1956年の産業政策:1956年の政策の8つの主な特徴

包括的な産業政策が1956年に策定されました。次の目的があります。

(i)機械製造業の発展。

(ii)産業発展の速度の増加。

(iii)収入と富の不平等の削減。

1956ポリシーの主な特徴

この ポリシー の機能は次のとおりです

(i) 産業のカテゴリー:

大規模産業は3つのカテゴリに分類されています。

(a) 公共部門:

スケジュールAでは、17の産業が含まれていました。 これらの産業は、武器と弾薬、原子力、鉄鋼、重機、鉱油、石炭などでした。

(b) 官民部門:

スケジュールBでは、12の産業が含まれていました。 産業は国有になりますが、民間セクターも産業を確立できます。 アルミニウム、工作機械、薬物、化学肥料、道路および海上輸送、鉱山、鉱物などの産業が含まれていました。

(c) 民間部門:

スケジュールCでは、AおよびBスケジュールに含まれない残りのすべての産業が含まれていました。 これらの産業は民間部門によって設立されます。

(ii) 小屋および小規模産業:

政府 コテージと小規模産業を促進するための努力をします。 これらの産業は地元の資源を利用し、雇用を生み出します。

(iii) 公共部門への譲歩:

政府 公共部門のユニットに電力、輸送、金融の施設を提供します。 しかし、政府。 民間部門のユニットに対して無関心な態度を採用しません。

(iv) バランスの取れた地域開発:

産業の確立においては、産業的に後方の地域が優先されます。 これらの地域で設立される産業には、より多くのインセンティブが与えられます。

(v) マネージャーへのトレーニング:

民間および公的部門のマネージャーは、彼らがうまく機能できるように技術的および管理的トレーニングを受けます。 これらの人のために大学で管理コースが開始されます。

(vi) 労働のためのより良い施設:

この方針の下で、より良い労働施設が提供されます。 労働者には、公正な報酬、より良い労働条件、経営に参加する機会が与えられます。

(vii) 公共ユニットでの管理:

ポリシーは、公共ユニットの適切な管理に重点を置いています。 公共ユニットは、効率的に管理されていれば、良い収入源になり得ます。

(viii) 外資:

政策は、外国資本が産業発展に重要な役割を果たすことができることを強調しました。 外国資本を利用するために多くの譲歩が提案されました。

 

コメントを残します