ルピーの経常収支と資本勘定の変換可能性| 経済

この記事では、以下について説明します。-1.ルピーの経常収支変換2.ルピーの資本収支変換3.推奨事項4.資本収支変換への移行。

ルピーの当座預金交換可能性:

IMFの第VIII条、セクション2、3、および4の下で、IMFの加盟国は通貨の当座預金の交換可能性を回復する義務があります。

この条項は、加盟国が以下を行うことを規定しています。

(a)現在の支払いに制限はありません(資本勘定の制限は許可されています)。 そして

(b)差別的な通貨慣行(複数の為替レートを含む)を避けます。

当座預金口座の交換可能性は、次の国際取引のために外国為替を売買する自由として定義されます。

(a)外国貿易、サービスを含む他の現在の事業、および通常の短期銀行および信用枠に関連して支払うべきすべての支払い。

(b)ローンの利息および他の投資からの純利益として支払うべき支払い。

(c)適度な金額のローンの償却または直接投資の減価償却の支払い

(d)家族の生活費に対する中程度の送金。

インドの財務大臣は、1992年から1993年の予算演説で、経常収支のルピーの部分的な交換可能性を発表しました。 この措置は経済改革の方針の一部であり、通貨交換性への世界的な傾向に沿ったものでした。 1994年までに、インドを含む97か国が経常収支の交換性に関する第VIII条の地位を獲得しました。 その後、さらに多くの国が参加しました。

1992年3月に導入された自由化為替レート管理システム(LERMS)では、商品の輸出と目に見えない領収書で構成される現在の取引のすべての領収書の60%が、正規ディーラーが提示する自由市場レートで換算できます。 残りの40パーセントの領収書の場合、適用されるレートは公式の為替レートでした。

経常収支の下での外国為替総額の40パーセントのこの規定は、政府の要件のみをカバーし、不可欠な商品の輸入を可能にすることを意図していた。 また、外国為替は、事前ライセンスと特別輸入ライセンスの価値の40パーセントを満たすために利用可能にすることも予定されていました。

1993年3月、外国為替予算が廃止されたときに、経常収支転換の方向性の大きな一歩がインドに採用されました。 為替レートが統一され、 貿易口座の取引は為替管理から解放されました。 ルピーの為替レートの決定は、市場の力に委ねられました。

1994年2月、RBIは、(a)為替相場の外貨口座、(b)基本的な渡航割当量、(c)海外留学、(d)贈与送金に関する特定の限度までの為替管理規制の自由化を発表しました( e)寄付、および(f)外国の当事者によって提供された特定のサービスによる支払い。 外貨の非居住者口座に関連するさまざまなスキームに関して、1994年8月19日にRBIにより、当座預金の支払いに関するさらなる緩和が発表されました。

ルピーは、1994年8月の国際収支の経常収支で完全に変換可能になりました。インドのアジア清算連合(ACU)諸国への輸出業者は、ルピーまたはアジア通貨同盟(AMU)または通貨で輸出収益を受け取ります。参加国は、ACUの国の海外バイヤーから提供された場合、銀行チャネルを通じて許可された通貨で支払いを受け取ることができました。

緩和はまた、外国旅行のための外国為替のリリース、非居住者非返済可能(NRNR)ルピー預金の利子収入、および海外の親族への送金に関しても行われました。 インド準備銀行は、1997年1月に為替管理の大幅な緩和を発表しました。幅広い目的のための外国為替の送金に規定された金銭的上限はなくなり、公認ディーラーはRBIから事前のクリアランスなしにこれらの目的で送金を許可できるようになりました。

ルピーの 資本勘定C

ルピーの完全な交換可能性は、国が直面している経常収支の大規模な赤字の状況では危険であったため、政府によって導入されませんでした。 さらに、その目的は、外国からの輸入を低価格で利用できるようにすることでもありました。

ルピーの完全な交換可能性に関する慎重なアプローチは、メキシコ危機とその後の東アジア危機を考慮して完全に正当化されました。 ルピーの完全な交換可能性には、当座預金の交換可能性とともに、ルピーの資本勘定の交換可能性が必要でした。

資本勘定の交換可能性は、制限なしで外国と金融資産を取引する権利を意味します。 完全に無料の資本勘定の交換可能性がある場合、インド人は自分の資産をインドで処分し、支障なく国からお金を引き出すことができます。

ルピーは資本勘定で完全に変換可能ではありませんが、いくつかの要素に関しては、より早く資本勘定で変換可能でした。 たとえば、外国人投資家や非居住インド人がインドで直接投資やポートフォリオ投資を行う場合、以前は資本勘定の交換可能性が存在していました。

さらに、一定の条件を満たせば、6, 400万米ドルまでのインドの海外投資は、RBIによる自動承認の対象となりました。 間違いなく、資本勘定の交換可能性は資本の大規模な流入をもたらす可能性がありますが、条件が母国で不利な場合、母国からの資本逃避の重大なリスク、為替レートと金利の大きな変動、および交換留保。 したがって、当座預金口座の交換可能性を試してからしばらくしてから資本口座の交換可能性を引き受けるのが賢明です。

資本勘定の交換可能性を含む通貨の完全な交換可能性は、いくつかの前提条件が満たされた後にのみ導入されるべきです。

(i)国内のマクロ経済の安定性があるはずです。

(ii)国内企業は合理的な程度の競争力を持つべきである。

(iii)国は、貿易指向の開発戦略と輸出成長のための適切なインセンティブを持つべきである。

(iv)国は適切な産業政策と有利な投資環境を持つべきである。

(v)その国は、快適な経常収支を有するべきである。

(vi)国は十分な外貨準備を有するべきである。

メリット:

通貨の完全な交換可能性には、次の主要なメリットがあります。

(i)ルピーの交換可能性または変動は、その真価を示します。

(ii)自由市場のレートが公式の為替レートよりも高ければ、輸出の収益性は向上するでしょう。 その結果、輸出業者は輸出を増やすように誘導されます。

(iii)輸出可能な製品の輸入量が多い場合、その程度まで、市場で決定されたより高い為替レートは、輸出の収益性を低下させる可能性があります。 そのような状況では、輸入代替品は、輸出可能な製品に関してだけでなく、他の輸入製品においても後押しを受けます。

(iv)より高いルピーの為替レートは、非居住者インディアン(NRI)による送金を刺激する可能性があります。

(v)ルピーの完全な交換可能性の結果として、違法送金は魅力的なままではなく、その結果、海外からの大規模な送金が適切なチャネルを通じて行われます。

(vi)交換可能性とともに、金の輸入の自由化があれば、金の密輸に対する効果的な抑止力があるだろう。

(vii)完全に交換可能な通貨は、外国の総収入と支払いの自動自己均衡をもたらす可能性があります。

(viii)ルピーの完全な交換可能性により、インドの投資家は国際的に多様化した投資ポートフォリオを保有できます。

デメリット:

ルピーの完全な互換性にはいくつかのデメリットがあります。

(i)経常収支を管理下で維持することが困難になると、自由市場の為替レートは急上昇する可能性が高い。

(ii)完全な交換性がルピーの高騰を引き起こす場合、輸出の減少の可能性を排除することはできません。

(iii)自由な交換可能性に起因するルピーの上昇がある場合、輸入は増加し、BOP赤字に悪影響を与える可能性が高い。

(iv)完全な交換可能性がルピーの減価を引き起こす場合、輸入価格は上昇する可能性が高い。 その結果、インフレ圧力が強まる可能性があります。

(v)ルピーの完全な交換可能性は、システム全体の投機的傾向とその結果としての不安定性を大幅に強化できます。

資本勘定転換に関する委員会の勧告:

1997年2月28日、RBIはSSタラポールの議長の下に資本勘定の交換性に関する国際経験のレビューを行うために、資本勘定の交換性委員会(CAC)を設立しました。 完全なCACの導入の前提条件を指定する。 委員会によって提案された措置が採用される順序と時間枠を指定する。 指定されたシーケンスに従って、国内政策措置と制度的枠組みの変更を提案する。 この委員会は1997年5月30日に報告書を提出しました。

委員会の主な推奨事項は次のとおりです。

(a)CACの実装は、3年間(1997-98から1999-2000)の期間にわたって行われるべきです。 この実装は、関連する年に規定された前提条件/道標の達成に向けての進捗とともにシーケンス化される必要があります。 措置の実施は、当局による評価に応じて加速または減速する必要があります。

(b)インドのCACの重要な前提条件/道標は、財政再建、インフレの義務化された目標、および金融システムの強化です。 財政再建に関して、委員会は、GDPに対する総財政赤字の割合を1997-98年の4.5%から1998-99年の4.2%に、さらに1999-2000年の3.5%に、さらには州の赤字と準財政赤字。 委員会は、義務付けられたインフレ率について、3年間で平均3.5パーセントの率であると提案しました。

インフレの委任は議会によって承認されるべきであり、議会だけが目標の変更が行われる可能性のある状況に関する明確で透明なガイドラインの下で委任の変更を行う能力があるべきです。 金融システムの強化について、委員会は金利が1997年から1998年に完全に規制緩和されるべきであると指定しました。 金利に関する正式または非公式の管理はありません。

1997年から98年には9.3%であった平均有効現金準備率(CRR)は、1999年から2000年には3.0%に削減されるはずです。 総不良資産(NPA)は、1997年3月の総前払金の13.7%の暫定的な見積もりから1999-2000年の5.0%に大幅に削減する必要があります。 さらに、いくつかの重要なマクロ経済指標、すなわち。 為替政策、国際収支、外貨準備の妥当性は継続的に評価されるべきです。

(c)国際的な経験に関して、委員会は、ファンダメンタルズが強力な国は、バックトラッキングおよびコントロールの再賦課の影響を受けにくいことを発見しました。

委員会は、ほとんどの国が資本収支の転換性を成功させるために必要な前提条件として、強力な国際収支の財政整理と金融システムの強化を検討していることを観察した。 委員会が調査した国では、非居住者と居住者による流入および関連する流出の制限が撤廃されました。

その後、住民による流出の制限が撤廃されました。 後者の中で、それらの国の企業および非企業は一般に優遇措置を受けました。 彼らは銀行と個人が続きました。 CACへの移行では、これらの国のほとんどが資本流入を維持するか、何らかの規制を課す必要がありました。

(d)委員会は、CACの金融システムを準備するためのいくつかの勧告を行った。 これらには、市場の欠陥の除去、準備金要件のための非居住者および居住者負債の均一な取り扱い、リスク管理の改善、より厳格な自己資本およびプルーデンシャル基準、商業銀行および金融機関のより大きな自治、および効果的な監督システムが含まれます。

(e)CAC委員会は、1997年から2000年にかけて段階的に実施された一連の措置のタイミングと順序付けについて勧告を行った。

推奨事項は次のとおりです。

(i)居住企業/事業については、措置の提案には、外貨建て債券の発行に関する措置の自由化(ルピー決済)、海外での金融資本の移転、非居住者からの融資、海外事務所の開設、直接投資が含まれます海外、配当金の本国送還および輸出業者と外国為替獲得者による外国為替の使用、長期の外部商業借入(ECB)は天井の外に保管され、小規模な借り手の混雑を避けるための天井の実装のためのキューイングより大きなもの、およびECBと同じFCCB / FRNに対する推奨事項。

(ii)居住銀行の場合、CAC委員会は、銀行の海外市場からの借入、資金の使用と返済、預金の受け入れと外貨での融資の延長、海外市場への投資、資金ベース/インドの合弁事業に対する非資金ベースの施設、およびインドからの輸入業者の購入に対する融資に対する購入者の信用の受け入れ。

(iii)非居住銀行に関しては、ルピー口座でのフォワードカバーの許可、キャンセル/再予約、当座貸越限度の引き上げ、投資の制限が含まれています。

(iv)SEBIによる海外投資は、ミューチュアルファンドを含むインドの投資家および全インド金融機関による限度内の短期借入を含む。

(v)債務証書へのFII投資およびルピー債務証券への投資の満期制限の解除は、ECBの上限ではなく、別の上限の対象となります。

(vi)居住者の場合、勧告には外貨建て預金の許可、外国資本の移転、本国送還規範の自由化が含まれていた。

(vii)非居住者に関して、委員会は、インドで保有されている本国送還不能資産からの資本移転は適切な上限を条件として許可されるべきであると提案した。

(viii)先物市場とそのデリバティブおよび先物を許可する必要があります。

(ix)CAC委員会は、国際商品市場への参加が必要であることを勧告した。

(x)最低期間制限を撤廃し、預金率の規制緩和が行われるべきです。

(xi)すべての銀行、金融機関、および非銀行金融機関には、準備金要件およびプルーデンシャル規範に関して公平な競争条件があるはずです。

(xii)財務省証券市場の発展とその中の金融機関へのアクセスがあるはずです。

(xiii)プライマリおよびサテライトディーラーには、より顕著な役割を許可する必要があります。

(xiv)期限付き証券および財務省証券の発行の一部を処理するために、公債局を設置する必要があります。

(xv)銀行、金融機関、金建て預金および貸付金、および金デリバティブの参加による金市場の発展があるはずです。

(xvi)RBIの事前承認の要件は、後続の報告に置き換える必要があります。 そのような要件は、居住者と非居住者の両方による投資に関する多くのケースで投資を廃止する場合には、廃止されるべきです。

資本勘定の交換性への移行:

CAC委員会の勧告に従って、1998年から2003年の間に一連の措置が採択されました。 これらは1998年から2002年にかけて、資本勘定のさらなる自由化のためのさらなる措置でフォローアップされました。

資本勘定の交換可能性の段階的プログラムの継続において、2002-03年に次の措置が採択されました。

(i)ESOPスキームに基づく送金の既存の制限である20.000ドルの削除。

(ii)EEFCアカウント保有者による貿易関連のローンおよび前払金の制限の廃止。 ただし、そのような取引は引き続きRBIに報告されます。

(iii)将来の外国為替要件のために、ADR / GDR収益を海外で保持する一般的な許可。

(iv)海外に事務所や支店を設立した企業が、ビジネス/スタッフの居住目的で海外に不動産を取得する許可。

(v)承認された海外証券取引所に上場し、投資年の1月1日にインドの承認された証券取引所に上場している会社の株式の少なくとも10%を保有する企業に海外投資する許可 そのような投資は、最後に監査された貸借対照表の日付で、インド企業の純資産の25パーセントを超えてはなりません。

(vi)海外証券取引所に上場しており、投資年の1月1日にインドの公認証券取引所に上場している会社の株式を10%以上保有している会社に海外投資するミューチュアルファンドへの許可。 ミューチュアルファンドによる海外投資の全体的な上限は10億米ドルに増加しました。

(vii)個人が海外証券取引所に上場し、投資年の1月1日にインドの公認証券取引所に上場する企業の株式を10%以上保有する企業に海外で投資する許可。

(viii)インドの税金を条件として、資産のNRO口座/売却代金に保持されている残高のうち最大100万米ドルまでのインドの資産の譲渡に関して、認可されたディーラーへの送金を許可する許可。

その後の数年間でも、これらの方向での自由化政策措置が引き継がれています。

資本勘定の完全な交換可能性に向けたロードマップを設定するために、インド準備銀行は2006年3月にSS Taraporeを長とする委員会を構成しました。2006年7月31日に報告書を提出しました。

ルピーの完全な交換可能性に伴うリスクを考慮して、委員会は資本規制を緩和する段階的プログラムを強調した。 より完全な交換性への移行の時間枠には、フェーズI(2006-07)、フェーズII(2007-09)、フェーズIII(2009-11)の3つのフェーズが含まれていました。

Tarapore委員会(II)は、財政改革と予算管理(FRBM)に関して、特定の指標/目標を満たす必要があることを推奨しました。 財政赤字の現在の測定から、公共部門借入要件(PSBR)の測定への移行。 公的債務の事務所を設置し、RBIから独立して、政府の債務管理と金融政策業務の分離。 金融政策の実施における透明性の向上と、単一の銀行法を含む銀行部門の一連の改革と、公共部門の銀行の資本における政府/ RBIの割合の削減。 経常収支の対GDP比を3パーセント未満に維持する。 輸入の要件だけでなく、現在の種類の資本フロー、短期債務債務、ソルベンシーを含むより広範な措置に関連する流動性リスクもカバーするための適切な準備金の適切な指標の策定。

ロードマップを作成した後、委員会は次のようないくつかの重要な措置を推奨しました。

(i)自動承認のための全体的な対外商業借入(ECB)の上限を徐々に引き上げる。

(ii)フェーズIで10年以上、フェーズIIおよび上限外で7年以上の満期のECBを維持し、フェーズIで最終使用制限を解除する。

(iii)輸入関連の短期借入金を包括的に監視し、取引あたりの制限額2, 000万米ドルを検討する。

(iv)海外への企業投資により、純資産の200%から純資産の400%まで段階的に流出の制限を引き上げる。

(v)為替獲得者への提供外貨口座保有者は、小切手機能および利付定期預金を備えた外貨の当座預金口座にアクセスする

(vi)既存のPN保有者に1年以内に完全に段階的に廃止するための出口ルートを提供し、非居住企業(および非居住者)が投資できるようにした後、FIIが参加ノート(PN)を通じて調達した新鮮なお金の投資を禁止するインドの株式市場では、ミュージカルファンドやポートフォリオ管理スキームを含むSEBI登録業務を通じて、Know Your Customer(KYC)およびFinancial Action Taken Force(FATF)の規範を個別に履行する責任があります。

(vii)多国間機関以外の機関/企業に、徐々に引き上げられるべき全体的な上限を条件として、ルピー債を調達することを許可する(外国為替に変換するオプション付き);

(viii)現在のように、海外借入の制限を、無傷のTier I資本ではなく、払込済み資本および自由準備金にリンクし、フェーズIで50%、フェーズIIで75%、フェーズで100%に実質的に引き上げるII;

(ix)個々の資金限度および純資産価値に関連する割合に関するさまざまな規定を廃止する。

(x)全体の上限を現在の20億米ドルからフェーズIで30億米ドル、フェーズIIで40億米ドル、フェーズIIIで50億米ドルに引き上げる。

(xi)個人による海外送金の年間制限を、既存の暦年あたり25, 000ドルから、フェーズIで50, 000ドル、フェーズIIで100, 000ドル、フェーズIIIで200, 000ドルに引き上げる。

(xii)非居住者(NRI以外)による外貨非居住者[FCNR(B)]および非居住者(外部)ルピー口座[NR(E)RA]スキームへのアクセスの許可。

政府は、過去数年間、この段階的なロードマップに従いました。 ただし、2008年から2009年にかけての世界的な景気後退により、資本勘定でのルピーの完全な交換可能性の達成に一時的な障害が生じました。 この点で、その方向への漸進的で抑制された動きがインドの不況の深刻さを大幅に減少させたことを認識しなければなりません。

 

コメントを残します