等コスト線(図で説明)

要因が他の要因に結合される程度は、要因の価格と要因にお金を使う組織の意志に依存します。

等コスト線は、組織が要因に費やす意思のある金額とともに、要因の価格を表します。

つまり、一定の金額で購入できる要素のさまざまな組み合わせを示しています。

たとえば、プロデューサーはルピーを使いたいと思っています。 生産要素、すなわちXとYについて300。市場でのXの価格はRs。 ユニットあたり3、Yの価格はRsです。 ユニットあたり5。

そのような場合、等コスト線は図-10に示されます:

図10に示すように、生産者がXを購入するために全額を費やした場合、OLで表されるXを100単位購入できます。 一方、プロデューサーが全額でYを購入した場合、OHで表される60ユニットを取得できます。

点HとLがそれぞれX軸とY軸上で結合されている場合、等コスト線と呼ばれる直線が得られます。 この行にあるXとYのすべての組み合わせのコストは、Rsと同じになります。 300.同様に、Rs以上のコストをとることにより、他の等コストラインをプロットできます。 300、生産者が生産要素により多くのお金を費やす意思がある場合。

isoquantおよびiso-costラインの助けを借りて、生産者は、入力が最小コストを負うことで最大の利益を生み出すポイントを決定できます。 そのような点は生産者の均衡と呼ばれます。

 

コメントを残します