雇用の古典理論(ダイアグラム付き)

古典的雇用理論の詳細な研究を行いましょう。

古典理論の紹介:

古典理論は、長期にわたってインフレのない完全雇用の存在を想定しています。

賃金価格の柔軟性を考えると、経済システムには完全雇用を維持する傾向のある自動競争力があり、長期的にはそのレベルで経済を生産させる。

したがって、完全雇用は通常の状況とみなされ、競争は経済を完全雇用に自動的に押し進めるため、このレベルからの逸脱は異常なものです。

収入、産出、および雇用の古典的な理論は、次の仮定に基づいています。

1.インフレのない完全雇用の通常の状況があります。

2.外国貿易のない自由放任主義の資本主義経済があります。

3.労働市場、金銭市場、製品市場には完全な競争があります。

4.労働は同質です。

5.経済の総生産は、消費支出と投資支出に分けられます。

6.金額が表示されます。 お金は交換の媒体にすぎません。

7.賃金と価格は柔軟です。

8.金銭賃金と実質賃金は直接関係しており、この関係は比例しています。

9.資本ストックと技術知識は短期的に提供されます。

次に、古典理論の3つの柱を研究します。

市場の法則

市場の法則は、古典的な雇用理論の中核です。 19世紀初頭のフランスのエコノミストであるジャンバプティストセイは、 「供給はそれ自体の需要を生み出す」という命題を与えましたこれはセイの法則として知られています。 Say自身の言葉では、「商品の市場を作り出すのは生産です。 製品はすぐに作成され、その瞬間から、その価値の範囲内で他の製品の市場を提供します。 ある製品の需要にとって、他の製品の供給ほど有利なものはありません。」

元の形式では、法律は最終的に商品のために商品が販売される物々交換経済に適用されました。 市場に持ち込まれるすべての商品は、他の商品に対する需要を生み出します。 仕事は不快なので、彼が望む他の製品と交換したくない限り、誰も製品を作るために働くことはないと主張した。

したがって、多数の小規模生産者が商品を供給するというまさにその行為は、他の商品の生産者からの商品の需要を意味します。 いずれの状況でも、商品の供給は全体として需要を超えないため、一般的な過剰生産はありません。

クラシカルは、生産者が他者が望む製品の量を誤って推定するため、特定の商品が過剰生産される可能性があることを認めました。 しかし、これは特定の製品の過剰生産が生産量を減らすことで時間内に修正できるための一時的な現象です。

百年後でも、ジェームズ・ミルはこれらの言葉でセイの法則を支持しました。 「消費は生産と同一の広がりを持ち、生産が原因であり、需要の唯一の原因です。 それは、需要を提供することなく、同時に、そして両方とも同程度に供給を提供することはありません…。 年間生産量に関係なく; 年間需要量を超えることはできません。」

したがって、供給はそれ自体の需要を生み出し、一般的な過剰生産、したがって一般的な失業はあり得ません。

古典的な論理は、お金の存在が基本法の働きを変えないというものでした。 ハンセン教授が言ったように、「サイの法則は非常に広い意味で、自由交換経済の記述です。 そのため、需要の主な原因は生産プロセス自体から生じる要素所得の流れであるという事実を明らかにしています。 生産者は、生産プロセスで使用されるさまざまなインプット(土地、労働、資本)を取得すると、家賃、賃金、利子の形で要素所有者に生じる必要な収入を生み出します。

これにより、生産される商品に十分な需要が生じます。 このようにして、供給は独自の需要を生み出します。 この推論は、要因所有者によって得られたすべての収入が、生産に役立つ商品の購入に自動的に費やされるという仮定に基づいています。

クラシカルはさらに、消費されなかったものは節約され、すべての収入の節約は資本市場を通じて自動的に投資されると主張しました。 したがって、均衡状態では、貯蓄は投資と等しくなければなりません。 2つの間に相違がある場合、平等は利子率のメカニズムを通じて維持されます。 古典主義者にとって、興味は貯蓄に対する報酬です。

金利が高いほど、貯蓄は高くなり、逆もまた同様です。 それどころか、金利が低いほど、投資ファンドの需要は高くなり、逆もまた同様です。 投資が貯蓄を上回っている場合、金利は上昇します。

完全雇用レベルで両者が等しくなるまで、貯蓄は増加し、投資は減少します。 これは、貯蓄は金利の増加関数、投資は金利の減少関数とみなされるためです。 これは、貯蓄と投資の平等の均衡条件を確立するのに役立ちます。

貯蓄と投資の平等の生成プロセスを図3.1に示します。SSは貯蓄曲線、IIは投資曲線です。 2つの曲線はEで交差し、Orのレベルで金利が決定され、貯蓄と投資の両方がOAに等しくなります。 投資の増加がある場合、投資曲線は右にシフトし、IT曲線として表示されます。

金利で、または、投資は貯蓄よりも大きい。 古典的なエコノミストによると、貯蓄曲線SSは、投資が増加しても元のレベルのままです。 貯蓄と投資の平等を維持するために、金利が上昇します。

これは、大江からOr 'に上昇する図に示されています。 この金利では、貯蓄曲線SSはE 'で投資曲線ITと交差します。 その結果、節約と投資の両方がOBとして示される量に等しくなります。 したがって、節約されたものはすべて、金利の柔軟性を通じて投資されます。

お金と価格レベルの数量理論

貨幣経済におけるセイの法則の有効性は、一般的な物価水準が貨幣の供給に直接比例して変化することを述べている貨幣の古典的数量理論に直接依存しています。 代数的に、理論はMV = PTであると述べています。ここで、M、V、P、および7 'は、お金の供給、お金の速度、価格レベル、および取引量です。 この式は、総マネーサプライMVが経済の産出PTの合計値に等しいことを示しています。

V(貨幣の速度)とT(総生産量)が一定であると仮定すると、貨幣の供給(AY)の変化は、価格レベル(P)の比例的な変化を引き起こします。 これは、お金が交換の媒体としてのみ機能するという仮定に基づいています。

貨幣の量論とその競争経済での働きの背後にある主な考えを示しましょう。 金額、総生産量、および価格水準の関係を図3.2(A)に示します。ここで、横軸は価格水準を示し、縦軸は総生産量を示しています。 MVは、長方形の双曲線であるマネーサプライカーブです。

これは、方程式MV = PTがこの曲線のすべての点で成り立つためです。 出力レベルOQが与えられると、MV曲線のポイントmで示されるように、金額と一致する価格レベル(OP)は1つだけになります。 お金の量が増えると、MV曲線は右にシフトします。Mt K曲線として表示されます。 結果として、同じレベルの出力OQが与えられた場合、価格レベルはOPからOPに上昇します。

貨幣の速度Vが同じままであると仮定すると、この価格レベルの上昇は貨幣の量の上昇に正確に比例します。つまり、PP 1 = mm 1です。 古典派は、労働者がより少ない労働を提供することを決定する際に労働者が実質賃金率の変化に対応し、与えられた実質賃金と一致する金銭賃金を決定することが可能であると信じていた。 これは、図3.2(B)で説明されています。WIPは、実際の賃金ラインまたは賃金価格ラインです。 価格レベルがOPの場合。 賃金はOWです。 価格レベルがOPに上昇すると、マネーウェイもOW 1に上昇します。賃金と価格の組み合わせOW 1 = OP 1は、下に示した図3.3(A)の完全雇用の実質賃金レベルW / Pと一致します。 貨幣賃金と実質賃金の間の比例関係は、数量理論の運用によって保証されています。

賃金の柔軟性と雇用

大恐pressionの時代、A・C・ピグー教授は古典的な雇用理論の最も論理的な部分を提供しました。 ピグーによると、自由競争の下では、経済システムの傾向は労働市場で自動的に完全雇用を提供することです。 失業は、賃金構造の硬直性と自由市場経済の機能における国家の干渉に起因します。

国家が労働組合を認め、最低賃金法を可決するなどして介入し、労働が独占的な行動をとると、賃金は不合理なレベルと失業の結果に押し上げられます。 ピグー教授の主張は、政府の干渉がすべて排除され、競争の勢力が自由に働くことが許されれば、市場が誘発する賃金率の変化が完全雇用につながるということでした。 Pigouが指摘したように、「完全に無料の競争で……。 ピグー教授は、次の式を使用して彼の主張を説明しました。

N = qY / W

この方程式では、Nは雇用されている労働者の数、qは賃金と給与として稼いだ収入の割合、Yは完全雇用の国民所得、Wは平均賃金賃金率です。 Yが与えられた場合、NはWの減少によってのみ増加できます。したがって、完全雇用の鍵は実質賃金の減少です。 彼のポイントを説明するために、ピグーはミクロ経済学とマクロ経済学の混合を採用しました。

これは、隣接する図3.3で説明されています。 パネル(A)では、労働の供給曲線はSi、労働の需要曲線はDです。 Eの2つの曲線の交点が完全雇用のポイントN fを示す場合、完全雇用が確保されるのは実質賃金IV / Pです。 W / P 1供給がsdだけ労働需要を上回るなど、実質賃金がより高いレベルで維持される場合、N 0 N f労働は失業していることがわかります。

賃金がW / Pレベルに引き下げられて初めて失業がなくなり、完全雇用のレベルが達成されます。 これは、図1のパネル(B)に示されています。MP1は、労働曲線の限界積であり、より多くの労働者が雇用されるにつれて下方に傾斜します。 すべての労働者には限界生産物に等しい賃金が支払われるため、賃金率がW / P 1からW / Pレベルに低下すると、完全雇用レベルAYに達します。

今、古典的なモデルの本質は明らかです。 古典的な雇用モデルでは、金銭賃金と実質賃金の変化は直接関係し、比例します。 これは、お金と価格の古典的な量論の採用から始まります。

金銭賃金が引き下げられると、実質賃金も同程度に減少し、失業が減少し、最終的に経済の完全雇用がもたらされます。 この関係は、価格がお金の量に比例するという仮定に基づいています。

競争の激しい経済では、賃金の引き下げが生産コストと製品の価格を下げ、それによってその需要を高めると主張されています。 さまざまな製品に対する需要の高まりに対応するために、より多くの労働者が製品を生産しています。

古典生産関数

貨幣、資本、労働市場の働きを分析した結果、経済全体の古典的な生産関数を説明する立場にあります。 このように、古典的な議論が実行されます。雇用が増加すると、完全雇用が準備されるまで総生産も増加します。 しかし、経済が完全雇用レベルにあるとき、総生産は安定します。 したがって、資本ストック、技術的知識、およびリソースを考えると、総生産と雇用額の間に価格関係が存在します。

総生産量は、労働者数の増加関数です。 経済の短期生産関数は、図3.4に示すように、またはQ = f(K、T、N)とラベル付けされた曲線です。つまり、総生産0は、技術知識Tの資本ストックKの関数です。労働者の数、N

この生産関数は、短期的には、資本ストックと技術的知識を考えると、総生産量が労働者数の増加関数であることを示しています。 総生産曲線は上昇を続けていますが、総生産の増加率は、より多くの労働者が雇用されるにつれて減少することがわかります。 これは、短期的には労働および資本リソースの使用に対する「収益の減少」を意味します。 図では、図3.3(B)から導かれるように、総生産ORは完全雇用レベルN fに対応します。

古典主義者は、通常の競争条件下では、インフレを引き起こさずに完全雇用が維持されると信じていました。 より多くの労働者を雇用するための雇用者間の完全な競争は、完全な雇用レベルを超える賃金に入札することはなく、競争の激しい経済ではコスト上昇の可能性はありません。 さらに、Sayの法則の運用により、出力の完全雇用レベルは、潜在的な出力レベルに等しい総需要を生み出します。

潜在的なアウトプットを超えた総需要の増加がインフレを引き起こします。 しかし、利子率のメカニズムは、総需要が潜在的なアウトプットを超えて増加するのを防ぎます。 インフレーションの原因は、生産量の拡大によって吸収できる量を上回る金額の増加であることがわかっています。

貨幣量の増加は絶対価格レベルのみを増加させ、相対価格は増加させないため、競争経済は古典的な理論的枠組みでこれを防ぎます。 したがって、古典的なシステムにおけるインフレのない完全雇用の仮定は、長期間有効であると考えることができます。 うつ病とインフレは一時的なものです。

要約された完全な古典モデル

最も単純な形では、古典的な失業理論は、相互に関連する労働市場、貨幣市場、財市場における生産と雇用の分析です。 次の一連の方程式を使用して、古典的なマクロモデルを正確に記述できます。

(1)Q =…………………F(K、T、N)(生産関数)

(2)N s = f 1 (W / P)………。 労働力-供給機能

(3)N d = f 2 (W / P)………労働-需要関数

(4)S = f 3 (r)………..貯蓄は利率(r)の関数です

(5)I = f 4 (r)…………。 投資機能

(6)S = I…………資本市場の均衡

(7)MV = PT…………。 一般的な価格レベル関数(数量理論)

(8)N s = N d ……。 労働市場の均衡。

これらの方程式と以前に描かれた図の関連性を取り上げます。 労働市場では、労働需要と労働供給が経済の雇用レベルを決定します。 どちらも実質賃金率(W / P)の関数です。 労働の需要と供給の曲線の交点が均衡賃金率と完全雇用のレベルを決定します。 図3.3では、それぞれW / PとN fです。

総生産量は、資本ストックと技術的知識を考えると、雇用のレベルに依存します。 関係は生産関数Q = f(K、T、N)によって示されます。これは、図3.3のN fに正確に等しい図2.4の総生産OQと完全雇用のN fレベルを関連付けます。 さらに、貯蓄と投資の平等をもたらすのは利子率のメカニズムであるため、図3.1に示すように、需要される商品の量は完全雇用レベルで供給される量と等しく維持されるべきです。

マネーマーケットの均衡は、式MV = PTで表されます。 出力の完全雇用レベルに対応する価格レベルを説明します。 図3.2(A)の出力のOQレベルに対応するOP 1です。 したがって、古典的なモデルは、その仮定を考えると完全に論理的であったと言えます。 古典的モデルの政策的含意は、国家が経済問題において非干渉政策に従うべきであるということでした。

 

コメントを残します