経済成長と経済発展(差異)

経済成長:

(1)単一次元、つまり出力のみの増加。

(2)量的変化-国民所得および資本当たり所得の変化。

(3)性格が自発的。

(4)不連続な変化

(5)開発なしで成長が可能

(6)経済成長の決定要因は経済発展かもしれません。

(7)先進国の問題の解決。

(8)発展途上国に関する開発

(9)開発された経済は、特性において規制および管理されている

(10)経済成長では経済発展は不可能

(11)経済発展は、社会システムの構造的変化をもたらす革新的なプロセスです

経済発展:

(1)多次元、すなわちより多くの出力と技術的および制度的取り決めの変更。

(2)質的変化-国民所得および資本当たり所得の構成と分布の変化、および機能的能力の変化。

(3)長期的には徐々に安定した変化。

(4)継続的な変更。

(5)開発にはある程度の成長が不可欠です。

(6)経済発展は経済成長の決定要因

(7)先進国の問題の解決。

(8)成長は先進国に関連する

(9)経済成長は特質上自発的です。

(10)経済発展なしに経済成長は可能です。

(11)経済成長とは、構造を変更せずに1つ以上の次元でシステムを拡張することです。

 

コメントを残します