限界生産性理論:タイプ、仮定、制限

限界生産性理論は、要因の価格設定において重要な役割を果たします。 これは、1826年にドイツのエコノミストであるTH Von Thunenによって提唱された、ファクター価格設定の古典的な理論です。

この理論は、JBクラーク、ワルラス、バローネ、リカード、マーシャルなどのさまざまな経済学者によってさらに発展し、議論されました。

この理論によれば、完全な競争の下では、生産要素によって提供されるサービスの価格は限界生産性に等しい。 限界生産物とは、他の要素を一定に保ちながら、生産要素を1単位追加することによる生産量の増加を指します。 生産要素を1単位追加することによる生産量の増加は、限界生産性として知られています。

限界生産性理論の一般的な定義のいくつかは次のとおりです。

JBクラークの言葉を借りれば、「静的な条件の下では、起業家を含むすべての要因は限界生産物に等しい報酬を得るでしょう」とマーク・ブラウグは言います。限界生産性。」

組織が生産要素の1単位を増やすと(他の要素を一定に保ちながら)、限界生産性は生産の特定のレベルまで増加します。 一定のレベルに達すると、限界生産性は低下し始めます。 これは、組織が特定の生産要素の量を増やし続けると、限界費用も増加するためです。

一定のポイントに達すると、限界費用が限界収益を上回り、限界生産性が低下します。 一方、限界収益が限界費用より大きい場合、組織は生産要素の追加単位を採用することを選択します。

限界生産性の種類

限界生産性の理論は、さまざまな種類の限界生産性に関する知識を獲得することにより、より明確に理解することができます。

さまざまなタイプの限界生産性について、次のように説明します。

私。 限界物理的生産性:

生産要素の1単位の増加により発生した出力の増加を指します。 MJ Ulmerによれば、「限界物理的生産性は、生産要素の1単位の雇用から生じる総生産への追加として定義される場合があり、他のすべては一定です。」

例の助けを借りて、限界物理的生産性の概念を理解しましょう。 1人の労働者が4つのクインタルの小麦を生産できるとします。 さらに1人の労働者を雇うと、小麦の収量は8クインタルに達します。 そのような場合、追加労働の限界物理的生産性は小麦の4キンタル(8-4 = 4)です。

限界物理的生産性の一般式は次のとおりです。

MPP n = TPP n -TPP n-1

ここで、MPP n = n番目の労働単位の限界物理的生産性

TPP n = n労働単位の総身体的生産性

TPP n-1 = n-1労働単位の総身体的生産性

ii。 限界収益生産性:

総収益の変化に関する限界生産性の概念を指します。 MJ Ulmerによれば、「限界収益生産性は、生産要素の1単位の雇用から生じる総収益への追加として定義される場合があり、他のすべては一定です。」

例を使用して、限界収益生産性の概念を理解しましょう。 1人の労働者が小麦を生産できるとします。小麦はRsに相当します。 50.もう1人の労働者が雇用された場合、小麦からの収入はRsになります。 60.このような場合、2番目の労働の限界収益生産性はRsです。 10(60-50-10)。

限界収益生産性の計算式は次のとおりです。

MRP = MPP * MR

MRP =限界収益生産性

MR =限界収益

iii。 限界生産性の価値:

限界物理的生産性に生産された製品の価格を掛けて得られる値を指します。 ファーガソンによると、「変動要因の限界生産物の価値は、その限界生産物に問題の商品の市場価格を乗じたものに等しい。」

限界生産性の価値の公式は次のとおりです。

VMP = MPP * AR

ここで、VMP =限界生産性の価値

MPP =限界物理的生産性

AR =製品の市場価格

例の助けを借りて、限界生産性の価値の概念を理解しましょう。 小麦の市場価格がRsであるとします。 5人あたり10人で、追加労働の限界物理的生産性は小麦の4人分です。 そのような場合、追加の労働の限界生産性の価値はRsになります。 40(4 * 10 = 40)。

限界生産性理論の仮定

限界生産性理論の仮定は次のとおりです。

私。 製品市場での完璧な競争:

限界生産性理論の主要な仮定の1つを指します。 限界生産性理論では、製品市場には完全な競争があると想定されています。 したがって、組織の生産量の変化は、製品の市場価格に影響を与えません。 このような場合、限界収益は製品の平均収益に等しくなります。

ii。 ファクター市場での完璧な競争:

組織は、実勢価格でのみ生産要素を購入する必要があることを意味します。 完全な競争の場合、生産のすべての要素は完全にモバイルです。 さらに、生産要素の供給は完全に弾力的です。

iii。 因子の均一性:

生産要素のすべての単位が本質的に均質であると仮定します。 したがって、ユニットは互いに完全に代替されます。

iv。 要因の代替可能性:

生産のさまざまな要因が互いの代替として機能すると仮定します。 たとえば、資本は労働の代替として機能します。

v。割り切れる要因:

生産のさまざまな要素を小さな部分に分割できると想定しています。

vi。 最大利益:

すべての組織の主な目的は、利益を最大化することであると想定しています。

vii。 完全雇用:

限界生産性理論の仮定の1つを指します。 完全雇用条件下では、生産要素の供給量は固定されています。

viii。 可変入力係数:

組織がさまざまな量の生産要素を使用できると仮定します。 つまり、他の要素を一定に保ちながら、要素の量を変更できます。 たとえば、土地所有者は2〜3人の労働者を雇用して1ヘクタールの土地を耕すことができます。

ix。 同じ技術の状態:

生産で使用される技術は一定であると想定しています。

限界生産性理論の限界

限界生産性理論は、要因の価格設定において重要な役割を果たします。

因子の価格設定に大きく貢献しているにもかかわらず、この理論には次のような特定の制限があります。

私。 非現実的な仮定:

限界生産性理論の主要な制限の1つを参照してください。 限界生産性理論は、生産要素の均一性、完全な競争、生産要素の完全な移動性など、特定の条件下でのみ真実です。

さらに、理論は静的経済に適用できますが、現実の世界経済は動的です。 完全に競争の激しい市場は現実には存在しません。 さらに、要素の完全な移動も不可能です。 したがって、要素価格の限界生産性理論は、現実の世界では適用されません。

ii。 測定の難しさ:

生産要素の限界生産性を正確に測定できないことを意味します。 これは、要因の限界生産性を決定する間、他の要因は一定に保たれるためです。これは実際のシナリオでは不可能です。 たとえば、労働者の数が増加している場合、ツール、機械、原材料などの他の生産要素を増やして、生産量を増やす必要があります。

 

コメントを残します