消費機能:コンセプト、特性、可能性

この記事では、消費関数について説明します。-1. 消費関数の概念2.消費関数の特性3.可能性。

消費関数の概念

JMケインズは、1936年に最初に「消費関数」という用語を導入して、世帯の計画消費支出とそれを決定する上記のすべての力との関係を説明しました。 理論を開発するには、1つを除くすべての変数を一定に保つ必要があります。 これにより、消費が収入によってどのように変化するかを調べることができます。

このような研究に基づいて、消費と収入の単純な関係を導き出すことが可能になります。 この関係はJMケインズによって消費関数と呼ばれ、次のように表されます。C= f(Y)、ここでCは消費、Yは収入です。

この関係は、消費が収入に依存するか、収入の関数であることを意味します。 消費支出に影響を与える他の変数に変化がある場合、消費機能がシフトします。

誘発支出:

消費は収入に依存し、収入の変化に応じて変化するため、誘発支出と呼ばれます。 ケインズの所得決定理論では、消費の変動は国民所得の変化によって説明されます。

集約消費関数:

すべての個人または世帯には、独自の消費機能があります。 この関数は、望ましい消費支出が収入によってどのように変化するかを示します。 すべての世帯の消費関数を合計することにより、総消費関数に到達します。 これは、マクロ経済学にとって興味深いものです。 これは、すべての世帯の希望総消費支出が国民所得によってどのように変化するかを示しています。

集計消費関数は、さまざまなタイプの個人の行動を反映しています。 ただし、極端な変動は互いに打ち消し合います。 たとえば、収入が増加すると、一部の非常に貧しい人々がすべての余分な収入を費やし、一部の非常に裕福な人々はすべての余分な収入を節約できます。

しかし、ほとんどの人は余分な収入の一部を費やして残りを節約するため、総消費関数は同じタイプの行動を示します。つまり、国民所得が増加すると、消費と貯蓄の両方が増加します。

これから消費関数について話すときは、集約関数またはマクロ関数、つまり、経済全体の消費関数を指します。

消費関数の特徴

短期消費機能の研究により、次の4つの特徴が明らかになります。

1.ほとんどの貧しい人々は、収入の大部分を消費財に費やしているため、貯金することが難しいと感じています。 そのため、貯蓄を行うには収入が最低レベルに達していなければなりません。 言い換えれば、損益分岐点レベルの収入があります。 これは、家計が収入のすべてを消費財に費やす収入のレベルであり、多かれ少なかれ、つまり貯蓄がゼロです。

2.クリティカル(損益分岐点)レベル以下の人々は、現在の収入を超えて過ごすことを計画しています。

これは2つの方法で実行できます。

(a)借用または

(b)節約、つまり過去に蓄積された富の支出。

ただし、このプロセスを実行できる範囲には制限があります。 人々は、借りることによって、または富のストックを減らすことによって無期限に消費することはできません。 富のストックは限られているので、遅かれ早かれ枯渇します。 これが、このタイプの消費行動が長期的に観察される可能性が低い理由です。

3.収入が損益分岐点を超えると、人々は収入の一部のみを消費し、残りの部分を節約する計画を立てます。

4.収入が増加(減少)すると、消費支出も比例的ではないが増加(減少)します。 たとえば、インドの国民所得がRs増加した場合。 すべての世帯の1年間の消費支出は1ルピー増加する可能性があります。 80、00, 000およびRsによる節約。 20、00, 000。

これらは、消費と貯蓄の所得への依存に関するケインズの4つの基本的な仮定です。 これらを表32.1に示します。 表の各行は、収入の各レベルでの望ましい消費と望ましい節約を示しています。

表32.1のデータは、図32.1のようにグラフでプロットすることもできます。 図32.1にプロットされた線は、消費関数です。 ライン上の任意のポイントは、収入の各レベルでの計画消費量を示します。

消費関数の上記の4つの特性は、表32.1と図32.1の両方を使用して説明できます。

1.まず、図32.1は、消費関数のグラフが上向きに傾斜していることを示しています。これは、収入が増加するにつれて消費支出も増加することを意味します。 これは、消費の変化が所得の変化によって引き起こされることを明確にします。 ただし、総消費量には自律的な(所得に依存しない)コンポーネントがあります。

表32.1および図32.1では、国民所得がゼロの場合、消費支出はRsです。 300クロール。 収入がRs増加した場合。 Rsによって400クロアの消費が増加します。 300クロール。 より高い収入レベルでの総消費量のこの部分は、自律的(自給)消費と呼ばれます。 これは、人々が収入に関係なく、生き残るために消費しなければならない最低量です。

2.観察すべき2番目のポイントは、国民所得がRsの場合です。 1200クロ、消費支出もルピーです。 1200は、節約がゼロであることを意味します。 これは損益分岐点レベルの収入であり、図32.1のポイントdで示されています。

3.観察すべき3番目のポイントは、国民所得がRsの場合です。 800キロの消費支出はRsです。 900キロ。 したがって、このレベルの収入ではルピーの節約があります。 消費支出が収入を上回ることを意味する100クロ。 所得を超えるこの過剰な消費支出は、過去の貯蓄を借りたり減らすことで賄われています。 図32.1のポイントcはポイントを示しています。

4. 4番目のポイントは、収入がクリティカルレベル(つまり、損益分岐点レベル)を超えると、貯蓄はプラスになるということです。 これは、図32.1のポイントfで示されています。 ポイントfは、国民所得がRsであることを示しています。 2000クロ、希望する消費支出はRsです。 1800クロール。

5.観察すべき最後のポイントは、国民所得がRsごとに増加することです。 400ルピーの消費支出がRs増加します。 300クロール。 したがって、収入が増加すると消費支出も増加しますが、比例的にではありません。

可能性消費関数

図32.3に示すように、長い間線形消費関数を検討してきました。

(a)以下。 しかしケインズは、収入が増加するにつれて消費支出も増加するが、比例的ではないことを指摘した。 言い換えれば、MPCは低下します。 図32.3

(b)MPC仮説の低下を裏付ける非線形消費関数を示しています。

しかし、簡単にするために、ケインズは収入と雇用の理論で線形消費関数を仮定しました。

図32.3に示す両方のタイプの消費関数は、4つの基本的な仮説と非常に一致しています。 両方の関数には正の切片があります。 その意味は、それぞれの場合において、APCは収入ゼロで1を超えているということです。 両方の曲線の正の勾配は、MPCがすべての収入レベルで正であることを意味します。

図32.3(a)では、消費関数C 0は線形です。 これは、MPCはすべての収入レベルで同じであるという意味です。 ただし、APCは収入が増加するにつれてC 0線に沿って減少し続けます。 (後者の命題は幾何学的にテストすることもできます)。

非線形消費関数C 1は、APCの減少とMPCの減少も示します。 実際、消費関数の勾配はMPCを測定します。 図32.3(b)では、収入が増加するにつれてラインC 1の傾きが低下することがわかります。 換言すれば、線C 1はより平坦になる。 したがって、所得の連続的な増加は、消費支出の増加をますます少なくします。

私たちは、人々が収入の一部を使い、残りの部分を節約することに注目しました。 したがって、節約は残りです。 したがって、人々は消費について決定を下すとき、貯蓄について自動的に決定します。 言い換えれば、人々はたった一つの決定をしなければならない:消費と貯蓄との間で収入をどのように分けるか。

ポール・サミュエルソンの言葉では、消費と節約は鏡像の概念です。 表32.1は、これら2つの概念を示しています。 列(3)の数字は、最初の2列の数字によって暗示されています。

消費支出が収入と消費傾向に依存するように、貯蓄行動は収入と貯蓄傾向に依存します。 したがって、2つの消費傾向のように、2つの節約傾向もあります。 平均貯蓄性向(APS)は、総貯蓄(S)対総収入(Y)の比率、すなわちS / Yです。 これは、貯蓄に充てられた総収入の割合です。

限界貯蓄傾向(MPS)は、貯蓄の(絶対的な)変化(ΔS)と国民所得の(絶対的な)変化(ΔY)の比率です。

MPS = ∆S / ∆Y

表32.1では、平均と限界の節約傾向を計算しました。 MPS(= 0.25)はすべての収入レベルで一定ですが、APSは収入とともに上昇します。 たとえば、YがRsの場合。 1200 crores APCはゼロであり、VがRsに上昇すると。 2000クロールのAPSは0.10で正です。

問題1

次の消費関数のそれぞれについて、消費する限界傾向、MPC = dC / dYを見つけます。

問題3

計画消費量が式C = Rsで与えられるとします。 40 + 0.75Y d 。 可処分所得がルピーの場合の計画消費量を見つけます。 300、Rs。 400およびRs。 500。

解決策

Rsの置換。 消費方程式に300可処分所得、C = Rsがあります。 40 + 0.75(Rs。300); C = Rs。 40 + Rs。 225 = Rs。 56.消費はRsです。 YがRsの場合は340。 400およびRs。 415(YがRsの場合)。 500。

 

コメントを残します