産業紛争の原因| 労働| 生産| 経済

この記事では、産業紛争の原因について説明します。

新しい産業施設は資本主義経済を生み出し、産業社会を労働者と資本家のグループに分けました。 一方、資本家は資源を所有し、生産手段を所有しています。 労働者は保管できないサービスを販売しています。 2つのグループの利益は一般的ではありません。

一方は高賃金と労働条件の改善に努め、他方は労働者の貧弱な交渉力を利用して正当な権利を否定します。 その上、雇用主はより高い生産性を望んでいます。 これら2つの相反する利益が衝突すると、産業紛争が発生します。

多くの原因が混ざり合っており、結果として産業上の紛争が発生していますが、特定の原因を特定することは容易ではありません。 作業停止の表面的発現は、一見では観察できない深在性でより基本的な原因をカバーする場合があります。

労使関係の専門家は、両当事者間の紛争の原因はすべての資本主義経済において同じであると観察しました。

産業紛争には多くの原因があり、次の4つのカテゴリに分類できます。

(1)経済的原因:

実際、産業紛争の最も一般的な原因は経済的原因です。

これらは次のとおりです。

(a) 賃金:

賃金上昇の需要は、産業紛争の最大の原因です。 価格と生活費の上昇に反対する声を上げるために、多数のストライキが組織されています。

労働者の実質賃金は、物価水準の上昇とともに急速に低下し、彼らは現在の情勢に不満を感じ、賃金の改善に苦労しています。 産業紛争の歴史をざっと見ることによって。 ほとんどの産業紛争の原因は賃金だったことが明らかになります。 インドの雇用主には明確で賢明な賃金政策はありません。

(b) 親愛手当とボーナス:

生活費の増加は、労働者が彼らの賃金を価格の上昇と同一視するための親族手当の要求の主な原因でした。 ボーナスはまた、産業紛争の原因として重要な役割を果たします。 1966年には、紛争の49%が賃金とボーナスに関連していたことに注意するのは興味深いことです。

ボーナス支払いの量と方法の両方は、多くの紛争をもたらしました。 労働者の間で懸念の利益に大きな割合を占めるべきであるという気持ちが高まっており、この事実は従業員によって認識されておらず、この事実を受け入れないことが雇用主と従業員の間の摩擦の原因となっています。

(c) 労働条件と労働時間:

インドの産業の労働条件は衛生的ではありません。 水、暖房、照明、安全性などの十分な供給がありません。労働時間も長くなります。 良好な労働条件と短い労働時間の要求も労働争議の原因となっています。

(d) プラントおよび機械の近代化と自動化:

労働力に代わる自動化機械の近代化と導入の試みは、インドの紛争の主な原因となっています。 労働者は、合理化と自動化に抵抗するために、ストライキを何度も繰り返します。 1955年のカンプールでの綿織物産業でのストライキは、そのような紛争の例です。 生命保険の労働者。

(e) 高い産業利益:

世界大戦中および戦後、商品の価格は上昇し、産業家は莫大な利益を得ました。 業界の繁栄のシェアを獲得するために、当然のことながら彼らのresにつながった。 利益の増加は、より高い賃金とボーナスの要求にもつながりました。 現在、変化する世界では、労働の概念が大きく変わりました。 彼らは自分自身を業界のパートナーと考え​​ており、利益に対するシェアを求めています。

(f) その他の施設の需要:

医療、教育、住宅などの基本的なニーズを満たすための他の施設に対する需要は、そのような施設が雇用主によって拒否されたため、労働者が直接行動に訴えるよう奨励しています。

(2)産業紛争の管理上の原因:

これらの原因には、独裁的な経営態度や不完全な労働政策などが含まれます。

(a)労働組合に対する承認の拒否:

雇用者側が労働組合を認めない、またはライバル組合の代表を認めない場合、雇用主による労働組合指導者のult辱は、産業紛争の原因として言及する価値のある独裁的な経営態度の例です。 労働組合に対する雇用主の態度は決して共感的ではなかった。 彼らはそれらを分割し、支配したい。

さらに、経営者は通常、労働者や労働者の代表者と紛争について話し合うことも、労働者がそうする意思があるとしても「仲裁」に言及することも望んでいません。

(b) 不完全な募集方針:

インドの産業における採用慣行には欠陥があります。 募集は一般的に労働者を搾取し、彼らの個性を抑制する請負業者によって行われます。 欠陥のある昇進、降格、異動、および配置ポリシーは、労働者間の不満を助長します。

(c) 不規則なレイオフと減額:

レイオフと解雇は、産業紛争を促進するために言及されるべき理由です。 インドの雇用主は、「雇用と火災」の方針に従います。 慣例として、労働者は彼らの正当な権利を奪うためにかなり長い間永久にされません。

(d) 契約およびコードの反論:

雇用主は、従業員に対する嫌がらせや搾取を目的として、団体交渉協定や行動規範、規律規範の規定を定期的に拒否し、争いを助長するだけです。

(e) リーダーシップの欠陥:

非効率なリーダーシップも紛争の原因の1つです。 経営者と労働者からのリーダーシップは、労働者を働かせるために労働者を誘導するのに非常に無能です。 雇用主の代表には、労働者と交渉するのに十分な権限が委任されていません。

彼らは経営者に代わって労働者に何かを託す立場にない。 経営陣の欠陥は労働問題を無視し、非効率的な労働者のリーダーシップは仲間のメンバーの努力を調整することができなかったため、紛争が発生しました。

(3)政府機関:

紛争を防止する政府の措置および紛争を解決するための機械はあまり効果的ではありません。

2つの例があります。

(i) 制定案は無効です:

調和のとれた労使関係を促進するための制定法は数多くありますが、ほとんどの場合、以下の理由により効果がなく、不十分です。

(a)多くの人が十分にその有用性を確信していないため、現在の産業気候/文化の課題との関連における無関係性。

(b)多くの雇用主による不適切で不適切な実施。

(c)開発の必須事項を理解し、それに答えることができない。

(ii) 決済機械に対する信頼性:

調停機械は、これまでのところ非常にわずかな数の紛争を解決することに成功する可能性があるため、雇用主と従業員の両方が自信を持っていません。 雇用主と従業員の両方が訴訟志向です。 さらに、労働法が適切に実施されているかどうかを確認する必要があるため、決済機械は非常に不十分です。

(4)自発的仲裁:

VVギリ氏は、自発的仲裁の推進者および支持者であり、強制裁定を団体交渉と産業平和の敵のナンバーワンと見なしていました。

雇用主と従業員の中央組織が採用した規律と産業休戦決議は、自発的な仲裁の重要性も強調しています。 業界の2つのパートナーは、調停の努力が失敗し、法的救済に頼らずに紛争を相互に解決する場合、紛争は自発的な仲裁に委ねられることに合意しました。

インド政府は、両当事者の意図に留意し、産業紛争を解決するための自発的な仲裁を促進するために、1967年7月に全国仲裁推進委員会を設置しました。 理事会は、雇用主と従業員の組織の代表、公的事業、中央政府と州政府で構成されています。

(5)賃金表:

賃金と手当は、産業紛争の主な問題です。 インド政府は、さまざまな産業に賃金委員会を設置しました。 賃金委員会の主な機能は、さまざまな産業の公正な賃金を固定することです。 これまでに、さまざまな業界で25を超える賃金委員会が設立されました。

(6)永続注文:

雇用条件に関する雇用主と彼の労働者との間の摩擦を避けるために、政府は1946年の産業雇用(独立秩序)法を制定しました。

この法律の目的は、雇用主に十分な精度で事業所での雇用条件を拡散するよう要求し、彼の下で労働者に知らせることです。 そのような条件には、労働者の募集、解雇、懲戒処分、休日、休暇などの条件が含まれます。

この法律は、50人以上の労働者を雇用するすべての施設に適用されます。 1961年、同法は州政府のインスタンスで100人未満の労働者を雇用する他の施設にも適用されるようになりました。 法律の下で、各雇用主は、設立において有効にするために、認証担当官による継続命令を認証する必要があります。

(7)共同管理評議会:

経営陣への労働参加を開始するために、政府は1956年の産業決議で、共同管理評議会を設置することを決定しました。 このステップも効果がなく、この方向にはあまり前進していません。 現在、80のJMCはほとんど存在せず、そのうちのかなりの数は効果的ではありません。

これらの評議会には、労働者と経営陣の平等な代表者がいます。 これらの評議会の主な機能は、労働者に関する事項について協議することです。 団体交渉の対象となるすべての問題は除外されています。

(8)その他の原因:

これらの中には、次のものが含まれます。

(i)インドのほぼすべての労働組合は、いずれかの政党に所属しています。 これらの労働組合は、政党または政治的イデオロギーが支配しています。 したがって、各政党は、その政治的強さを示すために、エンジニアのストライキ、ゲラ、バンドを攻撃します。 権力者に所属する労働組合は、優遇措置を受けます。

(ii)インドの労働組合は弱い:

彼らは、常に、労働者の利益の保護に失敗します。

この状況の理由は次のとおりです。

(a)同じ産業/部門の労働組合の多様性と労働者間の競争は、労働者階級の連帯を破壊した。

(b)一部の事業では、認められたまたは認められていない組合はまったくありません。 彼らは組合を結成することを許可されていないため、彼らは団体交渉の権利を奪われている。

(c)労働者は一般に、賃金以外の活動に不確実です。

(d)労働組合指導者自身は、労働組合の団結の試みを阻止することにつながる下心の動機を果たすことを目指している。

(iii)政治的不安定、中央国家関係、一般的責任、またはすべての面が産業に反映され、産業紛争を引き起こします。

(iv)産業および公的生活のramp延する腐敗、容易なお金、顕著な消費、寛容な社会、性格の危機および属などのその他の潜在的な要因! 国民の士気の崩壊は、社会的価値と社会的規範の崩壊をもたらしました。これらはすべて、産業不安を含むあらゆる種類の不安を永続させることができ、永続させてきました。

したがって、産業紛争は非常に多くの原因の結果です。 時には、多くの原因が集合的に紛争に貢献します。 労使関係のすべての俳優。 雇用主、労働者および政府は、産業の平和を維持するために、紛争の形をとる前に苦情を是正しなければなりません。

 

コメントを残します