株式会社の長所と短所

合資会社の長所と短所について知っておく必要があるすべて。 合資会社は、永続的な存在と共通の印章を持つ別個の法的存在を持つ2人以上の法人の法人です。

その資本は自由に譲渡可能な株式に分割され、これらの株式の所有者には有限責任があります。 法律によって作成された人工的な存在です。

合資会社は、クラスと大衆の両方が購入できる株式と社債を発行することにより、無制限の資本を調達することができます。

有限責任や企業の安定性などの資質により、Joint Stock Companyは投資家と優れた経営人材を会社に引き付けます。 したがって、合弁会社は、現代ビジネスの増大するニーズを満たすためにより良い立場にあります。

合資会社の利点またはメリットのいくつかは次のとおりです。

1.より大きな資本2.有限責任3.存在の安定性4.規模の経済5.拡張の範囲6.国民の信頼7.株式の譲渡可能性8.専門的な管理

9.税制上のメリット10.リスクの拡散11.社会的メリット12.借入能力の向上13.貯蓄と投資の促進14.説明責任の強化15.適応性の向上16.資本と能力の相乗効果17.最新技術の使用。

合資会社の短所または短所は次のとおりです。

1.結成の難しさ2.秘密の欠如3.意思決定の遅れ4.経済力の集中5.個人の関心の欠如6.より多くの政府の制限7.無能で不Un慎な経営8.株式の不当な投機9 。非人格的な労働環境10.多数の規制

11. lig頭政治12.利益相反13.意欲と個人的なタッチの欠如14.社会的悪15.所有権と管理の分離16.不正なプロモーションと管理17.大規模の悪影響18.継続性の欠如19.欠如秘密と少数。


合資会社:長所と短所

合資会社–長所と短所

株式会社の利点:

1.大規模な資本-現代の企業が必要とする大規模な資本は、個人の個人所有やパートナーシップのような他の形態の組織では不可能です。 すべてのクラスの投資家への広範なアピールにより、株式会社は大企業が必要とする適切な資本リソースを調達することができます。

2.責任の制限-会社の株主の責任は、購入した株式の額面金額に制限されます。 投資に刺激的な効果があります。 株主の私有財産は、会社の会費を回収するために添付できません。

3.存在の安定性-独立した法人としての会社の組織は、永続性または継続性の特徴を企業に与えます。 法人として、会社は永続的な存在を楽しんでいます。

4.規模の経済-会社は大規模に運営されているため、購入、管理、流通、販売の経済が実現します。 これらの経済は、より安い価格で消費者に商品を提供します。

5.拡張の範囲-公開会社の最大メンバー数に制限はないので、新しい株式や社債を発行することでビジネスの拡張が容易になります。

6.国民の信頼-企業の形成と労働は、会社法の規定により十分に規制されています。 いくつかの文書、アカウント、ディレクターの報告書などの強制公開に関する規定は、世間の信頼を生み出します。 彼らのアカウントは、公認会計士によって監査され、公開されます。 これは、会社の機能について一般の人々に信頼をもたらします。

7.株式の譲渡可能性-公開会社の株主は、彼らが保有する株式を他者に譲渡する権利があります。 ほとんどの株式会社の株式は証券取引所に上場されているため、簡単に売却できます。

8.専門的経営-会社の経営は、株主により正式に選出された取締役に帰属します。 通常、経験豊富な人が取締役として選出されます。 したがって、利用可能なスキルは会社の利益のために利用されます。 したがって、企業組織はスキルと資本の橋渡しのようなものです。

9.税制上の優遇策-会社は、より高い収入に対してより低い税金を支払います。 これは、会社が定額料金に税金を支払う理由です。 同様に、会社が後方地域で地位を確立した場合、いくつかの税制上の優遇措置を取得します。

10.リスクの拡散-会社の会員数は多い。 ビジネスリスクは、会社の複数のメンバーに分割されています。 これにより、小規模投資家の投資が促進されます。

株式会社の短所:

1.設立の難しさ-会社設立に必要な法的手続きと手続きは多数あります。 資本のために多数の人々にアプローチしなければならず、設立証明書と事業を開始するための証明書を取得しない限り、事業を開始することはできません。

2.秘密の欠如-すべての問題は、取締役会で議論されています。 会議の議事録や会社の損益などの記録を公開する必要があります。 この状況では、機密保持は困難です。

3.意思決定の遅れ-企業形態の組織では、すべての重要な決定は、取締役会および株主総会で行われます。 したがって、意思決定プロセスには時間がかかります。 取締役会自体は、多くの場合、官僚の慈悲に委ねられなければなりません。

4.経済力の集中-会社形態の組織は、少数の手で経済力の集中の範囲を与えます。 それは、独占をもたらす組み合わせの形成の容易な範囲を与えます。 大規模な株式会社は、独占力を行使する組み合わせや団体になりがちで、同じ系列の他の企業や消費者に不利益をもたらす可能性があります。

5.個人的な関心の欠如-会社の組織形態では、日々の管理は、会社に個人的な関心を持たないサラリーマンまたは役員に与えられます。 これにより、従業員のモチベーションが低下し、非効率になる可能性があります。

6.その他の政府の制限-会社の内部作業は、会議、投票、監査などに関する法的な制限の対象となります。したがって、会社の設立と運営は、複雑な法的規制のために面倒で負担が大きいことがわかります。

7.無能で悪徳な経営者-悪徳な個人は、偽りの会社を宣伝することにより、コミュニティに経済的破滅をもたらす可能性があります。 詐欺的なプロモーターは、国​​民をだまして資本を集め、個人的な利益のためにそれを悪用する可能性があります。 経営者による財産、商品、金銭の誤用は、株主の利益を損ない、投資する人々の間でパニックを引き起こす可能性があります。

8.会社の株式の不当な投機-証券取引所に上場している会社の株式の価値の違法な投機は、株主の利益を害します。 証券取引所でのギャンブルの結果としての株価の激しい変動は、投資家の信頼を弱め、金融危機につながる可能性があります。


合資会社–長所と短所

利点:

(i)責任制限–株主の責任は、保有する株式の額面額までです。 彼らは個人的に責任を負いません。 これにより、投資家が負担するリスクの程度が軽減されます。

(ii)持分の譲渡–公開有限会社の株式は市場で販売でき、公開市場で、すなわち証券取引所で販売することで簡単に現金に変換できます。

(iii)永続的な存在–メンバーとは別のものであっても、メンバーの死亡、破産、または退職は会社の生活に影響を与えません。 メンバーは出入りするかもしれませんが、会社は永遠に続きます。 巻き上げの特定の手順に従った場合にのみ存在しなくなります。

(iv)拡張の範囲–企業には大きな財源があり、銀行や金融機関からの融資だけでなく、より多くの資本を国民から引き付けることができます。 したがって、拡張の範囲が広がります。 投資家は、有限責任、譲渡可能な所有権、および企業の高収益の可能性のため、株式に投資する傾向があります。

(v)専門職管理–企業は、さまざまな事業分野で専門家と専門家を雇用し、高い給与を支払う余裕があります。

制限事項

(i)設立の複雑さ–他の形態の組織と比較して、会社の設立はより多くの時間、労力、手順、および法的要件に関する広範な知識を必要とするため、より複雑です。

(ii)秘密の欠如–会社法によれば、各公開会社は時々、会社の登録機関に情報を提供しなければなりません。 このような情報は、一般にも公開されています。 その結果、会社の運営について完全な秘密を維持することは困難です。

(iii)非人格的な職場環境–企業の規模が大きいため、所有者や経営陣が従業員、顧客、債権者との個人的な接触を維持することが難しくなります。

(iv)多数の規制–企業は、監査、投票、報告書の提出、文書の作成などの側面に関して多くの法的規定と強制の対象となり、さまざまな機関からさまざまな証明書を取得する必要があります。 レジストラ、SEBIなど。このプロセスはすべて時間がかかり、費用がかかり、運用の自由度が低下します。

(v)意思決定の遅れ-組織形態の企業では、すべての重要な決定が取締役会によって行われるか、総会に付託されるため、多くの機会が失われるため、意思決定は時間のかかるプロセスです。

(vi)lig頭統治–会社では、支配は少数の手、すなわち取締役会に集中しています。 彼らはさまざまな手段を採用して、毎年取締役として再選されています。 株主の利益は見落とされています。

(vii)利益相反–企業のさまざまな利害関係者の間で利益相反が生じる可能性があります。

たとえば、従業員はより高い給料に関心があり、消費者はより低価格でより高品質の製品を望み、株主は配当の形でより高い利益を望み、株式の本質的価値を高めます。 こうした多様な利益を満たすことが困難になることが多いため、これらの要求は会社の管理に問題をもたらします。


合資会社–長所と短所

株式会社のメリット

1.株主の責任制限–株主の責任は制限されており、企業の事業に喜んで資金を投資します。 有限責任の原則は、人々が貯蓄を会社に投資することを奨励しています。 有限責任は、世界中の企業形態の組織の普及に大きく貢献しました。

2.大規模な財源–所有権を小さな額面の株式に分割することにより、会社は何千人もの個人から大量の資本を引き付けることができます。

3.事業拡大の範囲–資金、専門の管理者、才能ある管理者がいるため、企業の事業拡大の良い範囲があります。

4.株式の譲渡可能性–公開会社のメンバーは、株式を自由に譲渡できます。 パートナーシップの場合とは異なり、株式の譲渡に関して他のメンバーの同意を得る必要はありません。 法律で定められた手順と会社の条項のみに従う必要があります。

5.管理の効率性–規模とリソースが大きいため、企業にとって利点があります。 大企業は、経営の効率化に貢献する経営のさまざまな機能分野で専門家を雇用することができます。

6.拡散リスク–企業における損失のリスクは、多数のメンバーに広がっています。 そのため、個人投資家のリスクが軽減されます。

7.安定性– 組織の会社形態には、永続的な継承権を持つ別個の法人があります。 その継続性は、個々のメンバーやディレクターの死、破産、狂気の影響を受けません。

8.社会的利益–社会の観点から、企業は国民の信頼を享受し、金融機関による投資の手段を提供し、経営者の職業の発展に役立ち、事業所有権の広範な基盤をもたらします。

株式会社のデメリット:

1.設立の難しさ-会社の設立は長い間描かれたプロセスであり、多くの法的手続きと資金がこれに関与しています。

2.法律による過度の規制–設立から清算まで、会社は法律によって厳密に規制されています。 株式の割り当て、さまざまなリターンの提出、書類などに関する問題に関係する多数の法的手続きを怠ると、会社に大きな罰則が科せられます。

3.動機付けと個人的なタッチの欠如–所有権と管理が分離されているため、会社の経営者は事業主やパートナーほど個人的なビジネス上の関心を持たない傾向があります。

4. lig頭制–会社は多数の株主が所有していますが、取締役会に選出された少数の代表者によって管理されています。 取締役会は非常に幅広い管理権限を享受しています。 これは、ビジネスに関する重要な問題に関する最終的な意思決定機関です。 これにより、少数の手に力が集中します。

5.利益相反–経営陣や労働者、取締役会、株主など、企業内のさまざまなグループの利益相反の可能性は常に存在します。

6.投機-会社の株式は自由に譲渡可能であるため、人々はこれらの株式の価格を推測しようとします。 したがって、無謀な憶測は、株式会社の設立により奨励されています。

7.遅れた行動–企業は、すべての多様な利益の合意後、非常にゆっくりと動きます。 成功のために迅速かつ迅速な決定が不可欠である活動の行には非常に適していません。 また、プロプライエタリな企業と比較して、弾力性が低く、適応性が低い。

8.秘密性の欠如–共同経営形態の企業組織は、秘密を簡単に保存できません。

9.社会的悪-社会的観点から、公的生活の腐敗、少数の手による富の集中、産業の平和の欠如などの悪に対する責任を会社に負わせることができます。


合資会社–長所と短所

株式会社の利点

(1)巨大な財源:

個人事業主およびパートナーシップ会社と比較して、合資会社は膨大な資金を蓄積することができます。 生産的な目的のために数百万の節約の動員を促進します。 その資本は小さな価値のシェアに分割されているため、普通の投資家でさえその資本に貢献することができます。 これに加えて、企業証券の容易な市場性は、あらゆるタイプの投資家からの投資をさらに引き付けました。

このように、金持ちと貧乏人、進取的で保守的な、慎重で注意深い人は、すべて、巨額の資本を必要とする大規模な産業の設立の資金調達に参加できます。

(2)効率的な管理:

株式会社の場合、所有権と管理が分離されています。 選出された取締役会は、ビジネスのさまざまな機能を管理するための専門家および有資格者を任命する立場にあります。

専門家のグループがバランスの取れた決定を確実に下すことができ、会社の業務を可能な限り最良の方法で導くことができるため、これは管理の効率を高めます。 企業の場合にのみ可能な産業の管理と制御の高効率は、国全体に役立ちます。

(3)限定責任:

会社の株主の責任は、彼が所有する株式の額面金額に制限されています。 部分的に支払われたシェアの場合、彼はシェアの未払いの価値のみを支払うことを要求される可能性があります。 したがって、株主は、発生する可能性のあるリスクの最大量を事前に知っています。

株主の個人的な財産は会社の負債に付随することができないため、会社に投資する間、株主にさらなる満足を与えます。 したがって、有限責任の利点は、多くの投資家が株式会社の株式に投資することを奨励します。

(4)株式の譲渡可能性:

公開会社の株主は、彼らに好まれたときに自由に株式を譲渡できます。 証券取引所は、株式の売買の準備ができた市場を提供します。 入札シェアのファシリティは、投資家の投資に流動性を提供し、企業に安定性を提供します。 企業がより多くのリソースを活用するのに役立ちます。

(5)リスクの拡散:

唯一のトレーダーのビジネスおよびパートナーシップ会社では、リスクは1人または数人が負担します。 将来の不確実性は、彼らがリスクを恐れて新しいベンチャーを引き受けることを思いとどまらせる。 一方、企業の場合、リスクの負担は多数の株主にかかっています。 これも多くの投資家を引き付けます。 豊かな感覚が確保され、貧しい人々が過度に負担をかけることはありません。 さらに、企業は大胆に新しいベンチャーを引き受けることができます。

(6)安定性:

他の形態の組織と比較して、企業はより安定しており、「メンバーは来てもメンバーも去ってもよいが、会社は永遠に続く」。

したがって、会社の生活は特定の個人に依存せず、取締役を含むメンバーの死亡、破産、または狂気に関係なく存在し続けます。 所有者またはディレクターの変更は生存として影響しません。 事業組織の安定性は、所有者だけでなく、従業員、消費者、社会全体にとっても重要です。

(7)国民の信頼:

会社の設立、就労、さらには解散は、会社法の規定により十分に規制されています。 いくつかの文書、アカウント、取締役報告書などの強制公開ですが、合資会社は国民の信頼を生み出します。 これに加えて、政府によるさまざまな法律による企業の継続的な監督と規制は、国民の信頼をさらに高めます。

(8)拡張の範囲:

企業には、事業を拡大することで広大な帝国を築く可能性があります。 これは、会社が利用できる大量の財源と熟練した管理によって可能になりました。 会社は大規模に生産活動を組織することが可能になり、したがって、規模の経済を享受することができます。 規模の経済は、生産コストの削減に役立ち、したがって、収益性の向上と成長のための健全な財務基盤の提供に役立ちます。

(9)社会的利益:

企業形態の組織は、コミュニティの散在する貯蓄を動員し、さまざまな商業的追求のために投資する効果的な媒体です。 多くの人々に雇用を提供し、消費者に商品とサービスを供給し、いくつかの社会プロジェクトを支援し、政府に多額の収入をもたらしました。

(10)低い納税義務:

単独の所有権やパートナーシップとは異なり、企業はより高い収入レベルで税負担を軽減しました。 これは、独立した法人として、年ごとに財務法で定められた定額で所得税を支払うためです。 一方、単独のトレーダーの会社とパートナーシップ会社は、より高いレートまたはより高いレベルの所得で税金を支払います。 さらに、合資会社はいくつかの税制上の優遇措置を享受しており、その結果、実際の課税ベースが大幅に削減されています。

株式会社の短所

(1)困難な形成:

単独の所有権やパートナーシップとは異なり、合資会社の設立は容易ではありません。 設立時と運用中の両方で、多くの手続きを経る必要があります。 これらは困難を生み、費用がかかります。 公開有限会社の場合、資本調達と事業開始の証明書を取得するための追加手続きが完了します。 したがって、フォーメーションのプロセスに伴う厄介な手続きと多額の費用により、新しい会社の設立が妨げられます。

(2)過剰な国家規制:

合資会社の活動は、個人事業主およびパートナーシップ会社の活動よりも、国により厳密に規制されています。 法的手続きと制限は非常に多いため、会社の円滑な機能を損ないます。 過剰な規制は、株主および一般の人々の利益を保護するために行われています。 しかし実際には、彼らは通常の効果的な仕事に障害を置きます。

(3)所有権と管理の分離:

個人事業主およびパートナーシップ会社の場合、所有者と管理者は同じ人です。 一方、合資会社の場合、すべての所有者はその管理に参加せず、所有と管理の間には事実上の離婚があります。 会社にあまり出資していない取締役会によって任命されたプロのマネージャーによって管理されています。

努力と報酬の間には直接的な関係はありません。 利益は株主に帰属します。 取締役会には手数料のみが与えられます。 経営者は、唯一のトレーダーのビジネスおよびパートナーシップ会社の場合のように、会社の運営に個人的な関心を持ちません。

(4)lig頭的管理:

理論的には、株式会社の経営は性格上民主的ですが、実際には、企業経営における経済的なeconomic頭の顕著な例です。 ほとんどの場合、会社の所有者は支配権を剥奪され、株主の内輪が議決権を操作して会社を支配します。

毎年、同じ一握りの株主グループが取締役会で選出され、大多数を搾取しようとしています。 したがって、一般的な株主の利益を促進するものではありません。

(5)株式の無謀な投機:

市場性を提供する目的で、公開有限会社の株式は証券取引所に上場しています。 株式の価格は、経済的および非経済的要因に依存します。 実際には、投機家はその適性に従って株式の価格を変動させようとします。

株式価格のこれらの人為的な変動は企業に有害な反応をもたらし、人々の信頼が失われる可能性があります。 時には、会社の取締役でさえ、投機目的と個人的な利益のために会社の株式の投機にふけることもあります。

(6)利益相反:

単独のトレーダーのビジネスやパートナーシップ会社とは異なり、合資会社は、関連するさまざまなグループの利益相反を調整する必要があります。 株主はより高い配当を必要とします。 従業員はより高い賃金と給与を要求します。 顧客はより良い価格でより良い品質の商品を期待し、政府はより高い税金を望んでいます。

会社が大きくなればなるほど、紛争は大きくなります。 このような多様な興味を満たすことは本当に難しいです。 単独の所有権では、そのような紛争の範囲はほとんどなく、パートナーシップでは、そのような紛争は最終的にビジネスを終わらせる可能性があります。 しかし、会社では不健康な競争、緊張、不安を引き起こし続けています。

(7)意思決定の遅れ:

単独の所有権およびパートナーシップと比較して、合資会社の場合、意思決定のプロセスには時間がかかります。 誰も政策決定を下すことができないからです。 重要な決定はすべて、取締役会または株主総会によって行われます。

取締役会または株主総会の招集は時間がかかります。 迅速に決定し、迅速に行動することは困難になります。 その結果、意思決定の遅れにより利益の機会が失われる可能性があります。

(8)不正なプロモーションと管理:

無実の投資家は、さまざまな不正な慣行を通じて、悪意のあるプロモーターやディレクターにだまされる可能性があります。 悪徳なプロモーターは、魅力的な目論見書を彼らの前に置くことで、国民をだますかもしれません。 彼らは、見栄えの良い名前を関連付け、会社の将来について、このようにしてバラ色の絵を描くかもしれません。 無実で無知な投資家は閉じ込められる可能性があります。

企業の経営において、取締役、役員、およびその他の管理職員は、会員の費用で個人的な利益を得るよう努めることがあります。 個人的な利益のために会社の資金や財産を悪用すると、株主の利益を損ない、投資する人々の間でパニックを引き起こす可能性があります。 会社法は、このような不正行為をチェックする方法を考案しています。 しかし、彼らはそれらを完全にチェックするのに十分であると証明していません。

(9)秘密の欠如:

株式公開会社は、口座と年次報告書を株主間で回覧し、その一部の書籍を公開検査のために開いておく必要があります。 これは秘密の欠如につながります。 企業の管理には、多くの人が関与しています。 したがって、企業秘密を維持することが難しくなります。 個人経営とパートナーシップの懸念がある場合、少数の人が経営に関与しているため、そのような秘密は可能です。

(10)社会的観点からの欠点:

社会的な観点から、組織の会社形式は次の理由で望ましくないと見なされます。

(a)合資会社は、同じ系列の製品の消費者と小規模生産者に対して独占的な力を行使する組み合わせを形成する傾向がある。

(b)企業は経済力を少数の手に集中させる傾向がある。

(c)企業は、証券取引所での株式の無謀な投機を奨励しています。 このため、株式の価格は人為的に変動し、企業の利益に反し、企業への新たな投資を妨げます。

(d)会社は、業務のo占的な管理を可能にします。 頭は一般株主にとって有害で​​す。

結論:

上記の株式会社の長所と短所に基づいて、企業形態の組織の長所は短所を上回っていると結論付けることができます。

上記のネガティブなポイントのほとんどは、基本的に、管理のタスクを任されている人の弱点から放射されます。 それらは決してシステム自体の自然な部分ではありません。 会社の管理と制御が適切な場合、組織の形態はそれと並行できません。

企業形態の組織の理想的な用途は次のとおりです。

(a)膨大な資本を必要とし、一般市民から広く借り入れなければならない非常に大きな産業。

(b)事業部門は、法律上、会社の形態または組織である必要があります。たとえば、銀行業は会社の形態でのみ運営できます。

(c)大きなリスクと不確実性を伴う非常に大規模なビジネス協力。 所有者が有限責任を望むビジネス。


合資会社–長所と短所

株式会社の利点:

1.限定責任:

株主の責任は、彼が会社の資本に貢献することを約束した範囲に限定されます。 したがって、たった1つのミスが原因で、その人のすべての資産が失われるリスクはありません。 これにより、小さな投資家でも潜在的に高い利益を上げることができるがビジネスのマイナス面(損失のリスク)が限られていることを知っているため、企業に投資することができます。 彼らは投資したもの以上を失うことはできません。

2.大資本:

組織の合資会社形式だけでも、巨額の資本を必要とするビジネスに適しています。 製油所、発電、自動車製造などは、巨額の資本が必要な産業の例です。 少数の人々はそれほど多くの資金を調達できないため、他のビジネス形態は適していません。

合資会社は、お金のために一般大衆にアプローチすることにより、大量の資本を調達することができます。 このような一般からの資金調達活動は、パブリックイシューと呼ばれます。 大規模なプロジェクトは、多くの場合、共同発行会社によって公開発行ルートを通じて資金提供されます。

3.借入能力の向上:

人や会社が借りることができるお金の量は、投資された資本の量に正比例します。 たとえば、ビジネスマンが自分のビジネスにRs.100を投資する場合、彼は銀行にアプローチして、たとえばRs.200を貸すことができます。 しかし、彼がRs.1, 000のローンを望んでいる場合、銀行は実業家が少なくともRs.500の範囲で自分のお金を投資することを期待します。

したがって、企業が借りることができる金額は、所有者が投資した資本に依存します。 合資会社が調達する資金の額が大きいため、借りることができる額も大きくなります。 したがって、大規模な資本集約型プロジェクトは、Joint Stock Company形式の組織を通じてのみ引き受けることができます。

4.株式の譲渡可能性(流動性):

お金を節約して投資する理由の1つは、必要なときにお金を利用できるようにすることです。 このニーズは「流動性」のニーズと呼ばれます。 自分のお金を自分のビジネスに投資した個人事業主は、個人的な必要が生じた場合にそれを撤回することはできません。これはビジネスの閉鎖と同等だからです。 合資会社の場合、株主が何らかの理由で事業を辞めたい場合、その人は株式を他の人に譲渡することにより自由にやめることができます。

会社の運営または法的地位は、そのような譲渡のために変更されません。 これにより、投資家は、必要なときにお金を取り戻すことができると確信できます。 同様に、誰でも必要な数の株式を購入することで、いつでも会社のメンバーになることができます。

5.規模の経済学:

専有またはパートナーシップの懸念とは異なり、合資会社の事業規模は大きい。 したがって、同社は大規模生産のメリットを享受できます。 同社は大量に購入するため、比較的低価格で材料を購入することができます。 ユニットあたりの生産コストは低くなります。 規模の経済によりコストが削減され、その結果、売上の増加または利益の増加がもたらされます。

6.永続的または継続的な存在:

合資会社とその事業は、株主または経営者の死亡、破産、狂気の影響を受けません。 安定性が高いため、ビジネスを改善できます。 たとえば、Times of India新聞を発行するBennett、Coleman&Co. Ltdは175年前の会社です。 ITCは1910年に設立されました。

それは105歳の会社です。 また、今後も運用を継続する予定です。 ITCを扱う場合、CEO、取締役、株主ではなく、会社自体に依存します。 CEO、取締役、株主は変わる可能性がありますが、会社は存続しています。

7.効率的な管理:

合資会社のビジネス形態は、最高の経営人材を引き付けることができます。 より高い規模で運営されているため、従業員に高い給与を支払うことができます。 ビジネスクラスの旅行、5つ星ホテルでの宿泊、タクシー施設など、多くの必要条件(特典)をその役員や上級管理職にまで拡張できます。

Thus, it is able to attract and recruit professionals. These professionals bring in with them a lot of experience and expertise. Their vision and direction, coupled with vast experience, is likely to immensely benefit the company.

8. Democratic Management:

Management of a company is in the hands of 'Directors', who are elected by the shareholders. The election is for a specific term. The Memorandum of Association and Articles of Association provide guidelines for general management of the business. Matters of strategic importance are referred to shareholders in an Extraordinary General Meeting.

Decisions are taken on the basis of majority votes, liven the CEO (Chief Executive Officer) or Managing Director cannot do whatever he or she likes to do. Thus, the management is in accordance with principles of democracy.

9. Promotes Savings and Investment:

Joint Stock Company is an efficient medium of mobilizing the small savings of the society and channeling them into productive investments. Even persons with limited financial resources can participate in creation and operation of large corporates. There have been many inspiring stories of how people from the lower middle class invested their money in shares and became rich.

10. Greater Risk Bearing Capacity:

A Joint Stock Company is managed by professionals who have a small stake in the company. Thus, they are not overcautious due to fear of losing their earnings of a lifetime. At the same time, they are not totally careless, as they are answerable to the shareholders. Thus, a Joint Stock Company is the ideal platform for taking calculated risk. The large capital of the company also means that it has greater capacity to absorb losses.

11. Greater Accountability:

The formation and operations of a Joint Stock company are governed by statutory regulations. It is required to share a lot of its details with the general public, who can be potential investors in the company. Thus, the operations of a Joint Stock company are far more transparent. Since its affairs are always in scrutiny, it needs to be carefully managed. It cannot afford to lose the trust and confidence of the public in itself.

12. Greater Adaptability:

Unlike a sole proprietorship or partnership business, a Joint Stock company is an artificial person. It has different people working for it in different capacities. Thus, it is not limited by the skills or expertise of its owners. For example, a person who is good at a particular art, say dance of a particular form, starts a dance training institute.

She is very successful as she is not only a great dancer but also a great teacher. However, say after 25 years, new forms of dance become popular. People no longer want to learn the old form of dance. This results in her highly successful institute suddenly becoming a failure, as the success of the institute depends on the ability of the proprietor to adapt to change.

This situation is easily handled by a corporate as it will hire new dance teachers to run a similar business. There are many instances of organizations giving up one line of business and starting new businesses, in order to adapt to change. For example, Bajaj auto Ltd, a company that was once synonymous with Scooter production, has consciously decided that it will no longer produce scooters but make only motor cycles. This kind of adaptability is difficult to find in other forms of organization.

13. Synergy of Capital and Capability:

We have many times come across people who are immensely intelligent, talented and capable, but do not have money to execute their ideas. Similarly, there are people who have money but are not able to think of ideas where they can invest their money. The joint Stock company form of organization offers a synergy between Capital and Capability. Those who have money can simply invest their money and enjoy the profits. Those who have capability get requisite funding and are able to execute their ideas.

14. Use of Latest Technology:

Technological advancements are happening every day. New technology enables us to do things faster, better and more efficiently. However, in order to adopt new technology, we need money and we also need people who can understand the new technology. A sole proprietorship or partnership firm faces the constraint of skills as well as capital. A joint stock company has access to capital as well as talent and thus is able to adapt to new technology and benefit from it.

15. Scope for Expansion:

There is tremendous scope for expansion of business by a Joint Stock Company. It can raise the required resources and also recruit talented professionals to manage the expansion. Geographical expansion is also possible.

16. Diluted Risk:

The risk involved in carrying on a business is significantly deferred, as the risk is spread across a large number of shareholders. Thus, a Joint Stock Company can survive sudden depression or such other adverse developments relatively better.

17. Social Benefits:

A Joint Stock Company creates employment opportunities. It is able to supply better quality goods at lower prices on account of economics of scale. It contributes to the tax revenues of the Government. It is an investment vehicle that leads to growth of GDP of the country. Companies also have to comply with their Corporate Social Responsibility, thus contributing to the development of society at large.

短所:

1. Difficulty of Formation:

It is not easy to form a Joint Stock Company. It is a time consuming and expensive process and involves a lot of efforts. Lots of legal formalities and procedures need to be followed for registration of a company. In comparison, a sole proprietorship or partnership form of business is very easy to start.

2. Oligarchic Management:

Oligarchy means 'rule by a few'. It is normally presumed that management of company is on democratic lines. However, shareholders holding a small number of shares are scattered across the country. They face practical difficulty to even attend the Annual General Meeting.

They also feel that on account of their small share, their presence and participation in meeting will not have any impact on decision making. This virtually rules out large scale participation of shareholders in management. There is a power struggle amongst various management groups. The managers dictate the events, while shareholders simply have to accept the decisions of the management.

3. Delay in Decision-Making:

The functioning of a company is bound by certain rules and procedures. While routine decisions are taken by concerned Department Heads, strategic decisions require meeting of Board of Directors and in some cases, meeting of shareholders. Thus, quick decisions cannot be taken.

Directors normally meet once in a quarter while shareholders meet once in a year. These meetings cannot be called at short notice. The entire process takes time. Thus, a Joint Stock company cannot take quick decisions and act on them.

4. Excessive Regulation:

The working of a company is governed by elaborate and difficult provisions of law at every stage. The management could be spending a major part of its time in statutory compliance. There are huge penalties for noncompliance. Too much regulation stifles growth.

5. Adverse Impact of Large Scale:

A joint stock company enjoys the benefits of large scale production. However, scale has its own disadvantages. In conditions of recession, although the production comes down, the expenses remain the same. For example, the rent paid for factory premises will remain the same even if production is reduced by half. Thus, cost of production per unit actually goes up. Also, large scale production results in problems of pollution, lack of cleanliness, traffic congestions, increased stress levels, etc.

6. High Cost of Operations:

A Joint Stock Company has to incur a lot of overhead expenses such as Audit fees, legal charges, secretarial department and other compliance charges. The salaries offered by a company are much higher. A lot of perquisites are often misused because the money is not being spent from the pockets of the person who is spending it. For example, senior employees might travel in business class because the company pays for the tickets. Thus, cost of operations of a joint stock company is much higher.

7. Lack of Personal Touch:

The Hierarchy of a Joint Stock Company does not allow direct contact of customers with managers and shareholders. Decisions have to be taken on the basis of market research studies or by analysis of changing trend in sales etc. The decisions of the company could be reactive rather than proactive. In case of proprietorship or partnership form of business, both suppliers and customers are personally known to the owners. Such personal touch is missing in case of Joint Stock companies.

8. Lack of Continuity:

While the Joint Stock Company enjoys a perpetual existence, its managers can be changed at frequent intervals. It is likely that succeeding managers have different viewpoints and might try to steer the company in a different direction. Frequent changes might pull the company in different directions.

9. Lack of Secrecy:

The functioning of a company is relatively more transparent. Many issues are documented and are open to public scrutiny. Management and shareholders keep changing. Hence, secrecy is hard to maintain.

10. Adventurous Management:

The managers do not have a stake in the performance of the company. However, certain managers may have an incentive on achievement of defined targets. Inability to achieve targets does not result in anything negative. Hence, management might become adventurous and take decisions that may or may not help their cause.

11. Neglect of Minority Interests:

In a company form of organization, decisions are taken on the basis of vote. Shareholders having a small percentage of the vote are unable to participate in the process as their share is insignificant. They cannot even elect their representative as Director. Thus, their interests are not taken care of.

12. Social Evils:

The company form of organization has resulted in growth of monopolies, corruption, and increase in pollution, increased cost of living, congestion and profiteering, which have had an adverse impact on the society.

13. Possibility of Fraud:

There is a possibility that the Joint Stock Company has been started by a 'fly by night' operator. Such a person collects capital from investors promising high returns, but does not start any project and swindles the money. There have been many such cases of Finance Companies collecting money from the public and disappearing without a trace.

14. Lack of Initiative:

A company form of organization does not provide scope for personal initiative. While shareholders do not take initiative as they do not have direct control, salaried officers do not wish to take responsibility for action that might result in a loss.

15. Concentration of Control:

Joint Stock Company form of organization provides scope for formation of combinations that result in a monopoly. This results in concentration of economic power and unfair trade practices could be followed to curb competition.

16. Encourages Speculation:

The shares of a Joint Stock Company can be listed in a Stock Exchange. While this is a good thing as it provides liquidity, it also provides opportunity for people to speculate on the change in prices of shares of the company.

17. Conflict of Interest:

There are various stake holders in a joint stock company. There are equity share holders, preference shareholders, long term lenders, employees, suppliers, customers, directors and regulators, all of whom have an interest in the company. There are possibilities of conflicts between the various stakeholders. These conflicts may have a negative impact on the performance of the company as management focus will get diverted to management of these conflicts.


 

コメントを残します