変動比率の法則(ダイアグラム付き)

変動比率の法則:仮定、説明、段階、適用性の原因、変動比率の法則の適用可能性!

変動比率の法則は、経済理論において重要な位置を占めています。 この法律は、比例法としても知られています。

他の因子を固定したまま、法律は1つの因子変数で生産関数を説明しています。 短期的には、商品の生産量の増加が求められる場合、変動比率の法則が機能します。

したがって、1つの因子の数が増減すると、他の因子は一定ですが、因子間の比率は変化します。 たとえば、生産には、土地と労働という2つの要素があります。

土地は固定要素ですが、労働は可変要素です。 ここで、5ヘクタールの土地があるとします。 私たちは様々な要因、すなわち労働力の助けを借りて小麦を栽培します。 したがって、土地と労働の割合は1になります。5。労働者の数を2人に増やすと、労働と土地の新しい割合は2になります。5.要因の割合の変化により、異なるレートでの総生産量の変化。 生産理論におけるこの傾向は、変数比例の法則と呼ばれます。

定義

「要因の組み合わせにおける要因の割合がポイントを超えて増加するにつれて、最初に限界要因、次にその要因の平均積が減少します。」Benham

「他の固定入力と比較して一部の入力が増加すると、所定の技術状態では出力が増加しますが、ある時点の後、同じ追加の追加入力から生じる追加出力はますます少なくなります。」Samuelson

「可変比率の法則は、1つのリソースの入力が単位時間あたり等しい増分で増加し、他のリソースの入力が一定に保たれる場合、合計出力は増加しますが、結果として生じる出力の増加は小さくなり、小さい。」

仮定

可変比率の法則は、次の仮定に基づいています。

(i)一定の技術:

技術の状態は与えられ、一定であると想定されています。 技術の改善がある場合、生産機能は上に移動します。

(ii)因子の割合は可変です:

法律は、因子の割合は可変であると想定しています。 生産要素を一定の割合で組み合わせる場合、法律には有効性がありません。

(iii)同次因子単位:

変動因子の単位は同種です。 各ユニットの品質と量は、他のすべてのユニットと同じです。

(iv)短期:

すべての因子入力を変更することができない場合、法律は短期的に機能します。

法の説明

可変比率の法則を理解するために、農業の例を取り上げます。 土地と労働力が生産の唯一の2つの要因であるとします。

土地を固定要素として維持することにより、変動要素の生産、つまり労働力を次の表を使用して示すことができます。

表1から、可変比率の法則には3つの段階があることが明らかです。 第1段階では、固定要素(土地)で使用される労働者と資本の線量が増加するにつれて、平均生産量が増加します。 合計製品、平均製品、および限界製品は増加しますが、平均製品および限界製品は最大40ユニット増加します。 その後、土地に対する労働者の割合が十分であり、土地が適切に使用されていないため、両方とも減少し始めています。 これで最初のステージは終了です。

2番目のステージは、最初のステージが終了する場所、またはAP = MPから始まります。 この段階では、平均的な製品と限界的な製品が減少し始めます。 限界製品は、平均製品よりも速い速度で落ちることに注意してください。 ここで、総製品は減少率で増加します。 また、平均製品がゼロまたは負になることはありませんが、限界製品がゼロになる労働力70単位で最大になります。

3番目のステージは、2番目のステージが終了するところから始まります。 これは、8番目のユニットから始まります。 ここで、限界生産物はマイナスであり、総生産物は減少しますが、平均生産物は依然としてプラスです。 この段階では、追加の用量は負の限界産物につながるため、追加の用量は正の迷惑につながります。

グラフィックプレゼンテーション

図 1、OX軸では、労働者の数を測定しましたが、OY軸では製品の量を示しています。 TPは総製品曲線です。 「E」点まで、製品の合計は増加率で増加しています。 点EとGの間では、減少率で増加しています。 ここで限界製品が落ち始めました。 ポイント「G」、つまり7単位の労働者が雇用されている場合、総生産は最大で、限界生産はゼロです。 その後、負の限界積に対応して減少し始めます。 図の下の部分にあるMPは限界積曲線です。

ポイント「H」までは限界製品が増加します。 ポイント「H」、つまり3ユニットの労働者が雇用されている場合、それは最大です。 その後、限界生産物は減少し始めます。 ポイント「I」の前では、限界積はポイントCでゼロになり、負になります。 AP曲線は平均製品を表します。 ポイント「I」の前は、平均製品は限界製品よりも少ない。 ポイント「I」での平均製品は最大です。 ポイントTまでは、平均製品は増加しますが、その後減少し始めます。

法の3つの段階

1.第一段階:

最初の段階は、ポイント「O」から始まり、ポイントFまでです。ポイントFでは、平均積が最大で、限界積に等しくなります。 この段階では、製品全体が最初にポイントEまでの増加率で増加します。「E」と「F」の間では、減少率で増加します。 同様に、限界生産物も最初は増加し、ポイント「H」で最大に達します。 その後、減少し始め、ポイントTで平均製品と等しくなります。この段階では、限界製品は平均製品を超えます(MP> AP)。

2.第2段階:

これはポイントFから始まります。この段階では、総生産量は減少率で増加し、ポイント「G」で最大になり、それに対応して限界生産物は急速に減少し、ポイント「C」で「ゼロ」になります。 平均製品はポイント「I」で最大になり、その後減少し始めます。 この段階では、限界製品は平均製品よりも小さい(MP <AP)。

3.第三段階:

この段階は、ポイント「G」を超えて始まります。 ここで、総製品は減少し始めます。 平均的な製品も減少します。 限界積は負になります。 利益の減少の法則はしっかりと現れます。 この段階では、企業は何も生産しません。 これは、労働の限界生産物がマイナスになるために起こります。 雇用主は、より多くの労働者を雇用することにより損失を被ります。 ただし、3つの段階のうち、企業は2番目の段階でのみ任意のポイントまで生産したいと思うでしょう。

合理的な決定が可能な段階

物事を簡単にするために、aが可変因子であり、bが固定因子であると仮定しましょう。 そして、a 1 、a 2 、a 3 …はaとbの単位です。1 b 2 b 3 ……はbの単位です。

ステージIはAPの増加を特徴としているため、製品全体も増加する必要があります。 これは、生産の変動要因の効率が増加していること、つまり、単位aあたりの出力が増加していることを意味します。 固定係数であるbの効率も増加しています。これは、b 1の合計積が増加しているためです。

段階IIは、APの減少とMPの減少を特徴としますが、MPは負ではありません。 したがって、b 1のTPは増加し続けるため、可変因子の効率は低下し、固定因子であるbの効率は増加します。

最後に、ステージIIIはAPとMPの低下、さらには負のMPを特徴とします。 したがって、固定因子と可変因子の両方の効率は低下しています。

合理的な決定:

ステージIIは、関連する重要な生産ステージになります。 生産は、他の2つの段階のいずれでも行われません。 つまり、生産はステージIIIとステージIでは行われません。したがって、合理的な生産者はステージIIで稼働します。

bが無料のリソースであるとします。 すなわち、それは価格を命じなかった。 起業家は、自分が支払っている要因、つまり要因aから可能な限り最大の効率を達成したいと思うでしょう。 したがって、彼はAPが最大の場所、またはステージIとIIの境界で生産することを望みます。

一方、aが無料のリソースである場合、彼はbを最も効率的なポイントまで使用したいと思うでしょう。 これがステージIIとIIIの境界です。

明らかに、両方のリソースが価格を要求した場合、彼はステージIIのどこかで生産します。 この段階のどこで生産が行われるかは、aとbの相対価格に依存します。

適用の条件または原因

変動比率の法則の適用に責任がある多くの原因があります。

それらは次のとおりです。

1.固定要素の利用:

生産の初期段階では、土地や機械などの生産の固定要素が十分に活用されていません。 労働力などの変動要因のより多くのユニットは、その適切な利用のために必要です。 変動要因の追加単位の採用の結果として、固定要因の適切な利用があります。 要するに、ファクターに対するリターンの増加は、最初の段階で現れ始めます。

2.生産の固定要因。

この法律の運用の最大の原因は、生産の要因の一部が短期間に固定されることです。 固定因子が可変因子とともに使用される場合、可変因子と比較した比率は低下します。 生産は、すべての要因の協力の結果です。 変動要因の追加単位が比較的固定された要因の助けを借りて生成しなければならない場合、変動要因の限界収益は低下し始めます。

3.最適な生産:

固定要素を最適に使用した後、そのような可変要素の限界収益は減少し始めます。 単純な理由は、最適な使用後、固定要素と可変要素の比率が不良になることです。 機械が生産の固定要素であると仮定しましょう。 4人の労働者が雇用されている場合に最適に使用されます。 5人の労働者がそれに従事する場合、総生産量はほとんど増加せず、限界製品は減少します。

4.不完全な代替:

ジョアン・ロビンソン夫人は、因子の不完全な置換が主に収益の減少の法則の運用に責任があるという議論をしています。 1つの要素を他の要素の代わりに使用することはできません。 固定因子を最適に使用した後、可変因子は増加し、代替因子により固定因子の量が増加する可能性があります。

そのような代替は、以前と同じ割合で生産を増加させます。 しかし、実際には、要因は不完全な代替品です。 ただし、固定ファクターを最適に使用した後、別のファクターで置き換えることはできません。

変動比率の法則の適用可能性

可変比率の法則は、すべての生産分野に適用されるため、普遍的です。 この法律は、一部の要因が固定され、他の要因が可変である生産分野に適用されます。 それが普遍的な適用の法則と呼ばれる理由です。

この法律の適用の主な原因は、いずれかの要因の固定性です。 固定要因の例は、土地、鉱山、漁業、住宅建設などだけではありません。 機械、原材料も短期間で固定される可能性があります。 したがって、この法律は、農業、鉱業、製造業などの生産活動のすべてにおいて有効です。

1.農業への適用:

農業生産を高めるという見地から、労働力と資本は土地ではなく、ある程度まで増加させることができます。これは固定要因です。 したがって、労働や資本などの変動要因の単位が固定要因に適用されると、その限界生産物は減少し始め、この法律が有効になります。

2.産業への適用:

製造品の生産を増やすためには、生産の要素を増やす必要があります。 変動する要因であるため、長期間にわたって必要に応じて増加させることができます。 このように、収益を増加させる法則は、産業において長期間にわたって機能します。 しかし、この状況は、労働、資本、および企業の追加単位の質が低い場合、またはより高いコストで入手できる場合に発生します。

その結果、ある時点の後、限界生産物の増加は、労働および資本の単位の増加よりも比例して少なくなります。 このように、法律は業界でも同様に有効です。

法律の延期

変動比率の法則の延期は、次の条件下で可能です。

(i)生産技術の改善:

変動要因生産技術が改善された場合、法律の運用を延期することができます。

(ii)完全な代替:

生産要素が完全に代替される場合、つまり、一方の要素がもう一方の要素で代用できる場合、可変比率の法則は延期されます。

 

コメントを残します