経済発展の測定

一般的に、経済発展は長期にわたる変化のプロセスです。

経済発展を測定するための基準または原則はいくつかありますが、満足のいく普遍的に受け入れられる経済発展の指標を提供するものはありません。

したがって、経済発展の測定について答えることは複雑な問題です。

RG Lipseyは、国の発展度、一人当たりの収入、未利用の資源の割合、一人当たりの資本、一人当たりの貯蓄、社会資本の量について多くの可能な尺度があると主張しています。 しかし、より一般的に使用される経済発展の基準は、国民所得の増加、一人当たり実質所得、比較概念、地域社会の生活水準および経済福祉などです。

理解を深めるために、これらの測定の詳細な調査を行ってみましょう。

1.開発の指標としての国民所得

国民所得の成長を維持する経済学者のグループは、経済発展の最も適切な指標と見なされるべきです。 彼らはサイモン・クズネッツ、マイヤーとボールドウィン、ヒックス・D・サミュエルソン、ピゴンとクズネッツであり、経済発展の測定の基礎としてこの方法を支持しました。 この目的のために、国民総生産(GNP)よりも国民総生産(NNP)の方が、国家の進歩に関するより良い考えを与えるので好ましい。

マイアー教授とボールドウィン教授によると、「一人当たり所得の増加が経済発展の尺度として採用された場合、その国の実際の国民所得が増加した場合、その国は発展しなかったと言わざるを得ない立場になります。人口も同じ割合で増加しました。」

同様に、Me de教授は、「総所得は、一人当たり所得よりも福祉を測定するのに適切な概念です」と主張します。したがって、測定可能な経済発展において、最も適切な測定は、生産される最終財とサービスを含めることですが、生産プロセス中の機械およびその他の資本財の浪費。

国民所得を支持する議論

経済発展の尺度として実質国民所得を強調することには、特定の議論があります。

彼らです:

(i)通常、実質国民所得の増加は、実質一人当たり所得の増加の前提条件であり、したがって、国民所得の増加は経済発展の象徴とみなすことができます。

(ii)一人当たりの収入が経済発展の測定に使用される場合、人口はすでに分配されているため、人口問題は隠されている可能性があります。 これに関連して、サイモン・クズネッツ教授は、「比率の分母を無視する危険を伴う経済成長率を測定するための、一人当たり、単位当たり、または類似の尺度の選択」と書いています。

(iii)一人当たり所得の増加を経済発展の尺度としてとると、国の実質国民所得が増加したが人口も増加した場合、その国は発展していないという厄介な状況に陥る可能性が高い同じ割合で。

国民所得に対する議論

有利な議論にもかかわらず、経済発展の尺度としての国民所得には、いくつかの欠点があります。

(i)所得の分配が公平でなければ、国民所得および一人当たり所得さえ上昇している場合、経済厚生が増加したと断言することはできません。

(ii)国民所得および一人当たり所得の拡大は、総生産の構成も重要であるため、濃縮では特定できない。 たとえば、総生産量の拡大は、天然資源の枯渇を伴う場合もあれば、兵器のみで構成される場合もあれば、単に資本財のより大きな生産量で構成される場合もあります。

(iii)何が生産されるかだけでなく、どのように生産されるかも考慮しなければなりません。 実際の国内生産が増加すると、実際のコスト、つまり社会の「痛みと犠牲」も増加する可能性があります。

(iv)発展途上国における価格変動の影響を排除する適切なデフレーターを決定することは困難です。

(v)平均所得が上昇しているが、人口の急速な増加により失業が存在する場合も複雑であり、そのため、そのような状況は開発と一致しない。

2.一人当たりの実質所得

経済学者の中には、一般大衆の生活水準を向上させなければ経済成長は意味がないと考える人もいます。 したがって、彼らは経済発展の意味は総生産を増やすことだと言っています。 このような見解は、経済発展は、実質的な一人当たり所得が長期間にわたって増加するプロセスとして定義されると考えています。 Harvey Leibenstein、Rostow、Baran、Buchanan、その他多くの人々は、経済発展の指標として一人当たりの生産量の使用を支持しています。

「開発途上国の経済発展の措置」に関する彼らの報告書のUNO専門家は、この発展の測定も受け入れました。 チャールズ・P・キンドルバーガーは、国民所得データの計算において適切な予防策を講じた同じ方法も提案しました。

一人当たりの実質所得を支持する議論:

経済発展の目的は、人々の生活水準を高め、これを通じて消費レベルを上げることです。 これは、国民所得ではなく、一人当たりの収入を通じて推定することができます。 ある国の国民所得が上がっても、一人当たりの収入が増えない場合、国民の生活水準は上がりません。 そうすれば、国民所得よりも一人当たりの収入が経済発展のより良い指標となります。

一人当たりの収入の増加は、経済発展の良い尺度です。 先進国では、国民所得の成長率が人口の成長率よりも大きいため、一人当たりの収入は継続的に増加しています。 これは人々の経済的な多くを上げました。 発展途上国では、一人当たりの生産能力が非常に低くなっています。 したがって、生産能力が上がると、これらの経済は経済発展に向かって進みます。

一人当たりの収入の増加は、人々の福祉の増加のより良い指標となり得る。 先進国では、国民所得は人口の増加率よりはるかに速く増加しています。 これは、一人当たりの実質所得が常に増加しており、これが人々の福祉の増加につながっていることを意味します。 そうすれば、一人当たりの収入は人々の福祉のより良い指標と考えることができます。

一人当たりの実質所得に対する議論:

経済発展の指標である一人当たりの実質所得は、ジェイコブ・バイナー、クズネットなどによって厳しく批判されてきました。

(a)MeierとBaldwinによれば、「一人当たりの収入の増加が開発の尺度として採用された場合、その国の実際の国民所得が増加した場合、その国は発展しなかったと言わなければならないという厄介な立場にあり、人口も同時に増加しています。」

ある国で国民所得の増加が人口の増加によって相殺される場合、経済発展は起こっていないと言うに違いありません。 同様に、ある国の国民所得が上がらず、流行や戦争により人口が減少した場合、その場合は経済発展が起こっていると結論付けられます。

(b)国民所得を人口で割ると、その場合の人口の問題は無視されます。 それは研究の範囲を限定します。

(c)この措置では、分配的な側面は無視されています。 国民所得が増えても、社会のさまざまな部門間で所得が不均等に分配されている場合、その場合、国民所得の増加は意味がありません。

(d)一人当たり所得が経済発展の指標とみなされている発展途上国では、これらの国の一人当たり所得の増加に伴い、失業、貧困、所得の不平等も増加しています。 これは開発とみなすことはできません。

(e)経済成長は多額の概念であり、金銭収入の増加だけでなく、教育、公衆衛生、余暇の増加などの社会活動の改善も含まれます。このような改善は、一人当たり実質所得の変化では測定できません。

(f)国民一人当たりの国民所得のデータは、国民所得データの不完全性とその計算のために、しばしば不正確で誤解を招き、信頼できない。 そうすれば、一人当たりの実質所得に弱点がないわけにはいきません。 実質一人当たり所得の測定におけるこれらの欠点にもかかわらず、多くの国では、経済開発の指標としてこの測定を採用しています。

3.経済発展の指標としての経済厚生

実質国民所得と実質一人当たりの経済発展の欠点を考慮して、Coline Clark、Kindleberger、D。Bright Singh、Hersickなどの一部のエコノミストは、経済発展の指標として経済厚生を提案しました。

経済福祉という用語は、次の2つの方法で理解できます。

(a)社会のすべての部門に国民所得が均等に分配されている場合。 それは経済的福祉を高めます。

(b)お金の購買力が上がると、それでも経済厚生のレベルが上がる。 国民所得の増加に伴い商品の価格も上昇すると、お金の購買力が上がる可能性があります。 つまり、価格の安定性が確保されれば、経済的厚生が増大する可能性があります。

したがって、経済的厚生は、収入の均等な分配と物価の安定によって促進されます。 経済福祉のレベルが高いほど、経済発展の程度は高くなり、逆もまた同様です。

厚生指数に対する議論:

経済的福祉を評価するには、国民所得の性質と生産の社会的コストを知ることが不可欠です。 これらの経済的要因を推定する際、多くの実際的な困難に直面しています。 この理由により、多くのエコノミストは、経済厚生を経済発展の良い尺度と見なしていない。 また、福祉の概念は本質的に主観的であり、測定することはできません。 また、福祉は人によって異なる相対的な用語です。

4.比較コンセプト

経済発展は比較概念であり、容易に理解および測定できます。 簡単な方法で、比較の概念から、ある国でどれだけ経済発展が達成されたかを確認できます。

比較は、一定期間にわたって2つの方法で行うことができます。

(а)国内での比較。

(b)他の国との比較。

(a)国内での比較:

ある国の経済発展を長期的に比較するには、長期を考慮し、それをさまざまなフェーズに分割する必要があります。 たとえば、1990年の国民所得はRsです。 Rsに上昇した1, 000クロ、1995年に1, 200クロ、Rsに上昇しました。 2000年に1, 800クロール。

2000年には、Rsの量が登録されました。 2, 250クロ。 したがって、1990年から1995年までの5年間で、国民所得は20%の範囲で増加します(200×100/1000 = 20%)。 1995年から2000年にかけて、50パーセント(600×100/1200)に上昇し、1995年から2000年にかけて、25パーセント(450×100/1800 = 25%)上昇しました。 これは図の助けを借りて描くこともできます。

上記の図は、1990年の国民所得がRsであることを示しています。 Rsに上昇した1, 000。 1995年に1, 200万ルピーとRs。 2000年の1, 800クロール:したがって、5年間での国民所得の増加は、それぞれ20%、50%、25%です。

(b)他の国との比較。 この図2では、横軸に時間、縦軸に国民所得OYが示されています。 曲線PP 'は、MM国の開発の経路(収入の緩やかな上昇を示す)を示し、曲線'はB国の開発の経路を示します。

期間の初めに、B国はA国よりもはるかに高い国民所得レベルにありますが、一方で、A国の発展率はB国の発展率よりも高くなります。期間5、両国の国民所得は等しい。

長い目で見れば、ある時間間隔の後、A国の国民所得はB国よりも高くなります。このように、A国は発展途上経済であり、B国は比較的衰退した経済であると言えます。

5.職業パターンによる測定

異なる職業における労働人口の分布も、経済発展の測定基準と見なされています。 一部のエコノミストは、職業構造の変化を経済発展の性質を測定するためのソースと見なしています。 コリン・クラークによると、職業構造と経済発展の間には深い関係があります。 彼は職業構造を3つのセクターに分割しました。

(1) 主要セクター:

農業、漁業、林業、鉱業などが含まれます。

(2) 二次セクター:

製造、貿易、建設などで構成されています。

(3) 三次セクター:

サービス、銀行、輸送などが含まれます。発展途上国では、労働人口の大部分が第一次産業に従事しています。 それどころか、先進国では、労働人口の大半が第三次産業で働いています。

一次部門から二次および領土部門への人口の職業分布の変化は、国が経済発展を遂げ、その労働人口が一次部門から二次および三次部門へと移行し始めるときの経済発展への動きを示しています。 したがって、経済発展に伴い、第一次産業に従事する人口の割合は減少し、第二次および第三次産業に従事する人口の割合は増加します。

ここで、職業パターンによる経済発展の測定は、次の理由で満足できるものとは見なされないことに注意する必要があります。

(i)未開発経済の職業を3つの異なるカテゴリーに明確に分類することはできない

(ii)第二に、開発の初期段階では、輸送、通信、貿易などの第三次セクターの活動が不十分で不十分です。 その結果、これらの活動における雇用の機会は非常に制限されています。

6.生活基準の基準

経済発展を測定する別の方法は、生活水準です。 この見解によれば、一人当たりの所得や国民所得の増加ではなく生活水準は経済発展の指標とみなされるべきです。 開発のまさに目的は、生活水準の改善または向上を通じて、人々により良い生活を提供することです。 つまり、個人の平均消費レベルの増加を指します。 しかし、この基準は実際には真実ではありません。

国民所得と一人当たりの両方が増加すると仮定しますが、政府は大量の課税または強制預金制度またはその他の方法でこの収入を一掃します。そのような状況では、平均消費レベルに引き上げる可能性はありませんすなわち、生活水準。

さらに、貧しい国では、消費傾向がすでに高く、貯蓄と資本形成を促進するために、余分な消費を削減するための厳しい努力がなされています。 また、「生活水準」も主観的であり、客観的な基準では判断できません。

経済発展の最良の尺度はどれですか?

上記の経済開発の測定方法をすべて検討した後、混乱する可能性が高く、上記の経済開発の測定のどれが最適であるかという疑問が生じる可能性があります。 答えは、経済発展を測定する目的に依存します。 ただし、さまざまな観点から検討した結果、GNPまたは1人当たりが経済発展を測定する最良の方法であると結論付けることができます。

RGリプシー教授の言葉を借りれば、「経済発展の測定に将来変化があったとしても、国民総生産(GNP)を完全に置き換えることはできない」。エコノミストと国連機関は、一人当たりGNPを経済発展の測定として使用している。

 

コメントを残します