従来型および非従来型のエネルギー源

エネルギーは、経済インフラの最も重要な要素の1つです。

これは、経済成長を維持するために必要な基本的なインプットです。 経済発展のレベルと一人当たりのエネルギー消費の間には直接的な関係があります。

単に国が発展すればするほど、一人当たりのエネルギー消費量は高くなり、逆もまた同様です。 インドの一人当たりのエネルギー消費量は世界平均のわずか1/8です。 これは、先進国と比較して、我が国の一人当たりエネルギー消費率が低いことを示しています。

2つの主要なエネルギー源

エネルギー源には次の種類があります。

1.従来のエネルギー源:

これらのエネルギー源は、非再生可能源とも呼ばれます。 これらのエネルギー源は、水力発電を除き、限られた量です。

これらは、商業エネルギーと非商業エネルギーとしてさらに分類されます。

商用エネルギー源

これらは石炭、石油、電気です。 これらは価格があり、消費者が購入するには価格を支払う必要があるため、商業エネルギーと呼ばれます。

(a) 石炭および亜炭:

石炭は主要なエネルギー源です。 インドの石炭鉱床は148790百万トンです。 ネイベリで見つかった総亜炭埋蔵量は3億3千トンです。 1950-51年の石炭の年間生産量は3, 200万トンでした。 2005-06年の石炭の年間生産量は3億4300万トンでした。

2005-06年の亜炭生産量は2044万トンでした。 推定によると、インドの石炭埋蔵量は約130年間続きます。 インドは現在、世界で4番目に大きい石炭生産国です。 石炭鉱床は主にオリッサ、ビハール、ベンガル、マディヤプラデシュで発見されています。 7人の労働者に雇用を提供します。

(b) 石油および天然ガス:

最近では、石油はインドおよび世界で最も重要なエネルギー源と見なされています。 自動車、列車、飛行機、船舶などで広く使用されています。インドでは、アッサム州北部、ムンバイ高原、およびグジャラート州で使用されています。 インドの石油資源は少ない。

1950年から51年にかけて、インドの石油の総生産量は30万トンでした。 2000-01年には3, 240万トンに増加しました。 石油生産の途方もない増加にもかかわらず。 インドは70%を輸入しており、海外からの石油需要があります。 1951年、アッサムには石油精製所が1つしかありませんでした。

独立後、13のそのような精製所が公共部門に設立され、それらの精製能力は604ラクトンでした。 経済改革の実施後、民間の製油所も石油精製に従事しています。 現在の消費率によれば、インドの石油埋蔵量は約20〜25年続く場合があります。

天然ガスは、過去20年以来最も重要なエネルギー源です。 次の2つの方法で作成できます

(i)関連ガスとしての石油製品。

(ii)アッサム、グジャラート、アンドラプラデシュのガス田から得られた遊離ガス。

肥料や石油化学プラント、ガスベースの火力発電所で使用されています。 2003-04年の天然ガスの総生産量は319.6億立方メートルでした。

(c) 電気:

電気は一般的で一般的なエネルギー源です。 商用および国内の目的で使用されます。 照明、調理、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの電化製品の作業に使用されます。

2000-01年、農業部門は26.8%を消費し、産業部門は34.6%、電力の24%は国内の目的に、7%は商業目的に使用されました。 鉄道は2.6%を消費し、その他の消費は5.6%でした。

発電には主に3つのソースがあります

1.火力

2.水力発電

3.原子力

1.火力:

インドでは、石炭と石油の助けを借りて、さまざまな発電所で生成されます。 それは電力の主要な供給源でした。 2004-05年、総設置容量に占める割合は70%でした。

2.水力発電:

溢れる川の上にダムを建設することで生産されます。 たとえば、Bhakra Nangalプロジェクト、Damodor Valleyプロジェクト、Hirakundプロジェクトなど。1950〜51年の水力発電設備容量は587.4 MWで、2004〜05年には19600 MWでした。

3.原子力:

インドも原子力を開発しました。 原子力発電所はウランを燃料として使用しています。 この燃料は石炭よりも安いです。 インドには、コタのタラプール(ラジャスタン州)、カラパカム(チェンナイ)ナロウラ(UP)に原子力発電所があります。 その供給は、総設置容量のわずか3%を占めています。

非商用エネルギー源

これらのソースには、fuel、わら、乾燥糞が含まれます。 これらはインドの田舎で一般的に使用されています。 推定によると、インドでのfuelの総利用可能量は年間わずか5, 000万トンでした。 総要件の50%未満です。 今後数年間で、fireが不足するでしょう。

わらのような農業廃棄物は、調理目的の燃料として使用されます。 ある推定によると、燃料に使用される農業廃棄物は6, 500万トンになる可能性があります。 乾燥した動物の糞は、調理目的にも使用されます。 動物の糞の総生産量は3億2, 400万トンで、そのうち7, 300万トンが調理用の燃料として使用されています。 わらや糞は、土壌の肥沃度を高め、生産性を高める貴重な有機肥料として使用できます。

2.非変換 エネルギー源:

従来のエネルギー源に加えて、従来にないエネルギー源があります。 これらは再生可能エネルギー源とも呼ばれます。 例としては、バイオエネルギー、太陽エネルギー、風力エネルギー、潮力エネルギーがあります。 政府 インドの非従来型エネルギーの効果的な開発のための非従来型エネルギー源の部門と呼ばれるエネルギー省の下に別の部門を設立しました。

さまざまなソースを 以下に示します。

1.太陽エネルギー:

日光によって生成されるエネルギーは、太陽エネルギーと呼ばれます。 このプログラムでは、太陽電池は太陽光にさらされ、電気の形で生産されます。 太陽電池は、太陽光エネルギーを電気に変換するものです。 1999年から2000年にかけて、975の村が太陽エネルギーで照らされました。 太陽熱プログラムの下で、太陽エネルギーは直接得られます。 太陽光は火力に変換されます。 太陽エネルギーは、料理、お湯、水の蒸留などに使用されます。

2.風力エネルギー:

このタイプのエネルギーは、風力を利用して生成できます。 灌漑用の水ポンプの操作に使用されます。 この目的のために約2756台の風力ポンプが設置されました。 7つの州に風力発電の発電所が設置され、その設置容量は1000 MWでした。 インドは風力発電で2番目の位置を占めています。

3.潮Energyエネルギー:

海の津波を利用して生成されるエネルギーは、潮energyエネルギーと呼ばれます。 費用対効果の高い技術がないため、このソースはまだ活用されていません。

4.バイオエネルギー:

このタイプのエネルギーは有機物から得られます。

次の2種類があります。

(私) バイオガス:

バイオガスは、牛糞を植物に入れることにより、Gobar Gas Plantから入手します。 ガスを生産するほかに、このプラントはゴーバーを肥料に変換します。 調理、照明、発電に使用できます。 2003年から2004年までに26.5千万バイオガスプラントが設立されました。 彼らは225ラクトン以上の肥料を生産します。 国内には約1828の大規模なコミュニティバイオガスプラントが設置されています。

(ii) バイオマス:

また、植物や樹木を通してエネルギーを生産する源でもあります。 バイオマスプログラムの目的は、エネルギーの植林を促進することです。 ガス技術に基づくエネルギー生成のための燃料と牛の飼料を得ることができるように、バイオマスエネルギー生成のための56 MWの容量が設置されました。

5.都市廃棄物からのエネルギー:

都市廃棄物は、その処分にとって大きな問題となります。 今では発電に使用できます。 ティマープル(デリー)では、ゴミからエネルギーを生成するために3.75容量の電力比率が設定されています。

 

コメントを残します