HRMのフリンジの利点:意味、目的、重要性、種類

HRMのフリンジベネフィットについて知る必要があるすべて。 フリンジ給付は、賃金に加えて行われる補足的な補償であり、その目的は、労働者の関心を刺激し、仕事をより魅力的で助長することです。

フリンジ特典には、ステータス(車、娯楽施設、休日、外国旅行、電話)が含まれます。 セキュリティ(保険、医療施設、子供の教育)、および労働給付(オフィス宿泊施設、秘書サービス、管理研修、企業奨学金など)。 主なメリットは、シェアスキーム、利益分配、退職カウンセリングハウス購入などのメリットです。

ILOによると、フリンジベネフィットは次のように説明されています。「賃金はしばしば、特別な現金給付、医療およびその他のサービスの提供、または商品およびサービスの支出に対する賃金の一部を形成する現物支給によって増強されます。

さらに、労働者は一般に、このような給付や有給休暇、低価格の食事、低家賃の住宅などを受け取ります。このような賃金への追加は、フリンジ給付と呼ばれることもあります。 雇用や賃金に関係のない給付は、たとえ労働者の総収入のかなりの部分を占める可能性があるとしても、フリンジ給付とみなされるべきではありません。」

この記事では、従業員に対する福利厚生について説明します。

以下について学習します。1.フリンジ特典の紹介2.フリンジ特典の意味3.定義4.目的と特別な特性5.重要性6.原則7.タイプ8.法定給付9.管理10.インドのフリンジ給付。

従業員にとってのフリンジの利点:意味、定義、目的、重要性、原則、種類、および管理


内容:

  1. フリンジの利点の紹介
  2. フリンジの利点の意味
  3. フリンジの利点の定義
  4. フリンジベネフィットの目的と特別な特徴
  5. フリンジの利点の重要性
  6. フリンジベネフィットの原則
  7. フリンジの利点の種類
  8. 法定フリンジの利点
  9. 従業員の福利厚生およびサービスの管理
  10. インドのフリンジベネフィット

HRMのフリンジの利点-はじめに

フリンジ給付は、賃金に加えて行われる補足的な補償であり、その目的は、労働者の関心を刺激し、仕事をより魅力的で助長することです。 実際のところ、それらは間接的な利点です。 彼らの性質については、単なる「フリンジ」でも周辺の「賃金トリミング」でもないが、賃金と給与構造のかなりの部分であると言える。

Belcherの言葉を借りれば、これらのメリットは「従業員の生産的な努力、パフォーマンス、サービス、または犠牲に直接関係しない賃金コスト」です。 ウェブスターは、「フリンジ」を「装飾用の境界線、縁取り、トリミング、またはマージン」と定義しています。 ただし、これらのメリットは、実際の収入を増やすことにより、効率的で満足のいく労働力を引き付けて維持することを目的としています。

「フリンジベネフィット」という用語でカバーされているベネフィットについては、意見が大きく異なります。 ここで、FisherとChapmanは、フリンジ給付の分類に応じて、(a)勤務時間に対する保険料、(b)勤務していない時間に対する支払い、(c)従業員給付、および(d)従業員活動を引用します。

インドでは、政府は雇用主から労働者に提供される最低限のアメニティを規定しています。 間接的給付は周辺給付ですが、直接賃金と間接的給付を区別することは非常に困難です。 たとえば、雇用条件が雇用者に直接利益をもたらす場合、行われた仕事に支払われる残業賃金は間接利益とは言えません。

コックマンは、従業員の福利厚生を「賃金、給与、および時間に関連する支払いの形態ではない従業員の福利厚生に対して雇用主が提供する福利厚生」と定義しています。 彼によると、利益は基本的に2つのタイプ-フリンジとキーです。

フリンジ特典には、ステータス(車、娯楽施設、休日、外国旅行、電話)が含まれます。 セキュリティ(保険、医療施設、子供の教育)、および労働給付(オフィス宿泊施設、秘書サービス、管理研修、企業奨学金など)。 主なメリットは、シェアスキーム、利益分配、退職カウンセリングハウス購入などのメリットです。

フリンジのメリットは、従業員の生活水準を向上させ、雇用主に生産性と生産性を高める機会を提供します。 したがって、それらは、フリンジベネフィットを拡大する余裕があれば、組織にとって関連性があり有用です。 要するに、これらの利益は「従業員を雇用する会社にとっての実際の総費用」(Beath&Rands)を構成します。 フリンジベネフィットが「ボーナス」と見なされることを否定することはできません。そのため、特定の仕事や会社に対して好意的な態度を生み出します。

雇用または賃金とは関係のない給付は、たとえ労働者の総収入のかなりの部分を占める可能性があるとしても、付加給付とみなすべきではありません。 これは、公園、公衆衛生サービス、公共および防火の場合にかなり明白です。

フリンジベネフィットの例:

(a)法定給付–従業員積立基金制度、謝礼または年金制度、および従業員国家保険制度。

(b)非法定給付–従業員積立基金制度、年金および年金基金の拠出、医療施設、食堂、制服およびレクリエーション施設に対する支払い。

フリンジの特典には、利益やその他の種類のボーナス、例えば出勤ボーナス、サービスボーナスとチップ、住宅購入のためのローン、休暇旅行の譲歩、子供の無料教育、不可欠な商品の公正価格ショップ、車の購入のためのローンなども含まれます。

これらの欠点のいくつかにもかかわらず、フリンジの利点はとどまるようになりました。 彼らは現在、補償プランの重要な部分となっています。

企業経営に関する限り、賃金に関するいくつかの広範な政策決定を下す必要があります。 基本的な問題の1つは、補償パッケージの崩壊です。 いくつかのオプションが利用可能です-(a)高/低基本賃金(b)高/低フリンジ給付パッケージ、および(c)高/低退職給付。

経営者は、その地域の「現在の賃金率」を上回るか下回るか、それとも同等に支払うかを検討する必要があります。 ボーナス法は、企業経営者による検討事項です。 「大部分は、そのような問題は企業経営の価値体系と管理スタイル、そして組織の使命に貢献する賃金をどのように見ているかによって決定されます」(モナパとサイヤダイン)。


HRMのフリンジの利点 –意味

報酬または補償に関する「フリンジ」という言葉は、主に米国の第二次世界大戦中に使用されました。インフレ圧力を防ぐために賃金の上昇を抑制する責任を任された戦争労働委員会は、現金以外のメリット。

取締役会は、これらの給付が通常の賃金と給与の境界にあり、従業員の購買力にすぐに影響を与えることはできず、消費者の需要に関連しないという前提でこのポリシーを採用しました。 当初、フリンジベネフィットは補償総額のごく一部にすぎませんでした。

しかし、金銭以外のすべての利益とサービスという意味での「フリンジ利益」という用語は、実際の慣行を記述する際の価値が限られているにもかかわらず、広く使用されるようになりました。 デイビッド・W・ベルチャーは、「そのような利益が表す総報酬の大部分は、トリミングやフリルを暗示する名前では不適切に説明されているようだ」と述べています。

この用語の使用には明らかな制限があるにもかかわらず、さまざまに解釈されるようになりました。 National Industrial Conference Board(USA)は、「フリンジ給付」を「労働時間または生産完了に基づいて支払われる賃金以上の労働者への支払い」と定義しています。

その後のいくつかの解釈では、(i)賃金と給与を超えた雇用者の人件費、(ii)追加の生産性を必要としない賃金と給与を超えた補償、および(iii)従業員の業績に関連しない報酬、給付またはサービスなどの要素を強調しました。 これらのアプローチの違いにもかかわらず、この用語は今日でも広く使用され続けています。

しかし、最近の学者や実務家は、「間接報酬」(ベルチャー)「従業員給付」(モルトキオ)、「従業員給付とサービス」(デスラーとバルキー)などの用語を代わりに使用することを好み、すべての非金銭的利益を示しています、従業員が金銭的支払い以上に利用できるサービスおよび施設。

したがって、「フリンジ/従業員給付」は、通常の賃金、給与、現金手当、インセンティブなどの通常の確立された金銭的補償に加えて、従業員が利用できるすべての非金銭的給付、サービスまたは施設、および一部のフリンジ金銭的給付として定義することができます支払いとボーナス。 これらの特典は、さまざまな形態でさまざまな次元を取り、さまざまな条件下で従業員が利用できるようになります。


HRMのフリンジメリット- さまざまな機関および著名な著者によって与えられた定義

「福利厚生」という用語は、雇用者から従業員に支払われる賃金や給与に加えて、雇用主から従業員に提供されるさまざまな追加給付を指します。 それらは「サブ賃金」または「社会的費用」または「賃金以外の必要条件」などとしても知られています。したがって、「フリンジ給付」という用語の意味について全会一致の意見はありません。 法律の規定に従って与えられた利益を付加的利益とみなすべきかどうかに疑問を呈する人もいます。

「フリンジベネフィット」という用語はおそらく1950年代に使用されるようになり、米国の国立戦争労働委員会の地域委員長に帰することができます。

Cockmarの言葉を借りると、「フリンジ給付とは、雇用主が従業員にまたは従業員の利益のために提供する給付であり、賃金、給与、および時間に関連する支払いという形ではありません。」

ILOは次のようにフリンジベネフィットを説明しています。

「賃金はしばしば、特別な現金給付、医療およびその他のサービスの提供、または物品およびサービスに対する支出の賃金の一部を形成する現物支給によって増強されます。 さらに、労働者は一般に、このような給付や有給休暇、低価格の食事、低家賃の住宅などを受け取ります。このような賃金への追加は、フリンジ給付と呼ばれることもあります。 雇用や賃金に関係のない給付は、たとえ労働者の総収入のかなりの部分を占める可能性があるとしても、フリンジ給付とみなされるべきではありません。」

DW Balcherは、「福利厚生」を「従業員の生産的な努力、パフォーマンスサービス、または犠牲に直接関係しない賃金コスト」と定義しています。

インド雇用主連合によると、フリンジの給付には、非労働時間の支払い、利益とボーナス、社会保障制度に対する法的に制裁された支払い、労働者の補償、福利厚生、およびそのような自発的な制度の下での雇用主による拠出が含まれます-労働者の退職、医療、教育、文化、レクリエーションのニーズ。 この用語には、労働者に提供される無料の照明、水、燃料などに相当する金額、および住宅と関連サービスへの補助金も含まれます。

したがって、福利厚生には、雇用後および雇用期間中に従業員に与えられる金銭的および非金銭的給付が含まれます。 これらの特典は雇用に関連していますが、従業員の組織への貢献とは関連していません。


HRMのフリンジの利点-目的と特別な特性

何年も前、福利厚生とサービスは、比較的重要でないか、補償の一部であるため、「福利厚生」と分類されていました。 ただし、雇用主が従業員に提供する包括的な報酬パッケージの重要な一部となっているため、状況は現在異なっています。

福利厚生の主な目的は、従業員の財政状態を向上させることです。 通常の収益以上のアイテムが含まれます。

上記の観点を考慮して、フリンジベネフィットの重要な目的は次のとおりです。

1.組織内の有能な人材を募集し、維持する。

2.健全な労使関係を維持し、組織の不安を回避する。

3.従業員の満たされていないニーズを特定し、適切な手順を使用してそれらを満足するニーズに変換する。

4.積立基金、謝礼、年金を提供することにより、老年期の従業員の社会保障を保護する。

インド憲法第43条に基づき、「すべての労働者は、社会的および文化的機会を確保するために、まともな生活水準と十分な楽しみを確保する仕事の生活賃金条件を与えられるべきです。」労働者は商品ではありません。 彼は経済発展と社会再建のプログラムに積極的に参加しています。

5.組織の従業員間の帰属意識を開発する。

6.中央政府および州政府によって策定された、福利厚生に関連するさまざまな法律を順守する。

7.組織の従業員間の協力、忠誠心、誠実さを確保する。

8.公衆の目に組織のブランドイメージを開発する。

フリンジ特典の特殊文字は次のとおりです。

私。 フリンジ給付は、補足的な補償形態です。

ii。 そのような給付は、インセンティブとしてではなく、組織の従業員のメンバーシップに基づいて支払われます。

iii。 利点はパフォーマンスに関連しています。 これらは雇用条件として延長されます。

iv。 このような利点は、従業員の生活水準を向上させるため、仕事の生活の質(QWL)の向上に貢献します。

v。利益の一部は法定である場合もあれば、自発的な場合もあります。

vi。 インドでの福利厚生の支払いは、主に、従業員の要求、労働組合の存在、従業員をやる気にさせる雇用主の好み、社会保障対策、そしてやる気を起こさせる環境の作成などの理由で行われます。


HRMにおけるフリンジのメリット -従業員と雇用主にとっての重要性

フリンジ/従業員の福利厚生は、雇用主と従業員だけでなく、コミュニティにとっても重要です。 これらの簡単な言及は、それらの重要性を見分けるのに適切です。 一般的な従業員の福利厚生には次のものが含まれます。医療および病気の福利厚生、労災、保険、積立基金、年金、出産給付、補助施設付きの宿泊施設、輸送施設、休暇旅行施設、従業員の子供のための教育施設です。

これらの利益は、会社の方針、組合との合意、または法律の結果として提供される場合があります。

1. 従業員にとっての重要性

次の主な理由から、従業員にとってメリットは重要です。

(i)これらは、従業員の実質収入を向上させ、そうでなければこれらの給付金がなければ費やしていたであろうお金を節約できるようにします。

(ii)これらの給付の金銭的価値は、長い間、所得税法の下で課税されないため、従業員の生活水準が向上しています。 ただし、近年では、これらの給付の価値は個々の従業員が支払う所得税で調整されていますが、これらの多くは依然として所得税控除の対象にはなりません。

(iii)失業、病気、障害、老年、出産などの偶発事象が発生した場合の社会保障給付の利用可能性は、不安の不安に関する従業員の心配を軽減します。

(iv)多くの利点、特に医療施設やリフレッシュ施設は、従業員の健康の保護と効率の向上に役立ちます。

(v)補助設備と輸送施設を備えた住宅の宿泊は、時間の節約につながり、従業員の利便性を高めます。

(vi)多くの福利厚生が従業員の家族に提供されており、これは家庭的な生活を促進し、従業員のモチベーションを高めます。

(vii)多くの企業は、従業員がリースベースで住宅やアパートを建設するための区画を利用できるようにし、また住宅ローンの利子負担の一部を負担しています。 したがって、従業員の心配の主要な項目は軽減されます。

(viii)一部の企業は、車両および家電製品の購入のために従業員に自由な条件で融資を進めています。 この施設は、従業員の生活水準も向上させます。

2. 雇用主にとっての重要性

フリンジ/従業員の福利厚生は、以下の主な理由により雇用主にとって有利です。

(i)雇用主は、長い間、所得税法の下でこれらの給付について相当なリベートを享受してきた。 しかし、この利点は、近年ますます減少しています。 それにもかかわらず、雇用主はこれらの利益の多くに対する支出に対するリベートを依然として受け取ります。

(ii)不安定な労働力と欠勤の慢性的な問題に直面している事業所では、生命保険、積立基金、年金、住宅の宿泊などの長期的な社会保障給付金がその発生率を減らすのに効果的であることが判明した。

(iii)これらの利点は一般に、従業員のモチベーションと効率性を強化する傾向があり、その結果、生産量が増加し、人件費が削減されます。

(iv)多くの企業は、特にこれらの給付が組合との合意から生じた場合、これらの給付の提供の結果として健全な従業員と労使関係の確立を経験しました。

(v)場合によっては、企業は従業員に実質的な給付を提供することを理由に賃金水準を低水準に保つことができました。

(vi)これらの利益の提供は、地域社会における会社の名声を高め、有能な労働者を会社に引き付けることを可能にします。

フリンジ/従業員の利益は、コミュニティと経済にとっても重要です。 米国の第二次世界大戦中に、補償という文脈で「フリンジ」の概念が生まれました。 賃金上昇を抑制する責任を委任された戦争労働委員会は、インフレ防止を意図した措置の妨げにはならないという福利厚生を認めました。

今日でも、このような前提は、「価格を追う賃金と賃金を変える価格」が通常の現象であるインフレ圧力の状況によく当てはまります。 フリンジ給付金の利用可能性は、インフレとの闘いに役立つ賃金上昇の圧力を軽減します。

それに加えて、多くの大企業は、住宅コロニー、道路、公園、照明設備、コミュニティ、教育およびレクリエーションセンターの形で職場の近くにインフラストラクチャを作成しました。 これらは、地域の住民だけでなく、コミュニティの他の多くの人々にも利益をもたらします。 企業によって設立および維持されている病院および診療所の施設は、一般的に近隣の人々が利用できるようになっています。

企業が設立したマーケティングセンターも同様に一般公開されています。 他の多くの例を簡単に引用して、コミュニティが従業員に提供されることを目的とした利益から利点を得ていることを示すことができます。


HRMのメリットのフリンジ-社会的および組織的コンテキストにおけるメリットの原則

フリンジの利点は、動機付け理論の観点からメンテナンス要因として機能します。 それは、福利厚生とサービスの提供が提供されない場合は不満として働くが、提供されれば従業員がより高いパフォーマンスを得るように刺激しないことを意味します。 したがって、質問が発生します-利益とサービスを提供する背後にある理由は何ですか?

この質問の答えには、単に組織的なコンテキストよりもはるかに広いコンテキストでの分析が含まれます。 社会的および組織的コンテキストの両方で分析する必要があります。

私。 社会的状況:

すべての社会は、ある種の利益を提供することによって、そのメンバーの世話をしています。 利益の価値と形態は、社会の経済状況に依存します。 そのような利益の背後にある基本的な論理は、社会の構成員がこれらの利益がなければ享受できるものに比べて比較的良い生活を享受するということです。 目的は、必ずしもそれらをより効率的にすることではありません。

したがって、すべての国は、その国を統治する枠組みの中で利益の概念を採用しています。 たとえば、インド憲法は第43条で「すべての労働者に生活賃金、適正な生活水準を確保し、社会的および文化的機会を十分に享受する労働条件を与えるべきである」と規定している。 。

ii。 組織のコンテキスト:

社会のすべての組織は他の組織と類似していないため、各組織は従業員に利益を提供する独自のアプローチを採用しています。 慈善的アプローチを採用する組織は、より寛大な利益とサービスを提供します。

一般に、組織の観点から見ると、特典とサービスの目的は次のとおりです。

1.同じ地理的地域または産業部門の他の組織によって採用されている一般的な慣行と同等を維持する。

2.従業員が個別に提供できないコミュニティおよび一般的な共有サービスを提供する。

3.有能な従業員を引き付けて維持するために、組織のより良いイメージを作成する。

4.従業員が仕事に集中できるように、従業員の士気と労働生活を向上させる。

5.従業員に福利厚生とサービスを提供することにより労働組合を満足させる。


HRMでのフリンジのメリット–タイプ:雇用保障。 健康保護; 老齢および退職; 人員識別; 参加と刺激、その他

組織はさまざまなフリンジメリットを提供します。

フリンジのメリットは、次の5つのヘッドに分類されます。

1.雇用保障:

この頭のもとでの給付には、失業、保険、技術調整給与、休暇旅行給与、残業給与、交渉のレベル、産休、苦情休暇、休日、生活費、コールバック給与、レイオフ、部屋の退職が含まれます、従業員の息子/娘などへの仕事。

2.健康保護:

この頭のもとでの給付には、傷害保険、障害保険、健康保険、入院、生命保険、医療、病気給付、病気休暇などが含まれます。

3.老齢および退職:

このカテゴリに基づく給付には、退職所得制度、年金、謝礼、積立基金、老齢支援、老齢カウンセリング、退職した従業員の医療給付、退職した従業員への出張免許、故人の息子/娘への仕事などが含まれます。

4.人員の特定、参加、および刺激:

このカテゴリには、記念日賞、出席ボーナス、食堂、協同組合信用組合、教育施設、美容院サービス、住宅、所得税補助金、カウンセリング、品質ボーナス、レクリエーションプログラム、ストレスカウンセリング、安全対策などの特典が含まれます。

その他のカテゴリ:

私。 働いていない時間の支払い:

このカテゴリの給付には、有給の有給休暇、休暇手当、有給休息および休息時間、有給昼食時間、苦情時間、交渉時間、旅行時間などが含まれます。

ii。 勤務時間の追加支払い:

このカテゴリには、保険料支払い、インセンティブボーナス、シフトプレミアム、老齢保険、利益分配、失業補償、クリスマスボーナス、DeewaliまたはPoojaボーナス、食料費補助金、住宅補助金、レクリエーションなどの特典が含まれます。

iii。 減額補償:

1947年の産業紛争法は、レイオフおよび解雇の場合の補償金の支払いを規定しています。 50人以上の労働者を雇用する非季節的産業施設は、1年間の継続勤務後に解雇されたすべての労働者に1か月の通知または1か月の賃金を支払わなければなりません。

補償は、勤続年数ごとに15日間の賃金で支払われ、年間で最大45日間の賃金が支払われます。 労働者は、事業の閉鎖の場合でも、上記の補償の対象となります。

iv。 レイオフ補償:

レイオフとは、特定の職位が不要になったという決定、業務の停滞または業務の中断などのビジネス上の理由で、従業員または従業員グループの雇用を一時的に停止または永久に終了することです。

元々、「レイオフ」という用語は、工場労働が周期的に低下するときのように、仕事の一時的な中断のみを指していました。 レイオフの場合、従業員は、毎週の休日を除き、レイオフ期間の基本給と親愛手当の合計の50%のレートでレイオフを受け取る権利があります。 レイオフ補償は通常、年間で最大45日間支払われます。


HRMのフリンジ給付–法定給付:退職後および老年期の従業員に適用可能

これらの利点は従業員の社会保障に関連しています。なぜなら、低賃金と高い生活費のために、従業員の経済的条件と貯蓄条件は非常に貧弱だからです。

退職後および老年期の社会保障感情を高めるために、従業員には次の法定福利厚生が適用されます。

1.謝礼:

1972年の無償支払い法により、現在の雇用主との最低5年間の継続的サービスを提供するすべての従業員、または事故や病気による退職または死亡または身体障害の年齢で、すべての従業員に謝礼が支払われます。 従業員に支払われる謝礼の上限はRs.3.5 Lakhsを超えてはならず、計算の目的のレートは、勤続年数ごとに15日間の賃金です。

2.積立基金:

従業員の積立基金およびその他の規定法、1952年は、積立基金および預金連動保険を従業員に提供しています。 雇用主と従業員の両方が基金に寄付します。 拠出率は、積立基金制度への拠出の場合は基本給および親愛手当の12%、雇用主側からの拠出が適用されない積立基金制度の場合は基本給の12%のみです。

一般に、組織は、死亡した場合に、何らかの手段により組織から退職または退職する際に従業員または従業員の扶養家族に関心をもってこの基金の金額を支払います。

3.預金連動保険:

このスキームは、1976年に積立基金法で導入されました。 従業員積立基金のメンバーが勤務中に死亡した場合、彼の扶養家族には、彼の口座の過去3年間の平均残高に等しい追加金額が支払われます。 このスキームでは、最大支払額はRs.10000です。

4.年金:

インド政府は、拠出型積立基金制度が適用される1995年に年金制度を導入しました。

5. 1948年従業員国家保険法:

1923年労働者報酬法と1961年の出産給付法は、従業員の健康に関連する別の法定給付制度であり、福利厚生のカテゴリーに分類されます。

一般に、人事部は組織の管理を担当します。 これらは、従業員の福祉を確保し、組織に対する従業員の帰属意識を高めるための手段の1つです。 組織の中には、前述のさまざまな福利厚生プログラムよりもさらに多くを提供するものもあれば、組織の財政能力のために、記載されているすべての利点を提供しないものもあります。


HRMのフリンジの利点 - 管理(問題と手順あり)

フリンジの特典とサービスは、従業員にとって非常に便利です。 これらは、従業員を支援し、ニーズを満たします。 満足した労働力を維持するのに貢献します。 そのためには、特典とサービスを適切に管理する必要があります。 しかし、多くの組織では、経営陣は給付とサービスの管理に適切な注意を払っていません。

以下は、特典とサービスの管理で直面する問題です。

(a)労働者は、福利厚生とサービスに異なる関心を持っています。

(b)労働組合はそのような計画に反対している。

(c)労働者と管理者は、会社の利益政策に関する知識を持っていません。

(d)マネージャーは仕事で過負荷です。 したがって、彼らは給付金とサービスの管理に適切な注意を払うことができません。

(e)福利厚生およびサービスの管理に関するトレーニングの欠如。

特典とサービスの管理は適切でなければなりません。 そうしないと、混乱を招きます。

効果とサービスを効果的に管理するには、次の手順を実行する必要があります。

(a)環境要因の研究。

(b)競合他社のスキームとその管理の研究。

(c)給付およびサービス目標の策定。

(d)福利厚生およびサービスの管理の責任を固定する。

(e)従業員および労働組合へのスキームの伝達。

(f)給付およびサービスの費用の管理。

(g)既存のスキームのレビュー。


HRMのフリンジベネフィット–インドのさまざまな組織が提供するベネフィットのタイプ:勤務時間、休憩時間、休日、シフトプレミアム、その他

インドの産業における福利厚生の提供はそれほど顕著ではありません。 自然界には多様性があり、さまざまな産業でこれらの利点があります。 インドの雇用主から提供される福利厚生には2つのタイプがあり、合法的なものと自発的なものがあります。

従業員の積立基金への拠出、年金制度、謝礼、従業員への拠出、州の保険基金、報酬の解雇、旅行譲歩。 出産手当は、平均的な年収の21.3%に相当する法的な福利厚生の例です。

一方、多くの産業住宅では、従業員の利益のためにさまざまなスキームが自主的に運営されています。 その値は、さまざまな産業の年間賃金の10%から21%の範囲です。 公的部門の企業は、従業員にそのような利益を提供することで主導権を握ってきました。

このような高い割合にもかかわらず、インドでのフリンジベネフィットの提供は十分かつ満足できるとは言えません。 フリンジベネフィットのコストは、他の国と比べて決して重要ではありません。

インドのさまざまな組織が提供する福利厚生には、次の種類があります。

1.労働時間-1948年の工場法のセクション15に従い、成人労働者は1週間で48時間を超え、1日で9時間を超えて工場で働くことを許可されません。

2.休憩時間-休憩をとるために、日中は休憩またはコーヒー休憩が許可されています。

3.休日– 1948年の工場法によると、成人労働者は一般的に日曜日または週の他の日に休日を毎週支払う必要があります。

4.シフトプレミアム– 1日の2番目と3番目のシフト中に働く必要がある労働者にプレミアムをシフトします。

5.有給休暇–労働者は、暦年の15日間から30日間の有給休暇の資格があります。

6.ホリデーペイ–独立記念日、共和国記念日、ガンジージャヤンティ、ディーパバリ、ダシェラ、ホーリー、Id、クリスマスは有料の祝日です。 一般的に、これらの休暇中に労働者が働いた場合、組織は通常の給与の2倍の割合で働きます。

7. Sick Leave – The employees are entitled to get full day when he is out of work due to sick for a 10 days in a calendar year.

8. Maternity Benefit – The Women are entitled to maternity leave for 12 weeks (six weeks before the delivery and six weeks after the delivery) in addition to cash benefit of 75 paise per day or twice of sickness benefit, whichever is higher.

9. Disable Benefit – The employees are entitled to get the benefit under Workmen's Compensation Act 1923, if he is disabled temporarily or permanently (partial or total) during employment injury or occupational diseases.

10. Absence Leave – The pay is provided to an employee if he is absent from the work place due to the participating in training and development programmes.

11. Canteens – Fully or partially subsidized food and refreshments is provided to the employees during working hours.

12. Transport Facilities – Many organizations are providing conveyance facilities to employees from their residence to work place and back.

13. Housing Facilities – The big houses are providing company owners housing or subsidized housing facilities to their employees.

14. Purchasing Facilities – Many of the large organizations has set up the consumer stores in the employee's colonies and supply all essential goods and services at fair prices.

15. Educational Service – Educational services include tuition fees refunds, scholarships, setting up of schools and colleges, libraries and many more. These facilities not only provide to the employees of the organisation but also to their family members.

16. Medical Facilities – These include clinics, hospitals and counselling services. It reduces tiredness, absenteeism and employee turnover.

17. Financial and Legal Aid – Many organizations are provided loan funds, income-tax service, assistance in legal matters and group insurance plans to their employees.

18. Recreational Facilities – Organisations provide social clubs, arrange parties and picnics, reading rooms, libraries and entertainment programmes for their employees.

19. Travel Concessions – Many organizations are providing leave and travel concessions one time in a financial year to their employees.

20. Miscellaneous – Many organisations are providing other benefits to their employees such as Dipawali gifts, birthday gifts, pooja gifts and productivity or performance rewards, etc.


 

コメントを残します