収入効果:収入消費曲線(曲線図付き)

商品に費やすお金収入、2つの商品の価格、無関心マップ(消費者の特定の嗜好や好みを表す)が与えられると、消費者は無関心マップのある時点で平衡状態になります。

お金の収入が変化し、商品の価格と好みや好みが変わらない場合、商品の購入に関して消費者がどのように反応するかを知りたい。

収入効果は、消費者のこの反応を示しています。 したがって、収入効果とは、消費者の金銭収入の変化の結果としての消費者の商品購入の変化を意味します。 収入効果は図8.28に示されています。

予算線P 1 L 1で示される所定の価格と所定の金銭収入により、消費者は最初は無差別曲線IC 1の点Q 1で平衡状態にあり、XのOM 1とYのON 1を持っています。消費者の収入が増加します。 収入が増えると、彼は両方の商品を大量に購入できるようになります。

その結果、予算ラインは上方にシフトし、元の予算ラインP 1 L 1と平行になります。 消費者のお金の収入は、新しい予算ラインがP 2 L 2 (Xに関してはL 1 L 2またはYに関してP 1 P 2だけ増加する)だけ増加すると仮定します。 予算線P 2 L 2では、消費者は無関心曲線IC 2の点Q 2で平衡状態にあり、XのOM 2とYのON 2を購入しています。

したがって、彼の収入の増加の結果として、消費者は両方の商品のより多くの量を購入する。彼はより高い無関心曲線IC 2にあるので、彼は以前よりも良くなる、すなわち彼の満足度は増加する。 収入がさらに増加し​​て予算ラインがP 3 L 3にシフトすると、消費者は無関心曲線IC 3の点Q 3で平衡状態になり、Q 2よりも両方の商品の量が多くなります。

その結果、彼の満足度はさらに高まります。 図8 28では、消費者の均衡がさらに高いレベルの収入で示されており、予算線がP 4 L 4にシフトするとき、消費者は無関心曲線IC 4でQ 4で均衡していることがわかります。 消費者の収入が増加すると、彼はより高い無関心曲線に切り替わり、結果として、より高いレベルの満足度を享受します。

さまざまなレベルの所得で消費者の均衡を示すさまざまなポイントQ 1 、Q 2 、Q 3 、およびQ 4を結合すると、いわゆる所得消費曲線(ICC)が得られます。 したがって、所得消費曲線は、さまざまなレベルの消費者の所得における均衡点の軌跡です。 所得消費曲線は、商品の消費量に対する所得の影響を追跡します。 収入効果は、正または負のいずれかになります。

消費者の収入の増加に伴い、彼の財の消費も増加すると、財の収入効果はプラスになると言われています。 これは通常の良いケースです。 図の2つの軸で表される両方の商品の収入効果が正の場合、所得消費曲線ICQは図8.28のように右に上向きに傾斜します。 所得が増加するにつれて2つの商品の消費が増加することを示すのは、上向きの所得消費曲線のみです。

ただし、一部の商品では、収入効果はマイナスです。 財の収入効果は、収入の増加に伴い、消費者が財の消費を減らすときにマイナスになると言われています。 所得への影響が負であるこのような商品は、不良品と呼ばれます。 これは、消費者の収入が増加するにつれて消費量が減少する商品は、消費者によって何らかの方法で「劣った」ものと見なされ、したがって、所得が増加すると優れた商品を代用するためです。

収入の増加に伴い、消費者が優れた商品を消費し始めると、消費者は不良品の消費または購入量が減少します。 人々が貧しいとき、彼らはしばしばより高価な優れた商品を買う余裕がありません。 したがって、彼らがより豊かになり、より高価な商品を購入する余裕ができるようになると、彼らはより優れたより良い品質の商品の消費に切り替えます。

たとえば、インドのほとんどの人々は、トウモロコシ、ジャワー、バジュラなどの一般的な安価な穀物を劣悪な商品と見なしているため、収入が増えると、小麦や米などの優れた穀物の消費にシフトします。 同様に、ほとんどのインド人はヴァナスパティギーを劣っていると考えているため、金持ちになるにつれて消費量を減らし、代わりに「デジギー」を使用しています。

劣悪な商品の場合、無関心マップは、図8.29のように後方(すなわち、左方向)に傾斜するか、図8.30のように右下に傾斜する所得消費曲線を生成するようなものになります。 これらの2つの数字から、ポイントの後にのみ所得効果がマイナスになることがわかります。 これは、収入の範囲が広い場合にのみ、一部の商品が劣悪な商品になり、その消費までは通常の商品の消費と同じように動作することを意味します。 図8.29では、所得消費曲線(ICC)は後方に傾斜しています。つまり、Y軸に向かって曲がっています。

これは、ポイントX 2を超えると、良いXに対して収入効果が負になり、結果として、収入が増加するにつれてその要求量が減少するため、良いXが劣った財であることを示しています。 図8.30では、所得消費曲線(ICC)は、点Q 2がX軸に向かって曲がる点を越えて右に下向きに傾斜しています。

これは、ポイントQ 2を超えると、収入Yが収入Yに対してマイナスになるため、収入Yが劣っていることを意味します。 上記から、所得消費曲線はさまざまな形をとることができます。

しかし、通常の商品は、消費者が商品を購入する量が収入の増加に比例して増減するかどうかに応じて、必需品または贅沢品になります。 商品の購入数量が消費者の収入の増加に比例して増加しない場合、その商品は必需品として知られています。

一方、商品の購入量が収入の増加に比例して増加した場合、それは贅沢と呼ばれます。 図8.31では、所得消費曲線ICC 1の傾きが増加しています。これは、消費者の収入の増加に比例して、商品Xの購入量の増加が少ないことを意味します。

したがって、このICC 1の場合、優れたXが必要であり、優れたViの贅沢です。 一方、所得消費曲線ICC 3の傾きは減少しており、これは財Xの購入量が収入の増加に比例して増加することを意味するため、この場合、財Xは贅沢であり、必需品です。 図8.31からわかるように、所得消費曲線ICC 2は原点を通る直線曲線です。これは、両方の商品の購入量の増加が所得の増加に比例して増加しているため、どちらも良好ではないことを意味します。贅沢か必需品。

所得効果が商品XとYの両方で正の場合、所得消費曲線は、前述の図8.28のように右に上向きに傾斜します。 しかし、さまざまな商品の右上がりの所得消費曲線は、図8.31に示すように、さまざまな傾きを持つさまざまな傾きを持っている可能性があり、さまざまな傾きを持つ所得消費曲線はすべて上向きに傾きます。効果。

良いXの所得効果が負の場合、所得消費曲線は図8.31のICCのように左に向かって傾きます。 良品Yが不良品である場合、図8.32のICCに示すように、所得消費曲線はX軸に向かって曲がります。 図 8.31および8.32では、所得消費曲線が取り得るさまざまな形状が、無関心曲線とそれらをもたらす予算ラインの後ろに示されています。 しかし、無関心のマップと一連の予算ラインを考えると、1つの所得消費曲線が存在することが指摘されるかもしれません。

注目すべき点は、ある財が劣等な財である理由を説明するのは無差別曲線ではないということです。 言い換えれば、無関心曲線は、財に対する収入効果が負である理由を説明しない。 無差別曲線は、劣悪な良い現象のみを示すことができます。

 

コメントを残します