ヘクシャー・オーリン(HOモデル-ダイアグラム付き)

Heckscher-Ohlin(HOモデル)は、ストックホルムスクールオブエコノミクスでEll HeckscherとBertil Ohlinによって開発された、国際貿易の一般的な平衡数学モデルです。

これは、取引地域の要因に基づいて商取引と生産のパターンを予測することにより、David Ricardoの比較優位の理論に基づいています。

比較優位のリカードモデルは、さまざまなテクノロジーを使用した労働生産性の違いによって最終的に動機付けられています。 ヘックシャーとオーリンは生産技術を国ごとに変える必要はなかったので、HOモデルはどこでも同じ生産技術を持っています。

リカードは生産(労働)の単一の要因を考慮し、国間の技術的な違いがなければ比較優位を生み出すことができなかっただろう。 HOモデルは技術的変動を除去しましたが、リカルドが外生的に課した労働生産性の国家間変動を内生的に再現する変動資本寄付を導入しました。

Bertil Ohlinの有名な本、Interregional and International Tradeは1933年に出版されました。彼はこの本を書いただけですが、問題に関する彼の以前の研究と最終モデルの多くのアイデアのために、Heckscherはモデルの共同開発者として認められていますヘクシャーが監修するオーリンの博士論文から来ました。

このモデルは基本的に、国は相対的な要因の寄付額が異なり、商品は相対的な要因の強度が異なるため、国際貿易が発生すると述べています。 生産要素(土地、労働、資本)の相対的な寄付により、国の比較優位が決まります。 国は、生産に必要な要素が比較的豊富で、現地で安価な商品に比較優位性があります。 これは、商品の価格が最終的に入力の価格によって決定されるためです。 現地で豊富な投入を必要とする商品は、現地で不足している投入を必要とするよりも、それらの商品よりも生産が安くなります。

相対的な要因の寄付に基づいて、国は資本が豊富な国、労働が豊富な国、または土地が豊富な国に分類されます。 同様に、相対的な要因の強度に基づいて、財は資本集約的、労働集約的、または土地集約的財として分類されます。 たとえば、資本は豊富であるが労働力が少ない国は、多くの資本を必要とするが労働力はほとんど必要としない資本集約型製品の生産において比較優位性を持ちます。 資本が豊富な場合、その価格は低くなります。

資本集約的な商品の生産に使用される主な要因であるため、これらの商品の価格も低く、したがって地元の消費と輸出の両方にとって魅力的です。 一方、労働集約型の商品は、労働力が少なく、価格が高いため、生産するのに非常に高価になります。 したがって、国はそれらの商品を輸入する方が良いでしょう。

したがって、その完全な開発において、HO定理は伝統的な教義に強力な支持を与えます。 なぜ生産コストが国ごとに異なるのかについての本格的な説明を提供し、相対的な商品安の考えられる原因を示しています。

相対因子存在量の定義:

(i)物理的定義:

ある国は、その国の資本の量と労働の量の比率が、労働の価格に対する資本の価格の比率に関係なく、他の国の対応する要素量の比率よりも大きい場合、資本豊富と呼ばれますその国では、他の国の対応する要素価格比よりも小さいです。

たとえば、IIに比べて労働単位あたりの資本単位が多い場合、つまり、次の不等式が成り立つ場合、国Iは国IIに比べて資本が豊富であると言われます。

qC 1 / qL 1 > qC 11 / qL 11

ここで、C 1は国Iの資本の総額、L 1は国Iの労働の総額、C 11とL 11はそれぞれ国IIの資本と労働の総額です。 ここで、この定義に従って国1の資本が豊富であれば、国1には資本集約的財の生産に有利なバイアスがあることを示します。 このバイアスの性質は、図1に最もよく示されています。図では、財Aは資本集約型財であり、財Bは労働集約型財であると想定されています。 両方の国が同じ割合で商品を生産する場合、たとえば、国1は生産可能性曲線のポイントS 'で生産し、国IIは生産可能性曲線のポイントで生産するとします。 国の傾斜はS 'での生産可能性曲線であり、Sでの国のll曲線の傾斜よりも急です。

これは、2つの国がそれぞれのポイントで生産している場合、商品Aは国Iのほうが国IIよりも安く、商品Bは国IIのほうが国Iよりも安いことを意味します。 これは、商品価格ラインP 1 P 1がラインP 2 P 2よりも急であるという事実によっても示されています。 したがって、財Aの生産拡大の機会費用は、国IIの場合よりも国Iの方が低く、財Bの場合はその逆です。これは、資本が豊富な国1が資本集約型の財を優先するバイアスを持っていることを示しています生産側から、そして労働力に富んだ国、国IIは、労働集約的財を生産することに偏っている。

しかし、このことから、労働力豊かな国が労働集約的な財を輸出することにはなりません。 生産側からのバイアスを相殺する以上の要因を要求する場合があります。 このようなケースは図2に示されており、図1と同じ生産可能性曲線を含み、財Aは依然として資本集約的な財であり、財Bは労働集約的な財です。 違いは、需要を考慮したことです。 両国の需要は、2組の無関心曲線によって特徴付けられます。曲線I o 1 I o 1 I 1 1 I 1 1などは、国Iの需要と曲線I o 11 I o 11 I 1 11 I 1 11を表します。などは、国IIの需要を表します。 I国の需要は明らかに資本集約的財に偏っており、II国の需要は労働集約的財に偏っている。

したがって、商品Aは、国IIの場合よりも国Iのほうが比較的高価です。 これは、国IIの商品価格ラインP 2 P 2が国Iの相対的な商品価格を表すラインP 1 P 1よりも急であるという事実によって示されています。

このことから、両国間の貿易が開かれると、国IはBを輸出し、国IIは財Aを輸出することになります。言い換えれば、資本が豊富な国は労働集約的な財を輸出し、労働が豊富な国は資本集約的財を輸出する。

ランカスターの定義は別として、因子の豊富さはHOモデルで2つの方法で定義できます。 物理と価格の2つの代替定義は同等ではありません。 価格の定義にのみ従えば、資本が豊富な国は資本集約的財を輸出し、労働力が豊富な国は労働集約的財を輸出することになります。 したがって、HOモデルは、因子価格の観点から因子の存在量を定義するときに直接続き、因子の割合の観点から因子の存在量を定義するときに、従う場合と従わない場合があります。

(ii)価格の定義

資本の豊富さと呼ばれる国は、その国の労働の価格に対する資本の価格の比率が、その国の労働の量に対する資本の量の比率が他の国の対応する要素価格の比率よりも小さい場合その国は、他の国の対応する因子量比よりも大きい。

貿易前の自国均衡状態で、州の資本がIの方がIn IIよりも比較的安い場合、I国はII国に比べて資本が豊富であると言われます。 より正確に言えば、取引前の自閉的平衡状態にある場合、以下の不等式が成り立つ場合、私はIIに比べて資本が豊富であると言われています。

PC 1 / PL 1 <PC 11 / PL 11

ここで、PC 1はI国の資本の価格であり、PL 1はI国の労働の価格であり、PC 11とPL 11はそれぞれI資本と労働のII国の価格です。 つまり、資本が国Iで比較的安い場合、国は資本が豊富であり、労働力が国IIで比較的安い場合、国IIは労働力に富んでいます。 I国は資本集約的財を輸出し、II国は労働者専用財を輸出します。 これについては、図3で説明しています。

まず、生産関数を特徴づける両国で同じ2つのisoquant、aaとbbから始めます。 これらの同量によると、Bは労働集約的財であり、Aは資本集約的財である。 資本が安い国Iの相対要素価格は、線P O P Oで与えられます。 isoquantsがそれぞれの財の1単位を表すと仮定しましょう。 それから1単位の財Aが1労働で生産されます。 ただし、資本と労働は、要素価格線P 0 P 0で示される比率で相互に交換できますしたがって、oa 1 1の労働は1 Gの資本に相当し、oa 1の資本は1 1Hの労働に相当します。

私たちは、1単位の財Aがoa 1の資本とoa 1 1の労働力で生産されると言った。 しかし、ラインGHを予算ラインまたはコストラインと見なすことができ、1ユニットのAを生産するコストを資本のみまたは労働のみの観点から表現できます。 そうすることで、Aの1ユニットを生産するコストは、資本で測定されるOGまたは労働で測定されるOHであることがわかります。 まったく同じ種類の推論を適用することにより、国Iで1単位の財Bを生産するコストは、1単位のAを生産するコストと同じであることがわかります。 つまり、資本で測定されるOGと労働で測定されるOHです。

国IIで各商品を1ユニット生産するコストを調べてみましょう。 国IIについての唯一の情報は、国Iよりも資本が比較的高いということです。これは、国IIの要素価格の比率を表す線の勾配が、P o P oの勾配よりも緩やかであることを意味します。 。

国IIで考えられるファクター価格ラインは、P 1 P 1です 。Eでaa isoquantに接しています。パラレルファクター価格ラインは、F 2で bb isolquantに接しているP 2 P 2です。 2 P 2はP 1 P 1の下になければなりません。 このことから、II国で1単位の財Aを生産するコストは資本で測定されたOCであるのに対し、Bの1単位で資本で測定されたODであるということです。同じ量のBを生産するよりも良いAの

両国の生産コストを比較すると、I国で良いAを生産するのは比較的安価であり、II国で良いBを生産するのは比較的安いことがわかります。 これから、国Iは財Aを輸出し、国IIは財Bを輸出することになります。これにより、資本が豊富な国は資本集約型の財を輸出し、労働が豊富な国は労働集約型の財を輸出するというヘクシャー・オーリンの定理が確立されます。

要因の豊富さの2つの定義、つまり物理的定義と価格定義は同等ですか? 言い換えれば、外交的貿易前均衡状態において、資本の割合が比較的多い国では、資本が比較的安価であることは必然的に本当ですか? 残念ながら、答えは否定的であることが判明しました。 価格の定義は相対的な経済的豊かさを意味しますが、物理的な定義は単に物理的な豊かさを反映しています。 経済的豊かさと物理的豊かさとの違いは何ですか? 前者は、需要に対する因子量に基づいています。

後者は、各国に存在する要因の絶対量に基づいています。 価格定義が使用されるときにどの要素の豊富さが決定されるかに基づいた要素価格は、需要と供給の両方によって決定される商品価格のようなものです。 価格の定義は需要と供給の両方の影響に基づいていますが、物理的な定義は需要のみの影響を完全に無視して供給のみに基づいています。

したがって、需要条件が供給条件を上回る可能性を除外することはできず、その結果、要因の豊富さの2つの定義が関係国の矛盾した分類を引き起こす可能性があります。 たとえば、物理的定義に基づいて、I国がII国に比べて資本が豊富であると仮定します。 さらに、I国の消費者は、II国の消費者よりも資本集約的な商品を消費する傾向が強いと仮定します。 これらの状況下では、貿易の前にI国で資本が比較的高くなることは不可能ではありません。 次に、国Iは、物理的な定義では資本が豊富に、価格の定義では労働力が豊富に分類されます。

完全を期すため、次のように、ランカスター(1957)により、因子の存在量の3番目の定義が提案されていることに言及する必要があります。

(iii)ランカスターの定義:

国は、その国の輸出された商品によって集中的に使用されるその要因で豊富であると言われています。 HOに適した因子豊富度のランカスターの定義はありますか。 定理? どういたしまして。 この定義に基づいて、HO。 モデルは必然的にトートロジー的に真実です。 HOモデルは、国が豊富な要素を比較的集中的に使用する商品を輸出しているのに対し、ランカスターの定義は、輸出された商品によってより集中的に使用されている豊富な要因を呼び出していると主張しています。 ランカスターの定義に基づいて、HO定理は定義上真であり、反論することはできません。 しかし、トートロジーは、観察された貿易構造を説明する助けにはなりません。 これに関連して、「熱帯は熱帯条件が比較的豊富であるため、熱帯地方は熱帯の果物を栽培している」というサミュエルソンの観察を思い出す。

HO定理は、因子存在量の価格定義が使用される場合にのみ正しいです。 物理的な定義に基づいて、HO定理は貿易を予測しませんが、結果は明らかに好みに依存します。 HO定理は、因子存在量の価格定義に基づいて、また因子強度の逆転がない場合は常に真です。 要因の豊富さの物理的な定義が使用されている場合にのみ、困難が生じます。 したがって、Heckcher-Ohlinの定理は、因子救急車の価格定義に基づいて必然的に真になります。 しかし、因子の豊富さの物理的定義に基づいて定理は必ずしも真実ではありません。

HO定理に従って、因子強度に従って商品をランク付けできます。 国Iは資本が豊富で、国IIは労働力が豊富であると仮定します。 生産に使用される資本集約度に従って国Iのすべての商品をランク付けする場合、この国は最初に最も資本集約的な財を輸出し、次に2番目に資本集約的な財に移動します。 同様に、II国は最初に最も労働集約的なものを輸出し、次に2番目に労働集約的なものに進みます。 因子強度による商品のランキングは、比較優位によるランキングです。

上で議論したように、ヘクシャー・オーリンの定理によれば、貿易を決定するのは因子賦与の違いです。

定理は次の仮定に基づいています。

(i)輸送コストや取引のその他の障害はありません。

(ii)コモディティ市場とファクター市場の両方で完全な競争がある。

(iii)すべての生産関数は一次同次である。

(iv)生産関数は、2つの商品が異なる因子強度を示すようなものです。

(v)生産機能は商品によって異なりますが、両国で同じです。つまり、良い(A)は両方の国で同じ技術で生産され、良い(B)は両国で同じ技術で生産されます。

これらは、ヘクシャー・オーリンの貿易定理に関連して使用される仮定です。 それらは、2 x 2 x 2モデルで比較優位の意味を述べ、因子価格平等化定理を証明するために必要です。

因子価格等化定理

貿易は、商品の移動と要素の流動性が多かれ少なかれ不完全な世界で起こります。 全国的な要因の完全な移動、国境内および国境を越えた商品の完全な自由な移動、および国際的な要因の完全な不動を想定することは一般的です。 ファクターの国際的な流動性を前提とすると、ファクター価格はすべての国で同じになります。 しかし、生産要素が国間で移動できない世界では、商品は自由に移動できますが、商品の取引は要素の移動の代替と見なすことができます。

商品貿易は、両国の要素賦与比率間で要素強度の逆転がない場合にのみ、要素価格を完全に平準化します。 両国の不完全な専門化は、国によって大きく異なる要因価格と一致しています。 因子価格平等化定理は、HO定理の重要な帰結です。

定理の仮定

2つの国(IとII)があります。 それぞれが資本(C)と労働(L)と呼ばれる2つの同質の生産要素を持ち、2つの商品AとBを生産しました。

さらに、次のことを想定します。

(i)生産市場と要素市場の両方で完全な競争があります。

(ii)輸送にかかる費用やその他の障害はありません。

(iii)すべての生産関数は、一次同次です(つまり、一定のスケールに戻ります)。

(iv)生産関数は、2つの商品が異なる因子強度を示すようなものです。

(v)特定の商品の生産機能はすべての国で同じですが、異なる商品の生産機能は同じ国でも異なります。

(vi)各国の生産における不完全な専門化。

2つの国で同じ生産関数を使用したボックスダイアグラム

ボックス「OCO'D」は、国Iの全要素の寄付、

また、ボックスOC1O11D1は、国IIの全要素寄付を表します。 このことから、国Iは資本が豊富であり、C 1 / L 1 > C 11 / L 11として物理量で測定され、国IIは同じ指標を使用して労働量が豊富であることがわかります。

左下隅から商品Aの生産を測定し、右上隅から商品Bの生産を測定します。 生産関数は両国で同じであるため、aa isoquantsは両国で同一です。 bb isoquantsも同じです。両方とも同じ生産関数を示しているという意味です。 労働力は箱の横軸で測定され、資本は縦軸で測定されます。 アイソクォントの描画方法から、商品Aは労働集約型の商品であり、商品Bは資本集約型の商品であることがわかります。

Autarkyの下のファクター価格

貿易前に、両国はそれぞれのボックスで契約曲線上のどこでも作成できます。 国Iが契約曲線のポイントPで生産し、国IIがポイントP 'で生産すると仮定します。 ファクター価格にはどのような意味がありますか? 図5から、両方の生産ラインで国Iが国IIよりも資本集約的な生産方法を使用していることがわかります。 生産機能は両国で同じであり、一次同質です。

限界生産性は、生産で使用される因子強度によってのみ決定されることを知っています。 I国はII国よりも労働単位あたりの資本を多く使用しているため、I国のPにおける資本の限界生産性は、II国のP 'における資本の限界生産性よりも低くなります。 ファクター価格は限界生産性によって決定されます。 これは、資本の価格が国Iよりも国IIの方が国IIよりも低くなり、労働の見返りが増えるということです。 すなわち、賃金は国IIよりも国Iの方が高くなります。 これは、各国がアイソレーションで生産および消費する場合に当てはまります。

貿易の下での商品とファクター価格:ファクター価格平準化

資本が比較的安いHO定理I国に続いて、資本集約的財を輸出し、国IIは労働集約的財を輸出します。 財Bは資本集約的な財であり、財Aは労働集約的な財です。 したがって、貿易が始まると、国IはポイントPからOコーナーに向かって契約曲線に沿って移動し、国IIは契約カーブに沿ってポイントP 1からO11コーナーに向かって移動します。 両国が取引する際の可能な均衡点を図6に示します。ボックスと契約曲線はもちろん同じです。 違いは、国IがポイントTで生産し、国IIがポイントT1で生産することです。 これらは明らかに、貿易の下で可能な生産パターンです。 因子価格の意味は何ですか?

一定のスケールリターンを前提としているため、労働力と資本の限界生産性は、OT T1などの組織からの光線に沿って一定です。 私たちは限界をde4notしましょう

産業Aおよび産業BのI国におけるMPL lA 、MPC lA MPC lBおよびMFC IBの労働力と資本の生産性。

同様に、MPL IIA 、MPC IIA 、MPL IIBおよびMPF IIBを使用して、第二国の各産業における限界生産性を示します

TとT1の両国の産業Aでは、労働と資本が同じ割合で使用されていることがわかります。 これから、MPL IA MPL IIAおよびMPC IA = MPC IIAになります。 さらに、線O1Tは線O11Tに平行です。 したがって、生産要素は、産業Bの両国で同じ割合で組み合わされます。 これから、MPL IB = MPL、 IIBおよびMPC IIB = MP IIBになります。

私たちの仮定の1つは、要素市場は完全に競争力があり、生産要素は国内で完全に移動可能であるということです。 これは、労働、賃金の支払いが両方の産業で同じでなければならず、1資本単位の支払いも両方の産業で同じでなければならないことを意味します。 ファクター報酬は、ファクターの限界生産性に生産物の価格を乗じたものに等しい。 これから、MPL I A x P I A = MPL I B x P I Bと、そのMPC I AXP I A = MPCL I BXP I Bに従います。

貿易では、それらは同じでなければならないため、P I A / P I B = P II A / P II Bは、ポイントTおよびT I MPL II + A = MPL II A MPC I A = MPC II A MPL I B = MPL II 、B、およびMPC I A = MPC IIB。これにより、MPL II A x P I A = MPL II AXP II A = MPL II BXP 1 B = MPL II B x P II B x P II B.言い換えると、両国の要素価格は完全に平準化されます。

このデモンストレーションは、図6のようにTやT1などのトレーディングポイントを見つけることができる限り、両国で要素価格が同じになることを意味します。 現在の仮定を考えると、これは、両国が不完全に専門化されている限り、つまり、両国が両方の商品貿易を生産する限り、完全な要素価格の平準化につながることを意味します。

ここで、因子価格の平準化の常識的な説明を調べてみましょう。 貿易前は、国Iでは資本が安く、国IIでは労働力が安い。 したがって、国Iは資本集約的財で比較優位を持ち(B)、国IIは労働集約的財で比較優位を持ちます(A)。

両国が貿易に参加する場合、国Iは財Bを輸出し、国IIは財Aを輸出します。財Bの生産を増やすには、生産要素を産業Aから産業Bに移さなければなりません。良いB、必要な国の生産者、より多くの資本。 したがって、資本の価格は引き上げられ、貿易が上昇する前に安い要因であったものの相対価格が引き上げられます。

同様に、II国の生産者は、それを輸出するために、より多くの良いAの生産を開始します。 これは労働集約的な財です。 生産量が増えると、より多くの労働力が必要になり、労働力の相対価格が上がります。 したがって、貿易は両方の国で豊富な要因の価格の上昇につながります。豊富な要因の価格は、要因まで比較的安価な要因であり、価格は両国で同じです。

問題は、図6のように、TやT 'などのトレードポイントを常に見つけることができるかどうかです。必ずしもそうではありません。 代替案は、国のいずれか、またはその両方が完全に専門化され、1つだけの財を生産する可能性があることです。 2か国の要素賦与が異なるほど、1つの国が完全に専門化され、完全な要素価格の平準化が行われない可能性が大きくなります。

完全または部分的な要因価格の均等化

コモディティの動きが要素価格を完全にまたは部分的に平準化するかどうかという質問に対する貿易理論家の意見の相違があります。 古典的な貿易理論は、異なる地域間で生産要素の自由な移動が異なる地域の生産的サービスの相対価格と絶対価格を等しくする傾向があることを常に当然と考えていました。 したがって、混雑したヨーロッパから混雑の少ないアメリカへの労働力の移動は、アメリカの土地賃料および商品に対するアメリカの賃金率の低下をもたらします。 同時に、ヨーロッパの土地賃料は下がり、ヨーロッパの実質賃金は上昇します。 労働力の移動は、絶対的および相対的要因の価格が最終的に平準化された場合にのみ停止します。

ファクター価格均等化のこの古典的な教義への重要な追加は、Bertil Ohlinによって提供されました。 彼の地域間および国際貿易(1933)で、オーリンは非常に興味深い結果を開発しました。

(i)国際貿易における商品の自由な移動は、要素の移動の部分的な代替として機能し、

(ii)相対(および絶対)要素価格の部分的な平準化につながる。 ある時点で、オーリンは「完全な均等化が行われない理由を詳細に分析する価値はありません。 均等化がどのような場合でも明らかに不可能であるなど、輸送や貿易のその他の障害の理由が推論に導入されたときのために。実際、主にII章で、6か所以上で、OhIinは不可能性または不可能性を明確に主張している通常、命題はほとんど説明を必要としないほど明白であるかのように、完全な要素価格の平準化の

1919年、エリ・ヘクシャーは、「生産要素が一定の割合で組み合わされていれば、貿易は要素報酬を完全に平準化すると述べた。 彼は、因子価格の平準化は「貿易の避けられない結果」であると言います。

PTエルズワースの優れた業績である国際経済学(1938)で、古典的な博覧会に重要なものが追加されました。 しかし、なぜ要因価格の平準化の傾向のみがあるのでしょうか? なぜイコライゼーションは部分的かつ不完全なだけなのですか? 自由な商品の動きは、なぜ自由な要因の動きの部分的な代替にすぎないのですか? これは現在問題になっている重要な質問です。 エルズワースはオイインよりもこの問題に明確に取り組んでおり、彼の議論はある程度の長さで再現する価値があります:さまざまな生産的要因の価格の完全な平準化が(無料の商品取引から)生じると結論付けるかもしれません。

ただし、これは不可能ではないにしても、ありそうもないことです。 さまざまな種類の労働の需要が、それぞれの種類が最も豊富な地域に大きく集中し、それによって賃金が不足している労働地域の賃金と同等になる場合にのみ発生する可能性があります。 同様に、土地の需要は豊富な土地に集中しなければならず、資本の供給が十分な地区の資本の需要も必要です。

ただし、このような需要の大規模なローカライズは非常に不可能です。 実質的にすべての商品の場合、労働、土地、または資本だけでなく、これらの主要な要因グループの3つすべての組み合わせを要求する生産の技術的要件のため。 したがって、産業需要は常にいくつかの要因に対する「共同需要」です。

因子価格の完全な平準化には、異なるエージェントの非常に多様なローカル供給への需要の達成不可能な完全な適応が必要です。

さらに、そのような価格平準化が発生した場合、それ自体の破壊の種が含まれることになります。 すべての要素価格がどこでも同じだったとき、もはや貿易の理由がなくなり、貿易が停止し、価格の平準化をもたらした需要の消滅により、要素機器の元の格差はすぐに再アサートされます自分自身。 エルズワースが、因子価格の平準化には論理的矛盾が含まれており、したがって不可能であると信じていることは明らかです。

文献には、因子価格の平準化の必然的に部分的または不完全な特性の満足のいく実証があるとは思われないことに注意するだけで十分です。

要因価格の平準化の部分的な性格の厳密な証拠を考案しようとして、サミュエルソン(1948)は驚くべき発見をした:命題は間違っている。 因子価格の平準化が不可能であることは事実ではありません。 因子価格の平準化が非常にありそうもないことは事実ではありません。 それどころか、要素価格の平準化が可能かつ可能性があるだけでなく、さまざまな状況において避けられません。

具体的には:

(i)部分的な専門化があり、各郡が両方の商品を生産している限り、自由貿易によって絶対的かつ相対的に要素価格が平準化されます。

(ii)初期の要素賦与があまりにも不平等でない限り、コモディティモビリティは常にファクタモビリティの完全な代替となります。

(iii)要因が可動性であったとしても、初期の要因賦与に関係なく、最悪の場合、ある程度までしか移行する必要がなく、その後、商品のモビリティは完全な価格平準化に十分です。

(iv)コモディティの動きが要因の動きの効果的な代替である限り、世界の生産性はある意味で最適です。 しかし、同時に、一方の国の労働と他方の国の土地の帰属実質収益率は、アウタルキー下よりも相対的に低いだけでなく絶対的にも必然的に低くなります。

上記の命題はすべて、商品、地域、生産要因の数に関係なく基本的に有効ですが、価格の平準化の経験的確率または可能性は、そのような複雑さによって複雑に変化します。

特定の仮定が与えられれば、貿易は要素価格を平準化することを議論しました。 しかし、これらの仮定が満たされることはほとんど期待できません。

 

コメントを残します