4国民所得の主な概念

以下のポイントは、国民所得の4つの重要な概念を強調しています。 概念は次のとおりです。1. GDPおよびGNP 2.市場価格でのGDPおよび要素コストでのGDP 3. NNP 4.個人所得。

国民所得:コンセプト#1. GDPおよびGNP:

GDPは、1年間に経済が生み出した生産物の総金銭的価値を測定します。 言い換えれば、GDPは、1年間に国内で生産されたすべての最終財とサービスを市場価格で評価することによって得られます。 GDPは、生産行為によって生み出されたすべての収入を加算して計算されます。

国内で生産された商品とサービスのみが推定されるため、 「国内」という言葉を使用して、 国内総生産と区別しています。 「総額」という言葉は、減価償却の控除が許可されていないことを意味します。

GNPには、GDPと海外からの純資産収入が含まれます。 したがって、GNPには国民が海外で稼ぐ収入は含まれますが、外国人が稼ぐ収入は含まれません。 一方、GDPは、外国人によってさえ国内で生み出される収入に関係しています。 GDPは、海外から受け取った収入を無視します。

これは、資産の所有者に関係なく、国内で生産された商品とサービスの尺度です。 また、GNPは、資産の場所に関係なく、ある国の居住者が稼いだ収入の合計です。 インドのGNPには、他の国に所在するインド企業の利益が含まれます。

言い換えると、

GNP =国内で生産された商品とサービスの市場価値+外国の国民が稼いだ収入-外国人が国内で稼いだ収入。

GDP =国内で生産された商品とサービスの市場価値+外国人が国内で稼いだ収入—居住者が外国から受け取った収入。

例は理解に役立ちます。 インドの医師が一時的にアメリカに行ってそこで働いているとしましょう。 彼がアメリカでサービスを提供することで得た収入は、アメリカで稼いだためインドのGDPではなく米国GNPに含まれています。

しかし、インド人医師は外国人であるため、この収入は米国のGDPの一部ではありません。 同様に、ニューデリーの米国大使の収入は米国GNPに含まれていますが、それはインドのGDPの一部です。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

GNP = GDP +海外からの純資産収入

したがって、GDPは、国内の経済に置かれ、支払われた生産要素によって生産されたすべての商品およびサービスの合計金額を、これらの要素が海外で所有されている場合でも測定します。

国民所得: コンセプト#2.市場価格でのGDPおよび要素コストでのGDP:

国内製品が測定される場合、それは現在の市場価格で測定されます。 市場価格は、生産される商品に対する税金と補助金を常に反映しています。 商品に間接税が課せられると、商品の市場価格は上昇します。 経済学の本に10個の税がかかると、価格が上昇します。

税金は商品の価格に含まれ、税金は生産物ではありません。 同様に、一部の商品には補助金が提供され、その結果、価格が下落します。 こうした税金や補助金を調整しない場合、GDPは市場価格で取得されます。

市場価格でのGDPは、生産要素の真の収入を反映していません。 これには税金と補助金が含まれますが、これらは生産ではないため、生産的なインプットの収入として扱うことはできません。

したがって、税金と補助金は除外され、実際の生産額を得るために含まれます。 出力の値は、すべての生産的な入力に支払われる収入の値と等しくなることはありません。 税金と補助金を調整することにより、要素コストでGDPを取得します。つまり、

ファクターコストでのGDP =市場価格でのGDP-間接税(T)+補助金(S U

ここに例を示します。 ナノカーに物品税が課せられたとします。

この結果、車の価格はルピーまで上がります。 1.75万ルピー(5千ルピーが物品税です)。 車の出力の値は、実際にはRsです。 1.70 lakh。 これは、さまざまな要因の入力が、Rsの範囲で家賃、賃金などの形で収入を得ていることを意味します。 1.70 lakh。 出力の値は、生成された収入の値と等しくなければなりません。 したがって、間接税は除外されます。

補助金は税の反対の効果があります。 粗い綿布の単位あたりの補助金は、市場価格を下げる効果があります。 たとえば、1メートルあたり1ルピーの補助金の結果として、消費者はRsで綿布を手に入れます。 メートルあたり20。

しかし、この製紙工場の投入者が受け取った収入はルピーです。 メートルあたり21。 出力の値は、すべての収入の値と等しくなければなりません。 したがって、補助金が追加されます。 したがって、税金を差し引き、市場価格でGDPから補助金を追加することにより、要素コストでGDPを取得します。

市場価格でのGNPと要素コストでのGNPは、上記と同じ方法で計算されます。

NI = NNP – T + S U

または、NI =(GNP – D)– T + S U

国民所得: コンセプト#3. NNP:

グロス製品から減価償却費を差し引くと、ネット製品が得られます。 GDPから減価償却を差し引いたものはNNPと呼ばれます。 NNPは国民所得とも呼ばれます。

とにかく、NNPを測定するには、総投資(I G )と純投資(I N )を区別する必要があります。 総投資とは、新工場、設備などの総支出と棚卸資産の変動を指します。 純投資は、総投資から減価償却を差し引いたものに等しい。

あれは、

I N = I G –減価償却

GNP = C + I G + G +(X – M)なので、

NNP = C + I N + G +(X – M)

または、NNP = GNP –減価償却

NNPは経済パフォーマンスのより良い尺度を提供しますが、GNPにより注意を払っています。 これは、純投資額を得るために減価償却を測定する必要があるため、実際にはNNPの推定が難しいためです。 実際には、GNPはNNPよりも一般的に使用される指標です。

国民所得: コンセプト#4.個人所得:

国民所得はすべての個人の個人所得の合計ですが、受け取った収入は稼いだ収入よりも少ないことが観察されています。 これは、最初に企業がその収入から政府に法人所得税(T C )を支払わなければならないためです。 第二に、企業は内部拡大のために利益の一部を保持します。

これは、未分配の企業利益(P C )または内部留保と呼ばれます。 第三に、個人は積立基金、生命保険料などの社会保障税(T S )を支払います。最後に、政府振替の支払い(T R )は現在の収入を反映せず、したがって国民所得に含まれないため、増加します収入を受け取りました。

個人所得(PI)を測定するには、NIからT C 、P C 、およびT S (つまり、収入はあるが受け取っていないすべての構成要素)を差し引き、T R (つまり、受け取ったが収入はない収入)から国民所得。 象徴的に、

PI = NI –(T C + P C + T S )+ T R

この議論を次の形式で要約できます。

ここで、T Dは直接税、DIは可処分所得、Sは貯蓄、Cは消費を指します。

 

コメントを残します