需要の価格弾力性(式あり)

この記事では、需要の価格弾力性について説明し、適切な図を使用して説明します。

1890年、新古典派の偉大な経済学者であるアルフレッドマーシャルは、価格などの別の変数の変化に対する需要量などの1つの変数の応答に対する特別な尺度を開発しました。 弾力性と呼ばれ、需要の市場感度の尺度です。

需要の法則は、商品の価格の低下は、商品の需要量の増加につながると単に述べています。 しかし、一部の商品の場合、女性用衣料品の場合のように、価格のわずかな下落は、需要量の大幅な増加につながります。 他の場合では、塩や命を救う薬の場合のように、価格の大幅な低下は、需要量の大幅な増加につながりません。

したがって、商品に要求される量の反応性の程度は変化し、弾力性はそのような反応性の尺度です。 したがって、需要の法則は価格の変化と量の変化との関係を説明しています。 需要の弾力性はそのような変化を定量化し、消費者が価格の変化にどのように反応するかを正確に測定します。

要するに、需要の法則は価格の変化と量の変化の方向、すなわち反対の方向の価格の変化と量の変化を示しています。 需要の弾力性は、そのような変化の大きさを示しています。

商品の需要量は、多数の変数の影響を受けます。 需要の弾力性は、需要に影響を与える変数の1つの変化(つまり、需要決定要因のいずれか1つの変化)に対する商品の需要量の応答性の程度を測定します。 各影響変数の変化に対する応答は、個別の弾力性の概念によって測定されます。 すべての弾力性、つまり需要の価格弾力性の中で最も一般的に遭遇するものから始めることができます。

需要の法則によれば、商品の価格が下がれば、その商品の需要量は増加します。 しかし、それは大きな増加でしょうか、小さな増加でしょうか? 商品の需要量がそれ自体の価格の変化に反応する程度は、「需要の価格弾力性」として知られています。

価格の変化が需要量の比較的大きな変化につながる場合、商品の需要は弾力性があると言われています。 需要量の変化が比較的小さい場合、需要は弾力性がないと言われます。 この点を図5に示します。

どちらの図でも、OP 1からOP 2への価格の下落により、OQ 1からOQ 2への需要量が増加しています。 [図 5(a)]テレビの需要量の変化は比較的大きい(需要は弾力性がある) (b)]パンの場合の変化は、価格の変化に関連して小さい(需要は弾力性がない)。

測定:

需要の価格弾力性は、次の式を使用して測定されます。

記号Aは変更を示します。 この式は、需要の弾力性が、量の変化率をそれを引き起こした価格の変化率で割ることによって計算されることを示しています。

したがって、商品の価格がRe.1.00から90pに下がり、これにより需要量が200から240に増加する場合、需要の価格弾力性は次のように計算されます。

ここで、E pは需要の価格弾力性係数と呼ばれ、2つのパーセンテージ変化の比率であるため、常に純粋な数値(½、1、2、3など)です。

E pは常に負の数でなければならないことに注意してください。なぜなら、需要量と価格は互いに反対方向に移動するからです。つまり、価格が上がると需要量が下がるからです。 価格が下がれば、需要量は増加する。 したがって、E pには常に負の数値があります。 通常、負の符号を削除し、E pの絶対値を取得します。

式で与えられる実際の数値が1より大きい場合、需要は弾力的です。 1未満の場合、需要は非弾性です。 1に等しい場合、需要には単位弾性があります。 需要は、需要量と価格の比例した変化が等しい場合、ユニタリエラスティックです。

総支出方法(テスト):

価格弾力性を決定する簡単な方法は、商品の販売または製品に対する消費者の総支出から企業が得た総収益を参照することです。 商品の価格が下がれば、需要量は増加します。 しかし、総支出はどうなりますか? 総支出がどうなるかは、需要量の増加の程度に依存します。

需要量が大幅に増加した場合(価格の下落を相殺する以上)、総支出は増加し、需要は弾力性があると言われています。 したがって、図1では、価格がOP 1からOP 2に低下すると、総支出はOP 1 XQ 1からOP 2 YQ 1に増加します。 ただし、需要量がわずかしか増加しない場合、つまり価格の低下を相殺するのに十分でない場合、総支出は減少し、需要は弾力性がないと言われます。

図1では、総収益はOP 1 LQ 1からOP 2 MQ 2に減少します。 需要量が価格の下落を相殺するのに十分なだけ増加した場合、総支出は変わらず、需要は単位弾力性があると言われます。 価格上昇に対しても同じアプローチを採用できます。

リプシーが言うように、「価格の変化によってもたらされる総支出の変化は、需要の弾力性に関連しています。 弾力性が1未満の場合、価格の変化率は数量の変化率を超えます。 2つの変更のうち、価格の変更がより重要になるため、総支出は価格の変更と同じ方向に変更されます。 ただし、弾力性が1を超える場合、数量の割合の変化は価格の割合の変化を超えます。 量の変化はより重要な変化となり、総支出は量の変化と同じ方向(つまり、価格の変化と反対方向)に変化します。」

ここで注意すべき3つの主なポイントを表1に示します。

1.需要の弾力性が単一性(弾力的需要)を超える場合、価格の低下は財に対する総支出を増加させ、価格の上昇はそれを減少させます。

2.弾力性が1よりも小さい場合(非弾力的需要)、価格の低下は財への総支出を減らし、価格の上昇はそれを増加させます。

3.需要の弾力性が単一である場合、価格の上昇または低下により、財への総支出は影響を受けません。

これらの3つのケースを表2に示します。

勾配と弾性

これに関連して、需要曲線の傾きとその弾力性を区別することができます。 需要曲線の傾きは∆P / ∆Q(常に負)であることに気付くかもしれません。 これは、Pの変化とQの変化が、下向きの需要曲線では常に反対方向にあるためです。

勾配は絶対変化を測定するか、2つの絶対変化の比率です(つまり、価格の絶対変化と量の絶対変化)。 しかし、弾力性は変化率を測定します。 需要曲線の傾きの逆数、つまり∆Q / ∆Pに元の価格/数量比(P / Q)を掛けて、弾性係数の値を見つける必要があります。

 

コメントを残します