賃金決定の限界生産性理論

下記の記事は、限界生産性の賃金決定理論の概要を示しています。 この記事を読んだ後、以下について学習します。1.賃金の限界生産性理論の主題2.賃金の限界生産性理論の仮定3.制限。

賃金の限界生産性理論の主題

賃金の限界生産性理論は、労働の価格、すなわち賃金率は、労働の限界生産物に従って決定されると述べている。 これは、1890年代後半に新古典派経済学者、特にJBクラークによって述べられました。

ここで、労働の限界生産物という用語は、3つの方法で解釈されます。 。

労働の限界生産物が金銭で表される場合、VMP Lを取得します。 MRP Lは、労働者の雇用の変化に続く総収入の変化です。 賃金の限界生産性理論は、労働賃金はVMP L (= MRP L )に等しいと述べています。 雇用主は、市場賃金が限界生産物(VMP)と限界収益生産物(MRP)の労働価値に等しくなるまで、労働者を雇用します。

賃金の限界生産性理論の仮定:

この理論の重要な仮定は次のとおりです。

私。 製品市場と労働市場では完全な競争が行われています。 製品市場における完全な競争は、製品が均質であり、市場のすべての企業に商品の価格が与えられることを意味します。 労働市場における完全な競争は、労働者と企業が「賃金を受け取る人」として振る舞うことも意味します。 誰もが賃金率に影響を与えることはできません。

その結果、労働供給曲線S Lは完全に弾力的になります。 賃金率は変わらないため、偶然に労働供給曲線は労働の平均費用曲線(AC L )になり、労働の限界費用曲線(MC L )と一致します。

ii。 可変比率の法則が機能します。

iii。 同社は利益の最大化を目指しています。

iv。 すべての労働者は同質であり、割り切れます。

v。労働力は流動的であり、資本およびその他の投入物に代替可能です。

vi。 リソースは完全に使用されています。

賃金率は、市場における労働の需要と供給曲線の相互作用によって決定されます。 労働需要曲線は、VMP L曲線によって説明されます。 製品市場には完全な競争が存在するため、VMP L曲線はMRP L曲線と一致します。 VMP L = MRP L曲線は、企業の労働需要曲線です。

限界収益の減少により、この曲線は下向きに傾斜します。 図6.11では、VMP L = MRP L = D Lは、企業の労働需要曲線を表しています。

さらに、労働市場には完全な競争が存在するため、労働供給S L = AC L = MC Lの曲線は完全に伸縮自在に描かれています。

図6.11では、この時点で労働需要は労働供給に等しいため、Eは平衡点です。 このようにして決定された均衡賃金率はOWです。 この賃金率に対応して、雇用の均衡レベルはOLです。

OLの労働量では、VMP L = MRP LはLEであり、これは賃金率OWに等しいことに注意してください。 この現在の賃金率(すなわち、OW)では、雇用主はOL労働単位を採用することにより利益を最大化するでしょう。 ただし、市場の賃金率がOWを上回った(下回った)場合、雇用はより少なく(より多く)なります。

賃金の限界生産性理論限界

この新古典主義の賃金決定理論は、多くの批判を受けています。 この理論に対する批判のほとんどは、仮定に反するものです。 ほとんどの仮定は非現実的です。

主な批判は次のとおりです。

私。 現実の世界では、製品市場と労働市場の両方で完全な競争は存在しません。 不完全な競争はすべての市場で見られます。 したがって、この理論は、現実世界での適用性が限られています。 競争が不完全な市場に適用された場合、労働者は搾取の対象となります。

ii。 労働が均一になることは決してありません。一部は熟練しているかもしれませんし、一部は未熟練かもしれません。 労働者の賃金率は、労働の質に大きく影響されます。 熟練労働者は、未熟練労働者に比べて高い賃金率を享受します。 この単純な論理は、この理論の著者によって完全に無視されています。

iii。 労働者の完全な移動は、もう1つの非現実的な仮定です。 社会政治的な理由により、労働力の移動が制限される場合があります。

iv。 賃金の限界生産性理論は、労働の供給側を無視し、労働の需要のみに集中します。 労働は生産的であるため、労働が要求されると言われています。 しかし、労働が供給される理由は、この理論の観点からは答えられません。

これは、所定の賃金率で、あらゆる量の労働力が供給されるという事実によるものです。 しかし、賃金率が高ければ高いほど、労働供給も高くなることがわかっています。 この肯定的な賃金労働供給関係は、この理論の作成者によって無視されてきました。

v。リソースの完全な使用は、もう1つの非現実的な仮定です。

vi。 実際、この理論は賃金理論ではなく、雇用理論です。 賃金率は事前に決定されています。 与えられた賃金率OWで、何人の労働単位が供給されているかはこの理論から知ることができます。 この意味で、それは雇用の理論であり、賃金の理論ではありません。

vii。 最後に、この理論は賃金決定における労働組合の有用性を無視しています。 労働組合は、団体交渉力を通じて、組織のメンバーに有利な賃金率にも影響を与えます。

これらすべての批判を考慮して、賃金の限界生産性理論は役に立たなくなった。

 

コメントを残します