コスト曲線に関する注記(図で説明)

コストを表す曲線を描くことができます。 限界費用(MC)と平均費用(AC)を次の図に示します(23.3)。

OXとOYは2つの軸です。OXに沿って生産量が示され、OYに沿ってコストが示されます。

出力が増加すると、平均コスト(AC)と限界コスト(MC)の両方が低下しますが、MCはACを下回ります。つまり、限界コストは平均コストを下回ります。

秋は規模の経済によるものです。 しかし、ポイント(M)を超えると、つまり出力が大きくなりすぎると、ACとMCの両方が上昇し始め、MCがACを超えます。つまり、限界コストは平均コストよりも大きくなります。 これが、MCが最下部でACを下からカットする理由です。

他の2つのタイプのコスト曲線があります。 それらは、平均変動費曲線と平均固定費曲線です。 平均変動費は、変動費の合計を生産されたユニットの数で割ることによって得られます。 平均固定費は、固定費の合計を出力の合計単位で割ることによって得られます。 出力のすべての単位で固定されている固定費の合計、AFCは、長方形の双曲線の形をした下降曲線です。

平均変数および平均固定費曲線は、次のように表すことができます(図23.4)。 OXとOYは2つの軸です。 出力はOXに沿って表され、OYに沿ってコストが表されます。 AFC曲線は、平均固定費を表します。 AVC曲線は平均変動費を表し、ATC曲線は平均総費用(つまり、AFCとAVCの合計であり、AC、つまり平均費用と呼ばれます)を表します。 MC曲線は限界費用を表します。

産出量が増加すると、さまざまな内部経済のために単位当たりのコストが減少することは明らかです。 AFC、AVC、したがってATCがすべて低下し始めるのはそのためです。 しかし、出力が適切な制限を超えて拡大されると、不経済が生じ、これらすべてのコストが上昇します。これは、これらの曲線の上昇部分によって示されます。 これは、変動比率の法則の第3段階です。

AFCは低下し続け、上昇することはなく、AVCがしばらく低下するのを助けますが、しばらくするとAVCが急速に上昇し始め、ATCも上昇します。 MCとAVCは同時に下降および上昇します。 しかし、MCとAVCが下降しているとき、MCはAVCを下回りますが、上昇するとMCはAVCを上回ることに注意してください。 AVCが一定の場合、MCはそれに等しくなります。 つまり、MCはAVCとATCを最低点でカットします。

 

コメントを残します