完全雇用と不完全雇用の均衡の違い| マイクロ経済学

完全雇用と過少雇用の均衡の違い!

(i)完全雇用均衡:

完全雇用均衡とは、経済内のすべての資源が完全に利用される(雇用される)均衡のことです。

簡単に言えば、ADとASの間の均衡が資源の完全雇用で起こるとき、それは完全雇用均衡と呼ばれます。 未使用のリソースはありません。 非自発的な失業はありません。

総需要は、利用可能なすべてのリソースを完全に活用するのに十分です。 また、このような状況では、総需要は過剰でも不足でもないが、「完全雇用レベル」での供給に等しいことを示しています。 それは、本来あるべきものとまったく同じです。 これは、あらゆる経済が達成を望み、継続的な存在を保証する理想的な状況です。

完全雇用均衡の状況は、図8.15に示されています。 X軸は出力(またはAS)のレベルを測定し、Y軸は総需要(つまり、消費需要-I-投資需要)を測定します。 ASは45°の線で表され、線ADは総需要を表します

総需要EMは産出OMの完全雇用レベルに等しいため、両方の曲線は点Eで交差し、完全雇用の均衡をもたらします。 (Eは45°線上にあるため、点Eは両方の軸から等距離にあることに注意してください。)したがって、経済はOMの出力レベルで完全雇用均衡にあります。これは、既存の賃金率で働く意思のあるすべての人々が雇用を確保しているためです。

(ii)雇用不足の均衡:

雇用不足の均衡とは、総需要と「総供給が完全雇用未満」の平等を意味します。 これは、需要のレベルが生産の完全雇用レベルよりも低い均衡状態です。 言い換えれば、アウトプットの生産において、経済のすべてのリソースが完全に使用されていない、つまり、一部のリソースが十分に活用されていないということです。

この状況は、総供給の低レベルではなく、総需要の不足が原因です。 需要のレベルが生産の完全雇用レベルよりも低い場合、それは不足需要と呼ばれ、経済を雇用不足の均衡に押し込みます。 その結果、デフレギャップ、つまり総需要と「完全雇用における総供給」のギャップが生じます。

雇用不足均衡の状況は図8.15に示されており、完全雇用均衡はポイントEにありますが、AD(実際の)曲線は不十分のためにE 1で同じAS曲線と交差するため、ポイントE 1で雇用不足均衡が発生します需要の。 OM 1は、OMの完全雇用均衡レベルよりも低い収入の雇用不足均衡レベルです。 雇用不足の均衡は、図にEBとして示されるデフレギャップを生じさせます。ADがEBによる完全雇用でASを下回るため、到達するにはEBのレベルに等しい追加の投資支出(つまり、デフレギャップ)が必要です。完全雇用の均衡。

 

コメントを残します