新しい国際経済秩序:起源と目的| 経済

この記事では、以下について説明します。-1.新しい国際経済秩序(NIEO)の起源2.新しい国際経済秩序(NIEO)の目的3.南北対話とNIEO 4.進歩。

新しい国際経済秩序(NIEO)の起源:

新しい国際経済秩序の概念は、最初は1950年代と1960年代にラウル・プレビッシュと他の経済学者によって予測されていましたが、それに対する最初の正式な承認は1974年4月に受けられました。 「不平等を是正し、既存の不公平を是正しなければならない経済的および社会的システムに関係なく、すべての国の公平、主権平等、共通の利益および協力に基づく新しい国際経済秩序の確立のために緊急に取り組むこと先進国と発展途上国の間の拡大する格差を解消し、現在および将来の世代のために、経済的および社会的発展と平和と正義を着実に加速させることを保証するために。」

この国連のコミットメントは、既存の経済秩序は不当で邪悪で不道徳であり、正義と協力に基づいて新しく健全な国際経済秩序を作り出す必要があることを認識しています。

新国際経済秩序(NIEO)の目的:

新しい国際経済秩序の性質は、国連の文書と決議によって概説されている構造を通して明確にされています。 これらの決議で述べられている主要な目的は、4つの主要なカテゴリーに分類できます。

これらは次のとおりです。

1.アシスタンスに関連する問題:

LDCの援助要件に対する先進国側の同情的な理解があれば、公正な世界経済秩序の基礎を築くことができます。 彼らからの協力のより大きな尺度は、貧困の除去とバランスのとれた地域成長の達成を支援することができます。

これに関連して、先進国は、前者のGNPの最低0.7パーセントの支援目標を達成するために、アンタイドかつ継続的に拡大する援助をLDCに拡大する必要があります。 技術支援の問題に関して、国連は、国際社会が職業訓練や国家の人員と管理の育成を含む運用プログラムを継続し、拡大すべきであると明記しました。

頭脳流出を介したLDCから先進国への技術の逆移転は止めるべきである。 未開発の世界の債務スケジュールの交渉があるはずです。 内陸国、後発開発途上国および島countries国を支援するための特別な措置を講じる緊急の必要性があります。 全面的な国際軍縮の目的を実現するために、継続的な努力がなされるべきです。 それは、貧しい国の開発ニーズを満たすために利用できる実質的な追加リソースを解放するでしょう。

2.貿易に関連する問題:

援助分野での協力の強化とは別に、新しい国際経済秩序(NIEO)の本質は、国際貿易に関連する条件の改善にあり、先進国が輸出を拡大する機会を徐々に拡大していることに気付きました。 慢性的な国際収支の赤字を克服し、安定した成長を達成するのに十分な輸出収入を手に入れることができます。

NIEOは、LDCが統合商品プログラムを採用するための貿易条件の改善、国際食料プログラムの開発、LDCの輸出可能性の多様化と拡大、貿易関係の改善と強化などの貿易関連の目標に導かれなければなりません。異なる社会的および経済的設定を有する国、LDC間の経済的および技術的協力の強化、IMFの意思決定へのLDCのより大きな参加を保証する既存の国際通貨システムの改革、および世界のような機関からの実資源のより大きな移転銀行とIMF。

3.工業化と技術に関する問題:

新しい国際経済秩序に重要な影響を与える、国連によって指定された重要な目的の1つは、工業化と技術へのアプローチの変更です。 この点で、国連は、発展途上国への産業生産能力の再配置を強調した。 先進国と発展途上国は、先進国の産業能力の第三世界へのシフトの可能性に関する交渉に入るべきです。

産業能力のシフトの可能性のある分野には、

(a)労働力の高い産業、

(b)天然資源ベースの産業、および

(c)現地で入手可能な原材料を処理する産業。

NIEOには、技術移転のメカニズムを確立するという目的もあります。 NIEOは、国際特許のレビューを通じて、先進国の先進技術へのLDCのアクセスを強化し、特許および非特許技術へのアクセスを促進し、自国内の研究開発プログラムの拡大のためのLDCへのより大きな支援を求めています。技術の輸入をより強力に制御します。

この点で、国連は、多国籍企業の活動の規制と監督、および合成代替品との競争に直面している天然資源の競争力の改善も提案しました。 国連によれば、NIEOは、海洋と海底が人類の共通の遺産であるため、探査から得られる利益の公平な分配と、この効果に対する国際条約も求めています。

4.社会問題:

NIEOには、先進国と低開発国の相互協力を通じて、国際社会が直面する社会問題に対処するという目的もあります。

国連によって特定された社会問題または目標には、次のものが含まれます。

a。 所得のより公平な分配の達成と雇用レベルの向上。

b。 労働力に対する保健サービス、教育、より高い文化的基準および資格の提供。

c。 開発における女性の統合; 子供の幸福の保証;

d。 天然資源に対する国家の主権と、その搾取と国有化の権利を管理する権利の完全な認識;

e。 外国の占領、植民地支配、またはアパルトヘイトのために、州の資源に対する悪影響に対する補償の提供。

f。 産業開発を促進するための協議システムの確立、および

g。 国連の経済的および社会的セクションの再構築。

国連によって示唆されているように、NIEOの概要は、開発途上国の願望とニーズを反映しています。 相互信頼と協力に基づいたこのような世界秩序の到来は、世界資源の最適な利用、国際貿易と投資の流れの拡大、そして世界システムの経済的社会的変容のプロセスの加速を確実に保証することができます。

南北対話とNIEO

新しく建設的な国際経済秩序の最も基本的な要件は、先進国とLDCが相互に緊密かつ協力的な経済関係を持つべきであるということです。 国連総会が1974年4月に「新しい国際経済秩序の確立に向けて緊急に取り組む」という決議を可決した後、先進国(「北」と呼ばれる)と後発開発途上国との間で交渉が開始されました。国(「南」と呼ばれる)。

1960年代以来、先進国と後進国は、2つのグループのそれぞれが直面している経済問題に関する交渉プロセスを実施してきました。 彼らは、UNCTAD会議、GATT交渉、およびほぼすべての世界経済フォーラムでこれらの問題について議論しました。 金持ち国と貧しい国の間で進行中のこの交渉プロセスは、一般的に南北対話と呼ばれています。

このダイアログの主な問題は次のとおりです。

(i)関税構造の引き下げ

(ii)財政支援業務の流れ。

(iii)NIEOの市場アクセス確立。

(iv)取引条件

(v)一次製品の価格の安定化

(vi)技術の移転

(vii)国際債務負担の問題

(viii)国際通貨制度の改革

(ix)経済活動における政府の役割、および

(x)民間部門の役割。

両国グループはそれぞれの視点に固く固執しています。 その結果、南北対話は、協力よりも対立を露呈した。 これは、NIEOの設立にはあまり適していません。

関税の引き下げ、LDCの安定化基金の生成物への選好、債務救済の取り決めの問題については限られた進展があったが、他のすべての問題については、状況はLDCの観点からは失望したままであった。 先進国は常に、経済的および貿易上の譲歩を政治的およびその他の無関係な考慮事項と結び付けてきました。

南北対話がWTO会議と適切な経済フォーラムでの融和と利害の相互関係の精神で熟読されない限り、両グループはNIEOの案内を期待しています。

NIEOへの進歩:

新国際経済秩序(NIEO)の概念を支持することで、LDCの間で高い希望と期待が生まれました。 国連によって設定された経済的および社会的目標の概要は、世界の貧困と搾取されていない世界の発展途上の地域の問題を除去するために、世界が積極的に支援に近づいているという強い印象を彼らにもたらしました。 公正で搾取のない新しい世界経済秩序を確立するという目標に向けて世界がどの程度前進したかを検討することが重要です。

評価は、行動のためのNIEOプログラムに関する以下の主要なポイントに基づいて行われなければなりません:

1.開発支援ターゲット:

国連はNIEOの目的の1つを定めた。先進国はLDCに対する開発援助をGNPの0.7%の限度まで徐々に拡大すべきだからである。 さらに、開発援助の目標は、援助を解きほぐし、長期的かつ継続的に提供することも明記しています。 また、援助は簡単で譲歩的な条件で行われるべきであると強調されています。 1981年までに、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フランスのみが0.7%のGNP目標を達成できました。

他の先進国は、開発援助の目標を受け入れることを頑なに拒否しました。 彼らは、南北対話とUNCTADやGATTを含む国際フォーラムでの援助目標に強い反対を示しています。 1993年12月に調印された協定を通じて締結されたGATT交渉のウルグアイラウンドでも、先進国は開発援助を0.7%のGNP目標まで引き上げることに同意していません。

現在、すべての先進国による援助の平均は、GNPの0.3〜0.4%の範囲でした。 目標には程遠い。 この問題に関する先進国による妨害は、後進国の間で多くの失望と欲求不満を引き起こしました。

2.取引設定:

LDCは一般に、非差別的かつ相互的な貿易障壁の削減というGATTの原則を拒否しています。 彼らの最大の関心事は、先進国の市場への優先的なアクセスを確保することです。 LDCからのこのような要求は、それらが製造業の先進国に対して不利であるという事実に基づいて正当化され、さらに、彼らは幼児産業を保護しなければなりません。 その結果、彼らは貿易の問題で相互主義の原則を完全に観察することができません。

先進国の市場へのより簡単なアクセスは、LDCが援助よりも貿易に頼ることができるという理由でも正当化されます。 貿易創造は先進国にとっても非常に有益です。 この方向で、一般化された選好システム(GSP)が施行された1970年代初頭にいくつかの進歩が達成されました。

この取り決めの下で、先進国は、LDCからの一連の製造製品の輸入に対する関税譲歩を許可した。 GSPは、製品の対象範囲の制限、受益国の制限、arbitrary意的な原産地規則、エスケープ条項などに関連する深刻な弱点に悩まされていました。

この分野での進展は、LDC間の利益の衝突のために制限されました。 1975年にアフリカ、カリブ海、太平洋の50か国が締結し、ECとの合意はロメ協定と呼ばれました。 製造された製品と農産物のほぼ90%についてECの市場へのアクセスが拡大しました。 また、主要な商品からの収益の安定化のための資金の提供がありました。

これにより、南の国々の階級に不統一が生じ、世界的な貿易選好のより良い体制への需要の圧力が緩和されました。 1970年代から1980年代にかけて多くの先進国で景気後退が起きた後、保護主義が強まる傾向がありました。 彼らは、関税障壁を非関税障壁に置き換え始めました。 これは不幸な否定的な展開であり、NIEOの道を開く努力の否定です。

3.商品安定化基金:

LDCの交易条件の悪化と輸出収入の損失は、引き続きLDCにとって深刻な懸念事項である。 彼らは、NIEOが一次産品の価格の安定化のための適切な取り決めを行うことにより、輸出収益の継続的な浸食から彼らを保護するべきだと主張した。 この目的を達成するために、彼らは商品安定化基金の設立を求めました。 このような共通の基金は、LDCが一次産品の緩衝在庫業務に融資するために利用できます。

この提案は1976年にUNCTAD IVで承認されました。18の商品の価格を規制するための緩衝在庫操作を提供しました。 ココア、コーヒー、スズ、銅、ジュート、砂糖、繊維、茶、ゴム、綿などの商品はコア商品と呼ばれ、8つの商品は他の商品と呼ばれました。 これらには、鉄鉱石、ボーキサイト、マンガン、リン酸塩、バナナ、木材、植物油、油料種子、肉が含まれます。

注目すべき除外は、石油と穀物でした。 1980年6月、先進国との間で、商品の統合プログラムの下で共通の基金を設立することで合意に達しました。 LDCが一次製品の価格を安定させ、貿易を促進するのを支援するために、7億5, 000万ドルを提供しました。 米国を含む101か国がこの契約を締結しています。 基金の一部は会員により、一部は緩衝在庫の解放により購読されました。 この合意は、安定化のために当初60億ドルを要求していた発展途上国の期待をはるかに下回っていましたが、それでも歓迎すべき発展でした。

この分野でどのような開発が行われたとしても、一次産品の輸出業者の貿易条件の悪化に対する先進国側の真の懸念からは促されませんでした。 1970年代にOPECによって作成された状況により可能になりました。

先進国の間では、他の原材料に関するLDCによる同様の組織的行動の可能性に対する懸念が高まった。 疑いなく、他の商品でOPECの例を複製する可能性は非常に限られていたが、それを恐れて、一次産品が一次産品の国際価格の深刻な変動からある程度の救済を南に与えた。

4.国際通貨制度の改革:

既存の国際通貨システムに対する開発途上国の主な不満の1つは、開発要件を満たすのが不十分であるということです。 彼らは、IMFや他の金融機関は、先進国の要件を本質的に満たすように構成されていると信じていました。

LDCは、1970年代に20委員会の後援の下で行われた金融改革を一般に承認しましたが、IMFクォータの修正、GNPからクォータへの割り当ての基礎の変更を含む金融改革を引き続き求めました。一人当たりの収入、特別引出権と開発ニーズのリンク、補償的資金調達スキーム、厳しいIMF条件の緩和。

LDCsによって提起された国際的な金融改革に対する上記の要求のうち、補償的資金調達スキームに関連するものは先進国に受け入れられました。 彼らは、特定の長期基準を下回る輸出収益が不足した場合、LDCsへの金融移転が許可される可能性があることを受け入れました。 IMFの補償的資金調達スキームは、後発開発途上国の輸出収益が5年間の移動平均を下回った場合に支援を提供します。

LDCは一般に、補償的資金調達の取り決めを歓迎していますが、2つの資格があります。 第1に、これらのスキームは、LDCの長期的な困難を是正できないため、貿易選好および国際商品協定の代替と見なされるべきではありません。

第二に、解決された補償的資金調達の条件を緩和する必要があります。 要するに、LDCは、条件や文字列を付加せずに財務への自動アクセスを提供する長期的な配置を望んでいます。

1960年代以来、IMFは援助割当の修正、多様な信用枠の創設、特別引出権の革新的な革新の導入を含むいくつかの改革を採用しましたが、貧しい国々を大いに悩まし続けているいくつかの問題があります。 一人当たりの所得基準に基づくIMF割当の再配分、SDRと開発援助とのリンクの確立、および条件性の自由化の問題については、あまり前進していません。

これらの問題は南北対話とUNCTAD会議で繰り返し提起されてきましたが、これまでのところ進展はありませんでした。 これらの国際通貨改革に対する先進国の態度におけるある程度の節度は、先進国と後発開発途上国の間のより大きな国際協力を促すことができます。

 

コメントを残します