男女不平等の7つの形態–議論されました!

次の記事では、性別の不平等の7つの重要な形態に焦点を当てています。

1.女性は男性より長く働く:

ほとんどの社会では、男性の流れが主流であり、女性は感情的で個人的な思いやりのある仕事と呼ばれる家族の料理や掃除など、家庭の非市場生産で比較優位があると主張しています。

この考え方に基づいて、家庭内の仕事は非対称的に分配されます。 女性は家庭でより大切にされています。 男性は市場ベースの生産に特化しています。 したがって、パン稼ぎ者である男性は、力と地位の両方を享受します。

そして、女性の活動は主に家族の幸福へのインプットとして役立つと結論付けられるかもしれません。 さらに、貧しい家庭の女性は、現金収入を得るための家庭労働と市場労働の二重の負担にさらされています。

[したがって、女性の低い地位と力は、「機能理論」に起因する可能性があります。 この理論によると、このような性別の分業システムでは、家事以外の仕事に従事している女性には内在する不利な点、または家事活動に比べて有利な点があります。 したがって、男女間の不平等。 一部の専門家は、ジェンダーに基づく不平等を「紛争理論」の観点から説明しています。

資本主義社会では、労働市場は、女性のために低賃金で長時間労働(例えば、建設労働者)を持つ1セットの仕事と男性のカウンターパートのためにより良い仕事を作り出すようなものです。 これは、女性が「少数派」グループに属しているということです。 この種の境界は性別の差別を引き起こす。]

約70 pcの食料生産が女性によって準備されています。 平均的なインド人女性は、台所で少なくとも1日4時間または生涯の16 pcを費やし、子育てと子育てのために1日で2〜4時間過ごします。 これらはすべて非市場の家庭活動です。 さらに、家族収入を補うために市場ベースの仕事が女性によって行われています。

今日、女性は世界の労働力の40%、世界の農業労働力の43%を占めています。 最も重要なことは、多くの発展途上国における出生率の低下のために、これらの国では女性の有給雇用への参加が増加していることです。 これは、もちろん、時間が進むにつれて性差が減少することを示唆しています。 World Development Report 2012から、1980年から2008年の間に、仕事への参加における性差が32 pcから26 pcに狭まったことが明らかになっています。

図5.1では、先進国と発展途上国の両方での市場ベースの活動と非市場活動における男性(労働時間)と女性の両方の貢献が、ジェンダー格差のダイナミクスを理解することが示されています。 先進国と発展途上国の両方で、1日に1分間に費やす時間に、性差のほぼ均一なパターンが見られます。 さまざまな国での仕事の配分における男性バイアス(ホームベースとマーケットベースの両方)が図5.1に示されています。

2.雇用と収入の不平等:

歴史的に、男性は女性よりも家の外で仕事に多く参加しています。 しかし、女性(特に貧しい世帯)は、経済的生産に加えて不平等な家事を分担しています。 したがって、彼らは男性よりも長く働きます。 この種の「労働の分割」は、Amartya Senが説明するように、女性に対する「労働の蓄積」と見なされる可能性があります。家事活動は、エネルギーを得るためにより少ない「カロリー」を必要とする「座りがちな活動」と見なされることがよくあります。

女性は家事の責任を担っているため、主に「女性産業」と呼ばれる狭い範囲の職業で働く傾向があります。これは、繊維、衣類、電子機器、食品、飲料などで、通常賃金は他の産業よりも低くなっています。 これらの仕事は男性の仕事よりも劣っていると見なされているため、女性は差別的な賃金を支払われ、性別による賃金格差が生じます。

さらに、女性の労働力の集中は、小規模の家内工業、ビリ作り活動、有給の家事労働などにも見られます。とりわけ、インドやアフリカに見られる非公式部門は、非常に多くの女性労働者を吸収し、今日、組織部門の雇用成長の鈍化により、新しい雇用の大部分は、低賃金を除いて、あらゆる種類の社会保障条項が著しく欠如している非公式経済で生み出されています。 結論は、先進国と発展途上国の両方で、女性はより良い賃金を支払う正規部門の仕事で過小評価されており、無給または低賃金の非公式部門で過大評価されているということです。

さまざまな活動における性別の区別は、表5.1から知ることができます。

収入に関する限り、女性は、インフォーマル部門だけでなく、行政またはビジネスと商業、および専門職の男性労働者に対しても差別されています。

次の表は、先進国と発展途上国の両方での性別間の収入に関する「性差」を強調しています。

この表は、19の先進国と42の発展途上国の男女労働者の賃金格差を示しています。 発展途上国の73%に対して、男性と女性の所得比率は先進国では77%です。 このことから、相対所得の性差は先進国で23 pc、発展途上国で27 pcであることが示唆されます。

ただし、このようなギャップは単なる平均的なギャップです。 国固有のデータにより、性差が大きくなります。 たとえば、日本の男性と女性のイヤリング比率は、デンマークの47 pc、タイの90 pc、チリの101 pcに対して43 pcです。 韓国では、外国の雇用主と投資家は「この国での女性の雇用は男性の労働よりも10〜20%少ない」という広告に惹かれています。

女性の経済的エンパワーメントは、収入によって測定されます。 インド憲法では機会と賃金の平等な権利が認められているにもかかわらず、格差は大きい。 第3回全国家族健康調査(2005-06年)のデータは、次の事実を明らかにしました。10%の女性だけが、男性よりも収入が多いと回答しており、同じ割合の女性が収入は夫の収入とほぼ等しいと考えています。 女性の宗教、カースト、学歴、80 pcの収入に関係なく、男性人口よりも少ない。 したがって、インドにおける平等または女性のエンパワーメントの権利は、限界を大きく超えています。

3.所有権の不平等:

社会的不平等の事例:所有権の不平等と呼ばれる別の種類の不平等、つまり社会的不平等の典型的な事例を見てみましょう。 ほとんどの社会では、財産と生産手段に対する所有権は主に男性会員にかかっています。 相続の法律は、男性の子供にそのような所有権を提供します。 このような家族内の階層的二元論から生じる否定は、女性の声を減らすだけでなく、女性が商業的、経済的、社会的活動に参加することを妨げます。

この種の社会的剥奪は、能力の欠如または欠如を意味します。 または、「能力の剥奪」のために、女性はさまざまな種類の搾取と不自由の対象となります。 社会的不平等は、開発のプロセスをゆがめます。 残念ながら、どの国でも所有権の不平等は最近のものではありません。 彼女の以前の人生では、女性は父親の影響下にあり、結婚生活に入ると夫の影響を受け、最終的に息子の下で財産に対する所有権は巧みに回避されます。 Teleguのことわざは、この理解を裏付けています。 「娘を育てるのは、他の中庭で植物に水をやるようなものです。」

4.生存の不平等:

男女格差のもう一つの最も粗雑な形態は、生物学的には女性が男性よりも長生きするにもかかわらず、女性の異常に高い死亡率です! したがって、どこよりも多くの男の子が女の子よりも多く生まれ、女性の「赤字」と男性の「余剰」につながります。 先進国では、ヘルスケアと栄養の性別バイアスがないため、女性は男性を上回っています。 ヨーロッパと北米では、男子100人あたり105人以上の女児が生まれています。 これらの国々のこのような高い女性と男性の比率(1.05)は、さまざまな年齢層での性別による生存率が高いことに起因しています。

しかし、発展途上国では、女性は男性よりもケアとサポートが少なくなります。 強い「息子の好み」があります。 食糧配分には男性バイアスがあります。 女性は男性より少ないカロリーを必要とします。 女性のカロリー摂取量は、男性よりも29個少ない。 インドの女性の平均栄養摂取量は、1600キロカロリーの栄養所要量に対して、わずか1, 400キロカロリーです。 さらに、彼らは家族の他のメンバーとゲストを消費した後、食べ残しも少なく、家族の福祉のために睡眠を減らします。 したがって、インドの女性は栄養失調です。 これは、太古の昔から男性構造の社会で「女性の周縁化」がどのように行われてきたかです。

さらに、発展途上国は「プロボーイの好み」を示すだけでなく、強い反女性バイアスも示しています。 この女性に対する態度のために、発展途上国では女性の死亡率は男性よりも高くなっています。

アマルティア・センが述べた「女性の行方不明」の概念は、ケアと医療的注意に関連するこの種の反女性的偏見とリンクしている可能性があります。 アジアおよび北アフリカ諸国の女性の男性比率が低いことも、「女性がいない」ことを説明する別の方法です。 これらの国々がヨーロッパと北米の国々で観察されているように女性と男性の比率を示していれば、これらの国にはさらに何百万人もの女性がいるでしょう。

不足している女性は、性別による差別がない場合の「実際の」人口の性比と「予想される」人口の性比の量的な差の大まかな推定値です。 「実際の」比率が「期待される」比率を超える場合、その超過分は「行方不明の女性」と呼ばれます。 センは、アジアと北アフリカの国の女性と男性の比率がヨーロッパとアメリカに等しければ、1986年に中国が4.40クロール、インドが3.70クロール、アジアとアフリカのすべての国が増加することを実証した。合計10クロール以上。 これらは「行方不明の女性」です。 2001年には、インドで行方不明になった女性の数は3.91クロールに達し、中国では4.09クロールに減少しました。 この期間中、インドの実際の性別比率は、予想される比率0.993に対して1.072になりました。

インドの現在の性別比率の状況を見てみましょう。 国勢調査の数値が示唆するように、インドの女性と男性の比率はますます不利になっています。 女性:1991年に927だった男性の比率は、2001年に933に、2011年に940にさらに上昇しました。ただし、この比率は、2011年にケララ州で1, 084、ダマンアンドディウで618です。

しかし、子どもの性比を見ると、浮かび上がる絵は本当に気が遠くなるようなものであり、大きな懸念の原因です。 1991年に男児1, 000人あたり945人であった子どもの性比(0〜6歳)は、2001年に927人、2011年に914人に減少しました。この女児の減少傾向は、一部の女児が生まれたり、より長く生き残るための範囲。 国連国際子ども緊急基金(UNICEF)は、その報告書で、インドで生まれる少女は世界平均よりも毎日7, 000人少ないと主張しています。 インドの「女性の行方不明」というこの概念から得られる結論は、強い性別バイアスまたは性差です。

世界銀行の推定(世界開発報告書、2012年)によると、開発途上国での出生後の世界的な過剰な女性の死亡(前年度に死亡しなかった女性)と発展途上国での「行方不明の少女」 60歳未満の390万人の女性の年です。このうち、女性の2/5は決して生まれません。

しかし、なぜ開発途上国でそのような性別の不均衡が増加しているのでしょうか? ヨーロッパとアメリカでは、出生時に男性が女性を上回っていますが、女性と男性の比率(約1.05)が示すように、女性は男性を上回っています。 それどころか、第三世界の国々では、女性の死亡率が高いため、男性の人口が多くなります。 先進国の女性の豊富さは、早死、喫煙の傾向、男性の暴力行為へのより大きな関与に関連している可能性があります。

女の子よりも男の子への偏見は、「女性がいない」ミステリーを説明しています。 ヘルスケアおよび生存に関連するその他の社会的影響における重大な反女性的偏見のため、続いている女性の乳児殺しは、「女性を逃す」ための1つの正当な理由です。 教育を受けたインド人の間で人気を博したもう一つの理由は、女性の胎児を排除するための性選択的な中絶です。 「ハイテク性差別」のために可能になりました。 主に東アジア(中国、韓国)、シンガポール、台湾などで実施されており、インドや南アジアの他の国でも実施されています。

この「出産不平等」は、両親が生まれた子供を男の子にしたいことを示しています。 男性が支配する社会におけるこの種の「息子の選好」は、貧しい文盲の親だけでなく、都市教育を受けた金持ちの親の間でも強いです! このバイアスは、男性の社会構造における女性の社会的地位の低下と力の低下に関連しています。

5.教育と健康の分配におけるジェンダーバイアス:

人的資本の2つの主要な形態である健康と教育は、経済発展に関連しています。 社会は教育が進むにつれて人的資本が蓄積されます。 日本の著しい経済発展に対する人的資本の貢献は、私たちの注目を集めています。 健康資本の改善は、教育への投資に対するリターンも改善し、その逆も同様です。

しかし、先進国と発展途上国の間には、教育と健康の大きなギャップがあります。 最近では、アジアとアフリカの経済的進歩が大幅に増加しているにもかかわらず、これらの国は教育の達成度、特に女性の教育に関して先進国に大きく遅れをとっています。 ジェンダー格差は、経済の進歩を妨げるだけでなく、社会的不平等を悪化させます。

女性の教育のリターン率が男性のそれよりも高いという十分な統計的証拠があります。 子どもの健康と栄養を改善するのは母親の教育です。 貧困と不平等の悪循環を断ち切る可能性があります。 女性の教育は貧困削減に直接関係しています。

それにもかかわらず、アジアの第三世界の国々での男児の偏見は明白です。 このようなバイアスは、次の事実に起因する可能性があります。 まず、稼ぎ手である男児は、家族の「保険の絆」と見なされます。 第二に、男児は老年期に安全を提供します。 第三に、男性の子供は、両親が結婚時に巨大な持参金/ギフトをゲーマーに提供できるため、資産と見なされます。 これらはすべて、反女性バイアスについて語っています。 少女の結婚中に、花嫁から持参金を与えるために両親からお金が漏れます。

とりわけ、結婚後は女児が夫の家族の福祉を考慮するため、女性教育への投資は価値がありません。 この考え方が変化しない限り、性差は継続します。 教育におけるそのような性差を取り除くために、女性の教育の役割は望ましくありません。

教育における反女性バイアスは、男女の識字率、初等教育の総就学率(クラスI〜VIII)、女子生徒の脱落率に反映されます。

インドの男性と女性の識字率は、2001年の75.26 pc-53.67 pcから2011年の82.14 PC-65.46 pcに増加しました。これにより、ほぼ17 pcの教育男女格差を反映しています。アカウントに。 現在、女性の成人の識字率は約54%です

これは、女性人口の半分以上が読み書きできることを意味します。実際、哀れな人物です! 教育の重要性が低いため、インドの人間開発指数のランキングは悪化しています。 2006年の117か国中126位から2011年には134位に減少しました。

2009年の初等教育レベルでの男子女子の総就学率は115 pcと111 pcでした。中国の場合、111:115です。さらに、インドの女子の脱落率が最も高くなっています。 ドロップアウト率の大きな男女格差を説明するために、いくつかの理由が進められています。 まず、貧しい親の教育レベルが低いことです。

第二に、教育レベルが低いため、女性の法定結婚年齢は18歳ですが、インドの州ではわずか13または14歳の子どもの結婚が一般的な光景です。 インドでは4人に1人、ネパールでは5人に1人が15歳までに結婚しています。 16歳以前に結婚した。

女性教育におけるこの残念な事態は、健康状態が悪いことを示しています。 早婚のため、貧しいインドの女性の出産年齢はより早く始まります。 妊娠が頻繁に起こるだけでなく、生まれたばかりの子供の世話にも問題が生じます。 2004年から2009年にかけての出生1, 00, 000人当たりの妊産婦死亡率は、中国の34人のみに対してインドでは254人を占めています。

さらに、低年齢で頻繁に妊娠すると、貧血の女性の割合が高くなります。 西ベンガル州、オリッサ州、ビハール州、アッサム州、アルナーチャル・プラデシュ州の既婚女性63〜85人が、低体重の赤ちゃんを出産しています。 妊娠中に栄養価の高い食事と適切なケアを行うことで、大きな困privが見られます。 ほぼ46ページ c赤ちゃんは体重不足に悩まされており、健康状態の悪化や脳の発達不良のリスクを高めています。 最終的に、これらすべてが高い乳児死亡率につながります。 30人の女性が、出産や妊娠関連の原因で死亡します。 HIV陽性者の38%は女性です。

さらに、女性は男性よりも病気に苦しんでいます。 反女性バイアスに加えて、貧しい女性は基本的な医療施設を故意に拒否されています。 彼らが病気に苦しむとき、男性のメンバーは女性のメンバーの医師または病院への訪問が家族のための食糧の準備を含む終日の家事の延期につながるかもしれないと嘆願します。

6.自由表現におけるジェンダーの不平等:

経済的な問題や要因を超えた性別の不平等について話しましょう。 女性は収入や資産の不平等の影響を受けるだけでなく、女性の自由と権力の剥奪の面でも想像を超えています。 彼らは、家庭の決定における自治の欠如、財産所有権の制限または完全な欠如、および稼得した貧しい賃金のために、家庭での経済的自由を欠くだけでなく、子供の教育に関する意見を放映する自由も欠いています。

一部の後方貧しい社会では、女性が意見を述べる権利は完全に否定されています。 しかし、そのような不自由は、男性優位の社会で巨大な力と権威を享受する教育を受けたエリートの間でも珍しいことではありません。 歴史的に、このような女性の低い社会経済的地位は、今日も続いています。

さらに、女性に政治的権力と権威を授与すること、つまり行政上の意思決定と政治的意思決定への参加に大きな無関心が見られます。 実際、多くの国で女性は恵まれておらず、政治的に疎外されています。 その後、民主主義は衰退します。

多くの国では、女性への投票権が認められていますが、それでも男女間の不平等はかなり広まっています。 多くの南アジア諸国の多くの国家元首は女性ですが、政治制度における女性の代表は実際には最小限です。

官公庁では、行政上の意思決定権は男性会員のみにかかっています。 しかし、インドは、2009年にグラムパンチャヤットの女性のために50席の座席を確保できるという幸運に恵まれています。これらが真剣に実施されると、女性の民主主義と参加が促進されます。 公開討論と参加、すべての市民の相互作用は、社会的変化の触媒として機能します。

しかし、多くの国の開発とガバナンスのプロセスのように、女性は疎外されており、女性のエンパワーメントの目標は危険にさらされています。 同時に、インドでは女性代理店がかなり活発であるため、性別の何らかの政治化が行われており、多くの場合、女性は真の権利を持つことに成功しています。 女性に経済的および政治的自由が保証されれば、人間の能力は拡大する可能性があります。 そのような能力の拡大は、貧しい収入によって妨げられません。 女性の能力の拡大により、自信が刺激されるだけでなく、女性も社会的地位を高めます。

最後の注意事項。 選挙への参加を保証することによってのみ、女性の表現の社会政治的経済的自由を確保することはできません。 しかし、これは女性の不自由の束縛を取り除くのに十分ではありません。 重要なのは、民主的な手続きと規範の効果的な実施です。

これには、政治分野の改革が必要です。 ここでの主な反対は、いつものように、社会の男性メンバーから来ています。 ジェンダーの不平等は家父長制社会の究極の結果です。 女性に力を与えることによってのみ、ジェンダーの不平等のこの社会的および経済的障壁を破ることはできません。 これには女性の教育が必要です。 女性の政治参加の有効性は、教育の状態に依存します。 したがって、教育は大きな社会的変化として機能します。

7.暴力と被害者の尊重におけるジェンダーの不平等:

最後に、女児が生まれる前に(女性特有の中絶に起因する)反女性バイアスが始まり、女性のメンバーが彼女の生涯を通じて持つ社会のこの態度。

それは、収入、財産、家庭の利益(健康と栄養の剥奪)の不平等な共有のためであり、女性は身体的暴力と性的暴力の両方にさらされています。これは自由の反対であり、極端な形の強制です。 これは、貧しい人々の両方に共通しており、豊かな国と豊かな人々の間であまり珍しくありません。 言葉で3人に1人の女性は、彼女の生涯にbeatられたりレイプされたりします。

持参金の嫌がらせは、暴力の「道具的使用」とみなされます。 持参金の死は、家庭内暴力の最も深刻な形態です。 妻の暴行は珍しくありません。 性的暴力は人権侵害の不快な形です。 さらに、貧困レベルの増加に伴い、性的搾取のために女性と子供を人身売買することは、それを組織する人々にとって高利益と低リスクの貿易となっています。

このような暴力の多くの原因がありますが、男性の肉体的能力、権力と不正のダイナミクス、女性の教育の低さまたは欠如は、世界的な女性の性別の不平等および従属的地位の最も重要な理由のようです。

経済的自立と社会外解放は、家の外で収入と有給雇用を獲得する能力を生み出し、所有権を保証し、教育における識字能力は非常に重要です。 これらすべてのエンパワーメントの価値を無視することは困難です。

これらはすべて女性に力を与えます。 女性のエンパワーメント、家父長制、男性による暴力の独占、女性の搾取は破られる可能性があります。 そして、何よりも、女性の教育は、結婚と労働法によって、女性の労働の「ハウスワイフ化」の制度を破壊するだけです。

 

コメントを残します