりません。 後者の市場の価格は、完璧な市場で一般的な価格よりも高くなります。 この結果は、完璧な市場では企業の平均収益曲線が水平方向の直線であり、他の市場では下向きに傾斜しているという事実に基づいています。

限界収益と価格の関係は、式mr = p(1 – 1 / e)で与えられます。

前に示した記号を使用すると、次の方程式が得られます。

市場Aの限界収益= p 1 {1 – 1 / e 1 }

市場Bの限界収益= p 2 {1 – 1 / e 2 }

独占者が最大の純収入を得ているとき、2つの市場の限界収入は等しくなければならないことが示されています。

したがって、平衡状態で:

P 1 {1 – 1 / e 1 } = p 2 {1 – 1 / e 2 }

この方程式では、e 1 = e 2の場合、p 1 = p 2です。 したがって、需要弾力性(異なる市場で、関連する出力レベルで)が等しい場合、独占者は異なる市場で同じ価格を請求することになります。 需要弾力性が異なる市場である場合。 需要の弾力性が異なる場合、価格差別は有益であり、したがって可能です。

2つの市場の価格間の関係(p1:p2)は、上記の式から計算できます。 一般に、需要の弾力性が低い市場では価格が高くなります。

上記の価格差別の分析は、3つ以上の市場のケースに簡単に拡張できます。

例1:

市場Aの弾力性が2に等しく、市場Bの弾力性が3に等しいとします。次に、

市場Aの場合、価格はp 1 = Rsです。 4、市場Bでは、価格はp 2 = Rsです。 3。

例:

独占者には2つの市場があり、それらの需要スケジュールは次のとおりです。

彼は1, 400ユニットを販売したいと考えています。 彼は2つの市場でどのような価格を設定しますか?その理由は?

解決:

差別的な独占者は均衡に達し、したがって両市場の限界収益を同等にすると利益を最大化します。すなわち、MR 1 = MR 2です。 この条件が満たされる場合、総収益は最大になり、コストの制約を受ける収益最大化は利益最大化を意味します。 そのため、さまざまな価格と数量の組み合わせ、および対応するMRについて、各市場からの総収益を計算できます。

したがって、会社が市場Iで600ユニットをRsの価格で販売する場合。 Rsの価格で市場2で1ユニットあたり40、800ユニット。 50、MR 1 = MR 2 、総収益はRsです。 24, 000 + Rs 40, 000 = Rs。 最大64, 000。 Q 1とQ 2の他の組み合わせが同じ総収益を生み出さないため、さらに利益を上げることはできません。

 

コメントを残します