不完全な競争の上位6つの特徴

不完全競争の主な特徴は次のとおりです。

不完全な競争の概念は、1933年にイギ​​リスでジョアンロビンソン夫人によって、アメリカではEHチェンバリンによって提唱されました。

これは重要な市場カテゴリであり、個々の企業が価格を多少なりとも制御します。 チェンバリン教授はそれを「独占的競争」と呼んだ。

不完全な競争の下では、多数の買い手と売り手がいます。 各売り手は、独自の価格出力ポリシーに従うことができます。 各生産者は差別化された製品を生産します。これらは互いに密接な代替品です。 したがって、独占的競争下の需要曲線は非常に弾力的です。

特徴

1. 多数の売り手と買い手:

市場には多数の売り手がいます。 これらの会社はすべて小規模です。 これは、各企業が個々の行動によって市場価格に影響を与えることができないほどの総生産または販売のわずかな部分を生産または販売することを意味します。 どの企業も、生産量を増減させることによって他の企業の売上に影響を与えることはできません。 したがって、他の企業からの反応はありません。 すべての企業は、ライバルの反応を気にすることなく独立して行動します。 多数のバイヤーがいますが、個々のアクションによって価格に影響を与えることはできません。

2. 製品の差別化:

もう1つの重要な特徴は、製品の差別化です。 各売り手の製品は、業界の他の売り手の製品と類似している場合がありますが、同一ではない場合があります。 たとえば、Verkaバターの包みは、Vitaバターの別の包みと種類が似ている場合がありますが、これら2つの製品の品質には実数または虚数の違いがあるという考えのため、各購入者はもう一方よりもむしろ一方。 結果として、各企業は、何らかの理由でその特定の企業の製品を好むバイヤーのグループを持ちます。

3. 販売費:

独占的競争のもう1つの重要な特徴は、販売コストの存在です。 製品の差別化があり、製品は密接な代替品であるため、特定の商品に対する需要を高めるために、買い手に好みを変えるよう説得するには販売コストが重要です。 独占的な競争の下では、広告は説得力があるだけでなく、多くの企業が市場で営業しており、市場に関する購入者の知識が完全ではないため、有益です。

4. 企業の無料入退場:

独占的競争下にある企業は、好きなときにいつでも自由に業界に参加したり、退職したりできます。 この特性の意味するところは、自由に市場に参入することにより、企業は密接な代替品を生産し、市場での商品の供給を増やすことができるということです。 同様に、会社は、損失が発生した場合に市場を簡単にやめる可能性があるほどの少ないリソースを要求します。

5. 価格メーカー:

独占的な競争市場では、各企業は製品の自社ブランドの価格を決定できるため、価格メーカーです。

6. 競争と独占の融合:

この市場では、製品が他のブランドの完全な代替品ではないため、価格を引き上げてもすべての顧客を失うことはないため、各企業は製品に対して独占力を持っています。 同時に、消費者は異なる企業の製品を密接な代替品として扱うため、競争の要素があります。 したがって、企業がそのブランドの価格を引き上げると、一部の顧客を他のブランドに失うことになります。

 

コメントを残します