ケインズの消費の心理的法則(図付き)

ケインズの消費の心理法則:

さらに、ケインズは消費の心理学的法則を提唱しました。これによれば、所得が増加すると消費は増加しますが、所得の増加ほどではありません。

言い換えれば、限界消費傾向は1未満です。

1> ∆C / ∆Y> 0

ケインズは、金利や富を含む多くの主観的および客観的要因が消費支出のレベルに影響を与えることを認識したが、個人および社会の消費支出が依存するのは現在の所得レベルであると強調した。

彼を引用するには:

「総消費量は主に総収入量に依存します。 人間の本性に関する知識と経験の詳細な事実の両方からアプリオリに高い信頼を持って依存することができる基本的な心理学の法則は、原則として男性(および女性も)が処分されることです収入の増加に応じて消費を増やすが、収入の増加ほどではない」

消費行動に関する上記の声明では、ケインズは3つの点を指摘しています。 第一に、彼は消費支出は主に当期の絶対所得に依存する、つまり消費は現在の所得の絶対レベルの正の関数であることを示唆している。 ある期間の収入が多ければ多いほど、その期間の消費支出が多くなる可能性があります。

言い換えれば、どの時代においても、金持ちは貧乏人よりも多く消費する傾向があります。 第二に、ケインズは、消費支出は収入と比例関係にないことを指摘しています。 彼によると、収入が増加するにつれて、収入のより少ない割合が消費されます。 収入に対する消費の割合は、平均消費傾向(APC)と呼ばれます。 したがって、ケインズは、所得が増加するにつれて平均消費傾向(APC)が低下すると主張します。

ケインズの消費関数は、次の形式で表現できます。

C = a + bY d

ここで、Cは消費支出、Y dは国民総所得から税金を引いたものに等しい実質可処分所得です。aとbは定数です。aは傍受項、つまりゼロレベルの所得での消費支出の量です。 したがって、aは自律的な消費です。 パラメーターbは、可処分所得の1単位当たりの増加に応じて消費支出の増加を測定する限界消費傾向(MPC)です。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

MPC = ∆C / ∆Y

図9.1および9.3から明らかなように、ケインズが認識した消費支出の振る舞いは、ある時点での消費関数曲線CCの勾配によって測定される限界消費傾向(MPC)が平均消費傾向(APC )消費関数曲線CC上の点を原点につなぐ線の傾きで測定されます(つまり、MPC <APC)。

これは、収入が増加しても消費は比例して増加せず、所得が減少すると消費が以前の消費基準を保護しようとするので比例して減少しないためです。 これは、図9.3からわかるように、MPCを測定する消費関数曲線CC 'の傾きと、点AとBでそれぞれAPC(i。e C / Y)を与える線OAとOBの傾きが低下していますが、線形消費関数CC 'は一定のままです。

図9.3に、切片項を持つ線形消費関数を示しました。 この形式の線形消費関数では、限界消費傾向(AC / AF)は一定ですが、平均消費傾向(C / F)は、レベルOAおよびOBのレベルの傾きによって示されるように、収入の増加とともに減少しています所得FおよびF 2のそれぞれ。

高い所得レベルF 2で消費する傾向の平均を示す原点から描かれた直線OBは、低い所得レベルF rで原点からポイント/ tに描かれた直線OAよりも傾きが比較的小さいです。平均消費傾向の低下所得が増加すると、国の国民所得の増加とともに、節約される所得の割合が増加することを意味します。

この結果は、さまざまな収入レベルでのさまざまな家族の家計の研究からも得られます。 金持ちの家族が消費に費やす収入の割合は、貧しい家族のそれよりも低い。 言い換えれば、裕福な家族は貧しい家族と比較して収入のより高い割合を節約します。

平均消費傾向の減少という前提は、ケインズの収入と雇用の理論の重要な部分です。 これは、所得が増加するにつれて、国民所得のより大きな割合が節約されることを意味します。 したがって、所得の完全雇用レベルで均衡を達成し、維持するには、国民所得の割合を増やす必要があります。

十分な投資機会が得られない場合、経済はトラブルに陥り、その場合、総需要は完全雇用の生産量を下回るため、完全雇用を維持することはできません。

所得の増加に伴う貯蓄の割合の増加と、その結果としての需要不足の問題に基づいて、ケインズの経済学者の中には、長期的な停滞の理論を消費傾向の低下に基づいたものもありました。

 

コメントを残します