ミクロ経済学:ミクロ経済学の意味に関する注記–議論!

ミクロ経済学:ミクロ経済学の意味に関する注記!

ミクロ経済学は、家計、企業などの経済の個々の単位の行動を扱う経済理論の一部です。

経済の構成要素である家計、企業、産業の分析です。 マイクロは「小さい」を意味するギリシャ語です。 したがって、ミクロ経済学は小さな経済学を意味します。

名前が示すように、ミクロ経済学は経済の微視的な見方をします。 それは経済林の個々の木を扱うようなものです。 ボルディング教授によると、「ミクロ経済学は、特定の企業、特定の世帯、個人の価格、賃金、収入、産業、特定の商品の研究です。」それは、主に個々の商品と要因の価格の決定に関係します。 小麦、布、靴、ペン、その他の何千もの商品の価格がどのように決定されるかを説明しています。

同様に、生産要素(つまり、家賃、賃金、利子など)の価格(報酬)の決定方法。 このように、製品価格設定の理論と要素価格設定の理論はミクロ経済学の領域に属します。製品と要素の価格は中心的な位置を占めるため、ミクロ経済学は「価格理論」とも呼ばれます。 ミクロ経済学の例:個人所得、個人貯蓄、消費者均衡、財の価格決定、商品の需要など。

ミクロ経済学では、消費者の均衡(すなわち、最大満足の状態)、企業の均衡(すなわち、最大利益の状態)および産業など、個々の経済単位の問題が研究されます。 消費者、生産者、および産業がどのように均衡に達するかを説明します。 個々の世帯(または消費者)は、さまざまな商品やサービスへの支出の割り当てから最大の満足を得た場合、均衡状態にあると言われます。

一方、限界費用と限界収益によって決定される最大利益を得ている企業は均衡状態にあると言われます。 構成企業間で産業を去る、または外部企業が参入する傾向がない場合、産業は均衡状態にあると見なされます。 (業界とは、同じ製品を生産する企業全体のグループです。)

要するに、ミクロ経済学の主題は以下を扱っています。

(a)個々の製品および要因の価格の決定。 そして

(b)経済の総生産を最大化するための最も価値のある用途への資源の配分(すなわち、「何を、どのように、誰のために生産するか」という中心的な問題に対処する)。

 

コメントを残します