完全競争と独占競争(類似性と非類似性)

この記事では、完全競争と独占競争の類似点と相違点について説明します。

完全競争と独占競争の類似点:

2つの市場の状況には、次の類似点があります。

(1)企業の数は、完全な競争と独占的な競争の両方で大きい。

(2)両方で、企業は互いに競合します。

(3)両方とも、企業の参入または退出の自由があります。

(4)両方において、限界費用と限界収益の平等の点で均衡が確立される。

(5)どちらの市場状況でも、企業は超短期的な利益を獲得したり、短期的に損失を被ったりする可能性があります。 しかし、長期的には、企業は通常の利益しか得られません。

完全競争と独占的競争の相違点:

しかし、完全な競争と独占的な競争の間には、いくつかの相違点があります。

以下のように説明されています:

(1)完全な競争の下で、各企業は均質な製品を製造および販売するため、バイヤーは他のセラーよりも個々のセラーの製品を優先しません。 一方、独占的競争下では製品の差別化があります。 製品は似ていますが、同一ではありません。 彼らは密接な代用品です。 それらは、デザイン、色、風味、包装などにおいて互いに異なります。

(2)価格は、完全な競争の下で、業界全体の需要と供給の力によって決定されます。 すべての企業は、その価格で製品を販売する必要があります。 単一のアクションで価格に影響を与えることはできません。 その価格に合わせて出力を調整する必要があります。

このように、すべての企業は価格決定者および数量調整者です。 一方、独占的な競争の下では、すべての企業が独自の価格政策を持っています。 グループ内の製品の総生産量のごく一部を制御することはできません。

(3)幾何学的に、企業の需要曲線(AR)は完全な競争の下で完全に弾力性があり、限界収益(MR)曲線はそれに一致します。 これに反して、企業の需要曲線は弾力性があり、独占的な競争の下で下向きに傾斜しており、それに対応するMR曲線はその下にあります。

競合他社が価格を引き下げない限り、競合他社の一部の顧客を引き付けることにより、企業が製品の価格を引き下げて売上を増やす必要があることを意味します。

(4)2つの市場状況の均衡条件は同じですが、価格と限界費用の関係には違いがあります。 完全な競争MC = MRの場合、価格(AR)= MRであるため、価格も等しくなります。

これは、AR曲線がX軸に対して水平であるためです。 AR曲線は左下に傾斜しているため、独占的競争下ではMR曲線はその下にあります。 したがって、価格(AR)> MR = MCです。

(5)2つの市場状況のもう1つの違いは、その規模に関するものです。 長期的には、競争力のある企業は最適な規模であり、価格(AR)= LMC = LACが最小であるため、全能力を発揮します。

しかし、独占的競争下では、AR曲線は下向きに傾斜しており、最小点でLAC曲線に接することができないため、企業は最適な規模よりも小さく、過剰能力を持っています。 企業の均衡条件は、価格(AR)= LAC> LMC = MRです。

(6)完全競争と独占的競争のもう1つの違いは、販売コストに関するものです。 製品が均質である完璧な競争の下では販売上の問題はなく、したがって販売コストはありません。

同社は、製品のあらゆる量を支配的な市場価格で販売できます。 しかし、製品が差別化されている独占的な競争の下では、売り上げを押し上げるには販売コストが不可欠です。 ある製品を別の製品よりも優先して購入するように購入者を説得するために発生します。

(7)2つの市場状況の最後の違いは、独占的競争下での企業の生産量は完全競争下よりも小さく、価格が高いことです。 これを図6に示します。dとMRは、独占的競争下にある企業の平均および限界収益曲線であり、競合企業のAR = MRです。

LMCおよびLAC曲線は、両方の企業で同じであると想定されています。

競争企業の均衡はEで確立され、独占的な競争企業の均衡はE 1で確立されます。 独占的競争下にある企業は、競争力のある企業の生産量OQよりも少ないOQ 1出力を販売し、価格Q 1 A 1は競争力のある企業の価格QEよりも高い。

 

コメントを残します