離散シリーズの算術平均(AM)を計算する方法は?

離散級数とは、変数の頻度が与えられているが、変数にクラス間隔がない場合を意味します。

ここで、平均は3つの方法で見つけることができます。

(i)直接法

ここで、各周波数に変数を掛け、合計を取り、合計を周波数の総数で割ると、Xが得られます

象徴的に、

X = ∑fx / N

ここで、f =周波数、

X =変数の値

N =周波数の合計またはN = ∑f

例1.次のデータからAMを計算します

解決策

(ii)ショートカット方法

ここでは、推定平均が取られ、それから変数の偏差が取られます。 次の式を使用してXを取得します。

ここで、A =想定平均

dx =(XA);

f =頻度∑fまたはN =項の総数、

(注:-この式は、変数のサイズや違反が大きく、直接式が使いにくい場合によく使用されます。)

例2.ショートカット メソッド を使用して算術平均を計算します

解決:

重要:

ただし、この式はすべてのデータに適用できるわけではありません。 たとえば、与えられた例で、Xの値が4、7、12、17、19の場合、 この場合、共通の要因は調達できません。 したがって、このような場合の問題は、直接法またはショートカット法によって解決されます。

 

コメントを残します