発展途上国の共通の特徴| 経済

以下は、すべての発展途上国に共通する基本的かつ重要な特徴の一部です。

発展途上経済の特徴に関するアイデアは、上記の未開発経済の定義の分析から集められたに違いありません。 さまざまな発展途上国は互いに大きく異なっています。 アフリカの国などの一部の国は、急速な人口増加の問題に直面しておらず、他の国は急速な人口増加の結果に対処する必要があります。 一部の開発途上国は、一次産品の輸出に大きく依存している国もあれば、そのような依存を示さない国もあれば、そのような依存を示さない国もあります。

一部の発展途上国は、財産権の欠如、法の支配の欠如、投資のインセンティブに影響を与える政治的不安定性などの弱い制度的構造を持っています。 その上、教育レベル、健康、食糧生産、天然資源の入手可能性に関して多くの違いがあります。 しかし、この多様性にもかかわらず、発展途上国には多くの共通の特徴があります。 それらの開発上の問題が開発経済学の共通の分析フレームワーク内で研究されるのは、共通の特性のためです。

特徴#1. 一人当たりの収入が低い

発展途上国の最初の重要な特徴は、一人当たりの所得が低いことです。 1995年の世界銀行の推定によると、低所得国の1人当たりの平均所得は430ドルであり、米国、英国、フランス、日本を含む高所得国の24, 930ドルと比較しています。 1995年のこれらの推定によると、一人当たりの収入はインドで340ドル、中国で620ドル、バングラデシュで240ドル、スリランカで700ドルでした。 これらに対して、1995年の一人当たりの収入は、米国で26, 980ドル、スウェーデンで23, 750ドル、日本で39, 640ドル、スイスで40, 630でした。

しかし、発展途上国でva延している貧困の程度は、平均所得であり、富裕層の所得も含む一人当たり所得に完全には反映されていないことに留意する必要があります。 これらの経済に広く見られる所得分配の大きな不平等は、人々の生活をより悲惨なものにしました。 これらの国の人口の大部分は貧困線以下で生活しています。

たとえば、最近の推定では、インドの人口の約28%(約2億6, 000万人)が貧困線以下の生活を送っています。つまり、最低限の自給自足に必要なカロリーを十分に得ることはできません。最小限の衣類および住宅施設。 他の発展途上国の状況はましです。

発展途上国における一人当たりの所得と貧困のレベルが低いのは、さまざまな生産分野の生産性が低いためです。 発展途上国の低レベルの生産性は、低生産性農業とその非公式セクターの優位性、低レベルの資本形成–物理的および人間(教育、健康)の両方、技術進歩の欠如、急速な人口増加によって引き起こされました。実際、これらは発展途上国の未開発の性質のまさに特徴です。 天然資源を活用して資本形成率を加速し、技術を進歩させることで、生産性と収入のレベルを上げ、貧困の悪循環を断ち切ることができます。

しかし、第二次世界大戦後、植民地支配からの政治的自由を得たことにより、かなりの数の発展途上国が成長のプロセスを開始し、国内総生産(GDP)と一人当たり所得が増加していることに注意してください。

特徴#2. 農業への過度の依存

発展途上国の大部分は農業です。 人口の約60〜75%が農業とその生活のための関連活動に依存しています。 さらに、これらの国の国民所得の約30〜50%は農業だけから得られます。 農業への過度の依存は、生産性の低さと農業の後退、そして近代的な産業成長の欠如の結果です。

現代の先進国では、近代産業の成長が構造変化をもたらし、農業に従事する労働人口の割合が大幅に減少し、近代産業およびサービス部門で雇用されている人口の割合が大幅に増加しています。 これは、一方では近代的なセクターの急速な成長と、他方では農業の生産性の大幅な上昇により発生しました。

発展途上国における農業の優位性は、セクターごとの労働力の分布から知ることができます。 表4.1に示すILOの推計によれば、低所得の発展途上国の労働力の平均61パーセントが農業で雇用されていたのに対し、産業で19パーセント、サービスで20パーセントでした。 それどころか、高所得、つまり先進国では、労働力のわずか4パーセントが農業に雇用されており、労働力の26パーセントが産業に、70パーセントがサービスに雇用されています。

独立当時のインドでは、人口の約60%が農業に従事しており、60年の開発により、2011-12年に農業に従事する人口の割合は約50%に減少しました。 ただし、非農業部門の人口の増加は、組織化された産業およびサービス部門ではなく、労働生産性が農業と同じくらい低い非公式部門での雇用を発見したことに留意することは重要です。

また、現在(2011-12年)農業従事者の労働力の50%が、GDPに占める割合はわずか13%であることに注意することが重要です。 これは、他の発展途上国と同様に、インド経済の農業および非公式部門の労働生産性を示しています。これは、組織化された産業およびサービス部門の雇用が、より高い記録を達成したにもかかわらず人口の増加に見合った割合で成長していないという事実によるものです出力の成長率。

これは、組織化された産業およびサービス部門で資本集約的な技術を使用しているためです。 過去数十年の人口の増加に伴い、土地の人口統計保護区が増加し、土地労働率が低下しました。 これにより、農地は小さな区画に細分化され、効率的な栽培方法の使用が許可されなくなりました。

今日の発展途上国では、過去40年間の近代的な産業成長にもかかわらず、経済の職業構造の構造的変革に向けてあまり進歩が達成されていません。 非常に資本集約的な技術を使用しているため、組織化された産業およびサービス部門で雇用機会がほとんど作られていません。

人口の増加が産業、輸送、その他のサービスなどの現代の非農業職業で雇用を得ることができない場合、人々は土地と農業に残り、彼らが得ることができるいくつかの仕事をします。 これは、農業における偽装失業をもたらしました。 過去数十年間、人口爆発のために、開発途上国の土地に対する人力の圧力は大幅に増加しました。

特徴#3. 低レベルの資本形成:

物理的資本と人的資本の不十分な量は、すべての未開発経済の特徴であるため、単に「資本不足」経済と呼ばれることがよくあります。 資本不足の1つの兆候は、人口1人当たりの資本が少ないことです。 資本ストックが非常に小さいだけでなく、現在の資本形成率も非常に低いです。 1950年代初期のほとんどの発展途上国の投資は、国民所得のわずか5〜8パーセントでしたが、米国、カナダ、西ヨーロッパでは、一般に15パーセントから30パーセントでした。

それ以来、発展途上国における貯蓄と投資の割合は大幅に増加しています。 ただし、1人あたりの資本の量は依然として非常に少ないため、生産性は低いままです。 たとえば、インドの投資率は現在(2012-13年)約35%に上昇していますが、生産性が低い貧しい国のままです。 これは、急速な人口増加の結果、一人当たりの資本が依然として非常に低いためです。

発展途上国における資本形成の低レベルは、投資への誘因の弱さと、貯蓄する傾向と能力の低さの両方によるものです。 発展途上国の貯蓄率は、主に国民所得が低いために低くなっています。 このような経済では、一人当たりの所得が低いため、製造業の生産に対する市場の需要の大きさが制限され、投資の誘因が弱くなっています。 低レベルの投資は、シュンペーターによって経済発展のプロセスの中心と見なされた動的な起業家精神の欠如の結果としても発生します。

資本不足の根本にあるのは、貯蓄の不足です。 一人当たりの収入のレベルは非常に低く、そのほとんどは生活の最低限の必要を満たすために費やされており、資本蓄積のための収入のマージンはほとんど残っていません。 発展途上国の個人所得のレベルが増加しても、先進国で普及している消費のより高いレベルをコピーする傾向があるため、通常、より高い蓄積率は続きません。 ヌルクセはこれを「デモ効果」と呼んでいます。 通常、映画、テレビなどのメディアを通じて、または外国からの訪問を通じて引き起こされます。

一般的に、発展途上国の所得分布には大きな不平等が存在します。 これにより、資本形成のために利用可能な貯蓄の量が増加するはずでした。 しかし、ほとんどの場合、収入の最大の集中がある部門は、家賃、利子、独占的利益の未稼得所得などの非起業家から主に収入を得ている部門です。

このセクターの態度と社会的価値は、多くの場合、「顕著な消費」、土地と不動産への投資、投機的取引、在庫の蓄積、金と宝飾品の買いだめにその収入を使用する傾向があります。 これらの余剰金が生産的投資に回されると、資本形成のレベルが大幅に増加する傾向があります。

特徴#4. 急速な人口増加と偽装 失業:

発展途上国の多様性は、おそらくその規模、密度、成長に関する人口の事実に関するほど、証拠としてあまり見られません。 インド、パキスタン、バングラデシュの例は数百万人で、人口増加率は急上昇していますが、人口が非常に少なく、場合によっては総人口がインドと中国の単一の大都市より少ないラテンアメリカの国々があります。 アフリカのいくつかの新興国や中東の一部の国でも、その広大な広がりを考慮すると、人口の規模を過剰とみなすことはできません。 一方、東南アジアと東アジアは人口が多い。

ただし、一般的な特徴、つまり人口の急速な増加があるようです。 伝染病や病気による死亡率を大幅に減少させた医学の進歩のおかげで、この率は近年さらに上昇しています。 死亡率は急激に低下したが、出生率の相応の低下はなかったため、自然生存率ははるかに大きくなった。 この急速な人口増加率の大きな脅威は、増加した生産量の多くが人口増加によって飲み込まれる限り、すべての開発の試みがゼロに設定されることです。

この急速な人口増加率の重要な結果の1つは、代替職業が同時に発達せず、したがって増加する数を吸収するためにそこにいないため、農業から生計を立てるために陸上および非公式部門にますます多くの人々を投げ入れることです有給雇用。 その結果、土地および非公式部門の人口の圧力は、「偽装失業」と呼ばれるものを引き起こします。

偽装失業とは、実際に必要とされるよりも多くの人が農業に従事しているため、そのような人を追加しても農業生産量が増えないこと、または技術と組織を考慮して、一部の人が土地から引き出されても、そのような撤退による生産の低下はありません。 その結果、農業に従事する幅広い労働者の限界生産性はゼロです。

表4.2から、2009年の世界の人口は2009年に6, 775百万人と推定され、1990-2009年の年間人口増加率は1.3パーセントであったことがわかります。 低所得の発展途上国の人口増加率は、1990年から2009年にかけて年率2.3%であり、中所得の発展途上国全体では、年率1.3%でした。 これに対して、高所得国(すなわち先進国)の人口増加率は年間0.7%でした。 つまり、発展途上国の人口は、先進国に比べてはるかに速い速度で増加しています。

表4.2では、労働人口への依存度を示しています。 15歳未満の子供と男の子(つまり、若い)と65歳以上の高齢者は、非生産的なメンバーであり、労働人口に経済的に依存しているため、依存関係の負担を表しています。

発展途上国に対するこの依存関係の負担の悪影響は、コミュニティの貯蓄率を低下させ、したがって経済成長に悪影響を与えることです。 表4.2からわかるように、低所得国の場合の若者(15歳未満)の依存度は69%と非常に高く、高齢者の労働人口に対する依存度ははるかに低く、わずか6パーセントです。 これに対して、高所得国では、高齢者の依存負担は23%と比較的高くなっています。

天然資源の未利用:

未開発経済の天然資源は、未利用または未利用です。 一般的に言えば、未開発の国では、土地、水、鉱物、森林、または電力資源が不足しているわけではありませんが、開発されていません。 つまり、潜在的なリソースのみを構成します。 彼らの場合の主な問題は、資本の不足、原始的な技術、市場の小さなサイズなどのさまざまな困難のために、そのようなリソースが十分かつ適切に利用されていないことです。

特徴#5. 人的資本の下位レベル

人的資本-教育、健康、スキル-は、経済発展にとって非常に重要です。 人間開発指数(HDI)の分析では、開発途上国と先進国の間で人的資本に大きな格差があることに留意しました。 発展途上国では、労働力と資本の生産性の低下に責任がある人的資本が不足しています。

教育の欠如は、人々の知識とスキルに影響を与える初等、中等、高等教育機関への入学率の低下に現れています。 低いレベルの教育とスキルは、新しい産業の発展と、より高いレベルの生産を達成するための新しい技術の吸収に資しません。 また、教育とスキルの欠如により、人々は変化に適応できなくなり、工業企業を組織し管理する能力が低下します。 さらに、インドのような国では、若い人たちが教育を受け、健康で、生産的な活動に使えるように適切なスキルを身につけられている場合にのみ、人口統計上の配当を利用できます。

さまざまな教育指標のデータを表4.3に示します。 この表から、高所得国と比較して、中等教育および高等教育機関への入学者数は、高所得先進国の100%と比較して、2009年の関連年齢層の人の38%および63%でした。

同様に、発展途上国の低所得および低中所得の高等リベラル、経営および技術教育を提供する高等教育機関への入学率は、高年齢層の67%と比較して、関連する年齢層のそれぞれ6%と19%です。所得先進国。 表4.3から、インドでは中等教育の就学率は60%であり、中国では関連する年齢層の78%であることがわかります。

同様に、表4.3は、成人の識字率(日常生活で短い簡単な文を読み書きできる15歳以上の人口の割合)がはるかに低いことを示しています(低所得で62%、低所得の発展途上国で80%) )2009年には、高所得の先進国では98%でした。 インドでは、成人の識字率は2009年にわずか63%であるのに対し、高所得先進国の98%と比較して、中国(94%)およびブラジル(90%)ではるかに高いです。

上記から、発展途上国の教育レベルとスキルレベルは先進国に比べてはるかに低いことが明らかです。 これは、生産的なエージェントおよび富の創造者としての発展途上国の人々の質を低下させます。

健康:

同様に、他の重要な人的資源である健康は、人々の効率または生産性を決定する重要な要素です。 栄養不良や栄養不良の人は病気に苦しむことが多く、効率的ではないため、生産性の向上に大きく貢献することはできません。

その上、人々が享受する健康は、人々の幸福と福祉を直接高めるため、それ自体が良いです。発展途上国の人々の健康の低下は、出生時の平均寿命の低下、5歳未満の子どもの死亡率の上昇、栄養不足を示していますそして、人々の栄養不良(すなわち、低体重の子供)と改善された衛生施設へのアクセス。 発展途上国の健康状態は、開発の最後の数十年間で大幅に改善されましたが、開発途上国と先進国の間には依然として重要な違いがあります。 さまざまな健康指標のデータを表4.4に示します。

表4.4から、2009年の低所得国(LIC)と低中所得国(LMC)の出生時平均余命は、高所得先進国の80%に対して、それぞれ57%と68%であることがわかります。 南アジアとサハラ以南のアフリカの健康状態は非常に嘆かわしく、深刻な栄養不足、栄養失調、子供の死亡率の問題に悩まされ続けています。 2009年の生児1000人あたりの5歳未満の子供の死亡率は、低所得国(LIC)で118、低中所得国(LMC)で57でした。 中所得国の低いインドでは、2009年の5歳未満の死亡率は66で比較的高く、米国と英国の1000人あたりの出生はわずか8人でした。

栄養に関する2種類の統計データを表4.4に示します。 第一に、人口に占める国の栄養不足とは、許容できる最小体重で軽い身体活動を行うために、健康的な生活を維持するための最低要件を常に下回る食事エネルギー消費を指します。 第二に、ここでは体重が5歳未満の子どもの栄養不良によって測定される子どもの栄養。 この栄養失調は個人の労働能力を損ない、また高生産性の仕事に必要な教育やスキルを身につけることができなくなります。

表4.4から、総人口に対する低体重者の割合は、発展途上国で非常に高く、低所得国(LIC)で31%、低所得国(15%)で15%であるのに対し、5%と非常に低いことがわかります。インドでは、総人口に対する栄養不足の人の割合は21%と高かったが、ブラジルはそれを人口の6%に下げることに成功した。

栄養不良の有病率に関しては、インドの状況は5歳未満の子どもの43.5%が最も高く、2009年には1.3%にすぎないため、衝撃的です。同じことが改善された衛生施設へのアクセスに関しても同じです。施設。 表4.4からわかるように、インドでは人口の31%が改善された衛生施設を利用できますが、米国と英国では100%です。

特徴#6. 未開発経済の二重構造

発展途上国、特に余剰労働力が特徴的な経済の重要な特徴は、それらが二元的な構造を持っていることです。 これらの経済のこの二元的な特徴は、それらに存在する失業と不完全雇用の原因であると考えられてきました。 発展途上国のこの二元的な構造を考慮して、収入と雇用の重要なモデルが提唱されています。

労働の無制限供給を伴う経済発展の有名なルイスモデルと「労働剰余経済の発展」のフェイラニスモデルは、二元経済において、伝統的部門の失業者と失業者が現代の高生産性部門にどのように引き込まれるかを説明します。

二元論の概念は、最初にJHボーケ博士による開発分析に導入されましたが、彼は社会の二元論を強調しました。自給自足または資本主義的性質、制限された欲求、非経済的行動、低レベルの経済的および社会的福祉を備えた社会システム、および近代的な産業組織、賃金雇用、無制限の欲望および前向きなシステムを備えた輸入資本主義システム経済的インセンティブに対する行動が存在します。

しかし、発展途上国の経済成長と余剰労働の問題に重要な影響を与えるのは、ボーケの社会的二元論ではなく技術的二元論です。 技術的二元論の概念によれば、伝統的セクターと現代的セクターの重要な違いは、生産技術または使用される技術の違いにあります。 賃金雇用を提供する大規模な製造業と鉱業からなる小規模の近代的セクターでは、先進国から輸入された資本集約的な技術が使用されています。

一方、農業、手工芸、関連活動をカバーする大規模な伝統的セクターでは、家族制度や自営業が拡大しており、労働集約型の技術が一般的に使用されています。 使用される技術の違いの結果として、近代的な部門の労働生産性と収入のレベルは、従来の部門よりもはるかに高いです。

さらに、現代のセクターで使用される技術は非常に資本集約的であるため、このセクターの成長は、高生産性と高賃金の雇用において十分な労働力を吸収していません。 人口と労働力の爆発的な成長率と、高度に資本集約的な技術のために近代的な部門での雇用機会の限られた創造により、農業とサービスに過剰な労働力が出現しました。 仕事と収入の両方が家族によって共有される大家族制度が普及しているため、農業が余剰労働を封じ込めることができました。

このように、開発途上国の失業と不完全雇用の問題は、現代の製造業と鉱業で、海外から輸入された資本集約的技術の使用に起因する技術的二元論により激化されており、労働力と小資本が豊富なこれらの未開発経済。

これらの発展途上の経済における失業と不完全雇用は、資本の成長が遅いことや投資率が低いことだけでなく、現代部門で使用されている高度に資本集約的な手法によるものでもあります。 近代的なセクターの労働吸収能力が限られているという事実とのこの技術的二元性は、余剰労働力を有するインドのような後発開発途上国向けの開発戦略の枠組みに重要な意味を含んでいます。

開発の必要性

発展途上国または貧しい国々では、経済発展が非常に緊急に必要です。 人々の生活水準を上げるために、経済発展が必要です。 さらに重要なことは、貧しい国の経済発展は、より豊かな国の観点から必要であるということです。 今日は何を見つけましたか? 世界は2つの部分に分かれています。1つは貧しく、もう1つは金持ちであり、金持ちはますます豊かになっています。

このような状況は、世界の経済的および政治的安定性を脅かしています。 貧しい国々が一般的な繁栄を分かち合うことができなければ、彼らの状態はますます困難になります。 貧しい国々を不満にするのは、富める国と貧しい国の相対的な違いです。 貧しい国々で増え続ける不満は、遅かれ早かれ、世界のすでに爆発的な状況を悪化させるに違いない。

富める国と貧しい国の間の湾岸が広がるにつれて、世界の緊張は高まるでしょう。 貧しい国々は繁栄の分け前のためにますます動揺し、その結果、より豊かな国々に対する彼らの需要はますます音量と強度が大きくなります。 各国が国内の問題を解決できない場合、政府は繁栄するかもしれない隣人との戦争に突入するという事実の世界には十分な証拠があります。 したがって、世界の平和と調和のために、貧しい国々が彼らの貧困を取り除いたり減らすことができるのです。

貧困を根絶したい貧しい国々の成長している合法的な願望があります。 発展したいという願望は、人口のさまざまなセクションによって強く感じられます。 彼らが住んでいる恐ろしく悲惨な経済状況の結果として急性の肉体的苦痛を経験するので、彼らの開発願望は自然で理解可能である。 貧しい国の大衆は絶えず飢er、非識字、病気に直面し、極度の貧困の生活を送ることを余儀なくされています。

Amartya Senの経済発展により普及した新しい見解によると、主に2つの理由で必要であることに注意してください。

(1)貧困の除去、

(2)人間の能力と自由の拡大。

貧困者の貧困を取り除くためには、貧困層が十分な食料、健康、衣服、避難所を含む最低限の基本的ニーズを満たすことができるように強化されるべきです。 これらの経済成長を達成することは必要ですが、十分ではありません。 したがって、貧困の解消には、十分な雇用機会の創出などの直接的な貧困対策が取られています。

第二に、アマルティア・センが強調したように、人々が価値ある機能の自由と生活を享受できるように、開発が必要です。 アマルティア・センを引用すると、「重要な機能は、十分に栄養が与えられ回避可能な病気がないなどの基本的なものから、コミュニティの生活に参加でき、自尊心を持つような非常に複雑な活動や個人的な状態までさまざまです。 」。 したがって、アマルティア・センによれば、選択の自由と自分の人生のコントロールは、真の発展が必要とされる幸福の中心的な側面です。

人々が自分の運命やキスメットを信じていた時代は過ぎ去りました。 彼らはもはや、運命の結果としての貧困と調和する準備ができていません。 彼らは今、貧困問題の解決策は経済発展にあることに気づきました。 この実現は、そのような国と先進国の間の連絡とコミュニケーションが増え続けることによってさらに強化されました。 開発の可能性に対する意識は日々高まっています。 すでに、発展途上国の社会の上位部門は、豊かな国で一般的な生活水準を模倣しています。

開発への欲求は、多くの貧しい国々の外国の支配からの政治的自由に従いました。 現在、経済的自由と繁栄のない政治的自由は意味がないことが認識されています。 政治的独立は当然、経済分野の人々の期待を高めました。 植民地支配からの自由を勝ち取ったこれらの国の人々が、経済的にそしてできるだけ短い時間で発展することを望んでいるのも不思議ではありません。

 

コメントを残します