所得の均衡レベルでのインフレとデフレのギャップの区別

所得の均衡レベルでのインフレとデフレのギャップの区別!

インフレギャップ:

インフレギャップは、実際の総需要が「完全雇用レベルでの総供給」を超える量です。

例えば、図8.16では、BEはインフレギャップとして示されています。 これは、完全雇用時の生産高レベルに対する総需要の過剰の尺度です。 インフレギャップは、インフレと呼ばれる価格水準の上昇を引き起こします。

デフレギャップ:

デフレギャップは、実際の総需要が完全雇用レベルでの総供給を下回る量です。 たとえば、図8.17では、EBはデフレギャップとして示されています。 これは、総需要の不足量の尺度です。 デフレギャップは、価格の持続的な下落とともに、生産、収入、雇用の低下を引き起こします。

デフレギャップと所得の均衡レベル:

所得の均衡レベルは、均衡が資源の完全雇用か不完全雇用かに関係なく、総需要と総供給の単なる平等を示すことを忘れないでください。

場合には、すべての資源が最大限に活用される完全雇用均衡であり、所得の均衡レベルではデフレギャップは存在しません。 しかし、すべてのリソースが完全に使用されていない、つまり一部のリソースが十分に活用されていない雇用不足均衡の場合、所得の均衡レベルでデフレギャップが存在する可能性があります。

結論:

このようにして、国民所得の均衡レベルは、総需要と総供給の平等(または貯蓄と投資の平等)によって決定されます。 経済にとって理想的な状況は、完全雇用均衡です。つまり、その総需要と総供給が、経済のすべての資源が完全に使用されるような点で均衡しているときです。 すべての経済がそれを目指しています。

しかし、現実の世界の状況では、総需要は完全な雇用供給のレベルを上回るか、または下回る。 過剰な需要は生産と雇用の増加を伴わずにインフレをもたらしますが、不足した需要は失業につながり、生産、収入、価格の低下につながります。

どちらの状況も経済に有害な影響をもたらすため、財政、金融、その他の措置を採用して確認する必要があります。 これらのすべての手段は統合され、相互に補完するものとして使用されるべきであり、互いに対抗するものではありません。 したがって、利用可能なすべてのリソースの完全な雇用を確保するために、所得の均衡レベルを達成し、それを維持するために、あらゆる努力を払う必要があります。

 

コメントを残します