入力の最小コストと最大出力の組み合わせ

この記事では、以下について説明します。-入力の最小コストの組み合わせ2.入力の最大出力の組み合わせ。

入力の最小コストの組み合わせ:

会社は、その数量のIQにある代替入力の組み合わせごとに、特定の数量の製品を生産する場合があります。 会社の目標は利益を最大化することであるため、製品の特定の量を生産するための最適な入力の組み合わせは、可能な限り最小のコストで出力を生成するものです。

この場合の最適な入力の組み合わせは、入力の最小コストの組み合わせとして知られています。 企業の入力の最小コストの組み合わせの選択を説明するために、企業の等量線(IQ)と等コスト線(ICL)の一部が図8.12に示されていると仮定します。

ここで、会社が特定の量q = q 3の製品を生産するつもりであり、この特定の量のisoquantがIQ 3であると仮定します。 言い換えれば、企業がIQ 3にある入力の組み合わせのいずれかを使用する場合、出力量q = q 3を生成できます。

ただし、IQ 3の異なるポイント、つまりS 1 、S 2 、S 3 、S 4 、S 5などは異なるICLにあるため、同じ出力、つまりq =が異なるレベルで生成されます。 ICLが高い(または低い)ICLは、コストが高い(または低い)レベルであることを知っているからです。

したがって、最小のコストでq 3のアウトプットを生成するために、企業は可能な限り低いICLにあるIQ 3のポイントを選択する必要があります。 図8.12では、IQ 3のポイントS 3は、可能な限り低いICL、つまりL 3 M 3上にあることがわかります。 IQ 3の他のポイントは、L 3 M 3よりも高いICLまたは高いレベルのコストにあります。

したがって、q 3の出力では、入力の最小コストの組み合わせはS 3 (x̅、y̅)です。 つまり、企業がq 3の出力を生成する場合、入力Xの数量xと入力Yの数量yを購入して使用します。ここで、最小コストの組み合わせが入力は、特定のisoquant(ここではIQ 3 )とiso-cost線(ここではL 3 M 3 )の接点(ここではS 3 )です。

同様に、特定の量の出力を生成する場合、企業がIQ 2に留まる場合、入力の最小コストの組み合わせはポイントT 2によって与えられます。これは、このポイントがIQ 2とICLの接点であるためです。 (すなわち、L 2 M 2 )。

入力の最大出力の組み合わせ:

等コストライン(ICL)で、入力(XおよびY)の価格(r Xおよびr Y)が与えられ、一定である場合、特定の金額を費やすことで企業はどれでも購入できることがわかりました。対応するICLにある多数の入力の組み合わせ。

会社の目標は利益レベルを最大化することであるため、この場合の最適な入力の組み合わせは、可能な限り最大の出力を生成するものです。 したがって、この入力の組み合わせは、入力の最大出力の組み合わせと呼ばれます。

ここで、図8.12を使用して、企業が最大の出力と入力の組み合わせを取得する方法を確認します。 会社が2つの変数入力(XおよびY)に特定の金額TVC 3 (TVCは総可変コストを表す)を費やすことを決定し、この支出のICLはL 3 M 3であると仮定します。

つまり、会社がTVC 3の金額を使う場合、等コストラインL 3 M 3にある組み合わせを購入する必要があります。

これで、L 3 M 3上にあるV 1 、V 2 S 3 、V 4 、V 5のようなポイントは、異なるアイソクォントに配置されます。 つまり、ラインL 3 M 3の異なるポイントでは、企業のコストは同じ(= TVC 3 )ですが、生産量は異なります。

IQが高いほど、L 3 M 3のすべてのポイントの出力レベルが高くなるため、利益最大化企業は、可能な限り最高のIQにある最適なものを選択します。 。 このポイントは、S 3 (x̅、y̅)オン、IQ 3です。このポイントは、TVC = TVC 3のコスト制約に従う入力の最大出力の組み合わせです。

ここで、コストの制約を受ける入力の最大出力の組み合わせ(ここではS 3 )は、所定のコストレベル(ここではTVC 3 )に対応するICLとIQ(ここではIQ 3 )の接点であることに注意する必要があります。

同様に、企業の特定のICLがL 4 M 4の場合、入力の最大出力の組み合わせは点R 4になります。これは、この点が線L 4 M 4とIQの接点であるためです。ここでIQ 4

 

コメントを残します