原価計算の方法

原価計算の方法について知る必要があるすべて。 原価計算の方法は、原価確認と原価計算のシステムを指します。

産業は性質が異なり、生産する製品と提供するサービスが異なります。 したがって、さまざまな産業で異なる原価計算方法が使用されています。

たとえば、建築業者が採用する原価計算の方法は、運送会社のそれとは異なります。

コストの確認に使用される方法は、業界の性質によって異なります。 提供される生産またはサービスのコストは、業界ごとに異なります。

ジョブ原価計算とプロセス原価計算は、原価計算の2つの基本的な方法です。 ジョブ原価計算は、顧客の仕様に従って作業を製造または実行する業界に適しています。

プロセス原価計算は、生産が連続しており、生産されるユニットが同一である産業に適しています。 他のすべての方法は、これらの基本的な方法の組み合わせ、拡張、または改良です。

原価計算のいくつかの方法は次のとおりです。-ユニット原価計算2.ジョブ原価計算3.契約原価計算4.プロセス原価計算5.サービス原価計算6.複合原価計算7.バッチ原価計算8.作業原価計算9.計算式


原価計算の方法:単位原価計算、ジョブ原価計算、契約原価計算、プロセス原価計算、サービス原価計算、および複合原価計算

原価計算の方法 - 原価計算の 8つの重要な方法:単位原価計算、ジョブ原価計算、契約原価計算、プロセス原価計算、サービス原価計算、複合原価計算、およびバッチ原価計算

原価計算のさまざまな方法は次のとおりです。

1.単位原価計算–生産が異なるグレードで行われる場合、コストはグレードごとに確認されます。 ユニット単価は、生産されたユニットに基づいて計算されます。 この方法は、製鉄レンガ、鉱山、製粉機などに適用できます。

2.人件費–この方法は、顧客が仕事をする場合に適用されます。 この方法は、修理工場の印刷機や室内装飾などで使用されます。

3.契約原価計算–契約の単位原価の期間は長く、1年以上続く場合があります。 道路、橋、店舗などに最適です。

4.プロセス原価計算–この方法は、大量生産産業で使用されます。 原材料は、完了段階まで多くのプロセスを通過します。 1つのプロセスの完成品は、次のプロセスのために多くのプロセスを通過しました。 この方法は、化学工場、製糖工場などで使用されます。

5.サービス原価計算-この方法は、ホテル、映画館、病院、交通機関、電力会社などのサービスが提供される場合に使用されます。

6.複合原価計算–この方法は、多数のコンポーネントを個別に製造し、スクーター、自動車、エアコンなどの最終製品に組み立てる場合に使用されます。

7.バッチ原価計算–バッチのコストが確認され、各バッチは原価単位です。 この方法は既製の衣服、靴、タイヤ、チューブなどで使用されます。

8.運用コスト–このシステムは、多くの運用が関係している場所で使用されます。 コストの詳細な分析を提供し、精度と制御性を向上させます。


原価計算の方法 -製造組織:特定の注文原価計算と運用原価計算

製造組織では、コストの蓄積と製品との識別の原則がより明確で目に見えるため、製造企業が使用する原則は、コストを累積するために他の組織でも使用されることがよくあります。

製造上の懸念では、コストは次の原価計算方法に基づいて累積され、製品に割り当てられます。

1)特定の注文原価計算、および

2)運用コスト。

しかし、バティ氏によると、「多くの原価計算システムは、ジョブ原価計算またはプロセス原価計算のカテゴリに適切に分類されていません。 多くの場合、システムは両方の主要な原価計算システムのいくつかの機能を使用します。 このため、基本的な原価計算方法の機能を組み合わせたすべての方法に対して、「ハイブリッド原価計算システム」という用語を使用しています。

1)特定の注文原価計算:

ICMAの用語では、特定の注文原価計算を次のように定義しています。「作業が個別の契約、ジョブ、またはバッチで構成され、それぞれが特別注文または契約によって承認されている場合に適用される基本的な原価計算方法のカテゴリ」

この方法は、顧客の仕様に完全に依存する受注生産タイプの製品に採用されています。 そのため、生産プロセスには、均一性を欠く標準化はありません。

以下は、特定の注文原価計算のカテゴリに分類される原価計算のさまざまな方法です。

i)人件費:

ICMAの用語では、ジョブコスティングを次のように定義しています。「顧客の「特別な要件」に対して作業が行われる場合に適用される特定のオーダーコスティングの形式。

この方法では、コストは各ジョブ、作業指示、またはプロジェクトごとに個別に収集および蓄積されます。 各ジョブは個別に識別できるため、各ジョブに応じてコストを分析することが不可欠になります。 ジョブカードは、コストの累積のためにジョブごとに準備されます。 この方法は、プリンター、工作機械メーカー、鋳造工場、一般的なエンジニアリングワークショップ、インテリアデコレーター、塗装工、修理工場などに適用できます。

ii)バッチ原価計算:

ICMAの用語では、バッチ原価計算を次のように定義しています。「類似の商品が事業内で販売または使用するためにバッチで製造される場合に適用される特定の注文原価計算の形式」。

この方法は、Job Costingのバリエーションです。 この方法では、同一製品のバッチまたはグループのコストが確認されるため、製品の各バッチはコストが累積されるコストの単位です。 この方法は、ビスケット工場、パン屋、既製服、ナット、ボルト、ねじ、靴、おもちゃ、医薬品、医薬品などのハードウェアで使用されます。

iii)契約または最終原価計算:

ICMAの用語では、契約原価計算を次のように定義しています。「顧客の特別な要件に応じて作業が行われ、各注文の期間が長い場合に適用される特定の注文原価計算の形式」。

ここでのコスト単位は、長期間の契約であり、1会計年度を超えて継続する場合があります。 契約ごとに個別のアカウントが保持されます。 この方法は、建設業者、土木工事請負業者、建設および機械工学会社などによって使用されます。

iv)複数または複合原価計算:

これは、同じ製品に関する複数のコスト確認方法の適用です。 この方法は、多くのコンポーネントが個別に製造され、最終製品に組み立てられる業界で使用されます。 このような産業では、価格、使用材料、および製造プロセスに関して、各コンポーネントは他のコンポーネントとは異なります。

そのため、この目的のために各コンポーネントのコストを確認する必要があり、プロセスのコスト計算が適用される場合があります。 最終製品のコストを確認するために、バッチ原価計算が適用される場合があります。 この方法は、工場の製造サイクル、自動車、エンジン、ラジオ、テレビ、タイプライター、飛行機などで使用されます。この方法は、最新のICMA用語から完全に削除されました。

v)クラスコストメソッド:

商品の原価計算がユニットまたはピースではなくクラスによって行われるジョブコスティングの方法です。 各商品またはピースごとに個別に累積されるコストの代わりに、同じクラスの製品の注文のグループをカバーします。

2)運用原価計算:

I.CM.Aの用語 Operations Costingを次のように定義します。「標準化された商品またはサービスが、期間中に生産されたユニットで平均される前に費用が請求される一連の反復的またはほぼ連続的な操作またはプロセスから生じる場合に適用される基本的な原価計算方法のカテゴリ」

原価計算のカテゴリに分類される原価計算のさまざまな方法は次のとおりです。

i)プロセス原価計算:

ICMAの用語では、プロセス原価計算を「標準化された商品が生産される場所に適用される運用原価計算の形式」と定義しています。

これは、すべてのプロセスの段階で、また最終生産の完了後にコストが確認される原価計算の方法です。 生産が一連のプロセスまたは順次プロセスに従う場合に使用されます。 産業のプロセスタイプは、顧客の特定の要件に合わせて個々のアイテムを製造しません。

そのため、生産は断続的ではなく継続的です。 各プロセスは製造の個別の段階を表し、1つのプロセスの出力は次のプロセスの入力になります。 ユニットコストは、生産されたユニット全体のコストを平均することで算出され、各プロセスのユニットあたりのコストが確認されます。

この方法は、化学、石油精製、製紙、製粉、セメント製造、砂糖、ゴム、繊維、石鹸、ガラス、食品加工などのさまざまな産業で使用されています。

ii)運用またはサービス原価計算:

ICMAの用語では、サービスコストを「場所に適用される運用コストの形式」として定義しています。標準化されたサービスは、事業者または事業者内のサービスコストセンターによって提供されます。

この原価計算方法は、有形の製品の製造および供給に反対するサービスを提供する事業者によって使用されます。 これは、サービスのみがレンダリングされるコスト計算の重要な方法です。 レンダリングされた1つのサービスユニットのコストを確認します。 この方法は、輸送事業、電力供給事業、病院、ホテル、食堂、水道、ガス会社、教育機関などに適用できます。

コスト単位は提供されるサービスに依存します。 通常、サービス事業では、複合コスト単位が使用されます。たとえば、キロトンの乗客キロ、1日あたりの患者または1日あたりのベッド、KWH(キロワット時)、食事、学生の時間などです。

iii)ユニットまたはシングルまたはアウトプットの原価計算:

これは、製造が連続しており、ユニットが同一である生産単位で原価計算する方法です。 場合によっては、サイズ、形状、品質などの点で単位が異なる場合があります。1つのタイプの製品のみが製造されるため、この方法は単一原価計算とも呼ばれます。

この方法を適用できる産業の例は、コリー、採石場、製粉工場、製紙工場、織物工場、レンガ製造、ラジオ、カメラ、鉛筆、スレート、乳製品などです。コストシートと呼ばれるステートメントの形式で表示されます。

iv)部門原価計算:

工場は複数の部門に分割される場合があり、支出をまず異なる部門に割り当て、次にその部門で製造された異なる製品に割り当てることで、良い結果が得られる場合があります。 この方法では、特定の部門の維持にかかる費用が確認されます。 この方法を使用するには、部門のコストを管理し、部門または最終製品にコストを請求するという2つの目的があります。

v)運用原価計算:

これは、特別なタイプのプロセス原価計算です。 運用コストの決定を指します。 コスト単位はプロセスではなく「操作」です。 ユニットあたりのコストは、オペレーションのコストをオペレーションセンターで完了したユニットの数で割ることによって得られます。 大規模な事業では、さまざまな業務のコストを確認することが頻繁に必要です。 コスト管理は、運用原価計算により効果的に実行できます。


原価計算の方法-ジョブの原価計算とバッチの原価計算(機能、利点、欠点、および式を使用)

1.人件費:

人件費とは、個々の仕事、作業指示、またはプロジェクトの費用を個別に確認することを意味します。 特定の注文に対して商品を製造する製造業および非製造業で使用されます。 この方法を採用する製造上の懸念は、印刷機、工作機械の製造上の懸念です。

この方法に続く非製造上の懸念は、自動修理ユニットと一般的なエンジニアリングワークショップです。

主な特徴:

私。 生産は顧客の注文に対して行われます。

ii。 各ジョブは他のジョブと明確に区​​別されるため、特別な処理が必要です。

iii。 部門から部門への生産の流れに均一性がないため、コストは各ジョブごとに確認されます。

iv。 ジョブごとに個別のコストシートが維持されます。 各ジョブには特定の番号が付けられ、それによって識別されます。 コストシートは、発生したコストの詳細、開始のデータ、ジョブの完了などに関する情報を提供します。

利点:

私。 収益性の高い仕事と不採算の仕事を特定するのに役立ちます。

ii。 これは、同様の仕事の見積もりを提出する見積もりの​​準備に役立ちます。

iii。 ジョブコスティングのコストデータにより、将来の予算を準備する管理が可能になります。

iv。 管理者は、実際のコストを推定コストと比較することにより、運用効率を制御できます。

v。特定の仕事で腐敗や欠陥のある仕事を特定でき、その仕事に対する責任を個人に簡単に修正できます。

制限事項:

私。 事務作業が多すぎます(各ジョブに課される材料費、人件費、間接費の見積りに)。 そのため、高価で手間がかかります。

ii。 本質的に歴史的であるため、歴史的な原価計算のすべての欠点があります。 したがって、標準原価計算などの手法で使用しない限り、コスト管理の手段として使用することはできません。

人件費の手順:

人件費に関連する手順は、次のように要約できます。

私。 ジョブオーダー番号:

顧客からジョブの注文を受け取ると、その注文には特定の番号が与えられます。この番号により、工場でのコースを通じてその注文が認識されます。

ii。 製造指図:

注文を受け取ると、生産計画部門が生産注文番号を割り当てます。 製造指図は、製造部門に出されて仕事を引き受ける書面による注文です。 作業を開始する権限として機能します。 これには、ジョブの注文番号、日付、顧客の名前、ジョブの数量と説明、実行する操作などに関する情報が含まれています。

iii。 部品表:

部品表には、ジョブを完了するために必要な材料と店舗のリストが記載されています。 このコピーは、生産計画部から生産と一緒に職長に送られています。 これにより、フォアマンは店舗から資料を収集できます。

iv。 人件費カード:

すべてのジョブについて、ジョブカードが維持され、材料記録に関するすべての費用とコスト記録からのオーバーヘッドが記録されます。 実際には、特定のジョブのコストシートです。

キャストのコレクションの基礎は、次のパターンに従います。

(a)材料-材料要求、部品表または材料発行分析シート。

(b)賃金—運転スケジュール、ジョブカード、または賃金分析シート。

(c)直接経費—直接経費バウチャー。

(d)間接費—永続的な注文番号またはコスト口座番号。

コストの収集の便宜のために、すべての基本文書にはそれぞれの製造注文番号への相互参照が含まれることに留意する必要があります。

ジョブの完了後、ジョブコストシートに記録されている実際のコストが推定コストと比較され、運用の効率または非効率が明らかになります。 これは、今後の行動方針の指針となります。

ジョブアカウントを準備し、ジョブで発生したすべての費用を借方に記入し、ジョブの価格を貸方に記入することができます。

両者の違いは、私たちに仕事で得た利益を与えるでしょう。

進行中の作業:

このアカウントは生産中のジョブを示し、次の2つの方法のいずれかで保持できます。

私。 工場全体の複合進行中のアカウント。

ii。 すべての部門の複合進行中のアカウント。

作業中のアカウントには、ジョブの実行で発生した直接および間接のすべての費用が定期的に引き落とされ、完了したジョブの費用が貸方記入されます。 このアカウントの残高はいつでも、まだ完了していないジョブのコストを表します。

2.バッチ原価計算:

バッチ原価計算は、ジョブ原価計算の一種です。 物品が一定のバッチで製造される場合に使用されます。 (バッチという用語は、製品が製造されるロットを指します)。 ジョブコスティングでは、特定の注文に対して生産が行われますが、バッチコスティングでは、在庫のために製造および保持され、オンデマンドで販売されます。 製薬業界、既製服の懸念、玩具製造の懸念ベーカリー、ビスケット工場、テレビセット、時計などでバッチ原価計算が続きます。

鉛筆製造ユニットでは、特定のデザインの鉛筆を一度に1つずつ製造するのは費用がかかります。 ただし、一度に3万または4万ペナルティの生産がより経済的です。 完成した在庫は、需要のない在庫に保持でき、アイテムの需要があるときはいつでも販売に提供できます。

バッチ原価計算では、各バッチに特定の番号が付けられます。 費用徴収の方法は、人件費に関して説明されたものに似ています。 単位当たりの生産コストは、総コストを総バッチ数量で割ることによって確認されます。

経済バッチ数量:

バッチ原価計算で経済的なロットサイズを決定する必要があります。

このような経済規模は、次の式を使用して決定できます。

ここで、A =年間消費量B =注文ごとの購入コスト

次の情報とともにバッチコスト計算を使用して、企業の経済的なバッチ数量を計算します。


原価計算の方法-ジョブ原価計算、契約原価計算、バッチ原価計算、プロセス原価計算、ユニット原価計算、運用原価計算、運用原価計算、および複数の原価計算

原価計算の方法は、原価確認と原価計算のシステムを指します。 産業は性質が異なり、生産する製品と提供するサービスが異なります。 したがって、さまざまな産業で異なる原価計算方法が使用されています。 たとえば、建築業者が採用する原価計算の方法は、運送会社のそれとは異なります。

ジョブ原価計算とプロセス原価計算は、原価計算の2つの基本的な方法です。 ジョブ原価計算は、顧客の仕様に従って作業を製造または実行する業界に適しています。 プロセス原価計算は、生産が連続しており、生産されるユニットが同一である産業に適しています。 他のすべての方法は、これらの基本的な方法の組み合わせ、拡張、または改良です。

原価計算の方法について詳しく説明します。

方法#1.人件費

特定の注文原価計算とも呼ばれます。 標準製品がなく、各ジョブまたは作業オーダーが他と異なる業界で採用されています。 ジョブは、顧客が指定した仕様に従って厳密に実行され、通常、ジョブの完了には短時間しかかかりません。 人件費の目的は、各職務の費用を個別に確認することです。 人件費は、印刷機、自動車修理工場、自動車ガレージ、映画スタジオ、エンジニアリング産業などで使用されます。

方法#2。 契約原価計算

これは、端末原価計算とも呼ばれます。 基本的に、この方法は人件費に似ています。 ただし、ジョブが大きく、長期間にわたって広がる場合に使用されます。 作業は顧客の仕様に従って行われます。

契約原価計算の目的は、各契約で発生した費用を個別に確認することです。 したがって、契約ごとに個別のアカウントが用意されます。 この方法は、造船、建物の建設、橋、ダム、道路に従事する企業によって使用されます。

方法#3。 バッチ原価計算

これは、人件費の延長です。 バッチは、同一の製品のグループです。 特定のバッチのすべてのユニットは、性質とサイズが均一です。 したがって、各バッチは原価単位として扱われ、個別に原価計算されます。 バッチの合計コストが確認され、それをバッチ内のユニット数で割って、ユニットあたりのコストを決定します。 バッチ原価計算は、ビスケット、既製服、スペアパーツ医薬品などのメーカーによって採用されています。

方法#4。 プロセス原価計算

継続的原価計算と呼ばれます。 特定の産業では、原材料は最終製品の形をとる前にさまざまなプロセスを通過します。 つまり、1つのプロセスの最終製品が後続のプロセスの原料になります。 このような産業ではプロセス原価計算が使用されます。

プロセスごとに個別のアカウントが開かれ、各プロセスの終了時に合計コストとユニットあたりのコストが算出されます。 プロセス原価計算は、化学薬品、繊維、紙、石鹸、泡などの連続プロセス産業に適用されます。

方法#5。 単位原価計算

この方法は、単一原価計算または出力原価計算とも呼ばれます。 生産が連続しており、ユニットが同一である産業に適しています。 この方法の目的は、総コストとユニットあたりのコストを確認することです。 材料、労務費、諸経費を考慮してコストシートを作成します。ユニットコスティングは、鉱山、石油掘削ユニット、セメント工場、レンガ工場およびユニット製造サイクル、ラジオ、洗濯機などの場合に適用されます。

方法#6。 営業原価計算

この方法の後には、サービスを提供する業界が続きます。 このようなサービスのコストを確認するには、コストを確認するために旅客キロやトーンキロなどの複合ユニットが使用されます。 たとえば、バス会社の場合、運営費は1キロメートルあたりの乗客の輸送費を示します。 運賃計算は、航空路線鉄道、道路輸送会社(商品と乗客)、ホテル、映画館、発電所などで採用されています。

方法#7。 運用原価計算

これは、プロセス原価計算のより詳細なアプリケーションです。 これには、すべての操作による原価計算が含まれます。 この方法は、多数の操作を伴う反復性の大量生産がある場合に使用されます。 この方法の主な目的は、各操作のコストを確認することです。

たとえば、自転車のハンドルの製造には、鋼板を適切なストリップに切断する、成形する、機械加工する、最後に研磨するなどの多くの操作が含まれます。 これらの操作のコストは個別に判明する場合があります。 運用原価計算は、精度を達成するためのコストの詳細な分析を提供し、スペアパーツ、玩具製造、エンジニアリングなどの産業に適用されます。

方法#8.複数の原価計算:

複合原価計算とも呼ばれます。 上記の原価計算方法の2つ以上の組み合わせを指します。 複数の部品が別々に製造され、単一の製品に組み立てられる業界で採用されています。


原価計算の方法-ジョブ原価計算、契約原価計算、バッチ原価計算、プロセス原価計算、運用原価計算、運用原価計算、単位または出力原価計算、および活動基準原価計算

コストの確認に使用される方法は、業界の性質によって異なります。 提供される生産またはサービスのコストは、業界ごとに異なります。 ICMAに従って

用語のコスト計算方法は、次の2つのカテゴリに分類できます。

(i)特定の注文原価計算(またはジョブ/端末原価計算)、および

(ii)運用コスト(またはプロセスまたは期間のコスト)。

(i)特定の注文原価計算(またはジョブ/端末原価計算):

この原価計算方法は、作業が特定の注文またはジョブのバッチまたは契約で構成される場合に適用できます。 人件費、バッチ原価計算、および契約原価計算は、このカテゴリに分類されます。

(ii)運用原価計算(またはプロセスまたは期間の原価計算):

原価計算のこの方法は、標準化された商品またはサービスが一連の連続操作から生じる場合に適用できます。 プロセス原価計算、ユニット原価計算、運用原価計算、運用原価計算はこのカテゴリに分類されます。

原価計算のさまざまな方法について以下で簡単に説明します。

1.人件費:

顧客からの個々の注文に対して商品が製造される業界に適用されます。 定義委員会の用語、ICMA、ロンドンでは、「特定の注文原価計算の形式で、顧客の特定の要件に応じて作業が行われる」と定義されています。 職務原価計算では、特定の職務または注文について直接費用が追跡されます。 各ジョブには異なる操作が含まれます。 原価計算の基本的な目的は、各ジョブのコストとその結果の損益を個別に確認することです。

2.契約原価計算:

道路、橋、建物などの敷設など、建設作業に関係する懸念に適用されます。契約ごとに個別のアカウントが開設され、発生した総費用が特定されます。 契約の完了には時間がかかる場合があります。 これは、端末原価計算とも呼ばれます。

3.バッチ原価計算:

同一の製品を便利なロットまたはバッチで注文する場合に適用されます。 ICMAは、「販売または事業内での使用のために類似の商品がバッチ生産される場合に適用される特定の注文原価計算の形式」と定義しています。 ほとんどの場合、原価計算は人件費に似ています」。 ユニットあたりのコストは、バッチの総コストをバッチのユニット数で割ることによって確認されます。

4.プロセス原価計算:

このコスト確認方法は、入力がいくつかの別個のプロセスで処理され、最終製品に変換される場合に使用されます。 プロセスは連続シーケンスで実行され、最初のプロセスで原料が導入され、各プロセスの最終製品が次のプロセスの原料になり、最終製品が最終在庫勘定に転送されます。 プロセス原価計算では、プロセスごとに個別のアカウントが維持されます。

5.運用原価計算:

この方法は、製品は生産されず、一部のサービスが提供されるサービス産業に適用できます。 例-輸送、宿泊、住宅、映画館、病院など

6.運用原価計算:

この方法は、大量生産があり、生産プロセスを完了するために実行されるさまざまな操作に複数のプロセスが関与する場合に適用できます。 これはプロセスの原価計算に似ていますが、1分ごとにコストの詳細が維持され、コストがより正確になります。

7.ユニットまたはアウトプットの原価計算:

この方法は、出力があらゆる点で均一であり、生産が連続している場合に適用できます。 この方法では、ユニットあたりのコストは、コストを生産ユニット数で割ることによって確認されます。

8.複数の原価計算:

これは、ジョブコスティングユニットコスティングやオペレーションコスティングなどの2つ以上のコスティング方法を適用して、生産コストを見つけるシステムです。 それは、行われた作業のコストを確認するために2つ以上の方法を組み合わせて適用することです。 さまざまな部品が別々に製造され、最終製品に組み立てられる産業で適用されます。

9.活動ベースの原価計算:

ABCは、製品やサービスではなく活動にコストを割り当てる会計方法論です。

コストは最初、リソースに基づいてアクティビティに割り当てられます。 次に、活動の使用に基づいて、製品とサービスがコストを吸収します。

CIMAは、ABCを「注文、設定、品質保証などの間接的な活動から得られる利益に基づいたコスト単位へのコスト属性」と定義しています。

Horngren、FosterおよびDatarによると、「ABCは、ジョブコストまたはプロセスコストの代替コストシステムではありません。 むしろ、ABCは、ジョブまたはプロセスのコスト計算システムで使用されるコスト数を開発するためのアプローチです。 ABCの特徴は、基本的なコストオブジェクトとしての活動に焦点を当てていることです。 ABCのアプローチは、従来のアプローチよりも高価です。 ただし、ABCには、管理者が原価計算の目的に役立つ情報を提供する可能性があります。」

製品コストを確認するためのABCアプローチを開発したHarward Business SchoolのKaplanとCooperは、コストを「短期変動費」と「長期変動費」に分類しました。 このアプローチは、オーバーヘッドコストを、「コストドライバー」と呼ばれる背後の力に関連付けます。 したがって、「コストドライブ」は、コストの重要な決定要因となるアクティビティまたはトランザクションです。

ABCシステムは、アクティビティによってコストが発生するという信念に基づいているため、アクティビティごとの個々の製品の需要に基づいて、アクティビティのコストを製品に割り当てることにより、アクティビティと製品をリンクする必要があります。


原価計算の方法–原価計算の3つの重要な方法:ジョブ原価計算、プロセス原価計算、およびその他の原価計算または複数の原価計算の方法

産業は、ジョブジョブ産業と加工(または大量生産)産業の2つのカテゴリに大きく分類できます。 仕事の産業企業は、顧客の仕様に従って商品とサービスの生産を引き受けます。 商品とサービスに関する顧客の仕様は通常1人(顧客)ごとに異なるため、標準製品はなく、各ジョブのコストは個別に確認されます。

建設、造船、重機、請負業者の作業などは、雇用産業に分類されます。 一方、大量生産産業の場合、工業企業は同一のユニットの生産を継続的に引き受けます。 製造活動はいくつかのプロセスにグループ化され、コストはプロセスごとに個別に累積されます。 紙、砂糖、繊維などは、加工産業の例です。

産業活動と生産方法の性質に存在するこの基本的な違いは、原価計算のさまざまな方法の使用を必要とします。 原価の確認に使用される方法は、原価計算方法または原価計算方法と呼ばれます。 したがって、特定の原価計算方法の選択は、生産の性質と産業のタイプに依存します。 産業にはジョブ産業とプロセス産業の2種類があるため、原価計算方法は、ジョブ原価計算とプロセス原価計算の2つに大きく分類できます。

JobbingまたはProcess Industry内の業界ごとに異なる特別な機能に応じて、Job CostingまたはProcess Costingの原理に基づくCostingの多くの方法を見つけることができます。

方法#1.人件費:

この方法では、各ジョブごとにコストが個別に収集、蓄積、確認されます。 なぜなら、仕事は顧客の仕様に厳密に従って行われるため、通常、各ジョブは他のジョブとは異なるからです。 したがって、各ジョブのコストを個別に確認する必要があります。

この原価計算方法は、印刷、造船、工作機械、修理工場、ジョブファウンドリ、機関車などの業界に適しています。ジョブ原価計算の原理に基づく原価計算の他の方法は、契約原価計算とバッチ原価計算です。

これらの方法は同じJob Costingの原則に基づいていますが、特別な機能のために異なるため、異なる名前で参照されます。

私。 契約原価計算:

通常、大きな仕事は契約と呼ばれます。 さらに、契約は通常、工場の外で実施されるのに対し、ジョブは会社自体の内部で製造されるという意味で、契約はジョブとは異なります。 ただし、契約原価計算は、ターミナル原価計算とも呼ばれ、各契約の費用を個別に収集、蓄積、確認することを目的としています。 このCostingの方法は、-Buildings、Dams、Roads、Bridgesなどの建設タイプの産業で使用されます。

ii。 バッチ原価計算:

この場合、製品の多数の同一ユニットで構成されるバッチがジョブと見なされます。 ジョブはバッチであり、バッチはコスト単位です。 The reason as to why all the units of a batch are reckoned as a cost unit is two fold – all the units in a batch are identical and the amount of cost attributable to each unit in the batch is trivial. Under Batch Costing, costs are collected, analysed, accumulated and ascertained for each batch separately.

If necessary, cost per unit or average cost may be computed by dividing the total cost of the batch by the number of units in the batch. Batch Costing is suitable for industries like Pharmaceutical Industry (where medicines, injections, etc., are prepared in batches), Ready-made Garments, Spare Parts and Components, Confectionery, Toys, Patent Food, etc.

Method # 2. Process Costing:

This method is suitable to industries where production is undertaken on mass scale and on continuous basis. Further, raw materials pass through two or more processes before being converted into finished products. Raw materials introduced into the first process are transferred, after processing in the first process, to the second process for further processing.

After the processing of materials in the second process, they are transferred to next process for further processing and this process continues till processing in the final process to obtain finished product. Hence, the output of the first process becomes the input for the second process and the output of the second process is the input for the third process.

Under this method, costs are collected, analysed, accumulated and ascertained for each process or department. To arrive at the cost per unit, total process costs are divided by the output of the process. This method is suitable for industries like Chemical, Paper, Sugar, Cement, Refineries, etc. There are three more methods which are also based on the principles of Process Costing but varying slightly due to their special features.

The methods are:

私。 Operation Costing,

ii。 Single or Output Costing, and

iii。 Operating Costing.

私。 Operation Costing:

This method is a refinement over Process Costing as a manufacturing process consists of a number of distinct operations. It (ie, Operation Costing) is, therefore, called detailed application of Process Costing. Under this method, costs are collected, accumulated and ascertained for each of the operations in the manufacturing process separately. This method is suitable for industries like Engineering, Toy-making, etc.

ii。 Single or Output Costing:

When a company produces only one product (or two or more similar types of products but varying only in size, shape, etc., ) and when the units are identical and are of standard ones, and the entire manufacturing cycle is treated as a process, this method is adopted.

Under this method, costs are collected, accumulated and ascertained for the whole manufacturing process. The total cost is divided by the number of units of output to arrive at the cost per unit of output. This method is suitable for industries such as – Mines, Quarries, Steel Works, Breweries, Brick Works, etc.

iii。 Operating Costing:

This method is applied to the organisations which are engaged in rendering services such as – Transport – Railways, Road, Airways; Hospitals; Power House; Canteens; etc. This method, therefore, aims at ascertaining the cost of services rendered. Total cost is divided by the total number of cost units [ie, service such as number of passenger-kilometres (Passenger Transport), number of tonne-kilometres; number of patient-days (Hospitals); number of employees or meals (Hotel or Canteen); etc., ] to arrive at the cost per unit of service.

Method # 3. Other Methods of Costing – Multiple Costing:

In order to ascertain the cost of a product, application of more than one Costing method may be necessary. Hence, it is called Multiple Costing which is also called Composite Costing. For instance, up to a particular stage of production, Process Costing may be applied and for the rest of the production stage, Job Costing may have to be used. Manufacture of Motor-car, Aeroplane, Television, Video, etc., provide good examples wherein Multiple Costing is used.

As far as System of Costing is concerned, Batty is of the opinion that a system of Costing implies that there is a planned and co-ordinated arrangement of all matters relating to Costing. This lays emphasis on evolving systematic procedure for collection, classification, accumulation and ascertainment of costs. Costs can be collected and computed either after or before they are incurred.

If the costs are ascertained after their incurrence, it is called Historical Costing. CIMA, London has, therefore, defined Historical Costing as the ascertainment of costs after they have been incurred. It is of not much use for the management for cost control which is one of the important objectives of Cost Accounting. Because, a sound Cost Accounting system must aim at not only ascertaining costs but also control of costs.

Therefore, the procedure of ascertaining the costs before they are incurred (called, Standard Costs) has been in vogue in the corporate sector. CIMA, London has defined standard cost as a predetermined cost which is calculated from management's standards of efficient operation and the relevant necessary expenditure. It can be used as a basis for price fixing and for cost control through variance analysis.

Further, CIMA, London has defined Standard Costing as the preparation and use of standard costs, their comparison with actual costs and analysis of variances to their causes and points of incident. By establishing standards for each element of costs, comparing actuals with the standards, finding out variances, if any and the reasons for the variances, and recommending to the management to take necessary remedial measures, Standard Costing helps to exercise control over the costs.

Therefore, Standard Costing can rightly be called a System of Costing. Further, it may be noted that the work of Costing methods is normally based on Historical Costing system. But the work of Costing Methods in the post-1980 is based on Standard Costing system and therefore, it is contributing heavily to the control of costs.


 

コメントを残します