絶対優位の理論

絶対優位の理論の詳細な研究を行いましょう。

絶対的優位の理論は、アダム・スミスによって提唱されました。アダム・スミスは、異なる国が、国間の貿易の基礎を形成するいくつかの商品の生産において絶対的優位を享受したと主張しました。

表23.1を考えてみましょう。ここでは、アメリカとインドで小麦または布を生産するのに必要な工数が示されています。

上記の表から、1単位の小麦を生産するには、米国では3人時、インドでは10人時が必要であることがわかります。 一方、1ユニットの布を生産するには、アメリカでは6人時、インドでは4人時が必要です。 したがって、米国は小麦をより効率的に(つまり、より低コストで)生産でき、インドは布をより効率的に生産できます。

言い換えれば、米国は小麦の生産において絶対的な優位性を持っていますが、インドは布の生産において絶対的な優位性を持っています。 アダム・スミスは、両国が絶対的な優位性と貿易を有する商品の生産に特化すれば、両国が恩恵を受け、世界の生産量が増加することを示しました。 表23.2に、このような専門化と貿易が産出量の増加につながり、両国にとって相互に有益である方法を示します。

小麦の生産に特化すると仮定すると、米国は布の生産から6労働時間を引き抜き、小麦の生産に専念すると、1単位の布を失い、2単位の小麦を獲得します。

同様に、インドが小麦から10時間の労働を撤回して布の生産に使用した場合、布の生産に特化するには、小麦1単位を​​失いますが、布2.5単位を獲得します。

このようにして、絶対的な利点がある商品への労働資源の移動は、小麦1単位と布2.5単位の純利益をもたらします。 出力の利益は、自発的な交換を通じて両国間で分配することができます。

また、上記から明らかなように、生産的資源の増加なしに、国際的な労働と貿易の分業は世界の生産と富の拡大につながる。 アダム・スミスによると、産業における完全な競争と国間の自由貿易を考えると、絶対的な優位性のラインでの専門化と貿易を保証するのは市場の力です。

 

コメントを残します