独占的競争下の価格産出均衡

独占的競争下の価格産出均衡:短期と長期の均衡!

独占的競争下では、組織は均衡を達成するために販売価格と生産高を最適に調整する必要があります。

これとは別に、独占的な競争の下で、組織は製品の設計と市場での製品の宣伝方法にも注意を払う必要があります。

さらに、独占的競争下にある組織は、個々の均衡を研究するだけでなく、市場に存在するすべての組織の集団均衡を研究する必要があります。 独占的競争下にある組織の個々の均衡をまず理解しましょう。

すべての売り手は、市場構造に関係なく、利益を最大化することをいとわないことを知っています。 独占的競争では、限界収益が限界費用に等しい時点で利益が最大化されます。 この時点で決定された価格は均衡価格として知られており、この時点で生産される生産高は均衡生産高と呼ばれます。

売り手の限界収益が限界費用よりも大きい場合、売り手は生産を拡大する計画を立てることができます。 一方、限界収益が限界費用よりも低い場合、売り手が限界収益が限界費用に等しいレベルに出力を減らすことは有益です。

短期間の均衡:

独占的な競争組織の短期的な均衡は、独占下にある組織のそれと同じです。 短期的には、独占的競争下にある組織は、限界収益が限界費用に等しい均衡を達成し、需要曲線に従って価格を設定します。 これは、短期的には、MR = MCのときに利益が最大化されることを意味します。

図-2は、短期間の均衡を示しています。

図2では、ARは平均収益曲線、MRは限界収益曲線、SAC曲線は短期平均費用曲線、SMCは短期限界費用を示しています。 図-2では、価格がOP '(MPに等しい)である出力OMでMRがSMCと交差していることがわかります。 これは、Pが価格であるAR曲線上の点だからです。

図-2から、組織が超正常利益を獲得していると解釈できます。 出力単位あたりの超常利益は、平均収益と平均コストの差です。 図-2では、平衡点での平均収益はMPであり、平均費用はMTです。

したがって、PTは出力単位あたりの超正規利益です。 この場合、超正規利益は、長方形P'PTT 'の面積によって測定されます(これは、出力に出力単位あたりの超正規利益を乗算したものです)。

一方、限界費用が限界収益より大きい場合、図-3に示すように、組織は損失を被ります。

図-3は、独占的な競争の下での短期的な損失の状態を示しています。 ここで、OP 'はMTよりも小さく、これは平均収益が平均コストよりも小さいことを意味します。 TPは、出力の単位ごとに発生した損失を表します。 したがって、総損失は長方形T'TPP 'から表されます。

長期的な均衡

前のセクションでは、短期的には、組織が超正常利益を獲得できることを説明しました。 ただし、長期的には、組織の利益は徐々に低下します。 これは、長期的には、独占的な競争の下での出入りの自由のために、いくつかの新しい組織が市場に参入するためです。

これらの新しい組織が生産を開始すると、供給が増加し、価格が低下します。 これにより、市場での競争レベルが自動的に高まります。 その結果、ARカーブは右から左にシフトし、超正規利益は通常利益に置き換えられます。

長い目で見れば、ARカーブは、短い目で見たときよりも弾力性があります。 これは、長期的には代替製品の数が増加したためです。 独占的競争組織の長期的な均衡は、平均収益が平均コストに等しいときに達成されます。 そのような場合、組織は通常の利益を受け取ります。

図-4は、独占的な競争の下での長期的な均衡位置を示しています。

図4では、PはAR曲線が接線として平均コスト曲線(LAC)に接触する点です。 Pは、価格レベルがMP(これもOFに等しい)であり、アウトプットがOMである平衡点と見なされます。

この場合、平均コストはMPである平均収益に等しくなります。 したがって、長期的には利益は正常です。 短期的には、限界収益が限界費用に等しいときに均衡が達成されます。 ただし、長期的には、平衡を達成するために両方の条件(MR = MCおよびAR = AC)を保持する必要があります。

 

コメントを残します