完全競争市場の特徴

完璧な市場の特徴

完全な市場には次の条件があります。

1.自由で完璧な競争:

完璧な市場では、買い手にも売り手にもチェックはありません。 誰でも自由に売買できます。 それは独占がないことを意味します。

2.安価で効率的な輸送と通信:

価格の変更が迅速に調整されない場合、または商品を迅速に輸送できない場合、商品の均一な価格は不可能です。 したがって、安価で効率的な輸送および通信手段が必要です。

3.広い範囲:

時には、広い市場は完全な市場と同じものと見なされます。 広い市場の場合、商品には永続的かつ普遍的な需要があるはずです。 商品はポータブルでなければなりません。 輸送と通信の手段は迅速でなければなりません。 平和と安全、そして大規模な分業が必要です。

4.多数の企業:

この市場では、製品が多数の企業によって生産および販売されています。 多数の企業が存在するため、各企業は市場の総供給量のごく一部しか供給していないため、市場支配力を持つ企業はありません。 それは、どの企業も製品の価格に影響を与えることができず、むしろ市場の需要と供給の力によって設定された価格を受け入れなければならないことを意味します。 企業は価格決定者ではなく価格決定者です。

5.多数のバイヤー:

完全に競争の激しい市場では、多数のバイヤーがそれぞれ製品の総市場供給のごく一部を要求しています。 その結果、市場の需要と供給の力によって決定される市場価格に影響を与える立場にある買い手は一人もいません。

6.均質製品:

完全に競争の激しい市場では、すべての企業が同一の製品を生産および供給しています。 それは、すべての企業の製品が互いの完全な代替品であることを意味します。 この結果、企業の製品に対する需要の価格弾力性は無限です。

7.無料の出入り:

完全に競争の激しい市場では、新規企業の市場参入や既存企業の市場からの退出に制限はありません。

8.完全な知識:

完全に競争の激しい市場では、企業と買い手は市場に関する完璧な情報を所有しています。 これは、買い手や企業が市場で一般的な価格について知らないことを意味します。

9.生産要素の完全なモビリティ:

完全に競争の激しい市場では、生産要素は完全にモバイルであり、市場全体で要素価格の平準化につながります。

 

コメントを残します