経済発展のルイスモデル

この記事では、経済発展のルイスモデルについて説明します。

多くのエコノミストが、「労働剰余経済」の文脈で開発を分析しようとしました。 これらの理論は、1954年にノーベル賞受賞者であるW.アーサールイスofの著名な作品に起源を持っています。1961年にG.ラニスとジョンフェイによって、労働剰余経済の詳細な議論が行われました。

1954年、アーサー・ルイスirは「労働力の供給が無限に広がる経済発展」(マンチェスター学派)という論文を発表しました。マンチェスター学派はそれ以来、現代の経済学者が最も頻繁に引用する出版物の1つになりました。 、都市部、工業化された経済活動のセクターは、大規模な農村部の伝統的なセクターに囲まれています。

その記事の中心テーマは、二重経済の労働が、伝統的な家族農業の最低レベルによって決定される一定の賃金で都市の工業化された部門に利用可能であるということでした。なぜなら、「農業における偽装失業、実質的に無制限の労働供給があるからです」少なくとも開発の初期段階では、工業化が可能です。 二重経済学の歴史のある後の時点で、労働力の供給は使い果たされ、その後、賃金の上昇のみが農業からより多くの労働力を引き出します。

深刻な物質的貧困により、人口が過密な国が大きな苦労をせずに貯蓄を増やす方法を想像することは一見困難です。 それどころか、土地上の彼らの余剰人口は、成長のための大きな未使用の可能性を提供するようであり、彼らがプロセスを支援するために外部資本の「欠けている要素」を待つだけです。

さらに、彼らの急速な人口増加率は、一人当たりの収入を維持または引き上げる場合に必要となる総資本要件の計算に役立ちます。

「全体として、最低限の生活水準で苦しんでいる貧しい国のドラマと、彼らをそのレベルに留める連動する悪循環を断ち切るために大量の外部資金を必要とすることは、その悲劇的な壮大さを達成しない」人口過多の背景を考慮しない限り。」

LDCは、2つのセクターで動作するように設計されています。

(1)伝統的な農業部門

(2)より小さく、より現代的な産業部門。

「余剰労働」 (または偽装された失業)とは、農業部門に膨大な人口が存在し、労働の限界生産物がゼロになることを意味します。 そのため、少数の労働者が土地から除かれた場合、総生産量は変化しません。

そのような経済における開発プロセスの本質は、 「生産に何も加えない農業部門から、さらなる成長と開発に使用できる余剰を生み出すより近代的な産業部門への労働資源の移転です」 」

ルイスモデルでは、変換プロセスまたは構造変化のプロセスは、国内の消費者嗜好、政府購入、または国際市場の変化の結果として、産業の需要が自律的に拡大することから始まります。

中心的な点は、労働(ここでは均質で未熟練とみなされる)が農業から産業に移行することです。 農業から産業への労働力の供給は、与えられた都市の賃金で「無制限」(すなわち、完全に弾力的)である(農村労働力よりも約30〜50%高い)。

この現象は頻繁に「農業における偽装失業」と表示されます。 既存の賃金での産業への未熟練労働者の冗長な供給は、産業労働コストを抑えます。 しかし、業界の需要と価格の上昇は、利益の増加につながります。

これらの利益が産業資本の形成に戻されると、産業生産に対する需要(新規雇用労働者による消費財と資本家による投資の両方)が上昇し、農業から産業への労働のさらなるシフトを引き起こします。

農業生産性が上昇し、産業への労働の供給価格が上昇する時点、つまり、生産と収入の農業代替案が産業労働者を農業に維持するのに十分魅力的となる時点で、プロセスは停止する。 農村部と都市部の生活費の違いがない場合、これは2つのセクターの労働の限界生産物が等しいときに起こります。

ルイスは、余剰労働力を持つ自給自足セクターの存在を仮定しており、この中で自給自足セクターの種を見る。 資本主義セクターの大きな特徴の1つは、再現可能な資本を使用し、利益を生み出すことです。

自給自足部門からの余剰労働があるため、資本主義部門は自給自足部門から労働力を引き出しており、すでに人口が密集している国々の人口の急速な増加の結果として、未熟練労働者の供給は無制限であると想定されています。

したがって、資本家は既存の賃金率でそのような労働の供給を増やすことさえできます。すなわち、彼らはより多くの労働を引き付けるために賃金を上げる必要はありません。 そのため、資本主義セクターは、未熟練労働者に対して一定の賃金率で無期限に拡大することができます。

実際の(市場)賃金率は、自給自足部門の所得によって決まります。 しかし、ここでの「収益」とは、自給自足セクターにおける限界生産物ではなく、平均生産物を意味し、生産されるものの平等な分配を受ける。

ルイスは、余剰労働者が移動するための何らかのインセンティブを必要とし、いずれにせよ、より高いコストを補償するために差額の一部が必要であるため、資本家は平均生計支払額の約30%のマージンを支払う必要があると想定し、指摘しました都市部での生活。

もう1つの注意点は、自給自足セクターでは、限界生産物がゼロになるまで労働が雇用されることです。 反対に、資本主義セクターでは、限界生産物が賃金率と等しくなるまで労働が雇用されます。これは限界生産性理論から導かれた馴染みのある関係です。 賃金が限界生産性を超える場合、資本主義の雇用主は、生産物に対して受け取ったよりも多くの労働力を支払ったため、余剰を削減することになります。

この余剰は、ルイスモデルの開発の鍵です。 図14では、OSは自給自足セクターの平均積、つまり男性がそこで受け取る量です。 ここで、OWは資本主義の賃金です。

一定の資本量から始めます。この状況では、労働需要は労働NQの限界生産性スケジュールによって表されます。 利益最大化の条件下では、賃金Wが限界生産性に等しくなる点、つまりOに対応するQ 1に労働が適用されます。 O aを超える労働者は、自給自足部門でできる限りの収入を得ます。

生産されたものの一部が資本主義者に余剰の形で生じるため、開発が行われます(WN、図14のQ 1 )。 この金額は再投資されます。 この再投資により、固定資本の額が増加し、次期の労働曲線の限界生産物がN 1 Q 1からN 2 Q 2にシフトします。

現在、より多くの労働者が雇用され、余剰が増加し、曲線がさらにN 3 Q 3にシフトし、より多くの労働者が自給自足部門から資本主義部門に引き込まれます。 それが起こると、自給自足部門の賃金が上昇し始め、資本主義部門の賃金が上昇し、労働の供給曲線が水平でなくなったため、開発の第1フェーズが終了するだろうが、それは悪化した。

批判:

ルイスのモデルはリカードのモデルに近いです。 それはリカードの中心的な関心を無視している:食物の価格がどのように抑えられるべきか。 しかし、農業の余剰労働のために、産業への労働供給が安定した賃金で無限に弾力的であると彼が仮定した場合、これは、資本形成の増加により賃金が上昇し始めるときに終了する初期開発の説明に役立ちます。

歴史的に、モデルは1つの重要な点を見落としています。

「そこで農業労働者が賃金を上げることにより、機械や肥料などの資本集約的な方法を導入するための農業技術の合理化に圧力がかかります。 労働力の供給が削減された後、産業の生産性向上は農業の生産性向上と相互作用します。」

ルイスモデルは、マルクスの古典から始まりますが、より幸せな新古典主義の結果で終わります。 二重経済の初期成長は、主に賃金の支払い不足から得られる利益の増加という形をとっています。 しかし、マルクスの避けられない危機の代わりに、ルイスの二重経済は最終的に新古典主義のルールの下で単一経済としてスムーズに実行されます。

資本主義セクターと非資本主義セクターの違いは、労働力の共有により解消されています。 ルイスの主なポイントは、最終的に広範囲にわたる経済成長と発展は、経済的二重性の初期条件から生じる安価な労働力の初期の大量供給によって促進される可能性があるということです。

ルイスモデルは、第三世界全体で輸入完了、産業化成長戦略を正当化するものとして解釈されたため、著者の過失によらず、アフリカ、アジア、ラテンの企業の農村開発を怠ったことに対する非難の一部を与えなければならない1970年代に開発の大きなスキャンダルとして選ばれたアメリカ。 DWヨルゲンソンは、LDCにおける「二元論」の発展について新古典主義的な説明を提供し、「労働の無制限の供給による経済発展」のルイスの影響力のある理論を拒否しました。

ルイスの開発モデルは単純であり、西部の経済成長の歴史的経験にほぼ一致しているが、ほとんどの第三世界の国々の未開発の現実とは対照的に、3つの重要な仮定があることに留意されたい。

第一に、このモデルは、労働移動と雇用創出の割合が資本蓄積の割合に比例すると暗黙的に仮定しています。 したがって、省力的な資本蓄積が発生した場合、モデルの雇用への影響が修正されます。

第二に、このモデルは、都市部では完全雇用が行われている一方で、農村部には「余剰」労働力が存在すると想定しています。 現実には、LDCではまったく逆のことが言えます。都市部ではかなりの開放的失業がありますが、地方では一般的な余剰労働はほとんどありません。

現実とは異なる3番目の重要な前提は、わずかな余剰労働力が枯渇するまで一定の実質都市賃金が継続して存在するという概念です。 MPトダロは、「ほとんどすべての発展途上国における都市の賃金状況の最も顕著な特徴の1つは、これらの賃金が、絶対的な意味で、および平均的な農村所得と比較して、開かれた失業率の上昇のレベル。」

農村部の余剰労働が広く存在しないこと、「都市余剰」労働のvalence延、および都市部の開放失業の傾向に支えられた現代の技術移転の労働節約バイアスは、ルイスモデルがほとんど分析的および政策的ガイダンスを提供しないことを示唆している労働余剰LDCの雇用問題を解決するため。

「それでも」とMP Todaroは結論付けています。それらの間の。"

 

コメントを残します