広告の長所と短所

広告の長所と短所について知っておく必要があるすべて。 広告は、ターゲットオーディエンスの行動を通知、説得、または影響を与えるために、特定のスポンサーによるマスメディアを介した製品またはアイデアに関する有料の非個人的なコミュニケーション形式として定義されます。

広告は、1人の個人ではなく、多数の人々を対象としています。 それが私たちを非個人と呼ぶ理由です。 広告とは、製品やアイデアに関するコミュニケーションです。 iPodや新しいスマートフォンの機能についてお知らせしたり、がん検診の必要性を説明したりできます。

広告の長所と短所のいくつかは次のとおりです-

A.広告の利点– 1.販売の促進2.生産の拡大3.のれんの強化4.大規模な売上高と莫大な利益5.さまざまなオプションと比較価格に関する情報6.雇用の創出7.より高い生活水準

B.広告の欠点– 1.生産と製品のコストが増加します。2.価格戦争につながります。


広告の長所と短所について学ぶ

広告の長所と短所

広告の利点:

広告の利点は、次のような利点の観点から分析する必要があります。

(i)メーカーの観点から:

よく宣伝された製品は、市場のセールスマンによって販売されやすくなります。 ブランドが人気があり、有名な場合、人々はセールスマンの努力に好意的に反応します。 視聴者が広告を通じて製品とその使用法をより明確に理解し、バイヤーを納得させるためのセールスマンの努力が軽減されるため、セールスマンシップへのサポートを提供します。

(a)売上の増加:

製品の広告におけるメーカーの主な目的は、製品の販売を促進することです。 大量生産された商品は、広告による大量説得の方法で販売されます。

広告の繰り返しにより、メーカーは既存の市場を維持できるだけでなく、より多くの人々を自社の製品に引き付け、新しい用途を提案することで市場を拡大することもできます。 広告は販売の助けになります。

(b)セールスマンシップの補足:

それはセールスマンの努力の基盤を作ります。 セールスマンが見込み顧客に出会うと、広告を通じて消費者が既に慣れ親しんでいる可能性のある製品を探し出すだけです。 したがって、セールスマンの努力は補足され、彼の仕事は広告によって簡単になります。

(c)低コスト:

売上高と商品の大量生産の促進は、大規模生産をもたらす広告によって強化され、平均生産コストが削減され、利益が増加します。 同時に、広告費用と販売費用がより多くの販売量に分配されると、平均販売費用も下がります。

(d)より大きなディーラーの関心:

広告は、すべての小売業者が他の小売業者と共有する機会を得る需要を生み出します。 したがって、広告された商品を扱う小売業者は、その機能のパフォーマンスにおいて広告によって実質的に支援されます。 小売業者は、そのような製品の販売を押し上げることについてあまり気にする必要はありません。 したがって、彼らは広告された製品により多くの関心を示しています。

(e)クイックターンオーバーおよび小規模在庫:

よく整理された広告キャンペーンによって非常に反応の良い市場が形成され、それにより商品の迅速な売り上げが促進されます。 その結果、販売に関して在庫が少なくなり、製造業者によって持ち越されます。

(f)安定した需要:

製品に対する需要の季節的な変動は、一般に広告によって改善されます。一般に、製造業者は、季節的な製品が使用される可能性のある新しい可能な用途を発見し、広告しようとします。 夏の間に使用するための冷たいお茶と冷たいコーヒーの革新は、その季節でさえこれらの飲料の需要を増やすのを助けました。 冷凍についても同じことが言えます。

(ii)消費者の視点から:

(a)品質の改善:

通常、商品はブランド名で宣伝されます。 製品を使用するために広告によって人が動いた場合、特定のブランドのコンテンツが同じ商品の他のブランドよりも優れていることを期待して進みます。

彼の経験が彼の期待を裏付けるとき、繰り返しの順序が期待できます。 または、売り上げが一度非常に高くなる場合もありますが、製品の品質に対する消費者の信頼が失われると、その後非常に低くなる場合があります。

(b)購買施設:

広告後、消費者にとって購入は簡単になります。 一般的に、再販売価格(小売業者が商品を販売する価格)は固定され、宣伝されています。 このように、広告は消費者に対して、広告された製品に対して過大請求されないという明確で積極的な保証を提供します。 消費者は最大限の簡単さと自信を持って購入できます。

(c)消費者の余剰:

与えられた商品の有用性は、多くの人々のために広告することによって増加します。 有用性が高いと思われる特定の製品については、それが指摘され、さらに支払われます。 これらの製品が元の低価格で利用できる場合、これらの製品から得られる満足度または喜びの増加という観点から、当然のことながら消費者の一定の余剰があります。

(d)消費者の教育:

教育的かつ動的な原則である広告の主な目的は、新製品、その機能、価格、使用法について顧客に情報を提供し、教育することです。 また、彼らは新しい生活様式を採用し、古い習慣と慣性を放棄し、より良い生活水準を持つように説得します。

(iii)ミドルマンの観点から:

(a)小売価格のメンテナンスが可能になります:

消費者は、長期間にわたって安定した価格で高品質の製品を入手することに非常に熱心です。 各消費者は自分の家族予算を持っており、そこでは社会的に受け入れられるまともな生活のために支出を可処分所得と一致させようと努力しています。

価格が急激に変化した場合、これらの個々の予算は、消費者が現在楽しんでいる製品の代替品を考えなければならないほど歪んでいる可能性があります。

(b)セールスマンとしての役割:

この組織のために巡回セールスマンが行うことは、少なくとも広告費用によって行われます。 これが、小売組織のほとんどが旅行セールスマンの大軍を雇わず、むしろ、彼らがカウンターセールスマンが彼らのニーズに応えるただ一つに消費者を引き付ける広告に費やすことをいとわない理由です。

(c)クイックセールスを保証します。

さまざまな生産者の在庫があるすべての小売業者には、迅速な売上高が必要です。 これらの幅広い製品を消費者に知らせることにより、広告は売り上げを押し上げます。

より速い販売は、資本のルックアップの減少、長期にわたる保有株式の損失の減少、単位当たりの利益率の減少によってさえ利益の増加などの特定の利点を意味します。 さらに、広告は消費者のニーズによりよく対応するための余裕と自由を与えます。

(iv)社会の観点から:

(a)動機の変化:

急進的な広告は、人間のモチベーションの基礎を変えました。 初期の世代の人々は主に生活の必需品のために生きて働いていましたが、現代の世代は人生の贅沢と半贅沢を自分自身で供給するために努力しています。

(b)報道の維持:

サポートと維持のために、新聞、定期刊行物、雑誌、広告主を探し、プレス、広告を探します。 広告からの収入がない場合、新聞はより高いコストで作成されなければならず、競合他社から自由になることができない場合があります。

(c)アーティストへの励まし:

創造的な仕事をするためにアーティスト、作家を設計する。 彼らは広告の準備から生計を立てています。

(d)研究への励まし:

製造業者に十分な利益が保証されている場合。 彼らは研究に着手し、新しい製品や既存の製品の新しい用途を発見します。 広告はこの保証を提唱し、それによってすべての利点を備えた産業研究を促進します。

(e)国民生活の垣根:

国民生活を垣間見ることは国民生活によって提供されます。

広告の欠点:

広告にも独自の制限があります。 場合によっては、ビジネス上の関心を見ている少数の人々によって悪用されています。

広告の主な弱点は次のとおりです。

私。 繰延収入支出:

結果は即時ではないため、これは繰延収益支出です。 広告は組織の総予算のかなりの部分を占めるため。 したがって、多額の投資を行ってもすぐに結果が得られるとは限らないため、その有用性が制限されます。

ii。 事実の不実表示:

広告の主な欠点は、製品やサービスに関する事実の不実表示です。 広告主は通常、製品の非現実的/虚偽の利益を誤って伝え、消費者の自己利益に反して、利益につながる行動にふけるように人々を興奮させると断言します。

iii。 消費者の赤字:

消費者の購買力が低いため、広告は欲求を生み出します。 それは不満につながります。 そのような不満は、特にそれが大多数の人々に影響を与える場合、社会の観点から明らかに望ましくありません。 しかし、それが社会の変化への拍車として機能する場合、それは重要です。

iv。 参入障壁:

広告は、産業の集中を多かれ少なかれ促進します。 そのような集中の程度は、個々の取引の特性、製品の広告性、およびその生産の技術的条件によって異なる場合があります。 ただし、この主題に関する研究は決定的なものではありません。 広告と集中の間の肯定的な関連性の証拠は、予想されるよりも弱いです。

v。国家資源の浪費:

広告は、商品の通常の有効期間が終了する前に商品の効用を破壊するために使用されるということに反対しています。 現在、名目上の改良が施された自動車のモデルは、例えば、最も宣伝されている製品が繊細で壊れやすく、壊れやすいというだけでなく、役に立たなくなるずっと前に古いモデルを廃棄しなければならないほど高い圧力で宣伝されています。

vi。 コストの増加:

広告が、コミュニティが支払わなければならない製品に追加費用を誘発するかどうかは、かなり議論されています。 ある意味では、それに対する費用は製品の総コストの一部を形成するので真実です。 しかし、同時に、広告費が削減されれば、商品は必然的に安くなると推測するのは不当だろう。 広告はコストの項目の1つですが、それは流通側に後押しで節約をもたらすコストです。

vii。 製品の拡散:

批評家は、広告は不必要な製品の拡散を助長すると述べています。 ほぼ同一の製品の増殖につながるため、他の製品を生産するために使用できなかったリソースが無駄になります。

viii。 ニーズの乗算:

広告は、人々が本能であるために必要のないものを買うことを強いられ、所有し、社会で認識されるなど、製品を販売するために広告主によって引き起こされます。 時には、製品への関心を喚起するために、さまざまな種類のアピールが進められます。 感情と感情は、顧客を獲得するために使われます。


広告の長所と短所

広告の利点

私。 インターネット広告は巨大です:

インターネット上の情報の増加に伴い、人々がそれに費やす時間も増加し、これがインターネット広告の新しい市場を生み出しています。 世界で最も裕福な企業の一部は、インターネットマーケティングのパイを手に入れることを確実にしてきましたが、それには十分な理由があります。

ii。 インターネット広告のターゲット:

特定の市場への広告機会を探している企業として、インターネット広告は、広告を見た人が購入する可能性が最も高いことを保証するいくつかのターゲティング方法を提供します。 GoogleのAd WordsやAdSenseなどのプログラムは、ターゲット市場が定期的に熟読しているコンテンツと広告主を照合します。 新聞広告の高価な機関銃戦略を忘れて、インターネット広告をターゲットにしています!

iii。 インターネット広告により、優れたコンバージョントラッキングが可能になります。

従来の方法で広告を見ている人の数を把握することは不可能です。 新聞やテレビの広告のリーチを追跡することは困難です。 ただし、インターネット広告を使用すると、広告主は広告のインプレッション数(閲覧者数)、および特定の広告からビジネスWebサイトにアクセスした回数を追跡できるため、インターネット広告の種類を簡単に確認できます。取得。

iv。 インターネット広告のエントリーレベルの手数料は低くなります:

予算が限られている場合、インターネット広告は従来の方法よりもはるかにリーチが広くなります。 小さな黄色いページの広告は数千ルピーかかることがあります。 ただし、パフォーマンスに基づいて、GoogleおよびOvertureの広告に入札できます。 つまり、訪問者が広告をクリックしたときにのみ料金が発生し、数ルピーから入札が開始されます。

v。インターネット広告ははるかに安くなり ます:

インターネット広告のターゲットを絞った性質と広告の有効性を追跡する機能により、インターネット広告からのコンバージョン率は通常、従来の媒体よりもはるかに優れています。

vi。 インターネット広告の範囲が広がり ます:

もう1つの利点は、インターネットが世界中に広がっているため、特定の地域に対応するさまざまな出版物、ラジオ局、テレビ局を探すのではなく、世界中に散らばっているターゲット市場のポケットをすべて一度にターゲットにできることです。

概して、インターネット広告は、費用対効果の高い効率的な方法でサービスや製品に関する情報を発信するための優れた方法です。

制限事項

私。 測定の問題–広告の効果を測定することは困難です。

ii。 サーフィンの速度–トラフィックと技術的な問題により、ユーザーはサイトにアクセスするのに時間がかかる場合があります。

iii。 混乱–短期間で広告が多すぎると、メッセージの登録が少なくなる可能性があります。

iv。 プライバシー–電話がテレマーケティングに悪用されているように、インターネットもユーザーのプライバシーを侵害していると非難されています。


広告の長所と短所

広告の利点:

広告は、製造業者、トレーダー、消費者および社会全体にとって有益です。

1.販売促進:

広告は、生産者が売り上げを伸ばすのに役立ちます。 フォームは、価格を下げるか、バイヤーにその製品をさらに購入するように誘導することにより、その製品の需要を増加させようとします。 定価でも。 後者には、販売促進、したがって広告の使用が含まれます。

2.生産の拡大:

広告によってもたらされる需要の増加は、それに対応する生産の増加によって満たさなければなりません。 このように、広告は需要の増加に応えるために生産を拡大させます。

3.のれんの強化:

広告は、会社ののれんを増やすのに役立ちます(広告)。 メーカーと彼の製品を人々に紹介します。 広告の繰り返しと製品の品質向上により、メーカーの評判が高まり、彼の信用が高まります。

4.大規模な売上高と巨大な利益:

広告を通じて生み出される需要の増加は、会社の売上を大きくし、最終的にはより多くの利益をもたらします。

5.さまざまなオプションと比較価格に関する情報:

広告は、さまざまな製品とその相対価格に関する情報を提供することにより、購入者に十分な情報を提供します。 これにより、消費者は、物理的に店舗に行く前であっても、必要な機能と消費したい金額に関して適切な決定を下すことができます。

6.雇用機会の創出:

広告は、画家、写真家、歌手、漫画家、ミュージシャン、モデル、さまざまな広告代理店で働く人々などの社会の大部分に雇用を提供することができます。

7.より高い生活水準:

広告は、消費の増加、生産の増加、雇用の拡大を促進します。 これは、価格の低下、品質の向上、消費者への商品の多様性をさらに反映しています。 したがって、広告はより良い、より幸せな生活を保証します。

広告の欠点

現代のビジネス広告の生命線と見なされているにもかかわらず、次のような欠点があります。

1.生産および製品のコストに追加:

広告の費用は製品の総費用に追加されるため、広告は広告製品の費用を増加させます。 製品またはサービスの広告中に発生するコストを軽減するために、広告主は広告のコストを製品またはサービスの合計価格に追加します。 したがって、広告費用は実際には消費者が負担しています。

2.価格戦争につながる:

著名な競合企業による大規模な競争広告は、消費者がそれを支払わなければならない広告戦争につながる可能性があります。 それは価格戦争の状況につながり、それは生産活動を過度に無駄にします。 業界全体がset折する必要があります。

3.虚偽の広告:

時々、広告は不正行為の道具として使用されます。 悪意のある企業は、広告を通じて製品を虚偽表示することにより、消費者を欺きます。 人々が製品を購入するように誘導するために、企業は製品のさまざまな美徳に関して虚偽の陳述書を発行します。 これは、広告に対する国民の信頼を損ないます。 その結果、広告を規制し、商業上の誠実さを保証する広告行動規範があります。

4.不平等な競争につながる:

生産者は、製品やサービスの広告に莫大なお金を費やしています。 地元の小さな企業は、多国籍企業の大きな広告予算に匹敵することはできません。 そのため、スケールは常に不均衡な競争につながるより大きな生産者に有利に傾いています。

5.独占市場を作成します。

大規模な企業は、広告予算が​​大きいため、小規模企業を市場から追い出します。 これにより、市場は少数の大規模生産者のみに開かれたままになります。 このようにして、大企業は競争に勝ち、市場を独占します。

6.不要な消費を促進する:

広告は、人々が必要としない商品やサービスの消費を促進します。 したがって、それは国家資源の浪費です。

7.道徳的価値の低下:

人々の注意を引くために、広告主はしばしば下品で下品な言葉やわいせつな写真を使用します。

これらの理由はすべて、「広告は社会的無駄」であるという陳述を正当化します。なぜなら、それは社会に真の価値を追加しないからです。


広告の長所と短所–批判あり

広告の利点:

広告に費やされるお金は投資です。これは、さまざまなものに多くの利益をもたらすからです。 カテゴリー、すなわち、生産者、仲買人、消費者および社会全体。

さまざまな利点は次のとおりです。

A.利点/生産者/製造者への利点:

1.消費者への情報の伝達。つまり、製品、価格、購入できる場所に関する情報。 最新の革新と到着。 メーカーごとの製品の変更。

2.ブランド構築–広告は実際にはブランド構築です。 広告は、会社の製品に対するブランド選好を生み出します。 ブランドエクイティは、広告の助けを借りて確立されます。ブランドエクイティとは、市場におけるブランドの全体的な強さと、それを所有する企業にとっての価値を指します。

3.売上の増加–昔の顧客は会社に縛り付けられ、広告を通じて何度も何度も製品について思い出させます。 新しい顧客は、製品に対する魅力を生み出すことによって生み出されます。 新製品への需要は、ライバル製品よりも優位性を示す製品のメリットを説明し、新製品に関する知識を与えることによって生み出されます。

4.広告がブランド名を作成するので、競争に直面し、不公正な競争から製造業者を保護するのを助ける

5.売上の増加による利益の増加。

6.顧客の増加に伴う会社および製品ののれんの創出/強化。

7.季節的需要の安定性–広告は、新製品と製品の新しい使用法を発見することにより、すべての季節にわたって需要を創出するのに役立ちます。 たとえば、お茶は夏に販売され、アイスクリームは広告のために冬に販売されます。

8.即応性の高い市場を創出することにより、クイックセールス/ターンオーバーによる過剰在庫がなくなります。 また、これにより在庫が少なくなります。

9.売上の増加に伴う大規模事業の経済/利点。

10.製品に関するメッセージの大量通信を通じて、メーカーと消費者の間で直接的な関係/連絡を確立する。

11.効率的で経験豊富な仲買人の獲得–製品に対する需要の増加により、仲買人は在庫/在庫の維持を促進するため、広告はメーカーが効率的で経験豊富な仲買人のチームを獲得するのに役立ちます。

12.応答性の高い市場を創出して在庫を削減することにより、売上高を速める。

13.広告は、従業員に仕事の実践感と評判の懸念に奉仕する気持ちを与えます。 そのため、経営陣、従業員、および労働者は、パフォーマンスと効率を向上させることができます。

B.仲買人(卸売業者および小売業者)に対する利点/利点:

1.宣伝された商品はすでに需要があり、顧客はそのような商品について十分に確信しているため、多くの労力をかけずに販売することの利便性。

2.高い需要、製品の容易な販売、および高い回転率による売上と利益の増加。

3.需要がすでに高いため、過剰在庫のリスクはありません。

4.質の高い標準品を扱うことで知られるようになったため、のれんの増加。

5.間接費が節約され、広告に費やす必要がないため、販売の経済性。

6.広告を通じたオールシーズンの需要による売上と利益の安定。

7.卸売業者と小売業者が製品情報を入手できるようにします。

C.セールスマンにとっての利点:

1.セールスマンシップは広告なしでは不完全です。

2.広告は、商品を販売するセールスマンの先駆けとして機能します。

3.セールスマンは、次の方法で広告の助けを受けます–

私。 製品はすでに宣伝されており、消費者に製品の特性と品質を知らせるため、販売は簡単で便利になります。

ii。 広告はセールスマンにとって必要な場所を準備します。 そのため、彼の販売努力は軽減されます。

iii。 顧客は農産物の品質と価格が保証されているため、効果的な広告を通じてセールスマンと顧客との接触は永続的になります。

iv。 セールスマンは、顧客と直接接触することで広告の効果を比較することもできます。

D.消費者にとっての利点/利点:

1.新製品に関する知識。

2.広告、つまり機能、利用可能な場所を通じて製品の詳細をすでに知っているため、購入の時間と労力を節約できます。

3.購入の事前決定消費者は、広告の観点から購入の事前決定を行うことができます。

4.広告メッセージとしての売り手による不正行為に対する保護は、多くの場合、重量、梱包、価格、割引、特別なスキーム、および「警告と警告」に関する詳細を提供します。

5.異なる生産者が製品を宣伝する際のさまざまな製品に関する知識。

6.製品の代替使用に関する知識。

7.既存の製品、新製品、それらの異なる用途、新しい用途、場所、利用可能な場合は製造業者、その他の詳細に関する広告を通じた消費者のマーケティング知識の強化。

8.生産者と消費者の直接的な関係が発達し、これが消費者価格を引き下げる場合の中間業者とその費用の排除。

9.小売業者の実際の売上予測を支援します。

10.価格はメーカーが広告を通じて管理しているため、不公正な競争と価格競争は回避されます。

11.新しい家庭用品、ガジェット、家電製品について人々が知るようになるにつれて、生活水準が向上し、生活がより快適になり、生活水準が向上します。

E.社会/コミュニティへの利点/利点:

1.市民の生活水準の向上。

2.より大きくハンサムな雇用機会。

3.広告業界の発展、すなわち、広告会社/代理店、アーティスト、作家、モデル、アートデザイン。

4.ブーントゥプレス、つまり収入が増加する新聞、雑誌など。

5. R&Dを奨励します。

6.健康的な競争を奨励します。

7.教育的で、多くの情報を人々に提供します。

8.新しい知識の地平を提供します。

主な理由は、広告が社会のさまざまなセクションだけでなく、社会全体にも利益をもたらすからです。 したがって、広告に費やされたお金は投資であって無駄ではないと言うこともできます。

広告に対する批判:

さまざまな利点があるにもかかわらず、広告には批判がありませんでした。

1.消費者への負担:

広告の媒体は高価であり、製造業者は広告に膨大な量を費やさなければなりません。 この広告費は生産コストを増加させ、ユニットあたりのコストを増加させ、最終的に製品の価格を上昇させます。 価格の上昇は消費者の負担です。

この批判は完全に正しいわけではありません。 また、広告は製品の需要を高め、生産規模を拡大し、大規模生産の経済をもたらし、したがって最終的にユニットあたりのコスト、したがって価格を下げます。

2.広告が独占を生み出す:

広告は最終的に他の企業が業界に参入するのをブロックし(参入障壁)、企業の市場力につながり、最終的には価格の上昇につながります。 大量の広告費が売上の増加に直接関係する場合、小規模企業はそれを買う余裕がありません。 これにより、大規模製造業者は独占権を維持し、享受することができます。

ただし、広告は製品の健全な競争市場も生み出します。

3.広告は消費者主義につながる:

広告は、消費者による過度の、時には不必要な支出を助長します。 頻繁に繰り返される広告は、消費者が自分に合わない、または必要でない場合でも製品を購入することを余儀なくさせます。

4.広告は豪華な生活につながる:

豪華な商品の広告は、多くの場合、消費者が購入する必要があると感じる方法で行われます。 このような商品はステータスシンボルになります。 その結果、人々は贅沢な生活を送ることができなくても贅沢な生活を送られます

ただし、広告が購入の際に幅広い選択肢を提供する限り、ライフスタイルが改善され、生活水準が向上します。

5.広告は無駄です:

広告に費やされたお金は、広告された商品やサービスの需要が増えなければ無駄になります。

しかし、これは必ずしもそうではありません。なぜなら、広告は非常に多くの場合、製品のより広い範囲と新しい使用を通じて需要を増やすからです。

6.広告はビジネスの虚偽につながる:

広告はしばしば人々を誤解させ、時には製品やその属性の利点を誇張します。

一部の広告が真実ではなく詐欺的であることは事実ですが、これは広告の欠点ではありません。 むしろ、非難されるのは広告主です。

7.広告は社会の悪を生む:

広告はしばしば喫煙、飲酒などの社会的悪を生む。

結論–さまざまな批判がありますが、これらの社会的悪をチェックする手段を採用できます。


広告の長所と短所

広告の利点:

1.広告は生産、雇用、収入を刺激し、購買力の向上と生活水準の向上につながります。

2.発明の商業化、イノベーション、新製品などの一般への受け入れの加速は、効果的なマスコミュニケーションまたは広告によってのみ実現できます。 変化は人生の本質です。 それは科学と技術によってもたらされることができますが、多くの抵抗なしに一般に受け入れられなければなりません。 新しい製品や新しいアイデアを迅速に受け入れるには、広告が必要です。

3.有益な広告により、消費者はすべてのライバル製品とその相対的なメリットに関する適切で適切な情報を保護できます。 したがって、広告は消費者がサービスの製品をインテリジェントに選択して購入する権利を行使するのに役立ちます。 多種多様な商品があり、その多くは複雑で洗練されています。 したがって、賢明な購入には適切な情報フローが必要です。

4.広告は大量生産と大量流通を促進します。 したがって、生産の単価が低くなり、流通の単価が低くなります。 科学的管理により生産コストが削減されます。 科学的なマーケティング調査により、流通コストの削減が保証されます。

マーケティング調査を使用して、広告を含むマーケティングミックスのすべてのコンポーネントのコストを削減できます。 コストの削減により、対応する価格の削減が可能になります。 ビジネスの競争は、価格の削減と適正価格も保証します。 したがって、消費者は効果的な広告とマーケティングのすべての利点を享受します。 商品やサービスの面でも実質所得が増加する可能性があります。

5.広告はブランド選好とブランドロイヤルティを構築します。 長期的には、ブランドの品質がメーカーによって維持され、着実に改善されない限り、これらは厳しい競争の下では不可能です。 したがって、消費者は低価格の商品だけでなく、標準的な品質と量の商品も入手できます。

6.広告には教育的価値もあります。 新しい生活様式とより高い生活水準を採用することを教えてくれます。 コミュニティに、例えば汚染からの自由など、多くの生命を要求するよう教育することができます。

広告の短所:

1.価格の読み込み:

広告は、大量生産と大量流通により総コストを削減し、最終的に消費者がより低い価格で購入できるようにすることが期待されています。 そうでなければ経験が証明されます。 実際には、広告は商品の価格を引き上げます。

ナショナルブランドは広告とプロモーションに多額の支出を要求し、その価格はディーラーブランドの価格よりも約20%高くなっていますが、両方のブランドの製品は同じ企業で製造されています。 この批判には真実の要素があります。 しかし、それはブランド化を通じてメーカーが頼りにしている極端な製品差別化によるものであり、価格上昇は独占の要素によるものです。

2.廃棄物の作成:

広告は無駄です。 セールスマンシップのようなターゲット市場に正確にアピールすることはできません。 多くの人々はあなたの広告を読んだり、聞いたり、見たりしないかもしれません。 新聞、ラジオ、テレビの広告は寿命が短く、空間や時間の単位を比較的高価に説得します。

競争力のある広告は、顧客の入れ替えのみを可能にするため、無駄です。 すべての広告の有効性を統計的に測定することは事実上不可能です。 しかし、広告と配信の研究により、企業は広告の支出の無駄をかなり減らすことができます。

3.独占:

業界のいくつかの企業は、広告の武器を利用して市場への小規模企業の参入を防止しているため、広告は市場での独占またはoligo占の創出を可能にします。 それは競争を殺し、その程度まで消費者の関心が犠牲になります。 Only giant manufacturers can afford to spend lavishly on extensive and intensive advertising to retain and even enlarge their market share.

However, if government can effectively control and regulate monopolistic tendencies, we can have reasonable competition in the market. We have to crush monopolies in the world of business to protect consumers against evils of monopolies.

4. Fraud on Consumers:

Some advertising is fraudulent, misleading or deceptive. Advertising causes us to buy goods, we do not want, at prices we cannot pay, and on terms we cannot meet. It is true that hard-sell, high pressure advertising does coerce the innocent and ignorant buyers to purchase many unwanted and shoddy goods. It is true that advertising often persuades people to buy things they should not buy, they do not need nor they can afford.

Public attitude toward advertising as a persuader is constantly unfavourable. This has been proved through opinion polls in the USA in 1960s. Only self-regulation by business firms can ensure truthful advertising. The seller should ensure that his advertisements mean what they say and they say what they really mean. Consumer legislation can also prevent such abuses of advertising. Consumerism through self-help can also safeguard consumer interest against bogus advertising.

Marketing mix based on marketing concept (consumer-oriented marketing approach) can also reduce substantially these abuses of advertising. Marketing research and customer-centred marketing plans and policies can definitely provide judicious and best use of advertising, sales promotion and personal selling in our promotion mix.

Enlightened and scrupulous top marketing management can recognise consumerism not as an obstacle but challenge and primarily through self-regulation streamline the entire marketing process based on the new marketing concept, then only marketing communication complex (promotion mix) can deliver rich dividends and ensure bright public image of business concerns.


Advantages and Disadvantages of Advertising

Advantages of Advertising:

(1) Low cost per contact.

(2) Ability to reach potential visitors where sales staff cannot reach.

(3) Great scope for creative versatility and dramatization of messages.

(4) Ability to create images that sales staff cannot.

(5) Non-threatening nature of non-personal presentation.

(6) Prestige and impressiveness of mass media advertising.

Disadvantages of Advertising:

(1) Inability to close sales.

(2) Advertising clutter or too much competition.

(3) Viewer visitor may ignore advertising messages

(4) Difficulties in getting immediate response and actions.

(5) Difficulties in getting quick feedback and in adjusting messages.

(6) Difficulties in measuring effectiveness.


Advantages and Disadvantages of Advertising – With Objections against Advertising

The importance of advertising is realised on all hands. In fact, advertising has already become such an integral part of our life that we never feel the need of pausing to consider its value and importance. There is no doubt about the fact that in the absence of advertising, our lives would have been lived very differently.

Advantages of Advertising:

Such being the place of advertising in our life, it will be worthwhile to consider some of the important advantages of advertising here:

1. Advantages to Manufacturers :

There is justification in the adage, “it pays to advertise” because of the following advantages of advertising accruing to manufacturers:

(i) Increased Sales:

The chief object of the manufacturer in advertising his products is to promote the sale of his products. Goods produced on a mass scale are marketed by the method of mass persuasion through advertising. By repeating advertisements, the manufactures are not only able to retain existing markets but are also able to expand the markets both by attracting more people to their products as also by suggesting new uses for them. Advertising acts as an aid to selling.

(ii) Steady Demand:

Advertising has led to the smoothening cut of the seasonal fluctuations in demand for many products. The manufactures are generally trying to discover and advertise new possible uses to which a seasonal product may be put. The innovation of cold tea and cold coffee for the use during summer has helped in increasing the demand for these beverages even in that season. The same may be said for refrigeration.

(iii) Quick Turnover and Smaller Inventories:

A well-organised advertisement campaign creates a highly responsive market thereby facilitating quick turnover of the goods. This, in turn, results in lower inventories in relation to sales being carried on by the manufactures.

(iv) Greater Dealer Interest:

The retailers who deal in advertised goods are materially assisted by advertising in the performance of their functions. Advertising creates demand which every retailer gets an opportunity to share with others. The retailers have not to bother much about pushing up the sale of such products. So they evidence more interest in advertised products.

(v) Lower Costs:

Advertising provides a spur to the sale and increases the turnover tremendously. This is advantageous in two ways – on one side, the selling costs including the cost of advertising get spread over a large volume of sales, thus lowering the average cost of selling; while on the other side, higher turnover necessitates higher volume of production, thus lowering the average cost of production per unit.

(vi) Supplementing Salesmanship:

Advertising prepares the necessary ground for the efforts of the salesmen. When a salesman visits a prospect, he has just to canvass for a product with which the consumer may already have been familiarised through advertisements. Thus, the salesman's efforts are supplemented and his task is made easier by advertising.

(vii) Creation of Goodwill:

By constantly associating the name of the manufacturer with certain standards of quality, advertising builds a fund of goodwill for him. Goodwill thus created is a valuable asset not merely because it enables him to get more and more of repeat orders for his existing products but also for the reason that the manufacturer can introduce new products in the market with confidence. The Godrej concerns have been able to sell the whole range of products ranging from oils to soap and from locks to typewriters mostly on the strength of their goodwill.

(viii) Encouragement to Better Performance:

Advertising gives the employees that feeling of pride in their jobs and the products they produce or help to produce, which is basic to high morale. It can, thus, inspire executives and workers to improved performance. Moreover, an advertiser may have built up a vast fund of goodwill which will serve as assurance of security to the employers. This will also serve to boost up the morale of the men working in the manufacturer's organisation.

2. Advantages to Consumers :

(i) Facility of Purchasing:

Advertising makes purchasing easy for the consumers. Moreover, the resale prices (prices at which the goods are to be sold by the retailers) are generally fixed and advertised. Thus, advertising offers a definite and positive assurance to the consumer that he will not be overcharged for the advertised product. The consumer can make his purchases with utmost ease and confidence.

(ii) Improvement in Quality:

Goods are generally advertised under brand names. When a person is moved by the advertisement to use the product, he proceeds on the hope that the articles of the particular brand will be better than the other brands of the same goods. If his experience confirms his expectation, a repeat order can be expected.

Otherwise, the sales may rise very high once but may drop down very low subsequently when the consumer's confidence in the quality of the product is shaken. The manufacturer is thus prompted to maintain and, if possible, improve the quality of his brand so that the confidence of the consumers can be maintained.

(iii) Elimination of Unnecessary Intermediaries:

By advertising his goods, a manufacturer may seek to establish direct contacts with the consumers. In this process, the number of middlemen whose profits increase the price and reduce the manufacturer's margin of profits may be considerably reduced. This will mean large profits for the manufacturer and cheaper products for the consumers.

(iv) Education of Consumers:

There is considerable truth in Sir William Leverhulm's remark that advertising is an educational and dynamic principle. Advertising aims at educating the buyers about new products and their diverse uses. In this process, it introduces new ways of life to the people at large and prompts them to give up their old habits and inertia. Advertising thus paves the way to better standards of living.

(v) Consumer's Surplus:

Advertising increases the utility of given commodities for many people. It points out and emphasizes the qualities possessed by certain goods and leads consumers to appreciate more strongly the utility of such goods. As a result, the consumers may be willing to pay even more for certain products which appear to have higher utility to them.

If these products are available at the original lower prices, there will naturally be a certain amount of consumer's surplus in terms of increased satisfaction or pleasure derived from these products.

3. Benefits to Society :

(i) Sustaining the Press:

When advertising made its beginning, advertisements generally occupied some odd nooks and corners in the newspapers. The present situation is just the reverse. The newspapers, periodicals, journals, nay the whole press, look to advertisements for support and sustenance.

In the absence of income from advertising, the newspapers have to be produced at a higher cost and may not be able to keep themselves free from party pulls and pressures from business lords.

(ii) Encouragement to Research:

The manufacturers will undertake research and discover new products or new uses for existing products only when they are assured of sufficient profits. Advertising provides this assurance and thus encourages industrial research with all its advantages.

(iii) Change in Motivation:

Advertising has radically changed the basis of human motivation. While people of earlier generations lived and worked mainly for bare necessities of life, the modern generation works harder to supply itself with the luxuries and semi-luxuries of life.

Advertising has brought to the notice of the masses numerous products which are more than mere necessities and has created in their minds a desire to possess them. Thus, the motive force of fear (or going without the bare essentials of life) has been replaced by desire (for more and newer products).

(iv) Higher Standards of Living:

Advertising leads to a rise in the standards of living, not only through the education of the buyers but also through greater consumption, increased production and a larger volume of employment.

(v) Encouragement to Artists:

Men of talent, including artists, story writers, announcers, etc., get an opportunity to do some creative work while earning their livelihood through the designing of advertisements and the use of ideas in advertising various products.

(vi) Glimpse of National Life:

Advertising does provide a glimpse of a country's way of life. It is, in fact, a running commentary on the way the people live and behave and is also an indicator of some of the future trends in this regard.

Objections against Advertising :

Advertising has also been subjected to a number of objections mainly because it has been misused by some people to serve their own ends, overlooking the business interests. An examination of some of the forceful objections will be of interest.

(i) Multiplication of Needs.

It is said that advertising compels people to buy things they do not need. Human instincts, like desire to possess, to be recognised in the society, etc., are provoked in order to sell products. Sometimes, various types of appeals are advanced to arouse interest in the product. Sentiments and emotions are played with to gain customers. To say this would not however, be correct inasmuch as advertising cannot force anybody to buy a thing which he considers unnecessary.

(ii) Misrepresentation of Facts:

Through misrepresentation of the benefit a product will give, goods of no real value are sold. Tall claims are made by the advertisers to tempt people to take such actions as go purely to their advantage and cause tremendous loss to the consumer. Even adulterated food and medicines are marketed, which by no stretch of imagination can benefit anybody.

By sheer exaggeration of facts, demand for the merchandise advertised is created without much difficulty even when the commodities carrying greater worth or satisfaction are already there in the market. Such unscrupulous actions of a few tell upon public confidence in advertising.

(iii) Consumers' Deficit:

While advertising leads to increased satisfaction from commodities already in use, it also creates discontent in the minds of many people who are tempted to purchase some commodities but are not able to do so because of insufficient purchasing power. Such discontent is obviously not very desirable from the point of view of society, particularly if it affects a large majority of people. But it is important if it acts as a spin to social change.

(iv) Wastage of National Resources:

A more serious objection against advertising is that it is used to destroy the utility of goods before the end of their normal period of usefulness. New models of automobiles with nominal improvements are, for instance, advertised at such high pressure that the old models have to be discarded long before they become useless.

Not that merely, the most-advertised products are delicate, fragile and brittle. In the US A., there is evidence of a marked decline in the quality and durability of cars, furniture, rugs, television sets, refrigerators, etc. That appears to be the way in which the increased demand created through advertising can be sustained.

The same is true of dresses, furniture and other products. From the point of view of the community it is a waste of resources. The natural resources, capital equipment and labour energy which go into the production of new items to take the place of the discarded ones amount to waste when measured in terms of social well-being.

(v) Increased Cost:

There is a great deal of controversy as to whether advertising leads to increase in the cost which the community has to pay for a product. In a sense it is true since expenses on it form a part of the total cost of the product. But at the same time it would be wrong to infer that if the advertising costs were cut down the goods would necessarily be cheaper.

Advertising is, no doubt, one of the items of costs but it is a cost which brings savings in its wake on the distribution side. On manufacturing side, it is one of the factors that make large-scale production possible and anyone would agree that large-scale production leads to lower costs.

It is quite usual for the small non-advertiser retailer to say, “We don't advertise—we put the cost of advertising into the goods.” But it is often nothing more than an attempt to justify his “side street location, the quality of his goods and his high price.” In fact, if comparisons are made between advertisers and non-advertisers, it will usually be found that the merchants who advertise have larger stores and lower prices than those who do not advertise.

Sears, Roebuck and Co., is one of the heaviest advertisers of the USA spending over $16 million a year for newspaper advertising alone and, in addition, $30 million or more on other forms of advertising including catalogues. In spite of such a heavy expense on advertisement, the Company is known for its low prices.

In fact the history of American business is full of examples of such industries as have lowered prices and supplied better quality while spending millions of dollars for advertising. This has been possible because advertising has raised the volume of their sales tremendously thus bringing about a number of economies in production and selling.

(vi) The 'Monopoly Argument':

An objection which is most commonly raised against advertising is that it tends to develop monopolies. As it is, most advertising is devoted to the promotion of branded merchandise. The manufacturer usually chooses a particular brand name or trade mark for his product and uses advertising to create an impression on the mind of the consumer that his brand or product is superior to all other brands.

Through constant repetition of the brand name and its qualities, the manufacturers may ultimately succeed in creating the desired 'brand image' in the mind of the prospect. Although the particular 'brand' may be similar to another brand in all respects including physical construction, yet the similarity is concealed from the public by the use of an exclusive name and illusion is created that it is superior to the competing brands.

This gives rise to a 'brand monopoly'. On reflection, however, it will be found that this kind of monopoly will be based upon a control of human attitudes, and it will not give the manufacturer a monopolistic control over the supply of goods or services which are similar in everything but name.

Besides, brand monopoly created through large-scale advertising will provide only slight power to increase prices. The moment prices are increased substantially in the wake of a brand monopoly; rival companies may rush into the market with lower-priced product and may use extensive advertising to push its sales. This may be followed, in course of time, by a shift of choice on the part of the consumers.

A brand monopoly secured through expenditure on advertising does not necessarily give the manufacturer an effective monopoly of particular industry. The Golden Tobacco Company has a monopoly of Panama brand of cigarettes but not of the whole cigarette industry.

Even in those cases, where the popularity of a brand places the manufacturer in a position of near- monopoly, the competitors generally use advertising to break his hold on consumers' attitudes secured through advertising.

It may be concluded that advertising can create temporary brand monopolies which are abolished through competitive advertising -by other manufacturers. Even these short-lived monopolies are more useful for increasing sales than for increasing prices and profit margins. As Heppner aptly points out, “Advertising stimulates competition. It often enables the small businessman to compete with large concerns as well as to start new business.”

Though one cannot entirely turn one's face away from the objections which are raised against advertising, it is clear that much of the criticism is either ill-founded or exaggerated. Fundamentally most of the drawbacks attributed to advertising are inherent in the competitive system of economy.

The social wastage involved in the struggle for more markets as between brands of a product is, for example, a basic feature of the competitive market economy. As Sandage puts it, “As a competitive tool, advertising is perhaps less costly than many other tools which will be used to a greater degree if advertising were banned.”

He obviously refers to the personal selling and the giving of greater dealer's margins to the retailers which might be used in place of advertising. Either of them would be costlier for the society.


Advantages and Disadvantages of Advertising – As a Promotional Tool

Strengths of Advertising:

Advertising is a major promotion tool.

It has the following basic plus points or strengths as a promotion tool:

(1) It offers planned and controlled message.

(2) It can contact and influence numerous people simultaneously, quickly, and at a low cost per prospect. Hence, it is called mass means of communication.

(3) It has the ability to deliver messages to audiences with particular demographic and socio-economic features.

(4) It can deliver the same message consistently in a variety of contexts.

(5) It can reach prospects that cannot be approached by salesmen, eg, top executives.

(6) It helps to pre-sell goods and pull the buyers to retailers.

(7) It offers a wide choice of channels for transmission of messages such as visual, aural, aural and visual.

(8) It is very useful to create maximum interest and offer adequate knowledge of the new product when the innovation is being introduced in the market.

Weaknesses of Advertising:

Advertising as a promotion tool has the following weaknesses:

(1) It is much less effective than personal selling and sales promotion at later stages in the buying process, eg, in convincing and securing action.

(2) It is less flexible than personal communication. It cannot answer objections raised by prospects.

(3) It is essentially one-way means of communication. It cannot obtain quick and accurate feedback in order to evaluate message effectiveness. In absence of feedback, personal salesmen becomes necessary.

(4) It is most efficient communication (very low cost persuasion prospect) but it is least effective as a tool of communication.

(5) It is unable to reach prospects when they are in a buying mood. Hence, we have to repeat advertisements and repetition involves additional cost.

(6) Advertising media, eg, newspapers, magazines, carry many messages competing to secure attention of audience simultaneously. Thus, it creates noise in communication.

(7) Advertising, many a time, lacks credibility and trustworthiness.

Many of the aforesaid weaknesses can be eliminated by other elements of promotion when they are combined with advertising.


 

コメントを残します