ヘクシャーとオーリンの理論–国際貿易の現代理論

スウェーデンの経済学者エリ・ヘクシャーとベルティル・オーリンによって与えられたヘクシャーとオーリンの理論は、比較優位の理論の拡張です。

この理論は、資本である生産の2番目の要因を導入します。 また、この理論は、国間の要因賦与の違いから比較優位が生じると述べています。

ファクター寄付とは、国が利用できる土地、労働力、資本などの資源の量を指します。

国ごとに異なる要素の寄付があるため、これらの要素のコストは利用可能性によって異なります。 たとえば、ある国に豊富な労働力がある場合、その国の労働コストは低くなります。

ヘクシャーとオーリンの理論によると、国は豊富な生産要素を使用して生産する製品を輸出します。 ただし、それは商品を輸入するため、乏しい資源の使用が必要になります。 異なる要素の寄付があるため、国は互いに取引します。

たとえば、労働力が増えて機械が少ない国もあれば、機械が増え労働が少ない国もあります。 このような場合、労働力の多い国は労働集約的な製品に特化し、それらの製品を他の国に輸出します。

ヘクシャーとオーリンの理論の仮定は次のとおりです。

a。 両国の市民のニーズは同じです

b。 国間の輸送費はゼロです

c。 両国の生産の要因は不動です

d。 両国の生産要素は同じ割合で入手できない

ヘクシャーとオーリンの理論は、さまざまな変数間の関係を示しています。 ファクターの価格は可用性によって決まり、製品の価格がさらに決まります。 コスト優位性と特化は、要素価格と製品価格の差の結果として発生します。

 

コメントを残します